見まごう邪馬台国

◇箕子朝鮮と委奴国

  此処では「倭人伝」に記載される国名や官名等の名称を一つ一つを取り上げながら、漢字音や語義と解字等を考慮しながら、編者陳寿の認識と通説とを比較検討し、それらに込められた意味を考えてみる。「倭人伝」の書き出しには以下の如くある。

  倭人在帯方東南大海之中依山島為国邑 旧百余国漢時有朝見者今使訳所通三十国
  従郡至倭循海岸水行歴韓国乍南乍東 到其北岸狗邪韓国七千余里


 冒頭、「倭人在帶方東南大海之中依山島為国邑」を読み下すと、倭人は帯方郡衙から見ると東南の大海中に在り、山島に依りて国邑を為す。通常、この倭人の依る山島を日本列島とするが、「後漢書」倭在韓 東南大海中、依山島為居、凡百余國とされる事からも判る様に、「韓」も同様、倭とは国域でなく民族や人種と認識された。また、何度も述べた様に倭人の領域 と女王国は同一ではない。それが証拠に女王卑彌呼を頂く国を倭国ではなく女王国、その都を邪馬壹国とする。当時、倭人系海民(+水耕稲作民)は大きく二つ の部族国家連合に分裂していた。もう一つ、「倭地」も同一の領域ではなく、倭人系海民を除く陸地の邪馬壹国連合と狗奴国と云うニュアンスで用いられる。
 倭人とは、大陸南岸部の海民や揚子江等の大河川流域に広く住んだ蛋民や沿岸航海民が南回りで渡来、平地の少ない海岸線に住み、交易や搬送等に従事する海民陸鰐(くぬがわに)、湾岸や河口部に係留した船上で漁労と荷役を生業とする蛋民の鰐(わに=韓)と共に渡来し、河口の泥濘での水耕稲作や焼畑の農耕民も含まれる。それは對海国の無良田食海物自活乗船南北市糴、一大国の差有田地耕田猶不足食亦南北市糴、末盧国の好捕魚鰒水無深浅皆沈没取之と云う記述からも判る。 更には倭人海民を水先案内として半島を南下した畑作と牧畜の民も居り、現日本人に親しい人々と比定する。但し、「倭人伝」冒頭の記述は、箕子朝鮮や衛氏朝鮮との拘わりを示唆する。
 朝鮮の伝承では、殷王「紂」の暴虐を諫めたが用いられず、気違いを装い逃げ胥余殷王朝の滅亡後、周武王に朝鮮(箕)に封ぜられBC1600年頃朝鮮半島の王険(平壌)に入り、箕子朝鮮を興す。その後、秦始皇帝に滅ぼされた「燕」の人衛満が衛氏朝鮮(BC195頃~BC108)を興すが、漢の武帝に滅ぼされて、その出先機関(楽浪等四郡)に拠って支配される。そうした興亡の難を逃れた王族や高官の一部が、その度に北部九州へも渡来したと推測され、そんな彼等と上手く繋がり共存、共栄する人々と反抗する人々に別れて争乱が起こる。
 倭[・ıuar(・uar)][・ıuē(ua) ][uəi(uo)]=ィウァ→ィワ(磐)→ッワ(和)、人[nien][niən(riən)] [riən]=ニェヌ/リェヌ→ジェヌと在り、漢字音を併せると、倭人(ワニェヌ→ワニ/ワゥリェヌ→ワジヌ)となる。「倭」と同音「委」(字統)稲魂 (穀物神)を被り舞う女性(早乙女)の姿がしなやかな様と在り、山麓河口部で水耕稲作を営む農耕民の豊壌を祈願する女王卑弥呼(「記」天照大御神→天之宇 受賣命→猿女君)の系統で巫女の一族となる。その人偏「イ」は神事や農耕儀礼に携わる委(卑弥呼)を支える神官や補佐役か、政治的な王で、「倭人伝」卑弥 呼の男弟(「記紀」思兼神)になる。男性(覡)の場合、「年」と在り、狗奴国の卑彌弓呼(「記」スサノヲの子「大年神」)に準えられる。
 
「倭」に背が低くて醜いと云う語義は無い。俯いた状態で舞う姿の低い事から後の附会で、当時、母系社会の倭人系海民は主として狩猟や牧畜と畑作農耕(麦粟稗等)を営む父系社会の漢民族にとり、大陸西北部の父系制遊牧民羌(匈奴・烏丸・鮮卑・女真)等と同様か、それ以上に中華思想から外れた異民族と認識された。

韓(BC403~BC230)=戦国七雄の一つ韓氏は、旧、晋の六卿の一人。魏・趙とともに晋を分割し、平陽・宜陽・鄭に都して国勢盛んな時期もあったが、秦に滅ぼされた。朝鮮南部の古称、その住民、馬韓・辰韓・弁韓(三韓)に分かれる。
箕子(きし)朝鮮=古朝鮮の一つ、殷(商)王朝の紂王の母系か、叔父の胥余(しょよ)は朝鮮王として人民教化に尽くした「漢和大辞典」胥余=召使い、椰子の別名。「論・微子」箕子、これが奴に為るとし、風神箕伯とも呼ばれる。箕子(きし→きじ)=雉子とすれば、「記紀」天孫降臨条、名なしの雉と関連するか。
衛氏朝鮮=古朝鮮の一つ。華北の燕から朝鮮北西部に逃れた衛満の建国
、都は王険城(平壌)。その孫右渠の時、漢の武帝に滅ぼされる。
楽浪=前108年、前漢の武帝が衛氏朝鮮を滅ぼして今の平壌付近に置いた郡。後漢 末の204年頃、楽浪郡を支配した公孫康は、その南半を割き帯方郡を設置するが、313年高句麗に滅ぼされる。遺跡は墳墓・土城・碑等を主とし、古墳群か らは漢代の文化を示す貴重な遺物を出土した。尚、楽浪の位置を中国の遼河付近とする説もある。
磐=「紀」大山祇の娘磐長姫と木花咲耶姫に関連があり、当初、二つ に分裂した白黒の二色(般=斑)が、再併合、倭→伊和(イハ→イワ)とされたか。「記」外洋航海の豊玉毘賣→石長比賣=巫女→石女(うまずめ)と河川を 遡った阿曇系玉依毘賣(木花佐久夜毘賣=河伯)、木花=椛(かば)→鎌(かま)。
[riən]=日本語ザ行とラ行やダ行の舌先は殆ど同位置に在る事に因る転音「ナ→ダ」と同様、ニ→ヂ→ジと考える。
[k`ıaŋ] [k`ıaŋ][k`ıaŋ]=中国北西部の山西省や陝西省に住んだ羊を遊牧する民族の名、五胡の一つ。漢代、黄河上流に移ったとされる。現在、四川省北 部に羌族自治区がある。また、匈奴(きょうど)=秦代から漢代に架けて中国西北方に依拠した強大な遊牧騎馬民族で、後代、南北二派に分裂したとある。尚、 匈[hıuŋ][hıoŋ ][hioŋ]、匈奴=ヒゥンッナ→フンッナ(フン族)とされるが、キォゥナ→コゥナ→クナ(コナ)と発音したとすれば、狗奴(くな→かな)国と関連する か。




スポンサーサイト
  1. 2015/01/15(木) 08:12:17|
  2. 4.国名と官名
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◇衛氏朝鮮と邪馬壹国

   倭人帯方東南大海之中依山島為国邑 旧百余国漢時有朝見者 今使訳所通三十国

  これを読み下しすると、倭人は帯方郡東南方大海中の山島に依りて国邑を為す。旧く倭人の国邑は百余国、漢の時、朝見する者有り。今、使訳を通じて朝見する 三十国。この文脈から意訳すると、倭人は帯方郡東南方の大海中、平地の少ない島嶼や列島の沿岸部に住み国邑とする。旧くは百余国、漢の時、朝見する者がい た。今、通訳を用いて朝見する三十国。となり、旧く百余国の頃は通訳を伴わなかったが、今は通訳を伴って朝見すると読める。詰まり、邪馬壹国と伊都国連合 の支配者や遣使は魏の公用語の漢語が話せなかった事になり、北方の遊牧騎馬民等に近い人々と考える。また、通訳を必要としなかった前代の倭人は日本海の島 嶼や列島沿岸部に住み交易や荷役を生業とし、列島と大陸や半島を往来する海民で、本来、南方系漢語圏の人々だったか、交易の手段として漢語を話したのか は、判然としないが、当初、彼等は列島内の河川下流域の泥濘で水耕稲作に従事する耕作民と棲み分けたが、互いに交易しており、当時、両者を併せて倭人と認 識されたと考える。
 古伝承では、殷(商)王朝の滅亡後、その王「紂」の母系か、叔父胥余が朝鮮半島へ入り、箕子朝鮮を建国するとある。例えば、藤堂明保編の漢和大字典には、奴[nag][no(ndo)][nu]=女を捕らえて奴隷化し、祭祀官下属の女囚にする。「論・微子」箕子、これがに為ると在り、福岡県の志賀島で発見された金印「漢委奴国王=漢に属す委奴(ワナ)国王」は、そうした難から逃れた箕子氏後裔が興した国と考える。その後、中国東北部薊(北京)や満州付近にあった周武王の兄弟召公奭(せき)が封ぜられた国燕が秦始皇帝に滅ぼされると、その官吏や武 官だろうか、燕人の衛満が箕子朝鮮を征服、衛氏朝鮮(父系制)を建国した。その難を逃れた箕子朝鮮の王族達は北部九州に倭人系海民の船で渡来、倭人系の稲 作民を束ねて奴国連合を組織する。その衛氏朝鮮も前漢武帝に滅ぼされると、支配を嫌い難を逃れた王族達が加羅や伽耶、更には北部九州にも流入して、女王卑 彌呼の前代、互いに婚姻関係を結び、共存を図るが、「倭人伝」其國本亦以男子爲王。住七八十年、倭國亂、相攻伐歴年。乃共立一女子爲王、名曰卑彌呼と在 り、男王が治めた旧来の奴国連合との歴年の争乱が起こる。女王卑弥呼を共立して収拾するが、最後迄、抵抗した狗奴国は南へ下り、対立する。箕子朝鮮後裔は、朝鮮半島南部にあった国々(562年、新羅が併合)の諸小国全体を指す場合と特定の金官伽耶・高霊伽耶等を云う場合もあるが、加羅・伽耶(から・かや)等とも関連があり、もしかしたら、後代、任那日本府と呼ばれるものも含まれるかもしれない。詰まり、朝鮮半島や日本列島でも大陸北方の遊牧騎馬民、中原の漢民族、南方の海民や蛋民等、日本人を構成するとした三系統の興亡が繰り返されたと考えられる。
 
殷の王族と伝承される箕子後裔「奴」を通訳を必要としない「漢時有朝見者」とすれば、彼等が女王卑弥呼の使者に随行した通訳者と なる。おそらく、狗邪韓国~末盧国迄は漢語の話せる海民や蛋民等、委奴国(箕子朝鮮)に親しい倭人海民の領域、伊都国は漢語の話せない遊牧騎馬民族の烏丸 鮮卑・扶余・満州族女真や燕人(衛氏朝鮮)に近い人々と考えられる。詰まり、卑弥呼の男弟(燕=年下の男)を政治的な王とする伊都国と女王卑弥呼を宗教的 な巫女王とする倭人系鰐(耕作民と海民)の奴国連合との共和が女王国の領域で邪馬壹国の全一だと云うのが編者陳寿の認識だったと考える。  

「燕」=春秋戦国七雄の一つ周姓召公せき)、河北、南満州、北鮮を領し、薊(現北京)を都とするが、秦に滅ぼされる。高句麗の武人とも関係があるのかもしれない。4~5世紀、騎馬系鮮卑族の慕容氏建国の前燕・後燕・西燕・南燕。衛満(前195)=燕人の衛氏朝鮮が前漢武帝に滅ぼされた後、楽浪郡や帯方郡等の出先機関が置かれた。衛子夫=前漢武帝の后、将軍衛青と在る。北部九州に渡来した燕人は箕子朝鮮系奴国連合と対立したと考える。
  1. 2015/01/21(水) 15:21:31|
  2. 4.国名と官名
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◇狗邪韓国と韓国

  「魏志東夷伝韓条(以下・韓伝)」韓在帶方之南、東西以海爲限南與倭接方可四千里~(中 略)~散在山海間無城郭=韓国領の東西は海で以て限りを為し、南を与う倭と接す。方四千里ばかりは、三方が海に囲まれた朝鮮半島南半分を占有したとされる 馬韓・弁韓・辰韓を併せた韓国領の東西沿岸部は海を限りとする。おそらく、韓国領東西沿岸部は帶方郡に服属する沿岸航海民の水道と湊や津、その宿場が在 り、馬韓・弁韓・辰韓の三国(韓国)は沿岸部を領有しない。同状況の南側は海が限りではなく、「南與ふ倭と接す」とされる。通説的には狗邪韓国領との境界 が半島内の陸上で韓国領と接すると解釈し、朝鮮半島東南岸の金海(キメ)付近にあったとされる弁辰狗邪国を狗邪韓国とする。ただ、それでは編者陳寿が狗邪 韓国を倭の北岸とした理由が解らない。それが故だろうが、「其北岸」=北の対岸(狗邪韓国南岸)と意訳し、そうした違和感や疑問を解消させる研究者や論者 もいるが、当に本末転倒、こ れでは自説に適う様に読み換えたと云わざるを得ない。また、現朝鮮半島基部西北の平壌やソウルを帯方郡衙とし、その東南の倭人が依る山島を日本列島とすれ ば、その間に玄界灘や日本海を挟み、北部九州と日本海沿岸部の山陰、更には北陸付近迄を含み、一層、不思議な位置関係となる。「魏志高句麗伝」に、これを 読み解くヒントとして以下の記述がある。

  高句麗在遼東之東千里 南與朝鮮濊 東與沃沮 北與夫餘接 於丸都之下方可二千里~

 高句麗は遼東の東千里に在り遼 東郡境の出城東側千里(100㎞強)に在る。また、文脈的には南を与ふ朝鮮と濊に接す、東を与ふ沃沮に接す、北を与ふ扶余に接すと、(高句麗に)~接すに 掛かるので、半島南岸陸内に狗邪韓国があったならば、韓国の南を与う狗邪韓国と接すとせずに断崖等の切れ目を表す「岸」で、「其北岸」と理由は何だろうか。そうした疑問からか、その比定地を半島南海上に浮かぶ巨済島とする論者もいる。
 
『「邪馬台国」はなかった』の著者古田武彦氏は、『漢書』西域伝から中国大陸で他の国や地名を説明する場合の「~に接す」と云う 使用法を精査し、各国を夫々の首都から「四至」を用いて、点在する形で表記、他の隣接する国々が記されているとする。これを城郭や都城内を国とする認識か ら境界とせず、「接す」としたのだとしても、朝鮮半島南部の国々は無城郭とされるので、その有無に関わりなく何らかの緩衝帯を介して存在する両国の地理的 な関係を「接」で表したと考える。また、「韓伝」弁辰、亦十二國~云々。弁辰與辰韓雜居~云々、其瀆盧(とくろ)與倭接界と記述される事からも、倭人の領域の一部狗邪韓国は韓国領の半島南岸部一部と互いに関わりのない沿岸航海民が往来する水道等を緩衝帯として介していたと考える。*(3)方向の感覚「其北岸と西北界」を参照
 狗邪韓国と伊都国以外の国では「到」でなく「至」とされる事と「倭人在帯方東南大海之中~」と云う文章を考え併せて意訳すると、最初の目的地である朝鮮半島東南岸部(現慶尚南道南岸部)や日本列島北沿岸部の島嶼に依り、国邑を為し、帯方郡や韓国にも属さない独立した倭人海民の領海中、邪馬壹国に服属する倭人の領域北岸に位置する狗邪韓国に到る。此処迄の総距離は七千余里で、倭人の領域を南側の東側の二つに別けて、邪馬壹国伊都国連合に服属する南側の領域の東側には独立した倭人の領域の在る事を示唆したと考える。少し、話が横道に逸れたので、次回から狗邪韓国の国名と官名の考察に入ろうと思う。

帯方郡=現黄海道南半から京畿道北半一帯に在ったとされる中国の出先機関。郡衙(役所)は黄海道鳳山郡文井唐面土城とされる。尚、帯[tad][tai][tai]=人を結ぶ。方[pıaŋ][pıaŋ][ɦaŋ]=架死の形、それを四方に置いたとあり、中華思想を広めて啓蒙し、異民族の朝鮮族を繋ぐと云った意味か。北側の平壌付近にあったと云う楽浪郡の楽[ŋlək][ŋɔk(lak)][io(lo)]=木柄のある鈴を巫女が振り、神を慰めた。浪[laŋ][laŋ][laŋ]=陝西省寧羌県を発し、湖北省漢口で揚子江に注ぐ漢水下流(上流罵水)で、羌族や烏桓・鮮卑等、遊牧民族に漢民族の思想を広めると云う意味か。尚、現在、四川省北部に羌族自治区がある。
遼東郡=遼河の東と云う意味で、
遼寧省大連市旅順区南西の老鉄山西麓の戦国時代から漢代の牧羊城(遺跡)等が在る。




  1. 2015/01/29(木) 08:08:10|
  2. 4.国名と官名
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◇狗邪韓国と海民

 古来、大陸の河川沿岸には河川航行を生業とする川民(鰐)が家船を係留したり、大陸南部から東南部、東沿岸河口部、遼東半島沿岸には荷役や運搬等の沿岸 航海を生業とする海民(陸鰐)が山島依りて国邑をなしており、その水先案内で朝鮮半島には大陸から追われた人々、例えば、殷紂王の叔父胥余(箕子)、周の 王族召公奭(せき)が封ぜられた「燕」の衛氏等大陸北部の遊牧騎馬民等が流入、心太式に押し出された人々が次から次に流入、先住の遊牧民や沿岸航海民と蛋 民を支配した箕子朝鮮や漢武帝に滅ぼされて行き場を失った衛氏朝鮮の王族や官吏等も日本列島北側沿岸部に渡来した。朝鮮族(遊牧民・騎馬民)・韓族(呉音系農耕民と海民)・漢族(漢音系畑作民と蛋民)の三系統に大別される。
 狗邪韓国の比定地の一つ朝鮮半島東南隅の釜山も山肌にへばり付く様に家が建つが、対海国=有千余戸、一大国=有三千許家、末廬国=有四千余戸と記載される国々と違い戸数や家数の記載はない。半島の南海上に浮かぶ島嶼の巨済島等、平地の少ない沿岸部に対岸との済(わた)しを生業とする家船が係留される位で、狗 邪韓国と末廬国にも対海国や一大国に置かれた卑狗や卑奴母離等の記載も見えない。その理由は倭人系外洋航海民の港湾(後代の任那日本府か)だけがあったた めか、対海国や一大国の官吏や武官が海民を伴い狗邪韓国へ向かい魏使や郡使等を出迎え、末廬国や伊都国迄、付き添ったからと考える。では、国名の意味は何だろうか。

 
 狗[kug][kəu][kəu]=子犬(子馬=駒)、後、犬の総称となる。*「句」=短い・小さい等のニュアンスが卑しきもの。
 
 邪ŋiăg(yiă)][ziă][sie(ie)]=邪な事(よこしま・悪い)、呪術等、漢方等では陰陽の均衡が悪い(傾く)事。
 
 韓[ɦan][ɦan][han]=中国の戦国七雄、山西省東南部から河南省中部にあった三晋の一つ、秦に滅ぼされる。

 使われる漢字の音や語義を考え併せると、訓みは、クッヌギァッファヌ→クヌガゥアヌ→クヌガワヌで、東南アジア沿岸部の多島海を生活域として漁猟で糧を 得ながら大半を船上で生活する海民や大陸の揚子江や黄河等を往来する船上生活者の蛋民、現在でも揚子江や黄河等の河川や運河で荷を満載して航行する船と揚 子江に棲息する鰐(わに)に擬えたと考える。一方の海民(航海民)は旅客を乗せ、物資を載せて外海を渡る人々で、外洋航海や荷役での仕事以外では陸(くが →をか)に上がり、田畑を耕すので、蛋民(鰐)と違い陸上で生活する陸鰐(クヌガワニ)とした。
 狗邪韓(くぬがわに)国は、「狗邪」と云う用字から陰陽の状態が奇妙な母系社会の韓国弁辰から別れた小さな島に依る海民(陸鰐)と云ったニュアンスの国名で、北陸(くぬが)とすれば、後代の継体朝と筑紫君磐井(石井)との関わりも無視できないと考える。  
 AD220~280年頃の晋王朝文官陳寿編纂の三国志「魏志」に使われる漢字は、藤堂明保編の漢和大辞典に拠ると、主に上古音(周・秦)が使用されたのだろうが、漢王朝や魏の王族にとって中古音(隋・唐) の近似音が旧来の音だったとすれば、それが使われた可能性も否定できない。但し、晋王朝を興したとされる司馬懿の出身母体を役職名とされる姓氏「馬を司 る」から、遊牧民か、騎馬民と推測されるので、魏帝位を簒奪したのではなく禅譲されたと正当化するために書かれた「三国志」に於て、前代の後漢や魏の音韻 が使われた可能性は高いと思う。

韓[ɦan][ɦan][han]と云う音が、ファヌ→ワヌと発音できる理由は、和語ではハ行転呼と云う現象で、曾てのファ(F)行音はワ行へ遷移する事が多く、語頭以外の語中・語尾には、ハ行音が殆ど現れない事や、王[ɦıuaŋ]=フィゥアヌク→ィゥアヌク→ッゥアウ→ワウ、磐(イファ→イハ→イゥア→イワ)、阿波(アハ→アゥア→アワ)、国府(コッフ→コーウ)等と転音する。尚、万葉仮名に使われた漢字音の語頭「p」=ハ行、「h」=カ行にされたと考える。
唐音=漢字 音の一つ、禅僧や商人等の往来に伴い主に中国の江南地方(杭州付近か)の発音が伝えられた。行灯(アンドン)、普請(フシン)等の類。呉音=漢字音の一 つ。古く中国の南方系の音の伝来したもの。仏教用語等として後世迄用いられるが、平安時代、後に伝わった漢音を正音としたのに対して和音(やまといん)と もいった。漢音=漢字音の一つ。唐代、長安(今の西安)地方で用いた標準的な発音を写したもの。遣唐使・留学生・音博士等によって奈良時代・平安初期に伝 来した。「行」をカウ、「日」をジツとする類。官府・学者は漢音、仏家は呉音。
  1. 2015/02/05(木) 08:01:46|
  2. 4.国名と官名
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◇百済禰軍

 最近、中国で墓誌(大唐故右威衛将軍上柱国禰公墓誌銘并序公諱軍 字温 熊津蝸夷人也~)が発見された百済の将軍とされる禰軍の先祖は大陸東岸に拠った蝸夷人(沿岸航海民か)で、他に西安でも百済出身の禰寔進・禰素士・禰仁秀と云う人物の墓が見つかったと云われる。平均気候の冷温化に伴う政情不安から戦乱が続いた西晋の永嘉(307~313)年間末に百済に移ったと在る。但し、百済建国は、346年とされるので、当時の馬韓(伯済)や弁辰伽耶(弁韓)に属した後、統一百済に服属したと考える。また、同一人物と思しき名が「日本書紀」665年条九月庚午朔壬辰条、唐国朝散大夫沂州司馬上柱国劉徳高等を遣す。右戎衛郎将上柱国百済禰軍・朝散大夫上柱国郭務悰を謂う。凡て二百五十四人。七月二十八日に対馬に至る。九月二十日に筑紫に至る。二十二日に表函を進ると在る。
 古来、大陸から難民が北回りで朝鮮半島に流入し、沿岸部に住む狗邪韓国等の海民と共に押し出される様に対馬や壱岐、更には五島列島や九州西北岸や日本海 沿岸部に渡来した。また、それ以前から南回りで揚子江流域の耕作民が会稽東治(紹興)付近の蛋民や海民を伴い南西諸島を経て九州西南岸部に渡来した後、水 耕稲作に適した場所を探して北上したと考える。古くは樺太等、北海の島々を伝い北海道へ渡来し、早くから河川を遡り、主に狩猟と牧畜や漁労を営み、一部、 栗や椎櫪等の栽培も行った父系制狩猟採集民の系統も居り、現在、これらの人々も殆どが併合され、自らを日本人と称する。尚、永く異民族とされたアイヌモシ リは、近年、漸く列島の先住民として認められた。
 現在、朝鮮半島南部大韓民国にも使われる韓[ɦan][ɦan][han]と漢民族に使われる漢[han][han][han]の中原音は同じだが、上 古音と中古音は微妙に違う。広辞苑に拠ると、「韓」=中国、戦国時代の国名。戦国七雄の一つ。晋の六卿の一人韓氏は、魏・趙と共に「晋」を三つに分割し、 平陽・宜陽・鄭に都し、国勢が盛んな時もあったが、秦に滅ぼされた(BC403~BC230)。彼等の後裔や縁者は何処へ行ったのだろうか。

 
「倭人伝」従郡至倭循海岸水行暦韓国乍南乍東到其北岸狗邪韓国七千余里の文意を、帯方郡衙から倭に至るには半島西沿岸沿いに水行し、西沿岸部(韓国)の彼方此方に立ち寄りながら、南下後、南岸沿いに東へと進み、倭の領域北岸狗邪韓国に到る。此処迄の距離七千余里とすれば、朝鮮半島南岸巨済島付近の海上で、依りて国邑なす事のできる島嶼(の北岸)を狗邪韓国に比定する。
 現在の国境線に対する認識とは随分と違うが、この様に考えると、狗邪韓国と伊都国だけが、「到」とされた理由が分かる。詰まり、狗邪韓国から末盧国迄は海民の領域で、伊都国以降が邪馬壹国と狗奴国を含む「倭地」で、陸上の領域になる。おそらく、韓国南岸部や末盧国沿岸部には蛋民の家船が係留されていたと考える。
 倭(人)とは、朝鮮半島東沿岸部や南沿岸部の島嶼や玄界灘の対馬・壱岐等を含む九州北岸部の末盧国や日本海の隠岐島や山陰沿岸部を含む海域を往来する外 洋航海民(耕作民を含む)と沿岸航海民や蛋民等の総称で、普段、海岸沿い小さな島々や陸地の河口部に住む彼等は、為政者にとって必要な機動力を持ち、本 来、帶方郡や韓国、北部九州の邪馬壹国等、その何れにも属さない独立した人々だったが、對海国と一大国には、大官(官)と副官に同名称が記載されるので、 当時、邪馬壹国側の伊都国が常治する一大率に服属していた。尚、「記紀」の海人綿津見や阿曇等が往来した海域を領有し、後の倭寇とも関連があると考える。

蝸夷(クゥディゥ/クァィイ)人=手許に資料がないので不詳だが、蝸[kur] [ku][kua]=かたつむり(蝸牛)・渦巻型(指紋)と在り、「記紀」応神条、束ねた髪に隠した弓弦を出して云々~。束ねた頭髪を蝸牛状の巻髪にして いたか、渦巻模様の文身を施していたか、その模様の衣服を纏っていたと推測される。おそらく、中国大陸の東南沿岸に住んだ東夷(夷[dier][yii] [i])の沿岸航海や河川航行に長けた蛋民で、それが百済や唐等、為政者に重用された理由となる。倭人系海民とも近い縁を持つ人々で、古伝承に日本に渡来 したと云う徐福等に代表される人々と同様、百済が用いたとされる呉音の漢字を持ち込んだと考える。詰まり、百済人とは云えど、自身の拠り所を失った流民 で、通説では百済の支配階級を扶余人とするので、某かの差別や区別があったのだとすれば、唐に靡いた理由は、故地の中国東南部に戻って自身の拠り所を再興 するためか、生きるための方便だろうが、倭国(日本)迄の航海士か、通訳者として来朝したと考える。おそらく、出自を加羅王とする新羅(シルラ)の将軍金 庾信等と同様、服属を強いられたと考えられる。
巨済島や済州島等、何れも「済(渡)り島」と云う語義となる。「百済」の場合、百=多部族の全一+済(渡→亘→渉)とも繋がり、束ねると云う語義。「伯済」とされた場合、高句麗を弟の国と意識した名付けと考えられる。



  1. 2015/02/13(金) 13:03:49|
  2. 4.国名と官名
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◇對海国

  始度一海千余里至対海国 其大官曰卑狗副卑奴母離 所居絶島方可四百余里
  土地山険多深林道路如禽鹿径 有千余戸 無良田食海物自活 乗船南北市糴


 
使われる漢字の音と語義を考え併せると、対[tuəd][tuəi][tuəi]=(字統)木槌等の道具を使って行う版築の作業と在り、対面・対峙・対局・対戦・対角等、向き合うが言葉を交わさない。海[məg][hai][hai]=(字統)毎(まい)・悔(くい)・晦(つごもり・くらい)等の声が在り、漢族の中華思想から外れた九夷・八狄・七戎・六蠻を四海とし、四極を晦冥地とする。訓みは「ツァッマッ→タマ(玉)・トマ(泊)」で、語義を併せると、中華思想の広まった楽浪郡や帯方郡を経て、言葉の違う蒙昧な領域に服属する一海に対面すると云うニュアンスの国名と考える。
 
次項(C)又南渡一海とするが、其の北岸狗邪韓国としたため、方向を示さず、「渡」でなく「度」とした理由は外洋船で航行する水行と帯方郡からの沿岸航海船で水行したのと同様、水上航行として氵(さんずい)を省略して、「始」=一度目と云う事に掛けて、度(たび)とした。

 ○
大官卑狗
 卑[pieg][pi][pi]=酒を注ぐ柄杓を手に持つ形。使役や高低のニュアンスから卓(大匙→勝る)に対応して尊卑の語義に派生する。
 [kug][kəu][kəu]=子犬(子馬=駒)、後、犬の総称。

 使われる漢字を音と語義を考え併せると、訓みは「ピェクッ→ペク(ピク)」、柄杓から酒を受けて服従した手飼の官吏任官者(神祇官や文官)=犬で、鹿 児島県で15歳以上25歳以下の青年や若者を云う兵児、褌(へこ)と在り、これを男子という意味とすれば、日子=彦(毘古)とできるが、若輩者=服従する 人とすれば、凹々(ぺこぺこ)する等の言葉に関係すると考える。例えば、殷墟から発掘された遺物には大陸西北部の陝西省に住んだ服従しない遊牧民族の羌(後の匈奴か)と読める甲骨文字が見え、王墓と思しき遺構から犬の骨も多数発掘されたと云われる。先の狗邪韓国や邪馬壹国と対立する奴国とも関連し、郡治に属さない蒙昧なと云うニュアンスで用いたのかもしれない。  

 ○
副卑奴母離
 卑[pieg][pi][pi]=酒を注ぐ柄杓を手に持つ形。使役や高低のニュアンスから卓(大匙→勝る)に対応して尊卑の語義に派生する。
 奴[nag][no(ndo)][nu]=女を捕らえて奴隷化し、祭祀官下属の女囚にす ると在る。漢和大字典「奴」項、「論・微子」箕子、これが奴に為る。その箕子朝鮮は燕人の衛満(衛氏朝鮮)に滅ぼされたとされるので、難を逃れた一部の王 族や高官が北部九州へ渡来したと考える。
 
[muəg][məu(mbəu)][məu]=乳房の垂れた女を象る、牧する(養育)。生母の語義ではなく一族内で産後の女性が赤子に乳を与え、全員で幼い雛(ひな)を育て守る乳母・養母(豊玉毘賣→玉依毘賣)になる。
 
離[lıar][lıe][li]=桑摘みの頃に鳴く朝鮮鶯(黄離)。「隹」=鳥黐(とりもち)に掛かった鳥、それを獲る事が離(はな)すとある。私見では「隹」=陰陽・有無・良悪等の二元や二面性を示唆し、この場合、着脱する事、傍らに置く、手に取ったりする事に関連すると考える。

 使われる
漢字の音や語義を考え併せると、訓みは「ピェナッムァッリァ→ピナマラ」、語義に拠ると、柄杓から酒を受け、任命された奴国人(箕子)が武官や文官として傍らで大官卑狗を見守り、補佐する。雛守・夷守として良い。もしかしたら二重の監察が行われていたとも考えられる。
 尚、この時代、列島では水耕稲作が行われているので、大陸中部以南の揚子江流域から稲作民も、大陸南岸部の蛋民や海民、南蛮の粤人(えつじん)等を伴い南西諸島伝いで渡来しており、殷(箕子)や周(衛氏)の主要作物は麦・粟・稗と在り、彼等は焼畑農耕が主となる中華思想から除外された彼等に対する蔑称を含むかもしれない。

[muəg][muəi(mbuəi)][muəi]は、母[muəg][məu(mbəu)][məu]と同系字で、漢和大字典に拠ると、日毎に生じる事、日々海も満干を繰り返し、生活の糧を育む。母性も月毎に変化、子を妊娠、母乳で養育する等、旧くは両者は同系とされた。変化しない太陽と変化する月=太陰と云う関係になる。
玉(たま)=海神豊玉姫や玉依姫に関連が在り、長崎県対馬市峰町木坂タガイノロ247 番地の海神神社、同市豊玉町仁位の和多都見神社、何れも豊玉姫を祭神とする。広東省等、大陸東南沿岸部や台湾一帯では航海安全を願う女神「媽祖神」を祀 る。尚、タマ(タモ)→トマ(トモ)と転音、泊(とまり)→苫、艫(とも)→伴=神武東遷に従った大伴氏等にも繋がるのかもしれない。また、使われる漢字 の海[məg][hai][hai]と馬[măg][mă(mbă)][ma]の上古音は殆ど同音で、對海(たま)と對馬は近似音だが、中古音海[hai])は異なるので「馬」とされた。また、何れにしても、ツシマ(津島=渡島=泊島→繋ぎ島)とは訓めない。
殷墟=中国中南部の河南省彰徳府安陽県で発掘された殷(商)中期以降の帝都。地下から宮殿や王墓、青銅器、甲骨文字等、多数の遺物が見つかった。河南省偃師市二里頭遺跡(玄奘法師の生地)は、その前代、夏王朝から殷王朝前期とされる。
乳母=古来、母系制では生まれた子供を一族内の女性が全員で養育したとされるので、生母が我が子に母乳を与えるとは限らず、生母=養母とはならない。詰まり、子守=雛守(ひなもり)となる。
薊=帝堯の子孫、薊が封ぜられたとされる現北京東郊に住んだ燕人の衛氏一族は半島 を経由して渡来したが、中南部の黄河と揚子江の挟間の地域に住んだ殷の箕子一族等、中には大陸南部の海民や蛋民(粤人)等を伴って南西諸島を経て九州南西 部に漂着した人々もいたと考える。尚、帝堯=中国古代の伝説上の聖王。名は放勲。帝嚳(ていこく)の子。舜と並んで中国の理想的帝王とされる。陶唐氏・唐 尭。

  1. 2015/02/18(水) 21:44:23|
  2. 4.国名と官名
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◇一大国と瀚海

   
  又南渡一海千余里名曰瀚海至一大国 官亦曰卑狗副曰卑奴母離 方可三百里
  竹多木叢林 有三千許家。差有田地耕田猶不足食亦南北市糴

 一[・iet][・iĕt][ıəi]=(字統)横一を記す。当初、数字の1~4迄は横画で記号的に表示した。数の始めであり、声義の近い、壹(壱)は壷の中で発酵したものが充満する事、詰まり、壺一つ=全一。
 大[dad/dar][dai/da][tai/ta]=(字統)天と大地の間で手を広げて立つ人の正面の形を表す。金文の「太保」では特に優れた体格の形に記し、盛大・長大等の語義。

 使われる漢字の音を併せると、訓みは「ィエタ→エタ(江田)・イタ(伊田)・ヤタ(八田・矢田)」で、これを現在の壱岐として、語義を考え併せると、前 項の對海国の比定地とされる南北二島の対馬と違い、独島=全一とできるが、決して大きくはないので、他に大きな理由や意味があると思われる。
 これに関連すると思しき記述、「倭人伝」伊都国が常治する一大率が女王国以北の諸国を検察、皆、これを畏怖すると在り、對海国と同様、この一大国にも卑狗と卑奴母離と同一名称の官吏が置かれる。但し、役割が違うのか、對海国の場合、大官卑 狗とされる。この大官を海神「たま(玉)」の神祇官とすれば、官卑狗は文官、副卑奴母離は武官で、一大国には一大率の本役所か、出先機関があったのだろう が、国名に拠る命名か、機関名が国名にされたのかは判じがたい。ただ、ここでは40~50㌔四方の南側に陸地や離島が見えるので、前項の「所居絶島~」 の記述はないが、一海の名称「瀚海」と特筆、同じ領海として示唆する。また、その漢字、瀚[ɦan][ɦan][han]=広い海、ゴビ砂漠、唐代、都護 府の名称、ゴビ砂漠以北の遊牧民を管理したと在り、海[məg][hai][hai]の上古音は馬[măg][mă(mbă)][ma]と近似音である 事、英語で船=mere-hengest(海の馬)とされる事や「氵(さんずい)」のない「翰」=高く飛ぶ事→縦の広がり(天空の鳥→天馬)に対して、 「瀚」=横の広がり→草原を走る馬や河川や海上を航行する船として良い。更には、同音の韓[ɦan][ɦan][han]が使われる倭人系外洋航海民の狗 邪韓(くぬがわに)国を考え併せると、「瀚海」=ファヌマッ→ゥァヌマ→ワヌマ(鰐海)とせざるを得ない。詰まり、この一海は倭人系海民の鰐(わに→鮫)、「記紀」和邇氏・和珥・丸邇氏等の領海の南側全体で、福岡県の志賀島で発見されたと云われる金印「漢委奴国王」を「漢の鰐国王」とした事にも繋がるので、瀚海(一)上の鰐国(大)を統率する役所と云ったニュアンスと考えられる。
 魏帝の勅書と下賜品を授けるため、初めて外洋(瀚海)を渡った魏使は、此処でも戦略的な見地から列島の地理的な状況を調査し把握する事が目的とせざるを 得ない程、正確な地理情報を報告した。当時、日出と日没(東西)、その南中と北極星(南北)、地形等を頼りに相対的な八分割の方向と徒歩や乗馬・馬車等、 一日で進める距離の設定から換算した一里を基本とするのだろうが、地図で簡単に位置関係を判断できる現代人には考えられない程、倭人が持つ朝鮮半島と日本 列島西側、九州北部の地理的状況の知識が如何に正確だったかが判る。
 白川静編「字統」「韓」=旗竿の取っ手に鞣し革を付ける。旗を掲げ、韓人思想の広がりを示唆するが、編者陳寿には、当時の韓国は楽浪郡や帯方郡を通じて 中華思想が広まっていると云う認識があった。一方、海[məg][hai][hai]と毎(まい)・悔(くい)・晦(つごもり・くらい)等は同声で、「」とされた狗邪韓国や、「始度一海」とされた對海国と同様、邪馬壹国上層部は「漢委奴国王」の時代とは違い異言語で蒙昧な民族と云う認識だったと考える。

(字統)旧くは 横画を四本引いたと在るが、漢数字「四」、アラビア数字「4」やローマ数字「Ⅳ」等、1~3と規則性が違うので、干潮(ひる)→経過(ふる)→満潮(み つ)→経過(よる)と経過し、新月→半月→満月→半月、朝→昼→夕→夜(よる)等、十二進法(3×4)に関連する。
瀚海(わぬま)=對海(たま)を対馬とすれば、最北端の長崎県上県郡上対馬町鰐 浦、付近には高麗山(こうれいやま)が在り、鳥取県西伯郡淀江町と同郡大山町の境にも孝霊山(こうれいさん)、別名「瓦山」と在る。カハラ(河羅)→カッ パ(河伯→河童)→カワラ=蛋民(阿曇系)で、高句麗王祖解(高)朱蒙の生母は河伯の娘、柳花「ユファ→イゥファ→イワ(石・磐)」とすれば、沿岸航海民 (住吉系)にも繋がり、神功皇后の新羅討伐は住吉海人の後押しで行われたとある。「仲哀紀」五百枝賢木を舳と艫に立てて~等とも関連し、錦(二色=白黒→ 陰陽)の御旗の下、支配と服従の関係も示唆。*賢[ɦen][ɦen][hien]
漢委奴国王=「金印考」で後述する予定。



  1. 2015/02/26(木) 21:29:31|
  2. 4.国名と官名
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◇末盧国と蛋民

  又渡一海千余里至末盧国 有四千余戸
  浜山海居草木茂盛行不見前人 好捕魚鰒水無深浅皆沈没取之

 末[muat][muat(mbuat)][mo]=(字統)木の先端に肥点を加えて終末を表す。仮借として、無・莫・蔑と通じ、否定的に用いる。
 盧[hlag(hlo)][lo][lu]=火桶・火入れ・黒い・柳で作る飯櫃(めしびつ)。「字統」盧と旅は黒いと云う語義を持ち、黒漆塗りの盧弓→旅弓・盧矢→旅矢と通用される。(字統)旅=旗を掲げて多くの人が出向する事で、軍行の集団(旅団=軍五百人)。「斿」=一人で旗をを奉じて行く。

 使われる漢字の音を併せると、「ムァッフラッ→ムァツラッ→マツラ」で、語義を考え併せると、玄界灘の「玄」が陰陽五行説、北(一白水星)の玄 (暗夜)となり、一海の瀚海(朝鮮海峡と玄界灘)=蒙昧な海上国(冥暗)の限り=末端、瀚海上にある倭人系海民国と陸上の倭地(≠女王国)との境で、海上 国の南限=天(海人)の太陽が南中する場所、「盧」=灯明のある顕かな国で、当初、魏使や陳寿の持っていた蒙昧な異民族と云う認識とは違っていたのだろ う。此処で外洋船を降りて、一大国の役所から派遣された文官や武官か、伊都国から迎えに出た官吏が付き添い、差配した蛋民の河川用平底船に大使や副使を乗せ、下賜品を載せて河岸から従者に曳かせ、陸行した。
 船の湊津や灯明等の維持管理は蛋民等にさせたとしても、監督する役人が必要だが、狗邪韓国同様、官と副官等の名称は見えない。おそらく、下級官吏や将兵が、伊都国か、一大率の役所から交替で派遣され、駐在する詰め所があったと考えられる。  
 尚、松浦半島北西の沖に松島や馬渡(まだら)島と的山(まとやま)大島とあり、「マツラ」を書き換えると海渡浦→馬渡浦になる。当時、この海域は大陸南や東南部から南西諸島を経て九州西沿岸部を北上した倭人系海民の領海で、投国と邪壹国の通字から両国は同系の人々か、同等(姻戚か)の関係で、国名「邪壹国」「斯国」「邪国」や、その官名「伊支」「彌升」「彌獲支」等は船を操る倭人系海民と考える。
 例えば、縄文中期の曽畑式土器の分布は特徴的である。南は九州西部から種子島・屋久 島、更に沖縄まで分布するが、九州でも大分や宮崎等の東部からは出土しない。本州では山口県西海岸の一部だけで内陸部には入っていないが、朝鮮半島西・南 部、中国東北部にも櫛目文土器が出土する。通説的には、縄文前期、朝鮮半島の櫛目の文様を持つ土器を使用する人々が海を渡り、九州西北部で使用されていた 土器に影響を与えたとするが、半島に櫛目文土器が出現するのはBC4千年頃とされ、縄文中・後期頃、黄河河口、山東半島付近から遼東半島へ黒色土器をを携 えた焼き畑耕作民と沿岸航海した蛋民系「韓(わに)」を伴い漢民族や遊牧騎馬民が朝鮮半島の西・南部へ流入、中国東南部から北上した倭人系外洋航海民(く ぬがわに)とが鬩ぎ合う最前線だったと考える。


 もう一つ、松浦半島西側佐賀県松浦市付近か、伊万里(有田)川河口付近一帯には沿岸航海を担う蛋民の沿岸航海用船や家船が係留され、投馬国へ向かうため の停泊地が在った。これまでと違い投馬国には独自の官名が見えるので、ここから下級官吏が派遣されて蛋民等に湊津の維持管理をさせたのかも知れない。「傍 国考」でも述べるが、「為吾国」「巴利国」等の治水と土木工事の設計施工を担う人々と蛋民(河伯)には関係があり、隋の煬帝が造らせたと云う大陸を南北に 貫く大運河を言うに及ばず、黄河下流域河北省天津、揚子江下流域会稽山のある浙江省杭州等を縦横に走る運河や堀川は、こうした人々の治水と土木工事に拠ってなされた。


莫(日暮れ・暗い・無)=暮の初文と在り、「説文」日まさに莫れんとするなり~云々とあり、日が沈み冥暗な事が、何も見えないとされて「無」、更には、蒙昧で差別される「蔑」と云う語義にも派生した。
飯櫃=飯塚(いいづか)や飯田(いいだ・はんだ)、飯盛山等の地名や山名に関連が在るか。
末盧→松浦(マツゥラ)になるが、玄界灘の海上、佐賀県東松浦郡鎮西町馬渡(まだ ら)島=「まわたる→まぁたら→まだら」で、松=海津と考えられる。島の地名、番所ノ辻、八ノ尾ノ辻等、壱岐島と同系の地名が在り、阿曇系住吉海神との繋 がりが在る。ただ、「名馬の鼻」から騎馬民族の意識としても不思議ではない。
玄=糸把を撚った形、黒く染めた糸。「説文」幽遠なり、黒にして赤色の含む(字 統)ともあり、本来、玄米等の赤茶色や焦げ茶に近い色か。また、現在でも長崎県対馬や佐賀県吉野ヶ里で栽培される赤米(火炎の色?)との関わりも考えら れ、対馬の厳原(いづはら)町豆酸(つつ)の多久頭魂神社等では神事に使われる。
縄文中期以降、更に往来の証拠が増える。その一つが中国の黒陶文化である。黒色土 器は土器を作る時、煙で表面を燻して黒くしたもので、大陸では、遼東半島から山東半島を中心に江南方面迄分布する。韓国釜山市の東三洞貝塚(新石器時代) は、約4000~3500年前の縄文土器、阿高式、南福寺式、鐘崎式等、九州地方で見られる土器や、九州産の黒曜石が発掘されており、海人が往来、交易を していたとされる。韓半島と日本の海岸地域に住んでいた新石器人は海を挟んで、長い間、絶え間なく交流活動をしてきた。凡方貝塚や煙台島、上老大島貝塚 等、南海岸の各遺跡から出土した日本の縄文土器 ・石器 ・黒曜石と九州西唐津海岸遺跡、佐賀貝塚、越高遺跡から出土した各種の櫛文土器と装身具等、当時の文化交流の様相が見られる。各種縄文土器と黒曜石製石器 は、当時の東三洞貝塚人が海を越えて日本地域と直接交流した事を裏付ける。特に、多数出土した貝製腕輪は国内の色んな地域だけでなく、九州地域の黒曜石と の交易物として対馬等に供給されたものと思われる。 日本では縄文晩期から水耕稲作がかなり盛んであった。BC900年頃、佐賀平野や島原半島、最古の稲作の遺構が残る唐津の菜畑からも発見された。黒色土器 は稲作とともに江南付近から北上した海民や蛋民が齎した南西諸島を経て齎されたとも考えられる。

  1. 2015/03/05(木) 14:59:45|
  2. 4.国名と官名
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◇伊都国と金印

  東南陸行五百里到伊都国 官曰爾支 副曰泄謨觚 柄渠觚 有千余戸
  世有王皆統屬女王国
 郡使往来常所駐

 朝鮮半島西や南沿岸部を航海する海民「韓(わに)」と同系と思われる狗邪韓国で、「到」とする理由を邪馬壹国と伊都国連合に取り込まれて支配されたた め、帶方郡に服属する沿岸航海民の領海(水道)や韓国領域を出て伊都国(一大率)に服属する倭人系外洋航海民(陸鰐)の領海に入る事を示唆するとしたが、 「到伊都国」は、その領域(海上)から外れ、陸上の女王国連合と狗奴国領域(倭地)に入った事になる。

 伊[・ıər][・ıi][i]=(字統)君(旧くは女性)を補佐する役職名。伊尹=伝説上の殷初の名相、名は摯と云い湯王を補佐、夏の桀王(けつおう)を滅ぼして天下を平定したので、尊んで阿衡(あこう)と称したと云う。
 都[tag][to][tu]=(字統)祝禱を入れた器を埋納し、城壁で囲んだ所。
尚、現代北京音[dou]=京都、[du]=集める・集まる、全て等と在り、その全体を城壁で囲った京都や都市には人が集まる。

 使われる漢字の音を併せると、訓みは「ィェアータッ→ヤァタ(八咫)」、エタ(江田)・イタ(伊田)・ヤタ(八田・矢田)、語義を考え併せると、巫女王 卑弥呼を補佐する男弟(丞相)を輩出し、その宗廟を守護する城壁を構えた国で、郡使や魏使が往来する国と云った語義になる。また、前項、末盧国の「灯明」 とも関連し、「記」伊邪那岐が我が子火之迦具土神の頚を斬った剣神伊都尾羽張神(亦名天之尾羽張神)の裔孫建御雷之男神→建御(タケミィカヅチ)神が出雲国譲に遣わされた。こうした経緯との係わりを示唆する様に、傍国の名称や女王国の情報等を述べた後、先述した以下の如き記述が見える。

  自女王國以北 特置一大率 檢察諸國 諸國畏憚之 常治伊都國 於國中有如刺史
  王遣使詣京都帶方郡諸韓國及郡使倭國 皆臨津搜露 傳送文書賜遺之物 詣女王不得差錯

 伊都国の常治する一大率を畏怖したと在り、近似音の国名「一大(ィェタ)国」も旧くは王権と祭祀権を持っていたが、諸国を監察するために置かれた一 大率の本役所か、出先機関から、邪馬壹国と伊都国に支配されていたと思しき対象となる以北の倭人系の航海民と水行稲作民の諸国、對海国や一大国の他にも文 官や武官の「卑狗」か「卑奴母離」が派遣されたとして良い。また、我国中に有る刺史と云う役職の如くとも在り、卑狗と卑奴母離の組織体系がよく似ていたの だろうか。上記の前段、國國有市、交易有無、使大倭監之とも在り、「都」=集める・集まる、全てと云う語義からすると、常置する一大率の役人だけではなく倭人系海民の長(水上警察)だろうか、「大倭」をして交易の有無を監するとあり、邪馬壹国を連合国の全一、卑彌呼を盟主として伊都国(一大率)が二重支配したと考える。

  今以汝爲親魏倭王假金印紫綬 裝封付帶方太守假授 汝其綏撫種人勉爲孝順
  汝來使難升米・牛利 渉遠道路勤勞 今以難升米爲率善中郎將 牛利爲率善校尉 假銀印青綬

 金印紫綬「親魏倭王」を仮すので安心して人民へ孝順を為せ。遠路遙々詣でた難升米を率善中郎大將、牛利を率善校尉と為し、仮銀印青綬(不明)とあり、使者が戻ると委奴(わぬ)国王から奪っていた印璽「漢委奴国王」は不要になり、委奴(ワヌ/ゥイヌド→イドゥ)国王墓か、伊都(ヤァタ→イドゥ)王墓に埋納されたと思われる。ただ、(伊都国)世、王有りとあり、伊都国王墓とされる福岡県前原市の平原遺跡から径46.5㌢の銅鏡(八咫鏡か)が出土したが、これは狗奴国に敗れた伊都国王や卑彌呼の呪力を削ぐためと考える。次回は、伊都国の官職名を考えてみる。

初め半島から逃れてきた殷王の叔父と伝承される箕子朝鮮関係の王族や高級官僚に拠る委奴(わぬ)国連合として漢王朝に朝貢したが、漢王朝に滅ぼされた周王の 兄弟が封ぜられたと伝承される燕(大陸東北部)の人衛氏朝鮮の王族や高級官僚に支配される。尚、神功皇后の新羅討伐の後ろ盾、住吉系海民(一大国系)や漢 王朝の圧迫から逃れてきた遊牧騎馬系衛氏朝鮮(衛満)後裔と考えられる。邪馬壹国前代、奴国連合(委奴)の時代、祭政一致だったが、新たな渡来者に拠っ て、政事を奪われて、祭祀の邪馬壹国と伊都国(政と武)で二重支配した。
伊都尾羽張=漢字音を併せると、ヲハハリ→ヲゥハリ→ヲワリ(尾張→終→末)と訓 める。伊邪那岐が竺紫日向橘小戸阿波岐原で禊ぎ祓いして生る神直日命・大禍津日命・大直日命と、安曇連祖神の以ち拝く綿津見三神、墨之江の三前の筒之男三 神とある。一大国の比定地、壱岐から鉄の精錬工房跡が見つかった。*尾羽=舵羽→船舵(ふなかじ)
建御雷之男神=迦具土神の頚を斬った剣(伊都尾羽張神)の本に著いた血も亦、津石村を走り就きて成れる神、甕速日神、樋速日神、建御雷之男神、亦名を建布都神、豊布都神。「紀」火神軻遇突智の身体を三つに斬った剣の鐔から滴った血から甕速日神(武甕槌神の祖先)、熯速日神とする。
漢委奴(かんのわぬ)国王=「委」に人偏が付かないので補佐役の男弟(遊牧騎馬民 の衛氏系)は含まれない。水耕稲作民と海民を束ねる王。尚、糸島半島基部に在る「怡土城跡」は、怡・已[diəg][yiei][i]、土・菟 [t`ag][t`o][t`u]、伊都が「ヤァタ→イェィト→イト」と訓じられた後の用字で、早くとも平安期以降となる。尚、佐賀県唐津市に属す島や糸 島近辺を経て東に向けて宮地嶽神社や同山名が在り、福岡県福津市宮司の
宮地嶽神社が鎮座する古墳に埋納されたと推測する。
平原遺跡=前一世紀の三雲南小路遺跡西北1㌔程、瑞梅寺川と雷山川に挟まれた福岡県前原市大字有田1番地の丘陵上にある。1965年多数の鏡が発見され、発掘された一号墓は18m×14mの溝を周らせた四隅が丸い方形周溝墓(出雲等、山陰地方は四隅突出型の方形墓)、長辺4.5mの墓坑内に長さ3mの割竹形木棺が検出された。棺外の頭側には中国製の素環頭大刀1本があり、墓坑の四隅には埋葬時に破砕されたであろう鏡39面が出土した。
伊都国=狗奴国として南下(くだ)った委奴(わぬ→イドゥ→イヅ)の王族や高級 官僚の一部に卑弥呼の宗女壹與を奪われ、追われた伊都国は宗女臺與(豊)を伴い東遷した。福岡県遠賀郡水巻町頃末の伊豆(イドゥ→イヅ)神社(彦火火出 見尊、合祀 神直日命・大禍津日命・大直日命他)、他にも福岡県遠賀郡岡垣町、奈良県宇陀市榛原内牧。*伊豆=出(いづ)







  1. 2015/03/13(金) 10:59:41|
  2. 4.国名と官名
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◇官職名と国王

 ○官爾支
 爾[nier][niĕ(rıĕ)][ri]=(字統)人の正面(大→不+冂)と女子の胸部にする美しい文身で、神事を掌る巫女か、判子・印璽の象形ともある。
 支[kieg][tʃıĕ][tsï]=木の小枝を手に持つ形象、枝の初文。分ける・分かれるとあり、小枝を手に持ち支える、支点とある。

 使われる漢字の音を併せると、訓みは「ニェゥキェッ→ネゥキェ→ヌケ(糠・ 額)/ニケ」となり、語義を考え併せると、胸部に文身を施した巫女(花弁)を支える官吏(萼)で、「倭人伝」巫女王卑彌呼を佐けて政治を執り行う男弟とな る。殷王が行ったと云う亀卜と同様の神事に係わり、女王卑弥呼が吉凶を占ったのだろう。もしかしたら「記紀」饒速日(にぎはやひ)命や天津日高日子番能邇邇藝命等と関連があり、印璽や御璽を持つと云う意味かもしれない。

 ○副泄謨觚
 泄[siat(diad)][siєt(yiєi)][sie(iəi)]=(字統)世は「卅」の字形とは明らかに違い「止」に縦画の肥点三本を添える と在り、寧ろ「生」に近い字形とし、生まれる水=漏れて生まれる事とすれば、妊婦の破水とも繋がり、世継ぎを産む事とも関係があるのかも知れない。
 謨[mag][mo(mbo)][mu]=神に祈る「謀」に対し、政治的な定めを決めると在る。ただ、(字統)莫と冥(くらい)とは双声。「謨」=莫+ 言とすれば、暗い・見えない→神事で以て隠れて諮り決めると云う語義で、「謀(はかる)」=某+言とすれば、某=曰+木に従うと在り、曰(いはく/ィエ ツ)=神に祝祷する祝詞を入れる器を木枝上に付け神に捧げ、神示を受ける。「謀は密なるを以て吉とす」とある。
 觚[kuag][ko][ku]=細長く口の広がった酒器とあり、酒を容れる事=保管・管理する事。

 使われる漢字の音を併せると、訓みは「シァッマックァッ→セマコ(斯麻子→狭子)」で、語義を考え併せると、傍国の王や族長の会議等で神意を諮り、決定 された事項、黄泉国(冥土)への旅支度(天之鳥船)等、葬儀礼(隠坊)や新生児の除霊等(呪術師)を拘わり、世継ぎの輪廻転生に掌る官吏になる。
 当時、この列島全域で使われた言葉や邪馬壹国連合の為政者等が用いる言葉が、現代中国語や韓国語に近い音韻だったのか、現日本語に通じる音韻だったのか 判然としないが、謨・模[mag][mo(mbo)][mu]や馬[măg][mă(mbă)][ma]の上古音は全くの同音ではないが、万葉仮名と同様 に現代日本語の「マ」に近似音が幾つも使われるので、その漢字が持つ語義を無視してはならないと考える。

 ○副柄渠觚
 柄[piaŋ][pıʌŋ][piəŋ]=(字統)「説文」柯(斧の柄・から)なりと在る。旧くは木の枝を適当な長さに切った。手で柄を握る。
 渠[gıag][gıo][k`io]=人口の堀割や用水路、間延びしている様、大きい、第三人称代名詞(=隔たる)と在る。
 觚[kuag][ko][ku]=保管・管理する。

 使われる漢字の音を併せると、訓みは「 ピァヌギァックァッ→パヌガカ→ハヌガコ」で、語義を考え併せると、「柄」=木の枝を適当な長さに切る事=設計と施工、手で柄を握る=掌握する事。 「渠」=水路(つる)や古墳の水掘とすれば、接子(はぎこ)=接ぎ合わせた構築物の設計施工を掌る人、筑紫平野の中央を貫いていたとも云われる水道(阿利那礼河、「神功紀」神田(みたしろ)に水を引く溝(うなて)を掘る時、迹驚岡(とどろきのをか)の大磐を雷電が踏み裂いたとされる裂田溝にも関連し、水田や水路の設計施工や維持管理を掌る役人、それを守護する武官かも知れない。尚、福岡県太宰府市の水城も、その水道の治水を目的として造られたとする研究者も居る。付近には白水(はくすい→しろうず)と云う一族が居り、その維持管理を担ったか。

額・糠(ぬか)=糠は穀類の表面、額は目や鼻と頭内(脳)、萼は花弁を保護する。尚、額田王→額田姫王(妻)→額田大君(巫女)→額田部皇女(推古)
印璽や御璽=「紀」神武東遷条、天皇が饒速日命と同じ印璽や御璽を持つとある。
阿利那礼河(ありなれがわ→あまのかわ)=日本書紀に見える河の名。古くは鴨緑江 を指すとされたが、新羅国都慶州の北川「古名・閼川(ありなる)」とする説が有力とされる。おそらく、天翔る鳥→天之鳥船(あめのとりふね)=北方の遊牧 騎馬民族は岩山だが、奄美沖縄地方の人々は、奥島(おふしま)→青島(あおしま)に遺体を安置して鳥に啄ませると云う風習が在り、故人の霊魂が鳥に宿り、 天(彼の世)に運ばれると云う思想に拠ると考える。
裂田溝(さくたのうなて)=「記紀」火之迦具土(軻遇突智)神の頚を斬った剣の前(さき)の血に生る拆(裂)神、次ぎに根裂(根裂)神(中略)~、甕速日神、次ぎに樋速日神、次ぎに建御之男(武甕槌)神とある。福岡県筑紫郡那賀川町安徳には裂田神社(祭神神功皇后)が在り、その地名から宗像(赤間)や対馬等にも御陵の伝承がある安徳天皇との関連も取り沙汰される。*山口県下関市の赤間神宮
 






  1. 2015/03/21(土) 12:57:04|
  2. 4.国名と官名
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◇奴国と海民

  東南至奴国百里 官曰兕馬觚 副曰卑奴母離 有二万余戸

 奴[nag][no(ndo)][nu]=(字統)捕らえた女で祭祀官下属の女囚「論・微子」箕子、これが奴に為る。最後の殷王紂の叔父胥余(しょよ)は周武王から「箕」に封ぜられたと漢籍では伝承され、中国東沿岸部の蛋民等を伴い朝鮮に入り、箕子朝鮮を興した。「倭人伝」其国本亦以男子為王、往七八十年、倭国乱相攻伐暦年、乃共立一女子為王、名曰卑弥呼~ と在り、後、燕人の衛満(衛氏朝鮮)に滅ぼされると列島に渡来、倭人系の海民や水耕稲作民の祭祀権を奪い男王を戴く奴国連合とした。更に、その衛氏朝鮮が 前漢武帝に滅ぼされた後、楽浪郡・帯方郡等、漢の出先機関が置かれて服属を余儀なくされると、一部の王族や高級官僚(遊牧騎馬民か)等が北部九州へ渡来、 伊都国として、その支配権を奪おうするが、長引く戦いから女王卑弥呼を共立して争いを収めた。それに従わない奴国連合の人々は狗奴(カナ→クド)国として 南下、邪馬壹国と伊都国連合に対立した。
 奴国の支配者層は潅漑施設等の設計施工や土木工事に関わり、城京や安京とも関連して河原や小高い丘を平(なら)して建設した。韓国語では奈良(なら)=国とされるが、新羅(シル→しぎ)、百済(ペクチェ→くだ)等から、奴国=奴羅(なら)で、狗奴羅(クヌァ→クヌド)となる。

 ○官兕馬觚
 兕[不明][zii][sı]=一本角の野牛(水牛)に似た動物とし、犀の一種と在る。
 馬[măg][mă(mbă)][ma]=草原を駆ける馬と帆に風を受けて海上を航行する船=天翔る鳥(天之鳥船)、何れも雄のトーテム。
 觚[kuag][ko][ku]=保管・管理する。

 使われる漢字の音を併せると、「兕」を中古音に拠ると、「ツィマックァッ→チマコ/チムバコ」で、語義を考え併せると、一本角(帆柱)の馬(=船)を 操る海民や蛋民の長(大倭?)となる。「記」歌謡「島」を「斯麻」「志麻」と二種の万葉仮名で訓じ、前者の「斯麻(狭=せま→せば)」は伊都国の副泄謨觚 (大倭)、後者「志麻(ちま)=小し→低し」とすれば、官兕馬觚は卑狗(凹=ぺこ)となる。また、「記紀」黄泉国から還り、禊ぎして伊奘諾尊(伊邪那岐 命)の生した綿津見神(穂積系外洋航海民)と住吉系筒之男神(沿岸航海民→阿曇系川民)等、二系の海民がおり、奴国(ナクォ)=凪・薙・投・和(倭)とも繋がる。
 述べてきた外的要因で、此迄の秩序が乱れた。先述した燕人の衛満が興した衛氏朝鮮も前漢武帝に滅ぼされた後、その王族や高級官僚が倭人系海民を伴い渡来して興した伊都国の男弟(年下の)が、箕子朝鮮系の奴国の統治権と祭祀権を剥奪、伊都国の一大率から派遣された官吏、対海国や一大国の副官と同名称の卑奴母離に監察させた。おそらく、奴国の兕馬觚は金印「漢委奴国王」を授かった王の後裔で、伊都国と協定を結び大倭として命脈を保った。その後、南下した呉音系の人々(遼東太守公孫氏等)が後押したのか、奴国(壹與→天照大御神)と狗奴国(スサノヲ系統大年神)が統治権を奪い伊都国王(+臺與)を東国(豊=登余)へ追い遣り、女系卑弥呼の宗女壹與を服属させる。
 上記の流れと「記」出雲神話で、海の彼方から少名毘古那命(スクナビコナ)神が顕れるが、その名前を足の立たない山田之案山子(曾冨杼=蛭子)だけが知る。そのスクナビコナは大国主神(大穴持神・大己貴神)と共に国作りをした後、常世国へ逝かれたとする等、大国主神との対比か、優劣のニュアンスを持つ文字「少」が使われるので、「卑狗」「卑奴母離」に関連すると思われる。
 
微子=殷代末の忠臣、紂王腹違いの兄「啓(開)」、紂王の淫乱を諫めたが聞き入れられず、逃げたが、周公旦は殷の後を嗣ぐものとして宋に封じた。
奴国の通説的な比定地福岡県春日市(須玖岡本遺跡)の近く同県福岡市南区横手南町の笠抜遺跡から大規模潅漑施設が発掘された。また、官兕馬觚=小さいとすれば、水耕稲作民の豊壌を祈願する巫女「委(わ)」が身体を屈めて踊る姿とも繋がる。
新羅(チルアゲ→チラゲ→しらぎ)=「百済(くだら)考」で詳述の予定だが、高天原に参上る速須佐之男命=南風(はえ→ハィエ)に関連が在る。
「紀」大伽羅王子都怒賀阿羅斯等(角が在る人)と関連して、二本角の牛(二本帆 柱)と一本角の犀(一本帆柱)の船を操る外洋航海民と沿岸航海や河川を往来する蛋民が居り、夫々の縄張り争いで対立した。尚、後代、白村江戦で倭軍を破っ た新羅の大将軍「金庾信」とも繋がり、海民の長と考える。
奴国=漢和大辞典「奴」項、箕子、これが奴と為る(論・微子)。漢籍の史記に殷王 紂の叔父胥余は周武王に「箕」に封ぜられると云う伝承があり、風神箕伯と呼ばれるので、戎克(ジャンク)船や小形船(サンパン)等を使い大陸東沿岸部や南 西諸島を南風に吹かれて北上した海民や蝸夷人の百済禰軍等との係わりを抜きには考えられない。「神功記」建振熊命が伊佐比宿禰を謀り、弓弦を絶ちて偽りて 帰服させた後、頂髪(たぎふさ)に設けた弦を出して追い撃ちき。とあり、蝸夷人とは髪の毛を頭の頂で捻り丸めた人々と考える。
前漢武帝=この頃、遼東郡・楽浪郡・帯方郡等、漢民族の半島経営が始まる。
服属させられた委奴(ワヌ)国王は神事や農耕儀礼を掌る(委=早乙女)等の既得権を奪われ、奴国とされたが、邪馬壹国と対立して南下(くだ)った狗奴国は男系卑弥弓呼(大年神)を奉じ、服従・服属する事を嫌がり、分裂するも、壹與を奪い北上(あが)ると考える。
壹與(臺與)=私見では、壹與=伊豫と臺與=豊に関連が在り、当初、狗奴国王卑彌 弓呼は邪馬臺国を標榜、壹與を奪うと、海人豊玉姫と玉依姫の如く分裂し、敗れた伊都国(出雲)系は臺與を伴い日本海側へ東遷する。一方の壹與は周防(す は)灘から四国沿岸部を東遷したと思われる。 
  1. 2015/03/26(木) 14:22:07|
  2. 4.国名と官名
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◇不彌国

  東行至不彌国百里 官曰多模 副卑奴母離 有千余家

 不[pıuəg(pıuət)][pıəu(pıuət)][fəu(pu)]=花萼の形象、後代、大きいと云う語義に派生する。
 彌[miər][miə(mbiə)][mi]=本来、「爾」、豊かな毛髪と女性の美しい文身、弓を男性のトーテム。

 使われる漢字の音を併せると、訓みは「ピゥァッミェ→プァメ→ハメ(馬銜)」で、その語義を考え併せると、美しい文身を施した巫女(卑彌呼等)を輩出する国で、伊都国の官爾支(弓) が男弟として佐けた。例えば、「記紀」天孫降臨条、葦原中国が騒がしいので平定せよと天鹿児(天之麻迦古)弓と天(天之)羽羽矢を授かり、遣わされたが、 その娘を娶り、大国主神に媚び諂い返り事をしない天稚彦(天若日子)の胸を返し矢が貫き死ぬと、「記」イザナギがイザナミとの子火神カグツチの頚を斬った 剣伊都尾羽張(亦名天之尾羽張)神裔とされる建御雷之男神→建御雷神に拠る出雲国譲となり、邪馬壹国伊都国連合が成立する。その後、対立する狗奴国(建御名方神→八坂刀賣)に敗れて、支配権の象徴(金印「親魏倭王」)と卑彌呼の宗女「壹與」を奪われて邪馬国を標榜されたのか、邪馬国伊都国連合は宗女臺與(豊)を伴い東遷する。

 ○多模
 多[tar][ta][tuo]=(字統)生け贄とする肉を重ね、多くの肉を表すとある。
 模[mag][mo(mbo)][mu]=莫(法則)+木=版木と在り、手本から作る(模倣)。

 使われる漢字の音を併せると、「タルマッ→タマ(玉)」、語義を考え併せると、多くの生け贄を捧げて祈り、手本を示す役職(巫覡や神官)、對海(たま) の近似音になる。尚、前項の奴国と、この不彌国にも對海国や一大国と同名称の副卑奴母離とあり、邪馬壹国と伊都国連合に服属、祭祀権を剥奪され、一大率か ら派遣された役人の管轄下、大倭(=卑狗)に河川航行と交易権を監察された。本来、多模(たま)は、對海国と一大(イタ→イト)国等、海民を束ね、その祭 祀、神事や亀卜等を掌る委奴(ワヌ)国王だったが、伊都国の官爾支(ヌケ/ニケ)に、その支配権を奪われたと考える。その訓み方に諸説ある「委奴国王」に 使われる漢字の音は以下の如く在り、委[・ıuar][ıuĕ][uəi(「倭」と同音)・奴[nag][no(ndo)][nu]とあり、「ィゥアナッ →ワナ→ワィヌ」となる。
 燕人の衞氏後裔を支配者層とした矛や剣を神器とする伊都(ヤァタ→イツ)国は、鏡を神器とする箕子朝鮮の王族や官吏を上層部とする委奴国連合の對海国や 一大国を服属させ、諸国を検察する官吏(武人と文官)の役所一大率から派遣された。海上交通の要衝に位置する對海国や一大国には官卑狗と副卑奴母離が置か れるが、邪馬壹国と伊都国連合の意向に順ったのか、その一官僚として命脈を保ち、名を連ねる。
 「記紀」当初、邇邇芸命(瓊瓊杵尊)=委奴(鰐)国王の娶った大山祇の娘木花咲耶姫(木花佐久夜毘賣)と姉磐長姫(石長比賣)=別種の倭人に別れるが、 遅れて渡来した山幸彦(伊都国爾支)に海人豊玉彦(委奴国王多模)と娘豊玉姫(卑弥呼→宗女臺與)は服属するが、兄海幸彦(官狗古智卑狗)と葺不合(卑彌 弓呼)は南下して、海民(陸鰐)国の邪馬壹国伊都国連合と対立する。その後、妹玉依姫(卑弥呼→宗女壹與)と繋がった葺不合(狗奴国王卑彌弓呼)に伊都国 王と臺與(豊)は敗れて東遷する。「仲哀紀」徳勒津(とくろつ)を出発され、山口県浦郡周辺の穴門に行幸~云々と在り、神功皇后の新羅討伐に住吉系海民(志賀島)が助力したと云う。
 上記の如く、謨・模[mag][mo(mbo)][mu]や馬[măg][mă(mbă)][ma]と在り、四声等、微妙な違いはあるが、上古音「マ」の近似音が使われる事からすれば、漢字が持つ語義を無視してはならないと考える。

弓= 矢(血胤)を番えて放つもの。弓忽山(kom-kol)を弓を神器として奉納した扶余族の神山(kom-tal)=熊山とする。ただ、「忽」=俄な様 、糸(し)の十分の一。ユルガセ=心を緩める様、疎かにする様、いい加減な事と在り、新羅の時代、疎かにされ、忘れられていたが、神聖の太祖王建が奉祀 し、興した国が高麗(こま→クマ)とされる。弓の弦を鳴らして新生児の邪気を祓うので、弓を神器とした遊牧騎馬民扶余族や満州族(女真)も邪馬壹国や大和 朝廷の構成員の一つと考える。
伊都=訓みを「ヤータ(八咫)」とすれば、鏡の国だが、「ヤハタ(八幡)」に転音する と武神(清和源氏)、「イツ(伊都→稜威)」だと矛や剣の神ともなる。茨城県鹿嶋市宮中にある元官幣大社、常陸国一の宮鹿島神宮の祭神武甕槌(タケミカ ヅチ)神、経津主神・天児屋根命は、剣神伊都尾羽張(甕速日神)裔孫とある。古来、軍神として武人の尊信が厚い。尚、「記」建御雷之男(タケミィカヅ チ)神の亦名として建布都(たけふつ)・豊布都(とよふつ)とあり、出雲国譲は、当初、豊(臺與)系の国譲りだが、その後、反対に建(壹與)系が国譲りし た事を隠匿して記述する。
徳勒津=漢字の音や語義を考え併せると、勒[lək][lək][ləi]=馬を馭す る革紐、勝手に動かない様に引き締める(制御)、程よく調整する。古訓、あらたむ・くつわ(轡)。馬を馭し手なずけて、本来の気性を制御、革める事。この 馬=船として、倭人系海民陸鰐(くぬがわに)と韓人系沿岸航海民鰐(わに)として区別したと考えられる。また、「魏志東夷伝」弁辰の瀆盧(トクロ)国とあ り、関連が在ると思う。
四声=中国発音のイントネーションで、平声・去声・上声・入声の四種がある。 






  1. 2015/04/02(木) 21:35:32|
  2. 4.国名と官名
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◇投馬国と記紀

  南至投馬国水行二十日  官曰彌彌 副曰彌彌那利 可五万余戸

 投[dug][dəu][t`əu]=(字統)兵仗で打って棄てる事=投棄と在り、薙ぎ払う事か。
 馬[măg][mă(mbă)][ma]=草原を駆ける馬、帆に風を受けて海上を航行する船は天翔る鳥(天之鳥船)、何れも雄のトーテムとなる。

 使われる漢字の音を併せると、訓みは「トゥグマッ→トゥッマ(苫・泊)→ツマ(褄・端・妻・夫)」、語義を考え併せると、東西何れかの端(つま)の南端に位置する国で、近似音の地名に当麻(たぎま→たいま)・田隈・田熊・託麻・宅間、但馬(タヂマ→たんば)等がある。「記紀」黄泉国から還ったイザナギが杖を投げ棄てると生る衝立船戸神(岐神)とあり、「記紀」の国々に擬えてみると、草創期、伊都国(豊葦原瑞穂国)の命で狗奴国(黄泉国→出雲)との国境監理と警備の役目を負う。前項の奴国(葦原中国)や次項の邪馬壹国(高天原)と共に投馬国(丹波)も狗奴国との南境界線上に並ぶと考えます。

 ○官彌彌
 彌[miər][miə(mbiə)][mi]=豊かな毛髪と女性の美しい文身、弓男性のトーテム。先述の「爾支」にも使われた爾(矢)を射る弓。

 漢字の音を併せると、訓みは、「ミェッミェッ→メメ(目々)→ミメ(御妻=妃)」、語義を考え併せると、「記」イザナギ大神が左目を洗うと顕れた天照大御神には高天原を治めよ。右目を洗うと顕れた月読(月・月夜見)命には夜食国を治めよ。鼻を洗うと顕れた建速須佐之男命は海原を治めよと命じられたが、亡母の山陵がある黄泉国に行きたいと嫌がる。更に、須佐之男命(卑彌弓呼)の乱暴狼藉に拠り、「記」天照大御神は天岩戸に隠り、速須佐之男命は神避いされて、出雲で退治したヤマタノヲロチの尾にあった剣(建)を天照大御神に献上し、その魂(玉+剣)を宿し、ウケヒで生した「記」正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命は、同国内の娘を娶り、火明命と天津日高日子番能邇邇芸命を生む。その日子番能邇邇芸命は天孫降臨して異国の女性に婿入りする。
 当初、委奴国系統の娘に婿入りした箕子氏(奴国)は伊都国(衛氏)が渡来すると、卑彌呼(+男弟)と狗古智卑狗(壹與と卑彌弓呼)に分裂する。「記紀」 山幸彦が豊玉姫に婿入りした様に、古来、海民や蛋民は母系制で一族内の娘に婿を取ったが、玉依姫が継子葺不合命の乳母から妻になった如く、投馬国は伊都国 (衛氏)に妻を出す国に変化したと考える。

 ○副彌彌那利
 彌[miə r][miə (mbiə )][mi]=前項と同字。
 那nar][na(nda)][na]=(字統)冄(ぜん)声、「冄」は日母(じつぼ)で、燃・熱等の声がある。枝のしなやかで美しい様。
 利[lıed][lıi][li]=(字統)禾と刀に従う。金文には犂鋤や犂の形で見える。禾稲を刈り、実益を得る=利益とある。

 漢字の音を併せると、訓みは「メィメィナルェッ→メメナレ」、語義を考え併せると、御妻川→御笠川で、古代、銀河・天川(漢)を映して滔々と流れる阿利那礼川が、福岡県福岡市を縦断する御笠川東南の宝満川へと続く低地の筑 紫平野中央部の南北を貫き流れていたとも云われる。その流域、同県筑紫野市針摺や阿志岐シメノグチ等の縄文遺跡では先土器が出土した。その東南に宮地岳、 同県前原市神在の宮地岳、同市の雷山神籠石付近の怡土城跡(大門)にも宮地嶽神社がある。おそらく、「記紀」邇邇芸命(瓊瓊杵尊)の妻大山津見神の娘木花 佐久夜毘賣(木花咲耶姫)の木花(カハ→カバ→カマ)を裂く国で、先述の神功皇后伝承の雷電が踏み裂いたと云う裂田溝に関連する裂田神社(福岡県筑紫郡那賀川町安徳)、その治水を目的として造られた水城の維持と管理を掌ったが、伊都國の命で奴国と共に国境監理と警備の役目を負わされたと考える。尚、福岡県糸島市三雲の細石神社には木花咲耶姫が祀られる。


島 根県隠岐郡都万村都万、岡山県倉敷市玉島爪崎、山口県宇部市妻崎開作、宮崎県西都市妻町。おそらく、投馬国へは倭人の領域とした狗邪韓国から末盧国迄の渡 海と末盧国で船を乗り換え、九州西沿岸沿岸航海か、河川や運河に拠る水行で行ける。20日は、その合算。蛋民系大山津見神(大山祇)の娘石長比賣(磐長 姫)→木花知流比賣(河内姫)や妹木花佐久夜毘賣(木花咲耶姫=河外/琴→事)と呼ばれた人々に擬えられる。
出雲=大分県日田郡(現日田市)中津江村鯛生に「出雲岳」、西側の福岡県八女郡黒木町付近、姫御前山・石割(平野)山・御前(権現)岳がある。
邪馬台国の女王卑弥呼が崩じた後、復立卑弥呼宗女臺與(壹與)と在り、一族内の娘(宗女)から女 王に擁立し、祭祀に関わる巫女(斎女)とする。同族の男子は他氏族に婿入りする母系制で、投馬国は、その婿を出す国だったが、その権利を伊都国に奪われ た。例えば、「記紀」神武正后、比賣多々良伊須氣依姫(五十鈴姫)は山神が麓の娘に生ませたとあるが、「紀」崇神六年、百姓流離或有背叛其勢難以徳治之是 以晨興夕惕請罪神祇先是天照大神倭大国魂二神並祭於天皇大殿之内然畏其神勢共住不安故以天照大神託豊鍬入姫命祭於倭笠縫邑仍立磯堅城神籬神籬此云比莽呂岐 亦以日本大国魂神託渟名城入姫命令祭然渟名城入姫命髪落体痩而不能祭とある。その後、「紀」垂仁十五年春二月乙卯朔甲子喚丹波五女納於掖庭 第一曰日葉酢媛 第二曰渟葉田瓊入媛 第三曰真砥野媛 第四曰薊瓊入媛 第五曰竹野媛 秋八月壬午朔立日葉酢媛命為皇后以皇后弟之三女為妃 唯竹野媛者因形姿醜返於 本土則羞其見返到葛野自堕輿而死之故号其地謂堕国今謂弟国訛也 皇后日葉酢媛命生三男二女第一曰五十瓊敷入彦命 第二曰大足彦尊 第三曰大中姫命 第四曰 倭姫命 第五曰稚城瓊入彦命 妃渟葉田瓊入媛生鐸石別命与胆香足姫命 次妃薊瓊入媛生池速別命 稚浅津姫命と在り、垂仁天皇(委奴国王)と丹波との繋がり を示唆、対立する景行天皇(狗奴国)となる。また、皇統を持つ持統天皇(高天原広野姫)へ天武天皇(大海人皇子)が婿入り、光仁天皇(天高紹=あめむねたかつぎ)の娘、酒人内親王の皇統(あめ)に婿入りした桓武天皇(生母百済王後裔高野新笠)等とも関連すると考える。
「日本書紀」於是、共生日神。號大日孁貴。大日孁貴、此云於保比屢咩能武智。孁音 力丁反。一書云、天照大神。一書云、天照大日孁尊。此子光華明彩、照徹於六合之内。故二神喜曰、吾息雖多、未有若此靈異之兒。不宜久留此國。自當早送于 天、而授以天上之事。是時、天地相去未遠。故以天柱、舉於天上也。次生月神。一書云、月弓尊月夜見尊月讀尊。其光彩亞日。可以配日而治。故亦送之于天。次生蛭兒。雖已三歳、脚猶不立。故載之於天磐櫲樟船、而順風放棄。次生素戔鳴尊。一書云、神素戔鳴尊、速素戔鳴尊。
正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命=天照大御神とのウケヒで速須佐之男命の剣=ヤマタノヲロチの尾にあった剣から生まれた五男神中の一人。
同国内=高木神(高御産巣日神の亦名)の娘、萬幡秋津師比賣。異国の大山津見神の娘、妹木花佐久夜比毘賣(姉石長比賣は醜いとして娶らず)を娶り、火照命・火須勢理命・火折命(天津日高日子穂穂手見命)を生む。
燃・熱=同声には「紀」伊奘冉(いざなみ)に使われる漢字「冉」が在る。旧くは、 婀那や婀儺とし、花の美しく咲く様を云う語だが、「委」=稲魂を被り、舞い踊る姿と同様のニュアンスがあり、那=儺(おにやらひ)にも通じる。当初、伊奘 冉(伊邪那美)も天降りしてきたイザナギを婿に取ったが、火神カグツチを産むと、イザナギと袂を分かち自身の息子に嫁を取り嗣がせた。尚、奴国(ナ クォ)=凪・薙・和・投とすれば、「記紀」伊奘諾尊(伊邪那岐命)が海をかき混ぜた矛から滴るものがオノゴロ島になったと在り、海人(あま)との繋がりを 示唆すると考える。
「神功紀」仲哀の妻神功皇后羽白熊鷲を討とうと松峡宮に移動中、御が飛ばされたと在り、現在の福岡県太宰府市御笠川付近とされる。また、桓武天皇の母御を百済王(くだらのこにきし)後裔、高野真妹の妹(娘)の高野新とする。
御笠郡(福岡県筑紫野市大字原田字森本)の筑紫(ちくし)神社の御祭神は白日別命 にて、後世、玉依姫命・坂上田村麿の神霊を相殿に奉祀。当社は延喜式神名帳に名神大の神格を定められる。往古、九州を筑紫と云ふ称は白日別命の神号より起 り、筑紫(筑前・筑後)の国魂にして朝廷より、当社は筑紫の国魂を祀る式内名神大社で、伝承では近くの城山頂上に祀られており、五十猛命の別名とされる白 日別神には光・明・火等を表す「白」が付きウラルアルタイ系諸族に共通する天神・祖神を示す。五十猛命の渡来伝承も青銅器生産の担い手と思しき渡来者集団 との関わりもあるかも知れない。また、背振山地東部低丘陵地帯は、弥生中期の甕棺墓地出土の中心地であり、後期の銅剣・銅矛・銅戈だけではなく、古式銅鐸 も含めた青銅器生産の中心地である。これら金属器類と朝鮮半島とは深い関係があり、弥生後期に畿内で流行する銅鐸祭祀の源流は筑紫にあるとも云われる。



  1. 2015/04/09(木) 15:06:38|
  2. 4.国名と官名
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◇邪馬壹国と官名

  南至邪馬壹国 女王之所都 水行十日陸行一月
  官有伊支馬 次曰彌馬升 次曰彌馬獲支 次曰奴佳鞮 可七萬余戸

 邪[ŋiăg(yiă)][ziă][sie(ie)]=邪なる事(よこしま・わるい)=呪術等、漢方では陰陽のバランスが悪い事、傾ぐ。
 馬[măg][mă(mbă)][ma]=前出の草原を駆ける馬、海上の船は天翔る鳥(天之鳥船)、何れも雄のトーテム。
 壹[・iet][・ıĕt][ıəi]=壷の中で発酵し、充満する=全一。

 使われる漢字の音を併せると、訓みは「ヌギァッマッイェッ→ヌガマィエ(蒲江)/ィアマィエ→ヤマィエ(山江・山家)」で、語義を考え併せると、呪 術的な巫女王を戴く連合国の首長国(全一)と云うニュアンスと考えられる。尚、後代、「シェバエ」ともされて、鯖江(さばえ)等の地名にも派生した。

 ○官伊支馬
 伊[・ıər][・ıi][i]=伊都国にも使われる漢字で、君(巫女)を補佐する役職名。
 支[kieg][tʃıe][tsi]=伊都国の大官爾支に使われる「支」=小枝を手に持ち支える事。
 馬[măg][mă(mbă)][ma]=前出の草原を駆ける馬、帆に風を受けて海上の船、天翔る鳥(天之鳥船)で、何れも雄のトーテム。

 使われる漢字の音を併せると、訓みは「ィアーキェッマッ(ィエケッマッ)→ヤケマ(焼山・八雲)」、或いは、「ィエケマ→イキマ(生目)」で、その語義 を考え併せると、女王卑彌呼(狭穂比賣→佐波遅比賣)を支え、補佐する役職(爾支)を管理する。後、臺與を支えた男性(垂仁=伊久米伊理毘古伊佐知)か。 その連合国が卑彌呼の死で分裂すると、追われて、南下していた狗奴国(狭穂毘古→景行天皇)と壹與(佐波遅比賣)が繋がり、追われて東遷する。

 ○副彌馬升
 彌[miər][miə(mbiə)][mi]=豊かな毛髪と女性の美しい文身、弓=男性のトーテム、爾(矢=男精子)を射る弓。
 馬[măg][mă(mbă)][ma]=前出の草原を駆ける馬、帆に風を受けて海上の船、天翔る鳥(天之鳥船)、何れも雄のトーテム。
 升[thiəŋ][ʃıəŋ][ʃıəŋ]=穀量を計る器、「斗」に極めて近く勺に一を加えた形。昇る。

 漢字の音を併せると、訓みは「ミェマッチィァッ(ミァマシィァ)→ミマチャ(ミマシェ)」で、語義を考え併せると、巫女を生む男婿の有資格者になる。御 体(みま)・御座(みまち→みまつ)=御真津と転音し、孝昭天皇(御真津日子)→御真津比賣(崇神=御真木入日子印恵命の后)と関係があると考える。

 ○副彌馬獲支
 彌[miər][miə(mbiə)][mi]と馬[măg][mă(mbă)][ma]は、前出の巫女を生む男婿。
 獲[ɦuk][ɦuk][huo]=鳥(作物や獲物)を手に掴む。
 支[kieg][tʃıe][tsi]=小枝を手に持ち支える=掌る。

 使われる漢字の音を併せると、訓みは「ミェルマッフッキェッ→メマゥアケ→ミマワケ(御体別)」、或いは、「ミマゥアケ→ミマキ(御真木)」で、語義に拠ると、神聖な巫女を輩出する国を補佐し、葬る役目を掌る男性(崇神=御真木入日子印恵命)となる。

 ○副奴佳鞮
 奴[nag][no(ndo)][nu]=奴国項で述べた様に海民(韓人)を伴い渡来し箕子朝鮮後裔の王族や官僚。
 佳[kĕg][kĕi][kiai]=(字統)善なりとし人の佳善なるを云う。支[kieg][t∫ıĕ ][tsi]と近音韻を持つ。
 鞮[ter][tei][tiəi]=(字統)「是」項、「匙」の初文とあり、匙状の道具で表面を平らに鞣した皮革。北方夷狄が使う言語や、その通訳と在る。

 使われる漢字の音を併せると、訓みは「ナッケッテゥ→ナクテ(中手→中臣・額田)」で、その語義を考え併せると、神祇官を補佐する祭祀官下属の女囚、北方の従順な狄人(箕子か)の通訳者と云ったニュアンスの名称になる。「奴佳鞮=額田」が正しいとすれば、北狄が漢民族でない異民族としても「倭人伝」旧百余国漢時有朝見者今使訳所通三十国とある事とも関連し、彼等は漢語に通じていたとせざるを得ず、呉音系漢人だった奴国の構成員が、邪馬壹国前代に漢に朝見した人々で、魏使の通訳だったのかも知れない。次回は、女王卑弥呼を考える。

字 統「狄」=火と犬に従う。磔殺された犬に火を加えて災禍を祓うための呪義を示し、遠ざける事、夷狄・北狄と在る。古代の中国で、北方塞外の匈奴(きょうど →ふんぬ→フン)・鮮卑(せんぴ)・柔然(じゅうぜん)・突厥(とっけつ)・契丹(きったん)・維吾爾(ウイグル)・蒙古(もうこ)等、遊牧民族の呼称と されるが、中国大陸(中原)を北回りで半島を経由して渡来した人々とも考えられる。 








  1. 2015/04/16(木) 17:14:37|
  2. 4.国名と官名
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◇女王卑彌呼

  其國本亦以男子爲王 住七八十年 倭國亂 相攻伐歴年 乃共立一女子爲王名曰卑彌呼事鬼道能惑衆
  年已長大無夫壻 有男弟佐治國 自爲王以來少有見者 以婢千人自侍 唯有男子一人給飲食傳辭出入
  居處宮室樓觀城柵嚴設 常有人持兵守衞

 本来、その国も男子の王を為し、70~80年を住まう。倭国乱れ、互いに攻伐する事、年を歴る。そこで一人の女子を女王に為す名卑彌呼鬼道を能くし、衆を惑す。已に年輩だが夫婿はない。男弟有りて佐け治む。王になってより、姿を見た者少なし。婢千人で以て侍る。唯男子一人有り、飲食の世話と伝辞で出入りす。居処、宮室と樓觀や城柵を厳かに設け、常に兵器を持つ人が有り、守衛す。

 卑[pieg][piĕ][pi]=酒を注ぐ柄杓を手に持つ形。
 彌[miər][miə(mbiə)][mi]=前出、「爾」で、豊かな毛髪と女性の美しい文身。弓は男性のトーテムで、爾支にも使われた爾(矢)を射る弓。
 呼[hag][ho][hu]=(字統)乎が初文、神事に於て神を呼ぶ時に用いた鳴子板の形。また、状態を表す語に付けて語調を強める語ともある。

 使われる漢字の音を併せると、訓みは「ピェッミェルハッ→ペメゥハ→ヒメゥア→ヒメワ」、語義を考え併せると、就任後、隠れて姿を見せない巫女(秘巫 女)と云うニュアンスの名称になる。これを「秘委」とすれば、その漢字音は、秘[pier][pii][pi]・委[・ıuar(・uar)][・ ıuē(ua)][uəi(uo)]と在り、これを併せると、訓みは、「ピェルィゥァル→ペ゚リワル」となる。70~80年は男王の国だったが、何らか の影響で年を歴て相功伐したが、卑弥呼を女王として共立すると、何故か、終息した。
 上記、鬼道(占星術)に長けた巫女王卑彌呼と男弟(伊都国王)は農事暦を作り、豊かさを約束したと考える。此にも「卑」の字が使われる事からすれば、銅 鏡や銅矛、銅鐸を捧げて誓約し、天帝(北極星)や天神(太陽)から命を受けたか、男弟(伊都国王)や諸国王から爵を受けたとすれば、その用字の理由や意味 が分かる。また、次項、狗奴国王の卑彌弓呼が前代の男王を輩出した系統委奴国王で、これも同系の名付け、男性トーテムの弓や剣等を捧げて誓約し、天命を受 けた王と考えられる。*巫[mıuag(mıuo)][mıu(mbıu)][wu]、覡[ɦɔk][ɦek][hiəi]
 例えば、「記紀」天降条天稚彦(天若日子)に弓矢を授けて平定(ことむけやわせ) と、騒がしい葦原中国に天降りさせるが、出雲の大国主神に媚び諂う。更には朝鮮半島の「三国史記」に見える弓忽(kom-kol)山は、弓を神器として奉 納した扶余族等の神山(kom-tal)=熊山で、弓や鉾(剣)等は男性器のシンボル、矢は父系の血胤で、「記紀」火神カグツチ(前代の王)の頚を斬った 剣神「伊都尾羽張」と在り、その剣から滴り落ちる血も同義と考えられる。尚、宮中では御子が生まれると弓の弦を弾いて音を起てて邪を祓い浄め、無事の成長 を祈念する儀式が行われた。
 続いて以下の如く傍国20ヶ国(或いは21ヶ国)を女王国以北の八ヶ国は情報を略載できるが、その余傍国は遠絶にして詳らかにできないと羅列する。

  自女王國以北其戸數道里可得略載 其餘旁國遠絶不可得詳 次有斯馬國 次有已百支國
  次有伊邪國 次有都支國 次有彌奴國 次有好古都國 次有不呼國次有姐奴國 次有對蘇國
  次有蘇奴國 次有呼邑國 次有華奴蘇 次有鬼國 次有爲吾國 次有鬼奴國 次有邪馬國
  次有躬臣國 次有巴利國 次有支惟國 次有烏奴國 次有奴国 此女王境界所盡~

 尚、道程で記された以北の九ヶ国(狗邪韓国・對海国・一大国・末盧国・伊都国・奴国・不彌国・投馬国・邪馬壹国)の一つ奴国と、此女王境界所盡とされた奴国が同国だとすれば、海上と陸上(倭地)を合わせた女王国連合(29ヶ国)と狗奴国を含め、使訳を通じて朝見する30ヶ国とせざるを得ない。尚、傍国の国名と、その意味は「傍国考」にて詳述する。 






  1. 2015/04/23(木) 16:10:54|
  2. 4.国名と官名
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ