見まごう邪馬台国

◇倭(わ)と倭(やまと)

「やまと」を「倭」と書く事に就いて「邪馬台」と云う領域の成長から捉える見方もあるようです。倭国の畿内にあった小さなヤマト(邪馬台)が大きく成長、倭国自体をヤマト(邪馬台)と呼ぶ様になり、「倭」が「やまと」になったというのものです。これは邪馬台国畿内説や東遷説にとっては一般的な考え方とされます。ただ、中国正史では、都の名が国の名になった例はないとも云われています。
「魏志東夷伝倭人条」倭国女王卑弥呼の都を邪馬壹国、「隋書」俀国(倭国)の都を邪靡堆とし、「魏志」の云う「邪馬臺」と書き分けています。「記紀」はどうでしょうか。「記」の「倭」は全体を指すが如く見えるものもありますが、殆どが人名や大和地方、大和中の一地域を指す場合に使用されます。「紀」は全体を指す場合、「日本」を使用する事が殆どで、「大倭」は少ない様です。また、「倭」は、大和か、大和の中の一地域を指す場合に使用されます。詰まり、何れも小さなヤマトも既に「倭」であり、小さなヤマトの成長した姿が「倭」とはされませんので、邪馬台が成長して「倭」になったというのは邪馬台を畿内ヤマトとする思い込みの産物でしかないとする論者もいます。
先述した様に領域の拡張や都名が国名になった例はない等と云う前に、「ヤマト」と云う音に対して、「記」夜麻登、「紀」耶麻騰(耶摩騰)と夜摩苔の二種とし、「紀」で全体を指す場合でも「日本」と「大倭」の二種にされる事を鑑みると、「紀」の二者は同一国名ではないとせざるを得ない事の方が重要だと思います。今一度、上記、万葉仮名に使われる漢字の上古音・中古音を提示しておきます。
 夜・耶[diag][yia](ヂァッ・イァ→ヤ) *邪[ŋiăg(yia)][ie(zia)](イエ→ヤ/ジァ)
  麻[măg][ma(mba)](マ/ムバ→ゥバ)*同音「馬」 摩[muar][mua(mbua)](ムァ/ムブァ→ゥバ)
  登[təŋ][təŋ](タゥ) 騰[dəŋ][dəŋ](ダゥ) 苔[dəg][dəi](ダィ)*同音「臺」
 
また、「魏志」女王国の都「邪馬臺」と「隋書」俀国(倭国)の都「邪靡堆」の漢字音は下記になります。
 邪馬臺=邪[ŋiăg(yia)][ie(zia)]・馬[mag][ma(mba)]・臺[dəg][dəi]
  邪靡堆=邪[ŋiag(yia)][ie(zia)]・靡[mıər][mıe(mbıa)]・堆[tuər][tuəi]
 
上古・中古音に拠ると「イエマダィ→ヤマタィ(ヤムバタィ)」「イエミェツェイ(イエムビェツェイ)→ヤメティ(ヤムベティ)」になります。本当に、これも同名称かと云う疑問を持ちます。また、「漢和大辞典」俀(タイ/よわい)は見えませんが、日本語の音「タイ」からすれば、堆(タイ)に近い音でしょう。*俀[tuĕi][tui]?
述べてきた様に、態々、同音の仮名に異漢字を使用したり、同音なのに仮名として使われない理由も在ると思います。詰まり、読む、読まない等と云う前に「やまと」と云う和訓に「倭」「日本」「大和」等の漢字を用いた理由や、略同音の漢字で訓じられる「やま」に対し、「乙ト」とされる漢字音に「タゥ」と「タィ」の二系が使われる理由を云々すべきだと思います。その理由も解らず、「倭」「日本」「大和」を同国名として疑わない事こそが問題なのではないでしょうか。
残り少ないので、詳細は次回になりますが、孝霊天皇皇女「紀」倭迹迹日百襲姫、「記」夜麻登登母母曾毘賣とあり、「紀」崇神天皇説話御諸山の大物主神(大蛇=ヲロチ)と交わりますが、その姿に驚いた姫に対して、神は恥辱を加えると云って去る。後悔した姫が急居した弾みに箸で御陰(みほと)を突いて身罷(みまか)る。「記」は、その説話を記載しませんが、裾に付けた麻糸が三勾(みわ)残ったので「美和」と呼び、その後裔「意富多多泥古」を神君・鴨君祖とします。上記、「紀」の死亡原因から御陰(みほと)を焼かれて神避(かむさり)した伊邪那美(伊奘冉)と同様、母性の機能を失う事=神避りして巫覡として転生します。それを示す様に姫に神憑りして、「紀」大田田根子に我(大物主神)を祀らせよと啓示します。
 
御諸山=宇佐八幡宮(大分県宇佐市)の東南方面に在る御許山(みもとやま)かとも云われる。
多[tar][ta][tuo]=タと田[den][den][t`ien]=テヌ→タゥで、こうした違いが「乙ト」に繋がるかもしれない。
 

スポンサーサイト
  1. 2014/09/06(土) 09:31:59|
  2. 1.私論「大和」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◇大和の音構成は「ヤマ・ト」「ヤ・マト」「ヤ・マ・ト」の何れか?

前回、提示した孝霊天皇皇女「紀」倭迹迹日百襲姫と「記」夜麻登登母母曾毘賣に使われる上古音と中古音は以下の如くなります。
倭[・uar][ua] (異音 倭・委[・iuar][・ıuē])
迹[tsiak][tsiɛk](チァッ→タ/ッセァッ→ッサ) 訓「あと」 *「タ」とすれば甲乙の違いは無い
登[təŋ][təŋ](タゥ→ト)
日[niet][niēt(rıĕt)](ニェッ) 訓「ひ」
百[pak][pʌk](パッ) 訓「もも」
母[muəg][məu(mbəu)](マゥ→モ)
襲[diep/yiep][ziep](デフ/ィイェッ・ゼフ) 訓「おそふ→ッそぅ」
曾[dzəŋ][dzəŋ]=ゼゥ(ソゥ)
 
「紀」夜摩苔(倭)として字音字訓を併せ訓じると、「紀」倭迹迹日百襲姫「ヤムァタィ・ァトァトヒ・モモゼゥ」となります。一方、「記」夜麻登登母母曾毘賣「ヤマタゥ・タゥマゥ・マゥゼフ→ヤマト・トモモゾ」=夜麻登・部・母祖を同一人物とすれば、前者の「倭」=夜摩とし、「ヤムァァト・ァトモモゾ」=夜摩迹・部・母祖とせざるを得ませ。これが正しいとすれば、何れの「ヤマ」にも略同音の漢字が使われる理由が解ります。
異漢字を用いた理由は「紀」漢音と「記」呉音に拠るからとするのでしょうが、態々、訓音の「百(もも)」を「母母」、同「襲(おそう→ッそぅ)」と曾(ソゥ)とする必要はないでしょう。また、その皇女の妹とされる「紀」倭迹迹稚屋姫と「記」倭飛羽矢若屋比賣と在り、その漢字音は下記の如くなります。
迹[tsiak][tsiɛk](チァッ→タ/ッセァク→ッサッ) 訓「ぁと」
飛[pıuər][pıuər](ピゥァ→プァ→ハ) 訓「とふ→とぅ」
羽[ɦıuag(ɦıuo)][ɦıu](ヒゥァッ→ファ/フィゥォ→ヒォ・フィゥ) 訓「は」
矢[thier][ʃıi](シュィ→シ) 訓「や」
稚[dier][dıe](ヂェ→デ) 訓「わき」
若[niak/niag][niak(riak)/nia](ニァッ→ナ) 訓「わき」
屋[・uk][・uk](・ウッ) 訓「ィア→や」=家
 
前述に順い両者とも、倭迹(ヤムァァト)、倭飛(ヤムァトフ→ヤマトゥ)として字音と字訓を併せて訓じると、前者は「紀」倭迹迹稚屋=ヤムァ・ァトァト・ワキア→ヤマ・タタ・ワケ(耶麻父別)、後者は「記」倭羽矢若屋=ヤマトゥ・ハヤ・ワキァ→ヤマトゥ・ハヤ・ワケ(夜麻登速別)となり、姉系統の分裂を示唆するとも考えられますので、「記紀」が夫々を異漢字で記した理由を精査すべきでしょう。
後者の「ハヤ」は「紀」速素戔嗚尊、「記」建速須佐之男命、水戸神速秋津日子と速秋津比賣等の「速」で、八万神に山から吹き下ろす山背風で神避いされたスサノヲは、出雲の肥河上ヤマタのヲロチを退治すると、倭人の領域が「夜麻登」天照大御神と、「耶摩騰」速須佐之男命+「夜麻苔」名田比賣の二系に分裂、「記紀」の時系列は前後しますが、南風(速)に乗り、高天原(やま)に舞騰ったスサノヲが天照大御神とのウケヒ後、その勢いに圧された天照大御神(+思金神)は天之岩戸に籠もった後、天磐船に乗って東上(飛鳥)、大阪府河内郡付近に天降り、日の昇る東、日下(ひのもと→くさか)と称します。
それがため「記紀」海民豊玉姫と山民山幸彦(山幸毘古)の離縁後、妹玉依姫を御子の乳母(後妻)として送り、女系豊玉姫(+父系豊玉彦)と、山幸彦(父)+御子葺不合+玉依姫(養母→妻)の二系に分け、倭人の国が海民の国(大海上の島)と海民+耕作民の国(雲海上の島)とされ、夫々が前出の「ヤマト」三種になります。また、スサノヲの娘須世理毘賣を背負い木の国から出て行った倭人海民大国主神と、スサノヲの婿の葦原色許男と海民櫛名田比賣の二系に分裂、更には「記紀」葦原中国が事代主神(出雲大国)+天神系建御雷神(豊葦原水穂国)=北朝系と山津見系建御名方神(科野)+八坂刀賣(山背大国)=南朝系の二系に分裂する事も「ヤマ」と呼びます。
鳥とは大海上を走る船に対し、雲海上を走る(天之鳥船)で、雲海上の山頂の如く瀬戸内海上の大三島宮浦(愛媛県今治市)に鎮座する大山祇神社本社が山神にされる事と、海人綿津見に安曇系と穂積系がある理由と思われます。
 
父(ちち)=旧くは「トトサマ→タタサマ」とされた在る。また、「耶麻・手・足・別」「耶摩・足・別」とすれば、手足=船の漕ぎ手か。「記紀」櫛名田比賣(奇稲田姫)の親、足名椎(足摩乳)手名椎(手摩乳)、「可美真手命」等と関連する。「記」吉備津日子命(他二名)を産んだ皇女二人の生母の「紀」別名絚某姉(はへいろね)、妹の絚某弟(蝿伊呂杼/はへいろど)も娶り、「記」建吉備津日子命(他一名)を産むと在り、大国と若国の二系に別れた。
誓約(ウケヒ)=スサノヲは三女神(宗像大社)、天照大御神は五男神(出雲の天五神と同体?)と、対立した性の神を得たとされるので、神道的に云えば、夫々が、巫覡として祖神として祀ると考える。
 
日下(くさか)=太陽の日とは別字、太陰の月と同音「曰(ひらび)」に関連し、「魂魄」=精神を司る魂と肉体を司る「魄」が在り、後者は、陰陽五行説では東南「四木星」で宿り、赤子(蛭子)の足が立つと云われる。
「記」神武東遷、亀の甲羅に乗り、釣りをしつつ羽擧(はぶ)き来る人と速吸門で出遭い、棹を差し渡して御船に引き入れ、槁根津日子(さをねつひこ)と名付けた。倭国造等祖とある。亀が手足(船の櫂?)を鳥の如く動かす様子を「ハブク」とする。「紀」出雲国譲条、之碕、以釣魚爲樂。或曰、遊鳥爲樂。故以熊野諸手船、亦名天鴿船と在る。
大山祇神社=元国幣大社。祭神は大山祇神。伊予国一の宮。大三島神社、三島大明神、重要文化財の甲冑約7割強を所蔵。
 

  1. 2014/09/12(金) 23:02:29|
  2. 1.私論「大和」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◇東漢氏

「隋書俀国(倭国)伝の証明」の著者矢治一俊氏は、【『日本書紀』等で「やまと」と訓じられる漢字には、「東」「倭」「委」「日本」と、「元興寺伽藍縁起并流記資財帳」、651年の元興寺塔露盤銘「令作奉者山東漢大費直名麻高垢鬼、名意等加斯費直也、書人百加博士、陽古博士。丙辰年十一月既、爾時使作金人等、意奴彌首名辰星也、阿沙都麻首名未沙乃也、鞍部首名加羅爾也、山西首名都鬼也」と在り、「山東漢」を『日本書紀』の「東漢」「倭漢」と同姓氏としています。
また、「日本書紀の謎」の著者森博達氏は、日本書紀(紀)の記事をα群とβ群に分け、α群は中国人が書き、β群は日本人が書いたものとします。東漢氏は、6世紀末の雄略紀・欽明紀・敏達紀のα群、倭漢は、7世紀中期以降の皇極紀のα群と応神紀・推古紀・天武紀のβ群にあります。詰まり、「東漢」は6世紀末のα群、「倭漢」は7世紀中頃のα群と、応神紀・推古紀・天武紀のβ群にあります。この事から日本人の主張がはいるβ群は全て「倭漢」で統一され、中国人が書いたα群は6世紀末の敏達紀迄は「東漢」で、7世紀中頃の皇極紀からは「倭漢」である事が判り、「やまとのあや」は6世紀末~7世紀中頃迄の間に、東漢→倭漢に変化した事を意味するとします。また、「東漢」は「山東漢」の「山」が省略されたものだから、山東漢→東漢→倭漢と変化したと事になり、「やまと」と読む最初の漢字は「山東」だった事になると云います。
上記の如く皇統に拠って「紀」の記述にα群の二系とβ群と云う用字の変化があったと云う事が、私説の三種(或いは、四種)の「やまと」と繋がるのだと思います。ただ単に為政者が代わっただけではなく、その度に採用する文官が用字法を変える理由や、その意味を理解する必要があり、夫々に独自の主張を織り交ぜて編纂された史書が一つに纏められたと考えられます。
>「やまと」は『日本書紀』では「東」「倭」「委」「日本」~云々。述べてきた様に、これらの全てが同訓同義として良いのかと云う疑問があります。況してや、「山東」の山を省略した「東」も同義だとすれば、「ヤマ」≠山で、偶々、山の東側だったから「山」の字を充てたとも云います。】
例えば、東[tuŋ][tuŋ][toŋ](トゥ)は、「乙ト」登[təŋ][təŋ](タヌク→タゥ)、騰[dəŋ][dəŋ](ダヌク→タゥ)等と近い音「トゥ」なのは注目すべき事で、太陽の昇る東と饒速日命や神武の東遷との関連を無視できません。
>中国人が書いた6世紀末のα群は敏達紀迄は「東漢」で7世紀中頃の皇極紀からは「倭漢」である事が分かる~云々。例えば、「魏志倭人伝」倭人在帶方東南大海之中。依山島爲國邑。舊百餘國漢時有朝見者今使譯所通三十國と云う記述からすれば、旧百余国中、漢の時、朝見する者がありました。今、通訳を使い通う所三十国となり、旧くは漢語が使えましたが、今は通訳者を伴うと読めますから、これも為政者の入れ代わりを示唆します。おそらく、漢の属国とした金印「漢委奴国王」を授かった当時の倭人海民(磐→鰐)は漢語を理解した南中国(呉音)系の人々で、そうした彼等が邪馬壹国の通訳を担ったと思われます。
その漢字音、漢[han][han]、委[・iuar][・ıuē]と奴[nag][no(ndo)]を併せると、ハヌ・ィゥアナグ→ハヌ・ィワナグ→ハニワナッ(埴鰐)となり、「記紀」大山津見(大山祇)の娘石長比賣(磐長姫)、竺紫君石井(筑紫君磐井)や「紀」海民熊鰐と「紀」神武東遷の水先案内倭直部椎根津彦、「記」倭国造等祖槁根津比古にも関連がありそうです。前者、倭[・uar(・iuar)][ua(・ıuē)]、直[dıək][dıək]、部[buəg][bo(bəu)]を万葉仮名成立期の中古音と和訓を併せて仮名書きすると「ヤマ・ティェッ・ブ→ヤマ・タ・ブ」ですが、漢字音だけで訓じるとは、ィワタブ(磐田部)→ワタブ(渡部→海部)と訓めます。
 
山東=「紀」倭迹迹百襲姫、「やまと」=山跡、山常([dhiaŋ][ʒıaŋ])等と漢字表記され、山がある処、山に囲まれた処を意味したされるが、海民とも云われる倭(ワ→やまと)、東(あづま・やまと)を説明できない。
鰐(わに)=倭人→人[nien][niĕn(rıĕn)][rıən]とすれば、「ィワニヌ→ワニン(ィワゥリェヌ→わじん)かも知れない。
国造(こくぞう)=「記紀」神武東遷説話「是排別之子排別此云飫時和句(石押分子)、此則吉野国樔(吉野国樔)始祖也。国樔部(くずべ→くずら)=国造(クゾゥ→くず)→狗奴(クドゥ→クダ)羅かも知れない。
磐田部=磐(イパ→イハ)=「ipa → ihua → iua」と転音した。現日本語の漢字音は主に上古音と中古音に近い音が使われる。上記が正しいとすれば、既に、「記紀」の完成時期、磐(イハ→イワ)とされており、これも室町期の成立とした理由の一つ。

  1. 2014/09/21(日) 22:17:52|
  2. 1.私論「大和」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◇山東と山西

 ◇山東と山西

前項の「元興寺塔の露盤銘」山東漢大費直名麻高垢鬼 名意等加斯費直也 書人百加博士 陽古博士~云々、山西首名都鬼也と云う記述から矢治一俊氏は、以下の如く説明しています。

【「山東」の他に「山西」とも在り、これは「かふち(かわち)」と訓じる。「やまと」と「かわち」の両方に関係しているのが、饒速日命~(中略)。この話が何処迄信じられるかという問題もあるが、これに続くイワレヒコの「やまと」東征に拠り、「やまと」の歴史が始まっているので、全く無視するわけにもいかない~云々。このニギハヤヒの事件を倭人の「かわち」「やまと」への移動の記録と見ている。

ニギハヤヒは「かわち」に到着、その後、「やまと」に移った。「かわち」が先だったから山の東にある地は「山東」と書かれて「やまと」~云々。「山西」として「やまにし」と読まずに「かわち」と読むのは「かわち」という名が「やまと」より先に存在していた事を示すものであり、「やまと」は「かわち」側から見て生駒山地の東にあったためつけられた名であるという事ができる。】

 

>「山東」の他に「山西」とも在り、これは「かふち(かわち)」と訓じる。>「やまと」は「かわち」側から見て生駒山地の東だったため付けられた。「やまと」と「かわち」の両方に関係しているのが~云々。先に、偶々、山の東だったかも知れないとしました。『先代旧事本紀』正哉吾勝々速日天押穂耳尊の子饒速日命は天磐船で河内の哮峰(たけるがみね)に天降った後、大倭(やまと)の鳥見の白山に遷ったと在り、最初の山に天降った後、再度、違う山に遷った事になります。生駒山地は、何れの山なのでしょうか。

>この話がどこまで信じられるかという問題もあるが~云々。「日本書紀」の担い手が代わっているとすれば、夫々には彼等の主張があり、何れも無視できないでしょうし、その違いこそが重要でしょう。

「ヤマ」を己が世界と異界を別ける緩衝帯としましたが、カファチ(kahuati)→カワチ(kauati)の語義は何でしょうか。例えば、「山東」に倣い重箱読みすると、「漢和大辞典」西[ser][sei][siəi]と在り、ヤマセ(ヤマセィ→ヤマシ)となります。更に漢字や訓音から「山西」=河内(カワチ)→河地とすれば、当初、西側は大道(瀬戸内水道?)、東側は河地(石川?)だったのかも知れません。また、山背(やませ)を春夏に山側から吹き降ろす風とすれば、「記紀」スサノヲが高天原()にる南風(はや)とは逆風で、いて神ヤラヒされた京都の八坂神社に祀られる牛頭天王(スサノヲ)や大国主神と、その娘須世理毘賣(八坂姫?)にも繋がると思います。*山背羅(やましろ)=山代→山城

上記の如く、饒速日命は天船に乗り、河内の哮峰(西山)に降臨後、大倭の鳥見の白山(東山)に代えたとすれば、山西(カフチ)は後の付会でしょう。また、「倭」「委」を磐(石)=「ィワ」とした事、天磐船に乗った饒速日(にぎはやひ)と、天之鳥船に乗った神倭磐余彦(伊波禮毘古)の東遷を太陽の昇るへ向かう事とすれば、ナガスネヒコの日下(くさか)→日本(ひのもと)との関連を無視できません。

西の山哮峰に天降った後、東風(こち)が吹いて山西(河内=こち→かち)に雨(あめ/あま)が降り、饒速日尊後裔大物主神(足の立たない八重事代主神)は、東の山鳥見の白山頂から葦船(あしふね)で川を流れ下り、河外(こと→かた)=事(許登)=筑琴へ遷ったとも考えられます。

「紀」国譲りした都美波八重事代主神(蘇我氏?)と三島溝橛耳神の娘玉櫛姫に産ませた五十鈴媛命、「記」美和山大物主神(物部氏可美真手命?)と三島溝咋の娘野神勢夜蛇多良比賣に産ませた伊須須岐比賣→伊須気余理比賣を東遷した神武天皇正后として繋がったと考えます。

 

「紀」長髄彦乃遣行人言於天皇曰嘗有天神之子乗天船自天降止号曰櫛玉饒速日命(饒速日此云爾芸波揶卑)是娶吾妹三炊屋媛、亦名長髄媛/鳥見媛、遂有児息名曰可美真手命(可美真手此云于魔詩莽耐)~。真手=足が立たない事代主神と同体か。
中国思想の風水に拠る四神相応の地=東に流水(石川?)、西に大道(瀬戸内水道)、南に汙地(くぼち)、北に丘陵(大山古墳?)。また、蘇我氏は河内から奈良県桜井市付近を根拠地とした云われ、蘇我氏祖石川宿禰や倉山田石川麿等とも繋がる。
出雲大社から中国山地を東側に出雲神社(清水寺・蓮花寺)が横断し、京都府亀岡市で「出雲大神宮」とされる。その北西側、酒呑童子の伝承で有名な京都府加佐郡大江町内宮と天田内には元伊勢宮とされる皇大神社と豊受神社がある。*豊=臺與
磐(いわ)=磐(般+石)とすれば、般(まだら)と在り、白黒(雌雄)の石となる。
都美波(摘み端)」=トゥムィバ→チンバとすれば、三歳迄、足が立たない(跛・蹇)蛭子神と同体だとされる理由も分かります。

 


続きを読む
  1. 2014/09/27(土) 10:07:29|
  2. 1.私論「大和」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0