見まごう邪馬台国

◇倭の訓は「やまと」で良いかと云う疑問

永遠の謎と思しき命題、大和(やまと)と呼ぶ理由を小学生でも分かる様に説明できるか?と云う友人の問いに対して、幾つかの疑問を取り上げながら私論を述べた後、掻い摘んで分かり易く説明しようと思います。
「大和」と云う表記は、大和朝廷と「続日本紀」等の従四位下大和女王や大和宿禰等の姓氏、大和国添下郡等に使われる地名以外では見えません。古事記(記)では、天皇の和風謚号を大倭(おおやまと)とし、歌謡は「夜麻」=倭と訓じますが、日本書紀(紀)は天皇の和風諡号を大日本(おおやまと)、国産神話で「耶麻(耶)」=日本、もう一つ「景行17年」の歌謡では「夜」と訓じます。「記紀」では、夫々、表記に違いあります。尚かつ、「紀」には「日本」と「倭」でしょうか、二種の「ヤマト」がありそうです。殆どの学者や研究者は取り上げませんが、こうした違いに何ら意味がないとは思えません。
信頼に足ると思しき藤堂明保編「漢和大辞典」に拠ると、葉仮名に使われる漢字音(順に上古音・中古音、以下同)は下記の如くあります。
夜・耶[diag][yia](ヂァッ・ヤ)
麻[mag][ma(mba)](マ/ムバ→ゥバ)*同音「馬」  [muar][mua(mbua)](ムァ/ムブァ→ゥバ)
[təŋ][təŋ](タヌク→タゥ)  [dəŋ][dəŋ](ダヌク→ダゥ)  [dəg][dəi](ダッ→ダィ)*近似音「臺」
 
上記、万葉仮名成立期の漢字音(中古音)に順うと、「ヤ」音は異なる漢字が二種が使われますが、何れも同音です。次の「マ」音は「マ(ムバ)」と「ムァ(ムブァ)」の近似音二種の漢字が使われます。更に、通常、万葉仮名特殊仮名遣い乙音「ト」とされる音には「タゥ」と「タィ」の二系統の音があります。上記、四つを日本語の連声や連濁等、発音上の性質を鑑みて仮名書きにしてみますと、下記の如くなります。*中国音の「四声」は除外
「記」夜麻登(ヤマタゥ/ヤムバタゥ→ヤヴァタ→ヤワタ)
「紀」耶麻騰(ヤマタゥ/ヤムバタゥ→ヤヴァタ→ヤワタ)
「紀」耶摩騰(ヤムァタゥ/ヤムブァタゥ→ヤヴァタ→ヤワタ)
「紀」夜摩苔(ヤムァタィ/ヤムブァタィ→ヤゥバタィ→ヤヴ゙ァタィ→ヤワタィ)
 
上記、前者の三つは「記」山田(やまた)之曾冨の近似音で、丸括弧内唐音では八幡(やわた)の近似音となります。後者の一つは、「ヤムァタィ→ヤマタィ」となり、邪馬臺国の近似音になります。これらを全て同国名として良いのかと云う疑問を持たざるを得ません。これを「ヤマ~」として、語幹「ヤマ」の語義を推測してみましょう。
現代の日本語の音感的には山(やま)を連想します。これは人の住む地域より高く木の生えた鳥獣の住む所等のニュアンスでしょうが、本来、耕作地を持つ農耕民等にとって、己が村に対して他人の村等の彼方側を区別する境界(緩衝帯)で、古来、豊壌をもたらす田の神(タノカンサ)以外は立ち入りできない禁足地だったと思われます。そうした緩衝帯とされた河川を拠点にする河民(河伯)等と同様、狩猟採集民(山民)の住む山地も異界の人々の領域と捉えられていました。詰まり、此方側と彼方側とを分ける境界となり、漢数字八」が持つ語義「分・半・別」と緩衝帯としての間(はざま)を併せた八間(やま)と考えられます。
但し、「記紀」海幸山幸神話等の「ヤマ」は、そうした異界から来た山幸(王族や官人)の影響を受けて海民海幸の領域が分裂する事で、八=分けると[mәg][hai][hai]の上古音「マッ」を併せた八海(ヤマ)=山となります。詰まり、領海や領域を別けたと云う意味を持つ「ヤマ」(緩衝帯)に区画としての「田」や「所」等を付加した「ヤマタ「ヤマトウ」自体が境界を持つ国域や邑域にされたと思われます。では、何を意味するのでしょうか。
 
十七年春三月戊戌朔己酉幸子湯県遊于丹裳小野時東望之謂左右曰是国也直向於日出方故号其国曰日向也是日陟野中大石憶京都而歌之曰、波辞枳予辞和芸幣能伽多由区毛位多知区暮夜摩苔波区珥能摩倍邏摩多多儺豆久阿烏伽枳夜摩許莽例屡夜摩苔之于屡破試異能知能摩曾祁務比苔破多多濔許莽幣遇利能夜摩能志邏伽之餓延塢于受珥左勢許能固
山田(やまた)之曾冨騰=「記」出雲神話で少名毘古那の名前を誰も知らないが、案山子の崩彦(久延毘古)なら知っていると在り、彼は、今に云う山田(やまた)之曾冨騰だと云う。この神は足は行かねども天の下の事を尽に知れる神とする。
唐音=中世12~16世紀頃の南方の杭州音が主な母胎とされる。
邪馬臺国=邪[ŋiăg(yiă)][ie(ziă)]・馬[măg][mă(mbă)]・臺[dəg][dəi]=海人の国を二つに別ける都。
八[puāt][puʌt][pa]=午後三時(八つ時)頃に食べたとされる「お八つ」だが、12~18時、夕餉迄の真ん中とすれば、二つに分ける境界になる。一日を「夜」と「昼」の二つに別ける。正と邪(じゃ→や)に通じる「耶」は漢文では疑問や反語に使われる(正誤)。

スポンサーサイト
  1. 2014/08/01(金) 20:25:52|
  2. 1.私論「大和」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◇ヤマタノヲロチ

「ヤマ・タ」を海民の領域を別けた事としましたが、丸括弧内の別音を「ヤワタ」とすれば、八(や)・海(わた)ともなります。一方の「ヤ・ワタィ」は、私(わたひ→わたい→わたし/わて)、儂(わし→わい)から「ヤワタィ→ヤ・ワタシ(八渡)」、或いは、「ヤマタィ→ヤ・マテ(八真手)」としても良いでしょう。また、中国語では漢字の音韻が「N→R」に変化する事が在り、そうした漢字が日本語では「N→R→J/Z」とされて、日(にち→じつ)、人(にん→じん)等に変化します。これらを考え併せると以下の如く、ヤ・ワタィ→ヤ・ワタシ→ヤ・ワタジ→ヤ・ワタニ→ヤ・ワタリに転音したすれば、外海の渡海や河川の渡し等との関連が考えられます。
例えば、宇佐八幡宮祭神の「記」神功皇后の新羅征伐では山神と住吉系海神や河川神が援助したとあり、その中、渡屯家(わたりのみやけ)とされた百済(ペクチェ→くだら)の「済=渡す」ですから、「クダラ」は、朝鮮半島から海峡を渡り、日本列島へ南下(くだ)る国(ら)、済州(チェジュ)島も罪人を渡す流罪の島となります。また、「神功記」今より以後、天皇の命随に御馬甘(みまかひ)として年毎に船を雙めて、船腹を乾さず、檝柂乾さず、天地の共與(むた)退む事なく仕へ奉らんと在り、この御馬甘=御馬飼にされた新羅(しるらぎ→しらぎ)にも何らかの意味があります。
例えば、旧く舳先が龍の頭や馬の頭にされた事、古英語では船(mere-hengest)=海の馬とされ、ギリシア神話に登場するトロイの木馬も大きな木船だったと思われます。また、中国南部の沿岸では航海の安全を司る女神を「祖」と呼ぶ事、海[mәg][hai][hai]と馬[mag][ma(mba)][ma]の上古音が近似音にされる事を考え併せますと、草原を走る馬と海原を走る船と云う共通項になります。詰まり、御馬=御船とすれば、朝鮮半島東南部の女王国に服属しない倭人系造船民や外洋航海民の南加羅?が新羅(しらぎ)とも考えられます。
もう一つ、「ヤ・マタ」とすれば、「記紀」出雲神話、神ヤラヒされたスサノヲ(異界からの来訪者)が肥河上の鳥髪地で退治したとされるヤマタノヲロチ(八岐大蛇・八俣大蛇)とも関連が在るのかも知れません。肥河の流れが血に変わる中、大蛇の尾を斬りし時、御刀の刃が毀れたので怪しと思い御刀の前で刺し割いてみると草薙大刀(都牟刈大刀)ありき。異しと思い天照大御神に白し上げ賜いきとあります。その後、スサノヲは大山祇(大山津見)の子脚乳と乳(足名椎・名椎)の娘奇稲田姫(櫛名田比賣)を娶り、「「紀」素戔鳴尊、自天而降到於出雲簸之川上。則見稻田宮主簀狹之八箇耳女子號稻田媛乃於奇御戸爲起而生兒、號淸之湯山主三名狹漏彦八嶋篠。一云、淸之繋名坂輕彦八嶋命。又云、淸之湯山主三名狹漏彦八嶋野を生むとして三つの名前を持たせるが、二番目を「名を繋ぐ」として二系に分裂した事を示唆します。更には「紀」因勅之曰吾兒宮首者、即脚摩乳手摩乳也=勅して曰わく、吾が児の宮の首(おびと)は即ち脚摩乳手摩乳也とあります。
一方、「記」隠所を起こして八島士奴美神を生みますが、同じ大山津見の女神大市比賣を娶り、大年神、宇迦之御魂神を生むとして、士奴美神と大年神(+宇迦御魂神)の二系を示唆します。また、足名椎だけを呼び、我が宮の首たれと名を負せて稲田宮主須賀耳神と號づけ賜ふとします。「記紀神話」ヤマタノヲロチ退治も天照大御神(海幸)と誓約したスサノヲ(山幸)が海の領域を別けた後、出雲に下り、大蛇を退治して大山祇(大山津見)の領域をも分裂させたと考えられます。
次回は、山(ヤマ)と近いニュアンスを持つ言葉、海に浮かぶ島 (しま)は、どんな意味を持つのか考えてみましょう。
 
八真手=真手(両方が揃う)、馬刀貝(まてがい)=遊牧騎馬民が使う直刀に似た形状の貝とも考えられる。
百済(ペクチェ)=多くの部族(百)を済すと云う語義か。また、済(すむ)之江=住之江とも関連が在るか.
「紀」素戔鳴尊所行無状。故諸神、科以千座置戸、而遂逐之。是時。素戔鳴尊、帥其子五十猛神、降到於新羅國居曾尸茂梨之處。乃興言曰、此地吾不欲居、遂以埴土作舟、乘之東渡、到出雲國簸川上所在、鳥上之峯。時彼處有呑人大蛇。素戔鳴尊、乃以天蠅斫之劒、斬彼大蛇。新羅國、居曾尸茂梨之處。乃興言曰、此地吾不欲居、遂以埴土作舟、乘之東渡、到出雲國簸川上所在、鳥上之峯。時彼處有呑人大蛇。その子、五十猛神と新羅(しらぎ)に居たとあり、舟に乗って東に渡る。
「八嶋」=八(ヤッ)++山(やま)+鳥(とり)=天之鳥船、嶋[tog][tau][tau]とすれば、ヤ・ヤマタゥ→ヤ・ヤマトとなり、再度、「ヤマト」がヤマト(明日香)とヤマタゥ(飛鳥)に分裂し、山背→山城として平安遷都、一方は東国(蝦夷)へ追われたと考える。
稲田宮主須賀耳神=八耳は「魏志倭人伝」投馬国の官彌彌(メメ→ミミ)と副官彌彌那利(ミミナレ)に関連すると思う。「記」左目を洗うと顕れた天照大御神には高天原を治めよ。右目を洗うと顕れた月読(月夜見)命には夜食国を治めよ。鼻を洗うと顕れた建速須佐之男命は海原(船)を治めよと命じられたが、亡母の山陵のある妣国(黄泉国=夜見)=出雲に行きたいと嫌がり、イザナギ大神に神避いされ、海原(海人の鰐=わに)を失うと川を遡り、出雲へ向かい男系と女系に分裂した。天之忍穂耳命の子、天降りした天孫瓊瓊杵尊(邇邇芸命)の妻大山祇(大山津見)の娘で、倭人磐長姫(石長比賣)の妹木花咲耶姫(木花佐久夜毘賣)は阿利那礼川(水道)を司る。「神功紀」裂田溝(うなて)=福岡県筑紫郡那賀川町安徳・裂田神社とも関連し、治水池(水城)の維持管理をも掌ったと思う。


  1. 2014/08/07(木) 01:18:08|
  2. 1.私論「大和」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◇「山」と「島」

「島」と同訓、河川の中州(しま)を、漢字の語源から川底に土砂が堆積し、その流域中に存在するものとすれば、河川流域中の緩衝帯で、山と同様の境界になります。表題の「島」の場合、大海上に浮かぶものとすれば、「山」も雲海上に浮かぶと云う共通性を有していますが此方側と彼方側の異界を分ける緩衝帯とした「山」とは違い「島」は海水や湖水に囲まれ、それ自体が別の区画として存在します。どちらかと云えば、海水や湖水自体が緩衝帯と考えられます。そこで少し見方を変えましょう。「記」歌謡の万葉仮名では、何故か、「島」を「斯麻」「志麻」の二種で訓じます。
前者に使われる斯[sieg][siĕ][sï]=こう・この様、此処(ここ)、現世白川静編「字統」机に置いたものを斧で切り分ける。これを万葉仮名成立期の中古音で仮名書きすると、斯(シェ→セ)・麻(マ/ムバ)=シェマ→セマ(シェムバ→セムバ)となります。丸括弧内「シェムバ→セムバ→セバ」は、(セバ)いとする地方も在り、俗世間(シャバ)=現世ともなります。また、「センバ」とすれば、千把(せんば)扱ぎ=歯状のものを間隔を狭めて付けた脱穀用の道具や、船溜りだったとされる地名の船場(せんば)等も堀川に囲まれた狭い区画とすれば、同源かも知れません。
後者、志[tiəg][tʃıei][tsï]=心が向かう所、死者への追善供養、その送物(こころざし)とあります。「字統」指示代名詞の「之(これ)」と同義、その楷書は「士」で心中に在るもの、「詩」は、それを言葉に発したもの。前者と同様、万葉仮名成立期の中古音を併せ、志「チュィェィ→チェィ」・麻(マ/ムバ)=チェィマ→ティマ→チマ(チェィムバ→ティゥバ→チゥバ)、その丸括弧内「チェィムバ→チゥバ」からすれば、房総半島の地名「千葉」は、霞ヶ浦を水道とし、略切り離されていたのでしょうか。また、差別用語とされるチェィムバ→チムバ→チンバ(跛・蹇)とすれば、三歳迄、足が立たない蛭子(ひるこ→ゑびす)=事代主神、山田之曾冨騰(案山子=欠足)の崩彦(くゑびこ)にも関連が在るのかも知れません。
前者は切り取られて狭間(セマ)い事、後者は同様に小間(チマ)い事、何れの場合も大きな領域に周りを囲まれた状態になります。序でに、島の浮かぶ海と山を繋ぐ河川がカハ→カワとされた理由と、その意味を考えてみましょう。
例えば、魚河岸(うほかし→うをかし)を海洋や河川の漁師が獲った魚を海岸や河岸に水揚げし、その場で物々交換したり、売ったとすれば、手前の此方(こっち)を河岸(こし/かし/きし)とし、向いの彼方(はち→あっち)を端岸(はし)として区別したのでしょう。後代、両岸を橋(はし)で繋ぎ異界の地と往来が始まると「カシハシ→カッハッ→カハ」と呼ばれましたが、日本語では「H」音がK音化したり、無声音化し易いため、「カハ→カゥア→カワ」と発音されたと思います。
古今東西、緩衝帯としての「山(森林)」と同様、異界とを分ける境界「河川」は、此方側の河岸も水量によって曖昧な緩衝帯としての河原があり、その流れを介した彼方側の河岸(はし)は、異界の地でよく分からないと云うニュアンスになり、此岸(現世)ではない彼世(あのよ)への彼岸(ひがん)とされます。万葉仮名「か」には河[ɦar][hə][ho]と同音「何」も使われるので、おそらく、疑問詞「か」の語源([ɦar]ファゥ→ファッ=what?)と考えられます。
また、湖岸や海岸の「浜」は河川に拠って運ばれた土砂が波打ち際に寄せられた堆積地で、陸地と水域と云う別の領域に挟まれて流水や波浪に洗われる曖昧な緩衝帯で狭間(はざま)となります。おそらく、端間(はしま/はたま)→始(はじめ)/初(はぢめ)→発(はつ)→八間(やま/はちま)→浜(はっま→はま)と転音し、派生したと思われます。
 
之[tiəg][tʃıei][tsï](これ)=多数の中から一つを切り取って選ぶとすれば、範囲を狭めて小さくする事に繋がり、所有「の」も切り取って個として示す。
「チマ→コマ→クマ」と転音し、緩衝帯の山と山に挟まれた谷間の狭隘な土地や深く入り込んだ湾奥を意味する「隈」「隅」となる。また、「チマ→チバ→キバ→キハ(際)」ともなる。*牙(きば)も口唇の際から突き出た犬歯
河岸(こし)=越前(福井県東部)や越後(新潟県)と越中(富山県)等の北陸三県を越(こし)国とする理由は、大陸の粛慎や渤海の海民が移り住んだ此方側で、「越」の字を使う理由は大陸南部に居た粤(ヱツ)人と同様、近畿から見て、立山連峰等を越えた国となる。


  1. 2014/08/15(金) 11:09:03|
  2. 1.私論「大和」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◇「海原」と「天空」

序でに、同訓「あま」を持つ「海(かい)」と「天(てん)」との関係と語義を考えてみましょう。例えば、後者を古事記歌謡では、「阿麻(あま)」と「阿米(あめ)」の二種で訓じます。これと全く同訓の漢字に「雨」が在ります。
天空の雨雲(あまぐも)から地上に降る雨滴(あまつぶ)を傘(あまがさ)や合羽(あまがっぱ)で避けます。詰まり、雨水の状態として形容する場合、「アマ」となりますから、陸上とは異界の水上として海(アマ)と呼んだとすれば、河辺に係留した家船に住む河民と同様、海中に潜る人や海上を移動する海民も陸地で耕作する人々にとって異界の他者と云う認識だと思われます。その訓音の成り立ちは、青海(あふま→あうま→あま)に転音したと考えられます。
一方、春雨(春のあめ→春しあめ)、秋雨(秋のあめ→秋しあめ)、霧雨(霧状のあめ→霧しあめ)、雷雨(かみなりあめ)、篠突く雨(しのつくあめ)、横なぐりの雨等、降っている雨水の状況や状態を形容する場合、「アメ」とされます。
例えば、豆汁(あめ)=大豆を蒸し煮した時の出汁で味噌・醤油製造の副産物。豆腐の原料や染物・油絵の彩料に用いる大豆(ミァメ→マメ)を水に浸し、磨り潰した汁=汁(ごじる)とあり、天智天皇(天之命開別/あめのみことひらかすわけ)が白村江へ救援に向かった百済(ペクチェ)は呉音の漢字を使ったと云われます。また、海(うみ)が「アメ」とされない理由は人間の糧となる魚海類、若布や昆布等の海草類、必要不可欠なミネラル「塩分」を生む生産(うみ)の場と考えます。
尚、汽水域とは、淡海(あふみ→あはみ→あわみ)は河口や江湾の入口に砂州等ができて海水の流入が減少した状態になります。海水(あま)と淡水(あふみ→あうみ→おうみ)との境(緩衝帯)で、その上層に淡水、下層に塩水(潮)が合わさります。詰まり、琵琶湖は淡水湖ですから、近江(おうみ)の語源を淡海(アフミ)とするのには疑問が在ります。
例えば、琵琶湖西岸の滋賀県大津市大谷の逢坂(あふさか→おうさか)は南北から延びた街道が登った山手で合流する地点に位置します。淡海も逢水(あふみ→おうみ)となり、現在の遠州灘とされる遠江(とふつうみ→とをとうみ)は、木曽川や揖斐川の伊勢湾奥(南朝系)、大阪湾奥の淀川流域大阪市付近の低湿地帯(北朝系)が、淡海→近江とすれば、大和朝廷のからの距離感や畿内(西国)と蝦夷(東国)と云う関係性の違いに拠って分けられたと考えます。
最後に、雨(アメ)と天(あまつ)神との関連を簡単に述べますと、「記紀」高天原(彼世)の天照大御神に大国主神が国譲りした葦原中国の一部「出雲」はヤマト(豊葦原瑞穂国)の穀物(米・粟稗)を実らせる恵みの雨(あめ)を降らす雲を生む国、天下=地上(此方=現世)を統治する(潤す)天之(天孫)を産む皇后(=紫雲)となります。
尚、「紀」神功皇后の新羅討伐では風神は風を起こし、波神が波を起こし海中の魚が悉く浮かんで船を扶けました。即ち大きな風が追風となって船は波の流れに乗ったのです。楫(かい)を使わず新羅(しるらぎ→しらぎ)に到った~云々。おそらく、天磐船(あまのいわふね)=南風に吹かれて北上した南方系漢民族(水耕稲作民)を伴って船に乗ってで渡来した海民系(アマ)=磐と天之鳥船(アメノトリフネ)=山背に吹かれ、朝鮮半島を経て南下してきた百済(渡屯家)と云う関係になります。
天皇の皇后だった皇極(斉)天皇が産んだとされる二人の皇子、大海人皇子(おおあまのみこ)は、12~16世紀頃、南中国の杭州で使われた音が母胎の唐音と関わりが深い新羅系で、中大兄皇子(天之命開別・あめのみことひらかすわけ)は呉音との関わりが深い百済系で、後にも先にも漢風諡号「天」が使われる天皇は、この二人しかいません。
 
黄牛(あめうし)=澱粉や米・甘藷(かんしょ)等の澱粉含有原料を麦芽で糖化させた甘味(あまみ)のある淡黄色や褐色の粘質食品の飴(あまぃ→あめ)の色からだろうが、網・羅(あみ)、浴(あ)み、醤蝦(あみ)等、区画が増える事、広がっている、爆発的に増殖する状態だとすれば、伸び広がる事か、畳み捏ねる事や編む事に関係するか。
生産(うみ)=海が糧を生んでくれる事で、それ内包する状態として熟む・膿む等も同源、客観的な場合、生(あれ)るとする。
大海人皇子(天武天皇)=天渟中原瀛真人(あまのぬなはらおきのまひと)は、唐の後盾で半島を統一した新羅(シルラ)の男系が唐の王族(男系李氏)に追われて北部九州に渡来、新羅(しるらぎ)と呼ばれた人々に近い縁か。

  1. 2014/08/22(金) 14:59:25|
  2. 1.私論「大和」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◇「台」と「臺」

「紀神代上」興台産靈には、「台=乙ト」に使われます。但し、橋本進吉氏の著作『古代国語の音韻に就いて』の万葉仮名類別表「乙ト」には「興台産靈」に使われる「台」は見えませんが、文献上、万葉仮名として使用例のない「臺」は同氏の著作集3『文字及仮名遣の研究』の分類表「乙ト」に追加されたとあります。また、有坂秀世氏の「古事記」「日本書紀」「万葉集」に使われる仮名に就いて『上代音韻攷』分類表「乙ト」に「台」はありますが、「臺」は見えません。
古田武彦氏は著書『「邪馬台国」はなかった』で既に「臺」と「台」は別字である事を指摘しています。また、安本美典氏も、それは認めているものの「臺」は「乙ト」とします。その理由は、先の「景行紀」歌謡の夜摩苔波区珥能摩倍邏摩から「苔」は、「乙ト」であり、「臺」と上古音、中古音も同じであるからとします。
安本美典氏が同音とする二つの漢字、苔・臺[dəg][dəi][təi]と、問題の台[təg][təg][tai]は、何れも上古音では、略同音の「テァッ→タ」ですが、前者の場合、万葉仮名成立期の中古音「デァィ→タィ」に変化します。こうした微妙な違いが上代特殊仮名遣い「甲ト」と「乙ト」に繋がるのかも知れません。ただ、同音異字の漢字は多くあります。「臺」「台」が別字だとしても意味もなく近似音にされたわけではなく、通底する基礎語義が在るからだと思います。
藤堂明保編「漢和大辞典」に拠ると、台(ダイ/タイ)=四方を観望できる様に作った高い土壇・建物・高殿(うてな)。人や物を載せる台。食物・飯、平たくて高い土地、物事の元となるもの(土台)、中央政府の官省・弾正台。大型の家具や楽器、車や機械等を数える語。印刷や製本で16頁・32頁を一纏まりとして数える語。年齢や物の値段等、それを単位に区切れる範囲を示す語。相手への敬称・皇族・貴人への敬語とあります。*「台」の異音[diəg][yiei][i]=一人称代名詞、怡ぶ。
一方、「臺」=高い土台や物を載せる台、見晴らしの利く高台とあり、白川静編「字統」に「台」は異字で、厶(耜の象形)+口(祝禱を治める器)→耜を清める儀式を表す在ります。但し、台」の旧字「臺」=土+高+至、版築で土を高く突き固めた段上に高殿を設けた見晴台とも在り、「苔」と「臺」の基礎的な共通項は、表面上に広がる事、基本から一段高い事とすれば、「台」が「臺」の略字とされた理由は、土を起こす耜を清める儀式をするための土段と意識されたとも考えられます。
本来、「倭=やまと」ではないが、そう読まれる様になったとする研究者や論者もいます。彼等の説で、邪馬臺(邪馬台)と記述された国が「やまと」と読む、読まないと云う以前の問題として、後の大和朝廷と密接な関係にあるとしたいのだと思います。尚、上掲、「興台産靈」の漢字音は、興[hıəŋ][hıəŋ][hiəŋ]・台[təg][təg][tai]とあり、日本書紀成立期の中古音を併せますと、ヒァング・テァ→ハヌグ・テァ→ハヌグ・タとなります。また、但し書きには万葉仮名に拠る訓音が「許語等武須毘」と在り、その漢字音は以下の如くなります。
許[hiag][hio][hiu](虚) 語[ŋıag][ŋıo][iu](御・馭) 等[təŋ][təŋ][təŋ](登)
武[mıuag(mıuo)][mıu(mbıu)][wu](无・無) 須[ŋiug][siu][siu] 毘[bier][bii][p`i]
 上記と同様に中古音を仮名書きすると、ヒォギォタゥミゥシゥビィ→ホゴタゥムスビィ→ホゴトムスビですが、使われる漢字の喉音「H」は閉口(ウ)したり、K音に変化し易いので「コゴトムスビ」、「台」の訓音を「ト」にしますと、ハヌグテァ→カヌグタ→カグト→コゴトとなります。何故か、「記」夜麻登の「登」と同音異字「等」が使われる。「等」=同類や同質のものの集まり、一方、同音「登」=他と比べると高くなる→飛び抜けると云う語義の違いが、その理由かも知れません
 
「臺」=丸括弧で括られており、その後尾の刊行委員附記に、橋本博士は後に増訂した一覧表を『古代国語の音韻に就いて』の巻末に附けられた。「今、それと対照し、増補せられた部分を括弧に括って追加する」と書かれてある。
「タ」=D音はT音を強く発音すると云われる。例えば、道(どう)は、現在の北京音[dao](タォ)となる。

  1. 2014/08/29(金) 13:30:01|
  2. 1.私論「大和」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0