見まごう邪馬台国

◇一大(イェタ)国=伊都国から派遣された一大(イェタ)率の役所の国

 長崎県壱岐市(旧壱岐郡)郷ノ浦町八幡港東側、石田いしだ→イチタ→イッタ)町湯岳(ゆたけ→いた)・射手吉触(いてよしふれ)付近に一大率の本役所を比定した。その東側一帯の同市芦辺町深江栄触・鶴亀触や同市石田町筒城(つつき)触付近には原の辻遺跡、北側の同市勝本町立石東触付近には香良加美遺跡等、同期の遺跡は多い。
 九州管内には「板~」等の地名が見え、一大(イェタ)率から派遣された官吏(武官)の役所や見張台等の関連施設が在ったのかも知れない。

  福岡県朝倉市(甘木市)板屋
  福岡県福岡市西区板屋・飯盛(飯盛神社)・壱岐・金武
  福岡県福岡市博多区板付・金の隈(かねのくま)
  福岡県前原市板持・油比(ゆび)・志登支石墓群 *佐賀県鳥栖市柚比町
  福岡県県北九州市小倉北区板櫃・到津(いとうづ)・金田(かなだ)
  佐賀県伊万里市波多津町板木・木場・馬蛤(まて)潟(飯盛山)
  佐賀県多久市西多久町板屋
  佐賀県神埼郡千代田町下板
  長崎県北松浦郡吉井町板樋免・木場免・福井免、同郡福島町里免
  長崎県松浦市板橋免・
  長崎県西彼杵郡大瀬戸町瀬戸板浦郷・瀬戸福島郷
  長崎県下県郡(現対馬市)豊玉町板塩屋・仁位・飯盛・上県郡(同市)峰町飯盛
  大分県宇佐郡安心院町板場
  大分県臼杵市板知屋
  大分県大野郡朝地町板井
  大分県別府市南立石町板地
  熊本県球磨郡五木村板木
  熊本県熊本市板屋
  熊本県玉名郡三加和町(現和水町)板楠
  宮崎県児湯郡米良村板谷
  宮崎県日南市板敷

 博多湾沿岸部福岡県福岡市西区生(いき)松原には壱岐神社(壱岐真根子)が在り、佐賀県武雄市若木町の伏尺(ふしゃく)神社には、壱岐真根子と、その娘婿武内宿禰の姿形が似ていたと伝承される。その経緯は、5世紀初頭、履中期の創建と伝承される玄界灘に突き出る福岡県宗像市鐘崎の式内名神大社織幡神社(壱岐真根子・武内宿禰・綿津見三神)に詳しいと在る。
 社名は武内宿禰が旗を織ったと云う故事に拠るとする。また、同県宗像郡(現福津市)津屋崎町宮司(宮地嶽神社)・奴山(ぬやま)南側には対馬見山がある。その社が鎮座する宮地嶽中腹奥宮八神社の一つ不動神社奥に全国でも最大級の横穴式石室古墳が在る。
 上記、福岡県福津市津屋崎町東南側、同市小竹(をたけ)・津丸(神武神社)・飯森山、同県糟屋郡久山町山田と同県福岡市東区大字香椎の境に在る城ノ越山と三日月山麓の三日月温泉、不彌国の比定地とした佐賀県小城郡三日月町石木・金田(かなだ)・同郡大和町佐保・福島、長崎県北松浦郡福島町里免にも山名「城の越」が在る。
 また、壱岐市郷ノ浦町渡良浦(わたらうら)、北側の同市芦辺町住吉触に住吉神社、その東北側、谷江川沿岸箱崎諸津触には男岳神社(猿田彦大神)、箱崎触根抵山、古い社家吉野(壱岐)氏が祀る八幡神社旧号海裏(わたうら)宮の古文書には箱崎八幡宮月読宮(式内月読神社)とあり、福岡県福岡市東区箱崎の筥崎宮(應神天皇 配祀神功皇后、玉依姫命)と同香椎の香椎宮(仲哀天皇・神功皇后)からも海民の夫婦が離縁、「記紀」豊玉姫と玉依姫(乳母→妻)と葺不合尊(継子→夫)に分裂したと考える。
 こうした繋がりと、福岡県古賀市小竹(だけ)の須賀神社素戔嗚尊・櫛稲田姫命・大己貴命・少名彦名命(久斯之神)・五十猛神・事代主命と鳥取県西伯郡名和町大字小竹(だけ)と云う訓みの違いが、東千余里に邪馬壹国に服属しない倭種の国が在ると云う記述と関連し、須賀神社祭神の夫婦(めと)素戔嗚尊と櫛稲田姫命、武郷神社祭神の親子(おや)「經津主命と武甕槌命」と云う違いかも知れない。

壱岐郡郷ノ浦町=嶽山神社摂社に矢保佐神社が鎮座。折口信夫は『漂着石神論計画』で、「やぼさ」について以下の如く述べる。
 陰陽道では職神・式神(シキジン)の事を「みさき(御先)」とも称した。壱州に来た陰陽師徒は「御先」を傭うのに簡単な方便は「やぼさ」と云う島に多く 居る精霊を呪力で駆使する事。昔は、壱岐に矢保佐・矢乎佐等の社が大変な数になる程あった。「やぼさ」は元古墓で、祖霊の居る処と考えていたが、陰陽師の 役霊に利用される様になったり、その始源が段々、忘却せられて来たのだろう。とする。
 私見では、弥帆(やほ)=大船の舳先に張る小さな帆。「魏志倭人伝」航海の安全を祈願し、潔斎した持衰(じさい)と云う者を船の舳先(御先)に置いたとあり、矢保佐(やぼさ=弥帆佐)も同様の役目を担ったと考える。

イシダ→イチタ→イッタ=壱岐市芦辺町箱崎触の芳野家所蔵「神国愚童随筆」壱岐の神人=命婦(イチ)は女官長で大宮司・権大宮司の妻 か、娘がなり、斎(いつき→いっち)は陰陽師の妻が巫女になる。斎女(いつきめ→いっちめ)は、やぼさ社に常に参ると云う。*壱[・iet][・iĕt] [iəi]

原の辻遺跡=一大国の通説的比定地。弥生時代の環濠集落跡「カラカミ遺跡」(壱岐市勝本町立石東触)で鉄生産用の地上炉跡が見つかっ た。弥生時代の地上炉跡は、国内で初めての発見。弥生時代には明確に確認されていない精錬炉の可能性があると指摘、市教委に拠ると、炉跡は弥生時代後期 (AD1~3世紀頃)のもので、少なくとも6基が見つかった。床面に直径約80㌢の範囲で焼けた土が広がっており、床面に直接炉を作る地上式と確認した。 国内で確認されている炉は地下式で、カラカミ遺跡の炉は韓国の遺跡に見られる精錬炉跡に似ている。周辺からは鉄製品の加工時に発生する鉄片は見つかってい ないため鉄自体を精錬していた可能性があるという。
 尚、通説的には日本で鉄の精錬が始まったのは、6世紀後半頃とされる。

箱崎触=福岡県福岡市東区箱崎の場合、河川が運ぶ土砂が吐き出された堆積地に付けられた地名で、丘陵の岬(みさき)等とは違う。
 同地に鎮座する延喜式内社八幡大菩薩筥崎宮(祭神應神天皇一座、配祀神功皇后・玉依姫命)。創建、延喜21(921)年、八幡大菩薩の託宣により、延長元(923)年に筑前穂波郡、福岡県嘉穂郡筑穂町(現飯塚市) 大分(だいぶ)の大分宮より移転した。神亀3(726)年神功皇后が応神天皇と共に、屡々留まった所の大分宮は宇佐八幡宮の託宣によって創られたと云われ る。尚、延久3(1071)年の御神宝の列記では、三の倍数になり、平安後期には三座とされていた。建久7(1196)年、筥崎第二御正体で二座と見え る。おそらく、平家系の御神体が外されたと考えられる。
 遷座した理由は博多大津の役割が軍事よりも貿易に重点が移ってきたからと云われる。その西北側の福岡県鞍手郡若宮町、現宮若市宮永付近には宇佐八幡宮があり、平安期、この付近で宗像大系と八幡神系が対立した。

板~=他にも「糸~」「乙~」等の地名を地図ソフトで検索すると、不思議な事に、その最前線と思しき島原半島や、狗奴国とは同族とした「奴国」比定地の一部、佐賀県藤津郡付近に多い。おそらく、狗奴国の領域は、島原半島と天草諸島、鹿児島県を含む一帯と考えられる。
 尚、人々の移動を示唆するものか、島原半島北部に多い「~甲」「~乙」「~丙」と云う順列的な地名が侏儒國の比定地とした宮崎県にも多い。

娘=豊子とあり、「魏志東夷伝倭人条」卑弥呼を継いだ宗女壹與(イェヨ→イヨ)、或いは、臺與(タィヨ→トヨ)とも在り、混乱しているとする研究者も居るが、おそらく、この臺與(とよ)に関連して武内宿禰(塩土老翁)の娘豊子(とよし→とよこ)にされたと考える。
 一方、女王卑彌呼の死後、狗奴国(卑彌弓呼)に敗れた伊都国系の臺與(豊玉姫)は大分県中津市大貞の元宇佐の薦神社/大貞八幡宮(祭神應神天皇、氣長帶姫命、田心姫命、湍津姫命、市杵嶋姫命)・合馬や同県宇佐市宇佐(八幡宮)・葛原(字鬼塚の葛原古墳)・曽根神社(赤尾)・鶴田新田・馬城・和気、更には、大和方面へ逃れる。その後、熊本県八代市や天草諸島・島原半島付近にあったと思しき狗奴国も壹與(玉依姫)を伴い愛媛県八幡浜市中津川・広瀬八代(祇園八尺神社)の伊豫方面へ東遷、再度、大和の豊玉姫系(女帝の推古天皇系)を併合したと考える。

織幡神社=福岡県宗像市吉田の織幡宮は分社で、海民を広幡(鰭)→一尋の諸手(真手=櫂?)と狭幡(鰭)→片手(艪?)、おそらく、外洋航海民と沿岸航海民に分ける事を折鰭→織幡と呼んだと考える。また、端(波多)も手前から見た彼方・一方(片手)となる。
 尚、福岡県北九州市八幡西区陣原に鎮座する旗頭(はたがしら)神社の祭神も武内宿禰と在り、ヤマタノヲロチの頭(手前=舳)と尻尾(後=艫)、身体の三つに分ける事とも関連するのかも知れない。
 佐賀県伊万里市黒川町真手野・同市波多津町馬蛤潟(まてがた)、同県武雄市武内町真手野・馬渡・亀の甲・多々良、三重県多気郡宮川村真手等がある。

宮司(宮地嶽神社)=大分県杵築市宮司・大平・熊野・筒木・奈多・美濃山・八坂・山田、長崎県佐世保市宮地町・八幡町、熊本県八代市宮地町・大村町・長田町・八幡町、滋賀県長浜市宮司・八幡中山町・石田町・一ノ宮町(豊国神社)。
 尚、九州管内に「宮地岳」と云う山名と、同神社は以下の如く在る。

  福岡県前原市神在・作出(宮地嶽神社)
  福岡県筑紫野市山家(宮地岳)
  福岡県八女市川犬と溝口(宮地嶽神社)
   同市竜ヶ原と同県筑後市羽犬塚との境(宮地嶽神社)
  佐賀県唐津市宇木(宮地嶽神社/飯森山)
  長崎県北松浦郡(現松浦市)鷹島町阿翁面(宮地岳)
  長崎県松浦市今福町滑栄免(宮地嶽神社)*城山麓
  大分県東国東郡(国東市)国東町岩屋(宮地嶽神社)

福岡県古賀市=谷山北地区遺跡群=6世紀初頭~7世紀初頭の船原古墳の隣接穴から同時期の金銅製馬具一式が見つかった。近くの宮地嶽 古墳や藤ノ木古墳(奈良県)、埼玉県行田市、和歌山県和歌山市の4例しかない。騎馬民族に必要とされた馬具とあるが、金銅製なので実用品ではないと思う。 宗像氏との関連が取り沙汰される様に、古墳の壁画で船に乗る馬が描かれる事から海民と馬の繋がりは、先述したとおり。
 尚、「海幸山幸神話」で、御子(葺不合)を山幸彦の下に置いて戻った豊玉姫は、玉依姫を乳母として送ったとされ、長じた御子は、その姨を娶ったとされる事からも分かる様に、山幸彦の後添(義母)、義理の親子関係から夫婦の関係に移行する。

五十猛神=「紀」素戔嗚尊の御子「いしぅたける→いすたける→いったける→いたけぬ→いたけづ」は、一大率の長官(武官)かも知れない。







関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/06/24(金) 09:57:54|
  2. 6.国々の比定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇末盧(マツラ)国=海民(陸鰐)の領域南岸の国 | ホーム | ◇對海(タマ)国=海神(豊玉姫・玉依姫→媽祖)を祀る神祇官の国>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/111-705c3495
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)