見まごう邪馬台国

◇論者の思惑

 以下、北京大学医学部名誉顧問岩元正昭氏の著述「漢字解釈の方法論とその解析技術による新たな歴史の発見(【】内)」の抜粋を見ながら魏志東夷伝に使われる漢字の用法に就いて考えてみる。

 【漢籍解釈を難解なものにしている最たる原因は、嘗て平易に使っていた語法を現代人が知らない事である。これを前出の『魏志』東夷伝倭人条に載る「従と 自」「至と到」「行と又」の三つのペアをモデルに実証してみよう。転注文字の用法の原理に則り使用される「從と自」「至と到」のツーペアの漢字について、 上のツーペアの4字は「東夷伝倭人条」中の区間叙述に以下の様に載る。

 (1)從郡至倭循海岸水行歴韓國乍南乍東到其北岸狗邪韓國七千餘里
    郡から倭に至るには、郡より海岸に沿って水行、韓国内陸を南行きと東行きを繰り返しながら倭の北岸狗邪韓国に到る。この間七千餘里。
 (2)自郡至女王國萬二千餘里
    郡より女王國に至る。この間万二千餘里。

 「從」と「自」の二字は共に二点間の空間距離の起点に伴う前置詞である。「~ヨリ」の意に用いられている。「至」と「到」の二字は共に終点地名の前に置かれる詞である。「~にイタル」の意に用いられている。漢字学的には各ペアの前の字と後のそれは本字と転注字の関係にある。
 夫々、英語の「from~」「to~」に相当する。この項の着眼点は、何故、「from」の意味に「従と自」の二字を、「to」の意味に「至と到」の二字が強いて使い分けられているかという事である。結論を先に述べると、それぞれの二字の関係に転注文字の用法を託し、(1)と(2)のルートが起点の郡を 共有するものの別の方向に旅立ち、「至」字を前置詞とする女王國へのルートが本源的道程であり、「到」字を前置詞とする狗邪韓国へのルートが郡より派生的に伸びた脇道である事を端的に表現しているのである。】

 上記、読み下しで、從(~から)と自(~より)と訓み別けているにも関わらず、その意味の違いは無視する。二つの文字は二点間の関係を示唆するのは間違いないが、前者の「~ から」は「馬を駆る」「本を借る」「稲を刈る」「鹿を狩る」等と同様、手前側(起点)から相手側(至点)に対する動き。後者の「~より」は、「左寄り」 「通説に拠り」「大雨に因り」「占いに依り」等の同訓があり、相手側(起点)より手前側(至点)に対する動きと云う違いで使い分けられる。詰まり、上記の 二つは魏使(編者)の立ち位置の違いと考える。
 例えば、江戸期の道標に「從是南(これから南は)~」とあれば、旅人は北から来たと 分かる。仮に、「自是南(これより南は)~」とすれば、逆に旅人は南から来たと判る。こうしたニュアンスの違いは日本語だけにあって、当時の漢語には無かったとでも云うのだろうか。(1)と(2)を、これに順い、文脈に則して読み下すと以下の如くなり、韓国内を陸行したとは考えられない。*丸括弧内の青 字は筆者に拠る意訳。

 (1)從郡至倭~=(魏使の居る)帯方郡から(の経路に従い)倭に至るには、半島沿岸部を航行と碇泊をしながらを韓国を歴て南西隅を東へ~
 (2)自郡至女王国~=帯方郡(と云う起点)より(今、魏使の居る)女王国に至る~

 上記は、「従」「自」と云う文字の使い分けに拠り、帶方郡から倭に至るには郡に服属する沿岸航海民の水先案内と云う既知の情報に従い到った倭人の領域北岸迄を七千餘里とする。そこで邪馬壹国側に服属する外洋航海民の船に乗り換え、その水先案内で北部九州の末盧国で上陸し、女王の都へ陸行して至った魏使 (編者陳寿)の立ち位置の違いや時間の経過をも含め、郡より女王国迄の総距離を述べます。以下、次回とします。

転注字=『説文解字』の「許叙」に六書の原理定義と挙例がある。
 一に曰く「指事」とは、視て識すべく察して意をみるべき。上、下是也(上と下を表し、上の短い二の字が上、下の短い二字が下字を表す)。
 二に曰く「象形」とは、画がきて其の物と成り、体に随いて詰す。日月是也。
 三に曰く「形聲」とは、事を以って名を為し、譬(たと)えを取り相成る。江河是也。
 四に曰く「會意」とは、類を比し誼を合し、見を以って指撝す。武信是也。
 五に曰く「転注」とは、類の一なる首を建て、同意相受く。考老是也
 六に曰く「仮借」とは、本其の字無く、聲に依り事を託す。令長是也。
 以下、岩元正昭氏の説明、「許叙」に「五曰転注」として転注文字用法の原理と挙例を以下とする。「転注者、建類一首、同意相受、考老是也」。「建類一 首、 同意相受」部分が用法の原理を言い「考老是也」は挙例である。「老」字が、その本字であり、「考」は転注字である。読み方は、類、一首を建て、同意相受 く。考老是なり、となる。「類」字は、六書の會意文字の原理に「比類合誼」と既に使われている。義符として用いられている二つの漢字の義を比較して、その 意味を組み合わせる事を言う。随って「類」とは字義そのものと見てよい事になる。随って「建類一首」とは義の一、同義なる首を建てる。
 広辞苑「転注」=或る漢字が持つ本来の語義を、近似した語義に転用する事、通常、字音を変える。例えば、「わるい」の意の「悪(アク)」を「憎む」の意(字音「ヲ」)とする類とある。
「~から」=「今から先」「今より前」、「明日から学校が始まる」「昨日よりが学校が始まった」等の使い分け。詰まり、前者の「~から」は、現在から後に何らかの関係や関連が在る=脈絡。「~より」の場合、現在より前(原点)に関係や関連が在る→因果。
從是南=四辻であれば、向かって左側「東~」、中央「従是南~」、右側「西~」、反対側は向かって右側「東~」、中央「従是北~」、左側「西~」と書き分けられる。
韓国=「魏書東夷伝」韓は帶方の南に在り、東西を海で限られる。南を倭の領海と接 す。と云う記述とも関連し、「歴」とする事で、南西隅迄、南下したと判り、乍南乍西ではなく、乍南乍東とする事で東南隅へ向かっていると示唆した。こうし た筆法は、簡略で内容豊富に述べると云う漢籍の特徴からすれば、陳寿独自のものではなく、漢籍を担う文官に通じて云える事と思う。
総距離=本ルートと別ルートが同距離でなければ、総距離の萬二千餘里から半島沿岸部の水行距離七千餘里と渡海三千餘里を差し引いた約二千里が陸行距離と計算させる意味がない。 




スポンサーサイト
  1. 2015/09/06(日) 08:23:14|
  2. 5.思惑と意図
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◇論者の意図

 論者は以下の如く続ける。【「從」と「自」の相違について詳しく述べよう。「東夷伝倭人条」は「從」「自」の二字が「from~」、詰まり、「~ヨリ」 の意味に使われている。何故、一つの「~ヨリ」と言う表現の為に「從」と「自」という二つの別字を強いて使い分けるのか。ここに作為性がある。
 この「從」「自」という二字は共に「~ヨリ」という同意を持つが、字形も本義も異なっている。その相違性が(1)文と(2)文の主意の相違性を培う淵源になっている。つまり、「從」字にない義を「自」字が持ち「自」字にない義を「從」字が持つと言う関係が二文の主意の相違性を創出しているのである。これが二字の引用される理由である。】

 上記、「從」と「自」の何れも「~ヨリ」とするが、この二つの違いは、前回で述べた通りで、先掲の読み下し文では「~から」と「~より」を使い分けるのが、その相違性と思う。尚、論者は、「三国志」の120年程前に成立したため、語義等の引伸が少ないと云う理由で、採用する『説文解字』と云う漢字辞書には「從=随行也。从从。从亦聲」とあり、その本義は「随行」とするにも拘わらず、論者には何らかの意図があるのか、「人の供となって従い行く」の義を持たないとし、以下の如く説明します。

 【「随」字の本義は「從也」とある。その義符は「从+辵」であり、「辵」字の義に 因っている。「從」字の義符は「从从。从亦聲」とあり、「從」字が会意形声文字である事が判ると同時に、「辵+从」の二字の本義が重なって出来る新たな意 味範囲に「從」字の本義がある事になる。詰まり、随と從の二字の義符に「辵」字が共存する。そこで「辵」を先ず検証する。『説文』に拠ると、「辵」の本義は 「乍行乍止也」である。「乍~乍~」という形の句は、二つの「乍」字の次の動作を順次繰り返す句である。随って「行と止」の二字は繰り返す。「乍行」の「行」 字には進む者が止まるという意味がある。随って「乍行乍止」とは厳格に言えば、1進み、そして2止まるという動作と、3止まるという三つの順にある行為を 繰り返す意なのである。止まったものを、更に「止」まると許慎が述べるのは、3「止」字が2の、それとは異なった「トマル」の意である事に他ならない。】

 例えば、白川静編「字統」辵=彳(小径)+止(歩)、辵=走って越える(躇)=迷わず(⇔躊躇)とし、「春秋公羊傳」階を辵(こえ)て走るが若くす。今本は「躇」は走って越える意とあり、その訓「シタガフ(下合う)」からも、何らかの基準(海民の水先案内)で以て迷わずにとなる。詰まり、「従」の本義「随行」は、何らかの指示や方法に従い後から付いて行くと考える。論者は、旧くは使われていた用法が、或る時代に変化し、現在は失われたと云うのだろうが、漢字が持つ基本語義から大きく外れると文字の機能にも影響すると思う。例えば、町の映画館へ行く途中で、A君の家に寄り、一緒に向かい交差点を歴て到着した。とすれば、映画館に行くという動きは止まないと判る。
 >止まったものを、更に「止」まると許慎が述べるのは、3「止」字が2の、それとは異なった「トマル」の意である事に他ならない。とするが、文脈から循海岸水行を始め、次の停泊地に着き、休息をとり、乗組員や船を代えて、再度、沿岸航行を始めた場合、一時停止だが、上陸した等の示唆がないので、目的地に 到着すると云う全体としての行動は続く。詰まり、一度に二つ以上の事の乍(ながら)と、「從郡循海岸水行」と云う記述に、「歴」を併せて倭の北岸に至る迄、半島沿岸部の水道を水行したり、碇泊しながら南へ東へ、点々と移動するとせざるを得ないと思う。以下次回に続く。

説文解字(せつもんかいじ)=AD100年頃に成立した中国最古の部首別字書。後漢の許慎撰。中国文字学の基本的古典。15巻。漢字九千字余を540の部首により分類、六書(りくしょ)の説により字形の成り立ちと、夫々の漢字本来の意味を解釈した書とされる。
辵(ちゃく)=>「進む(之繞)」の意、『説文』乍(たちま)ち行き、乍ち止まるとするが、甲骨文字や金文や基に漢字を読み解いた白川静氏の「字統」では、彳(小径)と止(足)とに従う。道を行く意。止は歩むの意とする。
「行」=『説文解字』に「行、人之歩趨也。从彳(進む)・亍(佇む)」とある。これに就いては、次回に論じる。
春秋公羊傳=魏・趙・韓の三国が晋を分割し諸侯に封ぜられてから秦の統一に至る戦国時代(BC403~BC221)の成立。
随(まにま)に= 〔副〕そのままに任せる。物事の成り行きに任せる→既知の情報や他人に任せる。
歴=「暦」と同系、「字統」本来、厤(軍門のある所)と、曰(祝詞を収める器)や 止(往来のある所)の違い。何れも行軍に関わる漢字と在り、行軍して点々と移動するといったニュアンスを含む。歴史・歴訪、太陰暦(日毎に満欠)等と使われるのは後の転義とする。「経」=直線的な移動。
  1. 2015/09/10(木) 16:24:32|
  2. 5.思惑と意図
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◇「行」と「止」

 論者は、「行」字に就いて以下の如く述べる。【『説文』に「行、人之歩趨也。从彳亍」とある事について、『説文』の「趨」字の本義叙述には「走也 从走芻 の聲」とある。つまり、「趨」は走る事をいう。その「走」字を『説文』に見ると、「趨也。从夭止。夭止者屈也」とあり、「夭」と「止」の合字である事が分 かる。「夭」とは、人が頭を曲げて体の正しからざる貌を象ったもの、或いは、屈んだ人の姿を象ったものである。「止」字は地に在って止まっている足の意である。何れにせよ、二字は体調悪く蹲くまっている人を連想させる。「走」の字義が屈んで動かない人の姿である事が分かる。】

 先の「字統」は「行」を交差点とする。おそらく、行き交う人や佇む人、様々な人々が 居り、目的の終着点ではない。「彳+亍」=少し歩く。立って少し進むと云う二字熟語で、彳(てき)=躑(佇む)、亍(ちょく)=躇(走って越える)と云う 音からの付会で、前者の「彳」は左足の歩行、後者の「亍」は右足の歩行を表すと云う。おそらく、両方を合わせて歩いたり、佇み休んだりと、歩き進む事を表すと思う。

 【「彳(すすむ)」の義が関わる本義叙述部分=「人之歩」=「歩いている人」と、「亍(とどまる)」の義が関わる本義叙述部分の「趨」=歩みを止め、屈みこむ事となる。詰まり、『説文』の「行、人之歩趨也」語の訳は、「行」字とは1歩いている人が、2歩みを止め、屈み込む事となる。二字、夫々の持つ字義 範囲がオーバーラップして醸す全体の意義が「行」字の持つ本義なのである。この解釈であれば、「行」という會意文字の構造原理に違背しないのである。『説 文解字』の「行」字には進む者がやがて停止するという字義があるのである。】

 『説文』走=夭と止の合字とするので、この「止」を本義叙述部分の「趨也。从夭止。夭止者屈也」=歩みを止め、屈み込むとするのだが、漢和辞典には「夭=若い」とあり、「夭折」を走る如く早く亡くなる事とすれば、「夭」=首を傾げる貌→人が走る姿の象形で、身体を傾け、大地に付けた足を交互に前へ出して進む事になり、「趨」=走る、速やかに、 とあり、「止(足先の象形)」は、足を大地に付けて立ち、動かない事、「歩」は両足を交互に上下して進む事になる。更に、漢和大辞典「屈」項、曲がって窪 む。「解字」尸(尻)を後ろに突き出す=人が頭を垂れる姿。「字統」犬等、尾を曲げる=従順な姿とあり、何れも「夭」と近い語義を併せ持つとして良い。

 【許慎が、明らかに「行」字に「進みつつあるものが、止まる」という義を認めていた一つの証について、ススムと言う義の「月+止」字が、そのよき例であ る。「月+止」は『説文解字』の「止」部の属字である。「止+月(肉月)」との会意。許慎は、その本義叙述を次の様に記す。「月+止=不行而進謂之」、こ こに「行」字が引用されている。「行」字に止まる義が付与されているからこそ、「不行」と用い止まらずに進む事を「月+止」というと読める。】

 私見では、「行」は人が歩き、走り、偶には、休み、佇みながら、目的のための行為を続け、遂げるか、為すか、障害があって遂行できない等の事情で、 「至、成、止、諦」等とされない限り、その行為は止まらない。上記、「不行而進謂之」を読み下すと、行かざるが、而して進む、これを謂う。となり、気持ち とは裏腹の状態、気持ちに反して身体を動かす、或いは、気持ちはあるが、動かない等で、本来、否定の意味だった「肯」も、自ら望まない、仕様がない、無理矢理等のニュアンスになり、この補足資料や説明にはならないと思う。

趨=「走」と「芻(刈草の象形)」の聲(発音)を併せた字とあるが、殆どの漢字が偏と旁に拠り成立するとすれば、同音にされる理由があり、その発音にだけではなく、通底する語義にも関連すると思う。冬の到来の早い河北やモンゴルでは、凍りつく前、速やかに草を刈り取ると云う事に繋がる。
「行」=字統では、『説文』=人の歩数。『卜辞』=道路を意味する文字が二つ重なる十字路、「街」「衢」に使われる事からも判る。
走=人が素早く動くと云う語義の字に、人が屈み動きを止めると云う語義が内包されるとすれば、文字としての体をなさず、その機能も失われる。
若い=「若い数字」と使われるので、歳をとっていないと云う意味ではなく、芽吹いたば かりの成長していない草木(成人していない)で、支えや庇護を必要とする状態となる。尚、夭[・ıog][・ıɛu][ieu]、幼[・iog][・ iɛu][ieu]と略同音で、近い語義と考えられる。
肯(がえん)ず=本来持っていた否定の意味が失われて、後代、受け入れる意味に転じたと在り、渋々、肯く、仕様がなく肯く等のニュアンスか。打消には下に否定の助動詞を添え、ガエンゼズ(ガエンジエナイ)・ガエンジナイという形で、幾ら何でも肯く事はできない等の意味で用いられる。 
  1. 2015/09/19(土) 11:51:59|
  2. 5.思惑と意図
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◇海民の領域

  (B)始度一海千余里 至對海(たま)国

 「始度一海」に方位が示されない理由は、前項(A)其北岸から南へと判断できるからで、それが故、次項(C)又南渡一海とする。更に、狗邪韓国から始める一度目の外洋航海するために船に乗り換えたと云う事を意図すると思う。
 当時(魏・西晋)、通常の移動手段は黄河や長江等の大河川や海岸部の沿岸航行に拠る「水行」か、小河川の岸から従者に平底船を曳かせたり、馬車や徒歩に拠る「陸行」で、外洋航海は一般的でなかったのか、編者の陳寿は、何らかの思惑や意図で郡衙から狗邪韓国迄の沿岸航行は「水行」、外洋航海を「渡海」と書 き分けた。それが船乗りや水上生活民には、沿岸や河川航行の蛋民系鰐(わに)と外洋航海民系陸鰐(くぬがわに)が居たとする理由の一つ。また、下記の記述もある。
 「倭人伝」女王國東渡海千餘里 有國皆倭種有侏儒國在其南 人長三四尺 去女王四千餘里 有裸國黒齒國在其東南船行一年可至 參問倭地絶在海中洲島之上或絶或連 周旋可五千餘里や、冒頭の倭人在帶方東南大海之中~云々からすると、陳寿にとり、狗邪韓国南側の国々は帯方郡治に服属しない独立した東夷の領域で、その東側千餘里を渡海した所にも別の倭種が居ると云う認識だった。尚、~在其東南船行一年可至は、東南方向へ九州東沿岸部から瀬戸内海を東行、紀伊半島を南下、太平洋沿岸航海となる。(B)を意訳すると下記の如くなる。

  (狗邪韓国で外洋船に乗り換えて)始めて一海を(南へ女王国に服属する海民の領域)度る千余里

 また、自女王国以北特置一大率検察諸国 諸国畏憚之常治伊都国 於国中有如刺使と云う記述の「於国中」を伊都国内とする説があるが、女王国以北の国々を検察するため伊都国が特置した一大率の官吏や武官を伊都国内に置いても意味をなさない。この文脈から、~伊都国が常に治める。(それは我が)国中に於て有す刺使の如くとなり、陳寿には一大率の官吏や武官の役目と彼等が背負う立場や境遇が中国国内の「刺使」と呼ばれる役人と略同じに感じられたのだろう。通常、一大率「イチダイソツ」と訓ずるが、「率」には下記の三種の音が在る。

  [lıuət][lıuĕt][liu]=全体のバランスから割り出した部分(律)
  [sïuət][şïuət][şui]=はみ出さない様に纏めて引き締める(引率)、従う(順・循)、任せる(率直)
  [sïuəd][şïui][şuai]=率いる人(帥・長)

 語義的に後者の二音で、「ィエタシゥァッ→ィエタスァ→ィエタ・サ」、「ィエタシュ イ→ィエタ・スィ」(一大帥)になる。女王国より以北には一大率を特置し、邪馬壹国連合側に服属させられたとした機動力のある倭人海民(陸鰐)對海国と一大国には一大率から派遣された「卑狗」「卑奴母離」と云う官吏や武官と思しき名称、上陸後の奴国と不彌国にも副官「卑奴母離」の名称が記載されるが、先端の北岸狗邪韓国と末端の末盧国には見えない。
 對海(たま)は一海(瀚海)に対面する国と云う語義だけではなく、その比定地の対馬には祭神豊玉姫とされる海神神社や和多都見神社が祀られる事から「記 紀」海神の娘豊玉毘賣や玉依毘賣の「玉」=渡海安全を掌る海神とも関連して、對海(たま)国は大官卑狗(後代の神祇官か)とされた理由となる。また、海神 「タマ」は、中国大陸東南沿岸部で広く信仰される祖神にも繋がると考える。
 尚、猫(タマ)と呼ばれる理由も船の積荷の穀物や食料等、鼠の食害等を防ぐ守護神と認識されていたからと思われる。また、「魏志倭人伝」航海安全の祈願を背負う持衰(じさい)と呼ばれる役目の人々も神祇官や神官の下属(奴?)等が担ったと思われる。

船行一年可至=朝鮮半島南沿岸部の水行も彼方此方に碇泊しながら担う海民を代えた。船行も、駅の如く、夫々の海域や水道や海域を領有する海民の船に乗り換えると考える。何れにしても当時の沿岸航海や渡海は季節風や海流を利用したの云うまで もない。詰まり、遣魏使の日程同様、往復で一年と考える。
自女王国以北=自女三国以北とする刊本も在るらしいが、文意を読み解けないので、此処では前者を採用する。
「ィエタサ」=出雲の国譲り等に見える地名「イタサ・イナサ・イザサ」等に関連が在る か。私見では、伊都国の比定地を佐賀県多久市と同県東松浦郡(現唐津市)厳木(きゅうらぎ→いつき→いちき)町付近とした。その「タク」と云う地名が糸島 半島の福岡県前原市、同県宗像市、島根県平田市にある。他にも島根県飯石郡三刀屋町多久和、兵庫県城崎郡竹野町田久日。更に、田隈・田熊・宅間等は投馬 (タグマ)とも関連が在るのかもしれない。
卑奴母離=奴国や不彌国へ陸行したとしても物資の運搬を担う平底船の津に面していたと考えられるので、その監察の役目を負うと考える。
タマ=筥崎宮(福岡県福岡市東区箱崎)では五穀豊穣と豊漁を祈願する男衆が雄玉を奪い合い雌玉と娶せる神事「玉せせり」が行われる。その東北側の宮地嶽神社付近の同県宗像郡津屋崎町(現・福津市)須多田には「対馬見山」が在る。 
  1. 2015/09/24(木) 21:14:04|
  2. 5.思惑と意図
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0