見まごう邪馬台国

(4)都支国


  都[tag][to][tu]は、祝禱を入れた器を埋納し、城壁で囲んだ所。
  支[kieg][tʃıĕ][tsï]=小枝を手に持ち支える。

 使われる漢字音を併せると、「タッキェッ→タケ(タチェ)」となる。地名は、竹・武・高(たけ)・滝等、国の役割は、都を支える国=の祝禱を入れた器を守り、支える、一大率から派遣された官卑狗や副官卑奴母離等、武人の国とした。
 前項迄の比定地から福岡県福岡市中央区舞鶴の東側、筑紫平野東部、御笠川沿岸の同区板付(いたづけ)の水田稲作跡が発掘された板付遺跡や同区金の隈(金隈遺跡)の西側、
福岡県福岡市博多区竹下、同市南区高宮・高木付近一帯に比定する。後代、那珂川を遡った同県筑紫郡那珂川町成竹も含まれるか。 他にも以下の遺跡が在る。

 宝満尾(ほうまんを)遺跡 弥生後期(福岡県福岡市博多区下月隈)翡翠製勾玉・ ガラス製小玉・中国製明光鏡・素環頭刀子・鉄斧、土壙墓4基
 那珂八幡古墳 4世紀初頭(福岡県福岡市博多区那珂)翡翠製勾玉・管玉・ガラス製小玉(首飾り)・三角縁五神四獣鏡・赤色塗布の高坏他、前方後円墳(全長約75m)。

 狗奴国の北上に拠る攻勢に敗れた後、一部は服属を嫌がったのか、「記紀」建速須佐之男命や建御雷之男命(武甕槌命)の建(ケン)=剣が、建(タケ→タチ)と武(タケ)の二系に分裂する。
 福岡県糟屋郡新宮町立花(岳越山)東北の同県鞍手郡小竹(こたけ)町勝野・南良津(同神社)付近へ追いやられたと考える。ただ、福岡古賀市小竹・須賀神社(素戔嗚尊尊)、同県宗像郡福津市福間町小竹、同県北九州市若松区小竹は「をだけ」と訓むので、狗奴国の北上に因って分裂した武系が東征、佐賀県武雄市、福岡県糸島郡二丈町武、同県前原市武丸、同県福岡市早良区金武、同市西区吉武、同県小郡市力武、同県宗像市武丸島根県八束郡鹿島町武代(たけだい)、同県出雲市武志(たけし)町、福井県武生(たけふ→たけを)市等、日本海沿岸部へ領域を拡げる。
 尚、宮崎康平氏は「慶元本」郡支(クキ)国とするが、武系が福岡県北九州市の洞海(くきのうみ)沿岸部へ移動後の名称で、建(天之)系は出雲付近で国譲し、科野付近迄、追われたと考える。

 「仲哀紀」紀伊国徳勒(とくろく)津を出発した仲哀天皇は使者を角賀(つぬが)に遣わし、皇后に勅し、直ちに出発して穴門(あなと)で会うようにせよ~云々。穴門を現山口県下関市付近、角賀(つぬが)を福井県敦賀とするが、徳勒津の所在は不明とされる。
 漢和大辞典に拠ると、角[kŭk][kɔk][kiau(kiue)]・賀[ɦag][hə][ho]、万葉仮名成立期の中古音「コクファ→カッハ→カハ(カカ)」、福岡県田川市東側、同県京都郡勝山町(現みやこ町)の仲哀隧道(七曲峠)の西側、同県田川郡香春町勾金(まがりかね)の鏡山大神社の河内(かはち→かぁち)王墓(陵墓参考地)、その勝山町と同県行橋市津積(つつみ)の境、御所ヶ谷神籠石があり、九州西北部から神籠石の担い手も移る。
 徳[tək][tək][tə]=生来、備わった本性、本字「彳+直+心」。勒[lək][lək][ləi]=馬を馭する革紐、勝手に動かない様に引き締める=制御、程よく調整する、訓「あらたむ」。
 草原の馬=海原の船とした様に、神功皇后の新羅討伐に助力した住吉系海民(+蛋民の鰐)と外洋航海民の陸鰐等、邪馬臺国伊都国連合に属した海民の連合、投馬(タクマ)国も玉依姫+山幸彦→葺不合系と海幸系豊玉姫→豊玉彦の二系に分裂する。
 「記紀」成立期の中古音で、「タクラク→タクッラッ→タッラ」とすれば、建羅(タクラ→タラ)=多良・太良・足(たり→たら)や、竹田(タクラ→タケダ)で、長崎県西彼杵郡(諫早市)多良見町、佐賀県藤津郡太良町多良等がある。

板付=イタッキ(一大城?)→イタッケ→イタヌケ→イタヅケと転音したか。「紀」素戔嗚尊の子、五十猛(いたける→ぃたけの)命と関係が在るのか、付近には、五十川(ごじっかわ→イカガワ→イラガワ→イタガワ)と在り、他にも山形県長井市五十川(イカガワ)、同県西田川郡温海町五十川(イラガワ)。

「建」[kiān][kıʌn][kien]=近世音[jian]と中古音が同音(剣[klıăn][kıʌn][kiem])。また、「武」=と止の合字とあり、何れも武官だろうが、銅矛と鉄剣の違いかも知れない。また、繭[kăn][ken][kien]ともあり、以下の説話にも関係するのかも知れない。また、「記」国産神話、肥国=建日向日豊久志比泥別、建日別=熊曽国とある。
 「紀」眉上に生れり。漢和大辞典「蠒(爾+虫)」項、繭(まゆ)の別字とあり、眉(まゆ)と通音して対応する。「記」頭(かしら)に蠶(かひこ)生るとし、「蚕」項、蚯蚓(みみず)とし、「記」蠶(替+虫+虫)は「解字」桑の葉の間に入って食べる虫、潜(もぐる)・簪(かんざし)等と同系字で、「蠶」=繭(蠒=まゆ)を被り隠る虫=甲隠(かひこ)は卑弥呼(秘巫女?)かも知れない。

をだけ=島根県能義郡伯太(はくた→はかた)町小竹(ヲダケ)、富山県高岡市小竹(ヲダケ)・御馬出(おんまだし)町・五十里(いかり)、同県氷見市小竹(ヲダケ)・五十谷(いかだに)・伊勢大町、石川県鹿島郡鹿島町小竹(ヲダケ)、茨城県鹿嶋市高天原、神奈川県小田原市小竹(ヲダケ)・国府津・矢作、千葉県佐倉市小竹(ヲダケ)・飯塚・鹿島干拓・馬渡等がある。
 島根県の鳥取県西伯郡名和町小竹(コダケ)、京都府京都市左京区松ケ崎小竹(コタケ)薮町、瀬戸内海を渡り、徳島県阿波郡市場町小竹(コタケ)へ、或いは、琵琶湖を北上して、新潟県三島郡出雲崎町小竹(コダケ)・住吉町、秋田県南秋田郡井川町小竹(コダケ)花、宮城県石巻市小竹(コダケ)浜・伊勢町、少し飛び、東京都練馬区小竹(コタケ)町・豊玉へ移動した。
 福井県武生(たけふ)市(現越前市)国府は、奈良時代から越前国府の所在地とあり、「ヲダケ=男武」と「コタケ=篠(風神級戸辺神)」か。

武雄市=奴国の中枢とした佐賀県武雄市若木町川古・御所付近の伏尺(ふし)神社伝承には、壱岐真根子と、その娘、豊子の婿内宿禰は、姿形がうり二つで、その身代わりに死んだとされる壱岐直真根子の遺体を壱岐に運ぼうとしたが重すぎて、そこに葬ったとある。
 その経緯は5世紀初頭、履中期創建の玄界灘に突き出る岬の福岡県宗像市鐘崎の織幡神社(壱岐真根子・内宿禰・綿津見三神)に詳しい。 また、博多湾沿岸部福岡県福岡市西区生(いき)松原には壱岐神社(祭神壱岐真根子)が在り、同区今宿付近に湊を持っていたと伝承される。

郡支=上古音に拠ると、「ギゥァヌケ→グァヌケ→ガヌケ→ガケ(崖・垣)」、 「記紀」スサノヲが妻を匿った八重垣(やへがき)や神籠(こうご)石等の垣・籬に繋がるのかも知れない。おそらく、女王卑彌呼没後、服属を嫌い福岡県遠賀郡岡垣町高倉や遠賀川東岸の企救郡(聞物部氏)、現在の福岡県北九州市付近仁移動したか。(5)彌奴国は福岡県宗像(むなかた)市付近、(6)好古都国は大分県中津市博多付近に移動したのか。

紀伊国=紀[kıəg][kıei][ki]・伊[・ıər][・ıi][i](木国)を「キェィァ→ケヤ」とすれば、糸島半島西北岸、糸島郡糸島町芥屋(けや)大門や可也(かや)山、長崎県西彼杵郡多良見町化屋等がある。*穴[ɦuət][ɦuet][hiet]
 尚、
鬼[kıuər][kıuəi][kıuəi]・奴[nag][no(ndo)][nu]=「キゥァ・ナッ→カナ/カノ・カヌド→クド」国とすれば、狗奴(かな→くぬど)国で、本来、同国だったか。竈(くど)神の奥津比賣(大戸比売神)とも関連が在るかも知れない。

角賀(つぬが)=角(つぬ→つづ→つる)とすれば、角賀(つぬが→つるが)=敦賀(鶴賀)ともなり、水流(つる)・都留・鶴等の地名が在る。
 仲哀天皇の父倭建命(日本武尊)が大鳥(おおとり→つる)となって飛んでいく事とも繋がり、福岡県田川市、同県山門郡(柳川市)三橋町、南九州の霧島連山付近には、白鳥神社(倭建命)鹿児島県薩摩郡薩摩町中津川
、白鳥神社(日本武尊)鹿児島県曽於郡有明町伊崎田等。
 他にも大阪府羽曳野市古市の白鳥神社(日本武尊・素盞嗚命・稻田姫命、合祀饒速日命・廣國押武金日命)、岐阜県郡上郡白鳥町、愛知県岡崎市大和町、香川県大川郡白鳥町、白鳥神社「日本武尊」富山県富山市寺町字向田や、白鳥神社「日本武尊」富山県婦負郡八尾町三田字道円、刈田嶺(かったみね)神社「日本武尊」の宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉仲町、刈田嶺神社「日本武尊(白鳥大明神)」同町宮字馬場等が在る。
 尚、角(かど→くま→すみ→つみ)とすれば、注⑥の竈(くど/かまど→くまど)神や、海神綿津見神や穂積(ほずみ→ほつみ)、沿岸航海の神、墨之江(すみのえ)=住吉神、山神とされる大山津見(おおやまつみ)神、河を遡った安曇(あずみ→あつみ)とも繋がる。*日吉(ひえ)=日枝

竹田=福井県坂井郡丸岡町竹田、長野県東筑摩郡山形村竹田、愛知県海部郡十四山村竹田、同県名古屋市瑞穂区竹田町、同県丹羽郡大口町竹田、兵庫県氷上郡市島町竹田、同県姫路市竹田町、同県三方郡温泉町竹田、奈良県橿原市竹田町、同県御所市竹田、同県磯城郡田原本町竹田・宮古・八尾(鏡作神社)、岡山県英田郡作東町竹田・豆田横田、同県岡山市竹田・楢津・山田・大和町、同県苫田郡鏡野町竹田・美作大野(女山)、広島県深安郡神辺町竹田・山田、香川県三豊郡豊中町笠田竹田、福岡県行橋市竹田、同県京都郡勝山町(御所・御所ヶ谷神籠石)、大分県竹田市竹田・玉来、同国東郡国見町竹田津・櫛海・櫛来、同県日田市竹田・有田豆田山田、宮崎県東諸県郡国富町竹田。


スポンサーサイト
  1. 2017/04/03(月) 08:29:08|
  2. 7.某国考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

◇竹(ちく)

 漢和大辞典に拠ると、竹(チク/たけ)や筑、築(チク→ツク→ツイ)は、何れも[tıok][tıuk][tʃıu]、紫[tsiĕr][tsiĕ][tsï]・斯[sieg][siĕ][sï]で、筑紫や竹斯とは、竹で編んだ網状の籬(かき→ませ)を衝立として水を抜き、水路(つる)に流す等の治水工事を施した河口部の中州や河岸にできた築地(ちくち・つきち→ついぢ)や築施(ちくせ)と考える。*施[thiar][ʃıĕ][sī]
 おそらく、
「地名」杵築(きつき)・木月(きつき)・築城(ついき)・月瀬(つきがせ)・佃(つくだ)島・月(つき)島等は同源で、そうした築地の環濠集落が村邑(くに)となる。その後、強国に拠る支配が始まり、夫々が連合し、領域が拡がると支配域の全体、北部九州一帯の呼称にされる。
 

 また、現在、海中道で福岡県糟屋郡や福岡市東区や博多区と陸路で繋がる志賀島は、縄文海進期や弥生後期、AD200~300年頃の温暖化に因る奈多や西戸崎等、四つの島だったが、古墳時代の冷温化に因る海退や、潮汐に因る泥砂の堆積に拠って繋がる。
 この場合、築地ではなく、接地=筑紫(つくち→つくし)で、海進期、奥まった博多湾岸に注ぐ河川の流路が自然に変化したか、治水工事を施して変更したか、多くの中州が接合されて繋がる接地(つくち)とも考えられる。

 竹(たけ)→建(たけ→たち)=立で、月立(つきたち→ついたち)=一日(朔)とすれば、月読命は筑紫(つくし)と関係があり、卑彌呼の鬼道とは潮汐(こよみ)を伴って変化する月の形状を観察する暦学で、月読(つきよみ→つ・こよみ→っこよみ)=暦にも繋がる。
 南下した狗奴国=建日別(熊曽)とすれば、月読命は巫女(太陰)が、月夜見尊→月弓尊と表記が変化、卑彌呼自体を祀る覡の建=立(たち)→大刀(卑彌弓呼=ヤマトタケル)、剣(つるぎ)=水流岐(つるぎ)=敦賀(つるが)→駿河(するが)に分裂する。
 更に、「武(武器で止める)」と云う漢字には父系制(家長)での血縁、嫡嗣とは違い、母系制での家督を嗣ぐ娘に婿入した夫が血縁ではなく継ぐと云う意味が在り、武(たけ)=接(つぐ)=継ぐともなる。

 京築(けいちく)地区の福岡県京都郡犀川町上伊良原、標高220㍍の山間、榎遺跡から約九千年前の住居跡が発掘された北部九州東側、豊国の沿岸部も倭人系海民や水耕稲作民の住んだ筑紫だが、弥生後期、人口増加に因る食料不足等が契機か、政情不安に乗じた狗奴国王卑彌弓呼の北
上に拠り、卑彌呼が亡くなり、その宗女「壹與(イチヨ→イヨ)」が靡き、係累の「臺與(タィヨ→トヨ)」が分裂して逃げて豊(とよ)と呼ばれる。
 更に、そこからも追われた臺與は日本海沿岸を東遷する。狗奴国王卑彌弓呼は、壹與を残して後を追う様に周防灘を渡り、瀬戸内海沿岸を東遷、山口県と広島県境付近から北上し、国譲させたと考える。

 有明海沿岸部の肥国(ひのくに)は筑紫の「築地」とは違い、筑後川や矢部川、六角川や牛津川、白川や緑川等の河川に阿蘇山の火山灰が運ばれて土砂として堆積、瞬く間に這うように延びていく泥濘地が「肥える」と呼ばれた。その浅い海で獲れる貝等の水産資源が豊富だったのだろう。
 もしかしたら、今では南西諸島付近でしか獲れない貝輪の材料「芋貝・ゴホウラ」も縄文海進の温暖期には生息していたのかも知れない。その後、小氷期で凍える程に気温が下がって海退すると、泥濘地の水気が抜けて陸地化する。
 それが故か、「凍」も肥(こゆ)と同訓にされる。更に、泥水が濾されて土壌の密度が濃くなり、「越(こし→こゆ)」=上に到る、経過する、抜け出る等の語義があり、日一日と泥濘地は拡がるが、粘土質ではないので土壌改良が施されて水田化されたと考える。

「筑」=中国の古代楽器。箏に似て小さい。頸が細く肩は円い。左手で柱(ちゅう)を押さえ、右手に竹の細棒を持って弦を打って鳴らす。周末より漢初にかけて(えん)の地方を中心に行われた。筑紫国(つくしのくに)の略。

ませ(籬・笆・架)=「間塞」、「馬塞(うませ・うまふせぎ)」の意。竹や木で作った低く目の粗い垣。真瀬垣・籬(まがき)。間狭=劇場の枡の仕切。 馬塞=馬が出られないように作った垣、厩栓棒(ませんぼう)、馬出(まいだし)等の地名は関係が在るのかも知れない。また、動詞「益・増(マス)」の連用形から、ませている事。年齢の割に大人びて見える事。また、その様な子供。おませ。早熟。老成。
 「記」黄泉国から還り、伊邪那伎大神は「なんと恐ろしい恐ろしい穢れた国を訪れてしまったのだ。禊をすべきだろう」と竺紫日向(つくしのひむか)橘小門阿波岐原(吾吐き原)を訪れて禊祓をする時、投げ捨てた杖に生り出でた神名は衝立船戸神~云々。*竺[tıok(tok)][tıuk(tok)][tʃıu(tu)]=太い竹、厚く行き届いている様。阿波岐→淡(あは)き・喘(あは→あえ)く
 「紀」筑紫日向小戸橘之檍原、即投其杖岐戸(ふなと)神~云々。
*檍[・ıək][・ıək][iəi]=〈神代紀上訓注〉橿・黐(もち)の木の古名、梓の類等、未詳。古訓「あはき」とあるが、漢字音に拠ると、「ィアク→ヤク」となる。*厄(やく)原、阨(あく)原、葯(やく)原(葯=雄蘂先端の花粉を生じる嚢)。

立(たち)=「歌舞伎」舞台上で座り、演奏する囃子方に対して、演じる役者を立ち役とする事、同性愛者の男役を立(たち)、女役を猫とする理由も同様(男=立ち、女=寢こ)。例えば、犢鼻褌(たちふさぎ→たっふさぎ)、三毛猫=猫の毛色で、白・黒・茶の3色の毛が混じっているもの。また、その雌猫(雄猫=たま)とされる。詰まり、天皇の和風謚「倭根子」=倭人の母系と云う意味があり、天照大御神が速須佐之男命の帯びた十握剣を物実として生した三女神と、速須佐之男命が天照大御神の珠(たま)を物実として生した五男神(大刀)と考えられる。また、ヤマタノヲロチの尾を斬り裂くと出てきた「記」草那芸大刀(クサナギヌタチ)、「紀」草薙劒(くさなぎのつるぎ)とある。

榎遺跡=県内では二番目の古さとされる
住居は、二本の柱で支える構造で、床にあたる部分の直径2.5㍍前後、定住家屋としては小さく、狩猟キャンプ用の簡易家屋とされる。季節に拠って住居を変えたのかもしれない。同時期の縁に凹凸の飾りが一列ずつ施される柏原式土器の破片、約百点も出土、同様のものが福岡と大分で出土、今回の発見で復元の可能性あると云う。他にも旧石器時代(約1万2~3千年前)のナイフ型石器、鎌倉~室町時代の土壙墓七基から青銅製和鏡等の副葬品も多数出土した

豊国=石塚山古墳 4~5世紀(福岡県京都郡苅田町富久町)琥珀製勾玉、碧玉製管玉、三角縁神獣鏡,、三角縁吾作四神四獣鏡、三角縁獣文帯日月四神四獣鏡、三角縁獣文帯天王日月三神三獣鏡、細線式獣帯鏡、素環頭大刀の銅、鉄製武器、武具。竪穴式石棺前方後円墳全長110m
 御所山古墳 5世紀後半(福岡県京都郡苅田町与原)翡翠製勾玉、翡翠製棗玉、碧玉製管玉、硝子製小玉、倭製四禽四乳鏡,金銅製雲珠等の馬具、鉄製武器他。横穴式石室前方後円墳全長119m「宮内庁書陵部蔵」
 番塚古墳 5世紀末-6世紀初(福岡県京都郡苅田町尾倉)金環、翡翠製勾玉、勾玉、管玉、丸玉、硝子製玉類等、神人歌舞画像鏡 銀箔片、銀捩条片、金銅製飾金具、轡、剣菱形杏葉、鞍金具、革金具他等の馬具、銀象嵌大刀(同心円文、蓮華文、魚文の銀象嵌)
大量の鉄製武器、武具他。横穴式石室前方後円墳全長50m
 下稗田(しもひえだ)遺跡 弥生前~中期(福岡県行橋市下稗田)翡翠製勾玉
 琵琶隈古墳 古墳時代中期(福岡県行橋市延永)翡翠製勾玉, 青色硝子小玉、舶載内行花文鏡、素環頭大刀、短剣1、鉄鏃、靫、 札甲。竪穴式石室円墳径25m
 竹並遺跡竹並横穴墓群 5世紀後半~7世紀(福岡県行橋市南泉)耳環、勾玉、イモガイ製腕輪(釧)、ゴホウラ貝製腕輪(釧)、管玉、丸玉滑石製装飾品、乳文鏡、馬具、銀象嵌鍔と鞘尻金具、双龍環頭大刀、蛇行剣、圭頭太刀他の鉄製武器。
 山田1号墳(福岡県築上郡上毛町安雲)耳飾り、金銅装・装飾品他。 円墳
 黒部古墳群 6世紀末~7世紀中(福岡県豊前市大字松江)瑪瑙製玉類、水晶製切子玉、硝子製玉類等、銀製杏葉、金銅製雲珠、金銅装金具、金銅装鋲他等の馬具、銅製圭頭式柄頭、銅製鉄縁・喰出鐔等の武器。円墳7基

筑紫(ちくし)=福岡県北九州市小倉南区曽根付近を流れる竹馬(ちくま)川と在り、遠賀川中流域を筑豊(ちくほう)と呼ぶ事からも筑紫(ちくし)となる。尚、茨城県南西部の筑波(つくば)山と、琵琶湖東端の滋賀県米原市朝妻筑摩(ちくま/つくま)との関係は如何なものだろうか。
 近江国坂田郡米原町朝妻筑摩の筑摩(朝妻)神社(孝安天皇)では、古く、4月1日等に行われた鍋被り、神輿に従う女性が関係を結んだ男の数だけの鍋を被ったらしいが、今は5月3日に少女が緑の狩衣、緋の袴をつけ、張子(はりこ)の鍋を被って供奉(ぐぶ)する。鍋祭。鍋冠祭
 茨城県つくば市筑波の筑波山神社「伊弉諾尊、伊弉册尊、加具土命」、筑波山の西峯=筑波男神(伊弉諾尊)、東峰=筑波女神(伊弉册尊)の二座を拝し、御神体山と仰いだ。同県新治郡霞ヶ浦町大堤とあり、これも治水工事等を施した新しい端(接く地=生した子加具土命)になる。

国譲=邪馬壹国と伊都国連合は新たに統治権を象徴する金印「親魏倭王」を魏王から授かったため、漢の属国として統治権を委ねられた事を象徴する金印「漢委奴国王」を隠匿する。その後、狗奴国に追われて邪馬は金印を携えて逃げるが、譲り受けて邪馬
称したと考える。尚、隠匿された金印が志賀島で発見されたと伝承される。


  1. 2017/04/12(水) 00:23:48|
  2. 7.某国考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(5)彌奴国

 彌[miĕr][miĕ(mbiĕ)][mi]=「爾」豊かな毛髪と女性の美しい文身、「弓」男性のトーテムで、矢(婿胤)を射る弓
 奴[nag][no(ndo)][nu]=祭祀官下属の女囚

 漢字を併せると、巫女の教えに従う水耕稲作民(奴=下属の民)の奴国連合の国になる。その訓を「ミェルナッ→メルナ→ミナ→ミヌ→ミヅ」とすれば、有明海沿岸の福岡県三潴(みずま)郡三潴町や同県久留米市山本町耳納、水縄(みのう)山(高良神社・玉垂命)、遠賀川沿岸の同県遠賀郡水巻、同県行橋市蓑島(みのしま)他、三野・美濃等も同源と考えられる。
 前項迄の流れに順うと、福岡県福岡市博多区美野島付近だが、那珂川や御笠川を遡った同県春日市白水(しろうず)・春日野・大和町、同県大野城市瑞穂町付近一帯の小高い所に住み、低湿地や泥濘地に溜め池や水路を造り、治水工事を施して開発した。

 弥永原(やながばる)遺跡、弥生中期(福岡県福岡市南区日佐)勾玉、水晶製玉類 、倭製内行花文鏡、硝子製勾玉鋳型
 須玖岡本遺跡、弥生期(福岡県春日市)硝子製勾玉、硝子製璧、硝子製管玉、草葉文鏡, 星雲文鏡, 重圏銘帯鏡, 連弧文銘 帯鏡、銅剣, 銅矛

 道程で記述された国々とは違い、国名が羅列されるだけの傍国の役目や官名、その比定地は使われる漢字音と語義から推測するしかない。伊都国の台頭に拠り、統治権を奪われた奴国連合の委奴国王係累、狗奴国王卑彌弓呼は官狗古智卑狗と共に再起を期して南下(くだ)ったため、彌奴国は、その後ろ盾を失い服属させられただろうから、一大率から官卑狗(文官)か、副卑奴母離(武官)が派遣されたのは間違いない。
 その伊都国の命に従い(9)對蘇国と共に彌奴の人々は
那珂川や多々良川下流域の福岡県福岡市南区清水(しみず)、同市博多区美野島や同市東区水谷(香椎宮)、有明海沿岸の同県三潴(みずま)郡三潴町付近迄、技術と、その役目を担い派遣されて拡がっていたのかも知れない。
 例えば、福岡県太宰府市の「水城」は、宇美川や御笠川河口から遡り、南側の大川(筑後川)河口、福岡県朝倉市杷木町付近へ抜ける運河の水量を調節したと考えられる。ただ、弥生前期の冷温化に因る海退で、その役目を失うが、内陸部深く入り込んだ博多湾岸にできた泥濘地の治水工事のための貯水池とされた。後代、中大兄皇子が新羅の侵攻に備えた防御的な役割の水城の築造や管理にも彌奴の人々が従事した。

 これを 「ムナ(ムダ)」とすれば、大牟田市等の牟田(低湿地や泥濘地)、福岡県宗像郡玄海町牟田尻等も考えられる。ただ、宗像大社の三女神は海民が斎き祀るので、役目や特徴に違いがあり、宗像付近は邪馬壹国東側千里に居た同種の倭人とした。
 先述した様に、倭[・ıuar][ıuĕ][uəi](別音[・uar][ua][uo])と同音「委」=(字統)稲魂(穀物神)を被り舞う女性(早乙女)で、舞う姿が低く、しなやかな様とあるので、「倭」の人偏「イ」は委=卑弥呼(天照大御神)を支える伊都国から派遣された補佐役(摂政)の男弟(「記紀」思兼神)となる。
 おそらく、「記」天宇受賣命(猿女君)が天之石戸(天磐戸)の前で舞踊り、太陽(日光)神を呼び出した如く、山麓の河口部で水耕稲作を営む農耕民は、投馬国連合の海民等が持つ天文の知識を用いて農事暦を作り、巫女卑弥呼(≒天照大御神)一族が「能くする」と云う鬼道に、その農耕儀礼や神事を委ね、豊穣を祈願したと考える。
 「記」スサノヲが大山津見神の娘神大市比賣を娶り生んだ大年神を、狗奴国の覡王卑彌弓呼(+官狗古智卑狗)、宇迦之御魂神を女王卑彌呼か、宗女壹與(臺與)が斎き祀った稲魂の化身として記述した。詰まり、「記紀」の編者達も「魏志東夷伝」を読んでいたとして良い。

美濃=三重県松阪市美濃田町、同県名張市箕曲中村(ミノワナカムラ)、同県多気郡明和町蓑村、滋賀県神崎郡永源寺町箕川、同県坂田郡近江町箕浦、同県東浅井郡湖北町美濃山、大阪府堺市大美野・見野山、同府豊中市箕輪、同府箕面市箕面、同府東大阪市箕輪、兵庫県神戸市灘区箕岡、同県姫路市四郷町見野、兵庫県川西市見野、同県津名郡五色町鮎原三野畑、奈良県大和郡山市箕山町、同県山辺郡山添村箕輪、和歌山県有田市箕島、同県海草郡美里町蓑垣内(ミノガイト)、同県東牟婁郡本宮町簑尾谷、島根県益田市美濃地町、岡山県岡山市三野、同県津山市美濃町、同県御津郡加茂川町三納谷、同県邑久郡邑久町箕輪、広島県三原市八幡町美生(ミノウ)、同県福山市箕島町、同県佐伯郡沖美町美能、同県山県郡戸河内町箕角(ミノスミ)、徳島県三好郡三野町清水、香川県三豊郡三野町大見・同郡豊浜町箕浦等、何れも低湿地や河岸や湖岸に多い。

白水(しらみず→しらむず→しらうず)=泥濘地に施す治水工事や水城等の調整池を管理する人々と考える。尚、白水郎(はくすいろう)=白水は中国の地名、海人(あま)の異称とあるが、沿岸航海民や河民で、長江河口部、浙江省等の治水工事に携わり、水路を完備し、河川荷役を発展させたと考える。現在でも、春日神社(比売神=水神光明子?)が地座する白水付近には白水(しろうず)氏がおり、全て、此処が発祥と自称する。

奴国連合=周の召公奭の封ぜられた「」が秦の始皇帝に滅ぼされたため、その国人、衛滿が朝鮮半島へ逃れて、殷王「紂」の叔父胥余が周武王から「箕」に封ぜられて朝鮮に入り、興した箕子朝鮮の王「準」を滅ぼし、衛氏朝鮮を興す。その難を逃れた王族や官吏が奴(「論」箕子、これ下属の女囚とある)として列島に渡来、そうした巫女等の組織や役職を管理して水耕稲作民と海民を支配した委奴(鰐→猪)国連合となる。
 後代、衛氏朝鮮(伊都国系)も前漢武帝に滅ぼされ、その王族や官吏・武官が列島に渡来すると、再度、箕子氏の委奴国連合は支配され、再度、下属の民(女性とは限らない)を差し出す国に貶められる事を嫌った狗奴国(邪馬壹国側に拠る呼称)は再起を図り、南下(くだ)り、対立した。
 焼き畑農耕民と治水工事等の技術者集団(箕子朝鮮の関係者)と、伊都国王(男弟=思兼神?)が遅れて渡来した衛氏朝鮮の関係者で遊牧騎馬民(武人の都支国等)。もう一つ、南西諸島を経て渡来した南中国や東南アジアの海民と耕作民(倭人)が混在した。

委=訓「ゆだねる」「任せる」「詳しい」等、しなやかに踊る巫女に豊穣を委ねる。その姿「委」に対し、覡は「年」(字解)禾+人=大年神。尚、後漢時代の煉瓦(塼)に「倭」という文字が見えるとあるので、遅くとも、その頃には、「イ(人偏)+委」とし、巫女(祭祀)と男弟(摂政王)と云う彼等の習俗や政治形態に則して創られたと考える。

天文=外洋航海民は、昼間、沿岸部の風景や太陽の位置で進行方向を知るが、夜は北極星(妙見)の位置や、中国で28宿(箕や鬼等)と呼ばれた季節に拠って違う星座の位置で方向を定めた。その天文の知識を用いて伊都国王直轄の官僚の下で作られた。後代、暦術は天皇家の所轄する所となる。また、鬼道とは、後代の陰陽道に近いのかも知れない。


  1. 2017/04/20(木) 21:39:29|
  2. 7.某国考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0