見まごう邪馬台国

(12)華奴蘇奴国

 華[ɦuăg][ɦuă][hua]で、草冠と「垂+于」の合字。花と同音だが、中華・栄華・華麗等に通用されないので、生物的な花と違い精神的なもの。
 奴[nag][no(ndo)][nu]=捕らえた女で祭祀官下属の女囚。
 蘇[sag][so][su]=「穌」が初文で、紫蘇の類を用いて魚等の生気を保たせる。金文では国名のみに使われる。

 漢字を併せると、「フィァッナッサッナッ→ハナサナ」となる。 後部は(10)蘇奴(さなっ→さなう→せのう)=瀬尾と同音で、前部を「ハナ=鼻→岬」とすれば、蘇奴国の比定地とした佐賀県神埼郡東脊振村瀬尾(せのを)・吉野ヶ里付近より、有明海湾岸に近い端(はな)や岬で、奴国に近い所になると考えられる。
 こうした事と述べてきた傍国の比定地の位置関係を考慮すると、道程で奴国の出先機関(はな)の比定地とし、佐賀県小城市牛津町牛尾・樋瀬・前満江・乙柳付近の「生立ヶ里遺跡」一帯に比定する。

 用字からも委奴国連合の構成員で、有明湾岸部の立地から、この国を奴国の出先機関としての船津だったのだろうが、伊都国の監察下に置かれ、一大率から官卑狗(文官)や副卑奴母離(武官)が派遣されて、その機能を管理されていたと考える。
 邪馬壹国伊都国連合に上手く靡いたのか、引き続き邪馬壹国伊都国連合の出先機関として機能していたため、伊都国から分岐する東向きの道に向かったが、その道程として「東南百里奴国」と記述されたと考えられる。

 また、前項(11)呼邑(はや)国の比定地とした福岡県三潴郡三潴町早津崎、佐賀県佐賀郡川副町早津江付近の佐賀市蓮池町牛津ヶ里が見えるので、河民(速)を荷役として使役して居たのかも知れない。

 尚、熊野三山の三神(建須佐之男命、玉男命、事解男)を勧請した云われる牛尾神社の鎮座する小高い丘は、当時、有明海湾岸部が、もっと深く山手に入っていたとされるので、地形的に「岬」や「崎」等と同じ状況だった可能性は高い。もしかしたら、河川の運ぶ土砂が堆積した舌状に延びる土地の海手=端(はな)が、海水面の上昇や、満ち潮に拠り、水没する事、更には、土砂が堆積して「失の尾→牛尾(うしのを)」とされたのかも知れない。
 また、海岸や河岸へ緩やかに降るではなく細く延びた断崖=岬(みさき→はな)や山際の崖=立端(たちはな)とすれば、福岡県八女郡立花町、福岡県浮羽郡吉井町田、福岡県大牟田市、長崎県北松浦郡江迎町末(すゑたちばな)免、佐賀県武雄市橘町、佐賀県伊万里市立花町、熊本県阿蘇郡蘇陽町橘、熊本県玉名郡天水町立花、大分県津久見市立花町等の地名がある。

 大陸では漢王朝が滅び、その情勢の変化に乗じ、呉を後ろ楯としたのか、狗奴国が北上してくると、再度、華奴蘇奴国は委奴国連合に従う。同様に女王卑彌呼の宗女壹與が靡き、邪馬国の建国を手助けしたのか、当地に留まった人々や、邪馬国(宗女臺與)伊都国連合の東遷に同行して、よく似た状況の土地に住んだ沿岸航海民と河民の呼邑(呼[hag][ho][hu]・邑[・ıəp][ıəp][iəi]=ハヤ)国の人々とし、船舶の航行に従事する海民を鰐を外洋航海民や沿岸航海民と河民(丸邇→和邇と和珥)等に分けたと考えられる。
 例えば、「古事記」天降条、天津日高日子番能邇邇芸命(ふぁのぅににぎ→はなににぎ)の妻になる大山津見神の娘、木花佐久夜(このはなさくや)比賣の姉で醜いと返された石長比賣(磐長姫)の別名か、「記」建速須佐之男命の子、八島士奴美神が大山津見神の娘、木花知流(このはなちる)比賣を娶り、生んだ布波能母遅久奴須奴神(ふはのもちくなすな)を狗奴(くな)国王の卑彌弓呼(「紀」香香背男?)に化体し、そうした経緯として述べたのかも知れない。

樋瀬=柿は竹や葦等で編んだ、同音の籬や垣(かき)等を使って、治水工事を施した事に拠る地名と考える。

牛津ヶ里(うしづかり)=土砂の堆積や、治水工事に拠る耕作地の拡がりに対応し、新たに蒲田津が造られたため、旧船津が失津(うせつ)→牛津とされ、治水工事に拠る土地化を表す「~ヶ里=~の里」を付けて呼ばれたと考えられる。
 京都八坂神社の牛頭天王は「紀」素戔嗚尊とされる。「記」建速須佐之男命は伊邪那岐が鼻(はな)を洗った時、天照大御神は左目(さめ→スあめ)、月読命は右目(うめ)を洗った時に生る。有明海を挟み東側の福岡県八女市には女山(ぞやま)、西側の佐賀県武雄市付近に女山(おんなやま)がある。



スポンサーサイト
  1. 2017/07/03(月) 08:42:13|
  2. 7.傍国考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◇地形と傍国の配置

 傍国の記述法で要(かなめ)とした奴国の手前に位置すると思しき、(12)華奴蘇奴国迄、比定地を述べてきたところで、以下、手持ちのゼンリン道路地図で或る縮尺に合わせると表れる地形図と主要道路の状態を用いて作った傍国の配置図を掲示しておく。

傍国図 

 上記、配置図の道路、(1)斯馬国と(6)好古都国間、(11)呼邑国と不彌国と(12)華奴蘇奴国間、有明海沿岸や大村湾岸の道路、(9)對蘇国と邪馬壹国間の筑後川を渡る道路、(17)躬臣国と(19)支惟国間等、山間部の道路、角力灘(すもうなだ)沿岸道路等、地形的な状況からも、全てが当時から在ったとはいえないが、古来、人々は、往来と荷役に便利な幹線道路沿線、海岸や河岸等に群れて住み、集落や村邑、部族国家を営んだ。古くから使われたとして疑いない。但し、そうした耕作民や海民と河民以外、山間や傍国以外の地域に人が居なかったのではないと思う。

 また、佐賀県伊万里市から長崎県佐世保市に架けて道路が見えない理由は海岸際迄、山が迫っていたと云う地形だけでなく、倭寇と呼ばれた海賊がいたとされる事、松浦水軍の拠点だった事を考慮すると、沿岸航路が発達していたためと推測される。
 九州管内では当地にだけに見える「~免(めん)」と云う地名が、そうした違いを示唆する。未だ、「メン」の意味は分からないが、投馬国の領域であろう鬼奴国以南から島原半島に架けては、「~名(ミゥ→ミョウ/ミィ→メィ)」と云う地名が見える。
 投馬国への水行二十日は狗邪韓国から松浦半島西部の伊万里付近への十日と、そこから九州北岸を西へ航海し、長崎県北松浦郡田平町を廻り、同県佐世保市の①早岐瀬戸を通り、大村湾を南下する十日になる。その中継地は点々とある地名「~里」だろう。

 また、配置図に拠ると、「奴国」が女王の境界が尽きる所、その最南端に位置するとし、その南には、素より和せずと云う狗奴国が在ると云う陳寿の記述と符合しないのではないか。と云う疑問が思い浮かぶ。
 ただ、これも「国々の比定」項で述べた様に、旧委奴国連合中枢の奴国(二万戸)の出先津として邪馬壹国への道程で記載されるの華奴蘇奴国と、鬼奴国を出城とすれば、その疑問も解消する。
 また、投馬国も、その官名から邪馬壹国伊都国連合に道程の国々との違いが見て取れるので、これも独立した海民の連合国家で、邪馬壹国伊都国連合とは緩やかな②連繋を保った女王國(五万戸)として狗奴国と対立していたと考える。
 では、奴国はどうか、図に拠ると、北側と西側の海岸線と、東側の境界にも「~奴」とされる国々が配置されず、道程で記述された国々が、委奴国連合国間に楔の如く配置されて、その連繋を、警戒し、断ち切る目的で配置される。
 この様に考えると、(4)都支(たけ)国を「記紀」に記載される剣や矛を持つ武人の冠称「建」「武」と同音とした様に、(5)彌奴国と(8)姐奴国を警戒し、抑え込み、對蘇国は蘇奴国に対して配置され、不彌国が華奴蘇奴国の動向を見張り、華奴蘇奴国と鬼奴国との間に③鬼国を挟み連繋を拒いだと考える。

 「国々の比定」項で、奴国中枢を佐賀県杵島郡北方町馬神の南西側、同県武雄市御所・楢崎・多々良・馬渡付近の杵島山麓一帯とした事と関連し、同市橘町大日付近の犬山岳西側中腹に、その武雄市を見下ろす様に、おつぼ山神籠石が在り、委奴国連合の一員と思しき「鬼奴国」には伊都国配下の都支国から一大率の官や副官等の役人と共に、最南端へ送られた人々が、後の防人(さきもり)如く征夷大将軍に統率され、狗奴国に対する防御的な抑えである共に、機動力を持つ投馬国の動向を警戒する役目をも担ったと考える。

①早岐(はいき)瀬戸=満ち潮に乗って進み、引き潮で抜ける。西側の佐世保市針尾(はりを→はじを)島には御所・伊勢川・名倉、宮田・萩坂・浦川内、同県東彼杵郡川棚町浦川内・五反田郷等、一帯を傍国「為吾国」、その南側の同郡東彼杵町彼杵宿・名切・宮田・里郷等、一帯を「鬼奴国」の比定地とした。

②連繋=「記紀」伊勢の海に祀られる天照大御神(天照大神)とスサノヲが誓約した事と関連があり、後、天降りした日高日子番能邇邇芸命(彦火邇邇杵尊)が娶った大山津見神の娘木花佐久夜比賣(木花咲耶姫)は狗奴国王卑彌弓呼が卑彌呼の宗女壹與を娶り、邪馬臺国を称する事に繋がると考えられる。尚、投馬国連合の構成国は、⑲支惟国、⑱巴利国、⑰躬臣国、⑯邪馬国の四ヶ国か、⑭為吾国を併せた五ヶ国か。邪馬壹国伊都国連合(七万餘戸)

③鬼国=漢和大辞典「鬼」項には、中国の二十八宿(星)の一つ。人間業とは思えない並外れた人以上の力を持ち人間を害する等とある。もしかしたら、後代の陰陽師の様な能力があり、鬼国の人々は女王卑彌呼が能くした「鬼道」に拠って操られる様に鬼奴国を見張る役目を担ったのかも知れない。
 折口信夫は、陰陽道では職神・式神(シキジン)の事を「みさき(御先)」とも称した。壱州に来た陰陽師徒は「御先」を傭うのに簡単な方便は「やぼさ」と云う島に多く居る精霊を呪力で駆使する事。昔は、壱岐に矢保佐・矢乎佐等の社が大変な数になる程あった。「やぼさ」は古墓で祖霊の居る処と考えていたが、陰陽師の役霊に利用される様になったり、その始源が段々、忘却せられて来たのだろう。とする。


  1. 2017/07/10(月) 23:53:00|
  2. 7.傍国考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◇奴国

「東夷伝倭人条」自女王國以北其戸數道里可得略載、其餘旁國遠絶不可得詳。次有斯馬國、次有已百支國、次有伊邪國、次有都支國、次有、次有好古都國、次有不呼國、次有、次有對蘇國、次有、次有呼邑國、次有、次有鬼國、次有爲吾國、次有、次有邪馬國、次有躬臣國、次有巴利國、次有支惟國、次有、次有奴國。此女王境界所盡。其南有狗奴國男子爲王。其官有狗古智卑狗不屬女王。自郡至女王國萬二千餘里。男子無大小皆黥面文身。自古以來其使詣中國皆自稱大夫

 上記、「奴國」と邪馬壹国迄の道程に見える奴国が、同国か、その飛び地か、別国なのか、陳寿は何も示唆しないが、「東夷伝韓条」馬韓や辰韓と弁韓にも同国名の重複があり、魏志一行が向かわなかった「奴国」を邪馬壹国への道程でも記述し、再度、傍国の最後に記載する事には、何らかの意図があり、陳寿の筆法として間違いない。
 況んや狗奴国か、女王国東渡海千餘里の倭人を含めないと、30国にはならず、狗奴国を含む倭地、女王国への道程の国々や、余の傍国を含まない邪馬壹国、女王国領域で倭地を含まない倭人系海民の領海(瀚海)として書き分ける。

 傍国は斯馬国を起点に東へ拡がり、不呼国を境に西南へ向かう。要所の奴国で交差、西北方面と西南方面に分かれる。(12)華奴蘇奴国から西側へ奴国の中枢(佐賀県武雄市内)を経て(20)烏奴国、そこから佐賀県伊万里市方面へ北上すると、(19)支惟国に至る。一方、そのまま西南方面に向かえば、投馬国連合の領域に至る(前項の配置図参照)。

 委奴国が邪馬壹国伊都国連合へ交替した理由を、殷王朝の最後王紂の叔父胥余(しょよ)が建国した箕子朝鮮が、周の武王が召公奭を封じたと云う燕の国人衛満に滅ぼされたため、逃れて渡来した人々を委奴国の王族関係者に、漢の武帝に滅ぼされた衛氏朝鮮の王族関係者も渡来したためとする。

 例えば、現代韓国語の成立を、殷王朝系の箕子の関係者に拠る北方系漢語や衛氏関係者に拠る騎馬民族系言語と、大陸東岸を北上した沿岸航海民系や南西諸島を伝い渡来した夏后少康に近い海民の言語等の混合して、「倭人条」冒頭の「舊百餘國漢時有朝見者、今使譯所通三十國」を、文脈から解すると、旧来の委奴国連合の宗主国奴国と同系の狗奴国も使訳を通じる必要はないと思われる。詰まり、使訳を務めた大夫は、「魏」の用いた言語を解した倭人系の航海民とせざるをえない。

 朝鮮半島情勢の悪化に拠り、倭人系海民(綿津見)が航海民の住吉系と河川民の阿曇系に別れたため、倭国の争乱となる。その阿曇系木国(紀伊国)に繋がると思しき、以下の地名が何れも河川沿岸部に見える。

 福岡県大牟田市教楽来(きうらぎ→きょうらぎ)・松浦町
  同県北九州市八幡西区京良城
  同県三井郡北野町高良(こうら)
  同県久留米市高良内町
 佐賀県唐津市七山村木浦(こうら→きうら)・博多
  同県東松浦郡厳木(きうらぎ→きゅうらぎ)町
  同県伊万里市松浦町久良木(きうらぎ→くらき)
 長崎県北松浦郡世知原町木浦原免
  同県西彼杵郡大瀬戸町雪浦久良木郷
  同県天草郡松島町教良木
 大分県佐伯市宇目町木浦内
 愛媛県越智郡伯方町木浦
 新潟県西頸城郡町能生町木浦
 島根県八束郡鹿島町古浦(こうら)

 佐賀県多久市(伊都国)との境、女山峠西麓、委奴国連合宗主国の奴国中枢、同県武雄市若木町川古・御所の南側に(13)鬼国を配置し、奴国の出城(15)鬼奴国との連繋を絶ち、投馬国連合や狗奴国の動向を監視する役目として一大率の武官を派遣したのか、長崎県東彼杵郡波佐見町鬼木郷(おにぎ)=鬼城?との境、佐賀県武雄市板屋、同県藤津郡嬉野町一位原・築城が見える。

自女王國以北~=(倭人系海民の領海を含まない)女王国領内、北から道程、末盧国から不彌国迄の戸数と道里は略載できるが、余の傍国は遠く途絶えており、(道程に含まれないので訪れておらず)詳らかにできない。(女王国への道程最北、末盧国の)次に斯馬国有り~云々、次に奴国有り、これ女王の治める境界が尽きる所。その南狗奴國あり、男子を王と為す。その官、狗古智卑狗あり、女王国には属さない。郡より女王國に至る萬二千餘里。その男子、大小となく、皆黥面文身す。古より以來、その使いが中国に詣でると、皆、大夫を自称す。

30国=「倭人条」の冒頭、旧百餘國、漢時、朝見者有り、今、使訳を通じて朝見する国が三十国とすれば、狗邪韓国・対海国・一大国・末盧国・伊都国・奴国・不彌国・投馬国・邪馬壹国に傍国最後の奴国を含めた21ヶ国を足すと、30ヶ国だが、同国とすれば、狗奴国を含めなければ、29となり、足りない。また、旧百余国から邪馬壹国伊都国連合の三十国を除く70余国の全てが狗奴国の構成国として分裂したのかは判らない。

西北方面と南西方面=傍国は奴国起点に東西方向にアラビア数字「8」を横向きか、無限大(∞)の形状に列んでおり、自女王國以北其戸數道里可得略載~=女王国より、以て北側、その戸数、道里を略載できる~として、初め、倭人の領域を帶方郡の東南方面とした後、半島沿岸部を南下し、東行して到着した狗邪韓国で、その北岸として、邪馬壹国と伊都国連合国の領域を南側に限定した理由の一つで、中でも南側への道里上に位置する国々は、戸数や道里等を略載できるが、その東西に拡がる余の傍国には訪問していないので、それを省くと云うニュアンスになる。

胥余=殷の貴族「箕子」。伝説では、叔父胥余(しょよ)は、甥とされる殷王朝の紂王の暴虐を諫めたが用いられず、殷が滅ぶと朝鮮に入り、箕子朝鮮の王として人民教化に尽くし、技術や思想・言語等も伝え、文化的な整備したと云われる。

文脈=旧百余国中、漢王朝時、(使訳を用いず)朝見する者(大夫)があった。今、使訳を用いて朝貢する三十国となる。詰まり、年を歴た争乱後、男王を頂く、旧来の委奴国(海民の投馬国連合を含む)連合から選ばれた女王卑弥呼を共立して収めたのか、政を助ける男弟との間には、卑彌呼の食事を供したり、伝辞を務める男子が居り、詔を伝える役目を務めたとすれば、用いる言語が変わったと推測される。そうした変化を嫌い、狗奴国は独立した。

言語=当時、中国全土で、全く同じ言語が用いられていたとは考えられず、南中国や東南アジアに住んだ海民を外洋航海や沿岸航海に拠る旅客や、物資を諸外国に運び交易するのが生業とすれば、諸国の言語を解するバイリンガルであった可能性は高い。
 昔夏后少康之子封於會稽、斷髮文身以避蛟龍之害、今倭人亦文身、以厭水害也。とあり、浙江省の会稽山付近に封ぜられたと伝承される。おそらく、夏后少康=夏王朝の王子の関係者で呉人に近い海民や、不老不死の妙薬を求めて渡来した徐福等、中国大陸東南岸の言語を齎したと考えられる。

御所=委奴国連合の王が坐したのか。為吾(はぎ/をぎ)国の比定地とした長崎県佐世保市萩坂町と早岐の瀬戸を挟んだ西側、同市針尾島の江上町も御所・名倉があり、投馬国の官彌彌、或いは、副官彌彌那利が坐したとも考えられる。福岡県京都郡勝山町(みやこ町)御所ヶ谷・高屋、同県福岡市中央区御所ケ谷、熊本県上益城郡矢部町御所・市原・一の瀬・大野、同県天草郡(天草市)御所浦町。

嬉野町一位原=佐賀県伊万里市と同県鹿島市(丹生神社)への分岐点にあり、伊万里焼の一種、嬉野焼の窯元がある。当時、塩田川を利用した。尚、丹生神社の見える紀伊半島の三重県一志郡嬉野町一志(いちし)、同郡一志町、同県伊勢市一志町、同県伊都郡カツラギ町御所(ごせ)・教良寺(きょうらじ)・萩原、同郡高野口町大野・九重・名倉(なぐら)、同郡高野町筒賀(丹生神社)、同郡花園村(有田川)がある。*教良寺→木浦路
 突出した荒磯(あらいそ)とは対照的に湾曲した入江の奥にある浦磯(うらいそ)と云う関係からすると、河浦(こうら)→木浦(きうら)の転音で、湾曲した河川内側の泥濘地が治水等で水が抜けた浦州野(うらすの→うれしの)、教楽来(きょうらぎ→きうらぎ)は、泥濘地の水を抜くために通した人口の河川か。 


   
  1. 2017/07/23(日) 17:20:00|
  2. 7.傍国考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0