見まごう邪馬台国

◇末盧(マツラ)国=海民(陸鰐)の領域南岸の国

 末盧(マツラ)国を水田跡が発掘された唐津湾山手の佐賀県唐津市の菜畑遺跡と松浦川を挟んだ東側の同市中原・柏崎(八坂神社)・鏡・鏡山(領巾振山)・宇木(宮地嶽神社/飯森山)・半田(はだ)・八幡町・矢作(やはぎ)付近一帯に比定する。
 河川水行と漁労を生業とする蛋民系海人の国とすれば、家船(浮家)で屯する沿岸部で平底船に乗り換え、松浦川の河岸より従者に曳かせて遡航した。菜畑遺跡や松浦川を渡った東側、鏡山頂に鏡山神社、西北麓に鏡神社、その東側の同県東松浦郡浜玉町飯塚・大野・横田(横田下古墳)・柳瀬、その東北側、福岡県志摩郡二丈町付近一帯には別の国があったと考える。

 玉島川沿岸部には玉島神社(神功皇后)が在り、「仲哀紀」天皇は陣中に崩ぜられた。皇后は熊襲叛服常なきは新羅(しらぎ)後援に拠るものとし、自ら男性の髪型に変え、舟師を率い新羅(しらぎ)に向われた。その途、この岡に天神地祇を祭り、必勝祈願の御魂代、御鏡を鎮め崇め給い祈願したと云う。
 他にも熊本県人吉市鹿目町赤仁田(鏡山木浦山)・鶴田町・大村横穴群(青井町)、同県葦北郡芦北町国見(鏡山・天照皇大神宮)が在る。

 また、「記紀」皇后は新羅討伐成否に対して誓約、飯粒(いいぼ)を餌として鮎(あゆ)が釣れて希(めづ)らしいと土地の人、女豆羅(めづら)国と呼んだとあり、その佐賀県唐津市浜玉町を流れる玉島川を遡上すると、同県東松浦郡七山村鮎帰(あゆき)・木浦、その東側には福岡県糸島郡二丈町佐波・立花峠・吉井・福井が在る。
 「記紀」建内宿禰は禊ぎせむと、応神天皇を角賀(福井県)へ連れて行き、御子去来紗別尊と笥飯大神(誉田別神?)の名を易えたと在り、「記」伊奢沙和気(イザサワケ)大神に順い同訓にするが、「去(イ)ぬ・来(キ)ぬ→イキサ」とすれば、下記の如き地名が在る。

   佐賀県東松浦郡相知町伊岐佐(いきさ)・大野・鶴田 *松浦川上流
   福岡県飯塚伊岐須 (いぎす)・甘木・横田 *遠賀川上流

 魏使一行は、松浦川河口奥で外洋船から平底船に乗り換え、松浦川支流の半田(はだ)川や宇木川を遡上、柏崎遺跡や宇木汲田遺跡付近で、一泊、休息日を挟み、翌々日、同川を下り、松浦川を遡って唐津市(旧東松浦郡)相知町牟田部付近から支流伊岐佐川を遡上、伊岐佐(中原遺跡)で一泊、翌日か、翌々日、伊岐佐川を下り、同町山崎付近で、松浦川から支流の厳木川を遡上、同市(旧東松浦郡)厳木町浦川内(河内遺跡)・広瀬付近で、一泊、翌日か、翌々日、従者が大使や副使を輿に乗せ、下賜品を背負い徒歩で笹原峠を越えて伊都国中枢部へ向かう。
 投馬国への乗り換えは、同県伊万里市中里・金武(金武神社・弁財天)・同市立花町(伊萬里神社)・同市黒川町真手野(まての)・同市花房(大野岳)・同市波多津町畑津・馬蛤潟(まてがた)・飯盛山付近とする。
 伊万里湾を挟み対岸の長崎県松浦市御厨、同県伊万里市東山代町讃岐・浦川内一帯の河岸、同市松浦町久良木(くらき→きうらき)、同市山代町西分(黒髪神社)、同県西松浦郡西有田町広瀬村(山田神社)・有田町大野、松浦半島北部同県東松浦郡鎮西町加唐島対馬瀬(つしませ)・馬渡(まだら→まつら)島、同郡肥前町馬渡(まわたり)、福岡県糟屋郡新宮町立花口、同県八女郡立花町白木、同県大牟田市橘(たちばな)・甘木・松浦町・馬渡(まわたり)町・有明町、長崎県佐世保市黒髪町・松浦町・大野町・但馬越・飯盛山、熊本県玉名郡(玉名市)天水町立花、島根県益田市有田町・有明町・波田町・飯盛山・横田町・比礼振山、福井県大野市有明町・花房が在る。

マツラ=末[muat][muat(mbuat)][mo]・盧[hlag(hlo)][lo][lu]=ムァッゥラッ(ムァチゥラッ)→マツラ

別の国=玉島川を遡上した佐賀県東松浦郡七山村鮎帰・滝川・白木・中原・馬川・博多・木浦・松坂付近も含まれるかも知れない。また、玉島川支流の仁部川上流には浜玉町の飛び地「鳥巣(とす)・宇土」がある。

玉島神社=玉島神社祭神は神功皇后で、往古、聖母(せいもん)神社と称した。佐賀県武雄市橘(たちばな)町の「おつぼ山神籠石・潮見古墳」等の古代遺跡が多い。中でも、6世紀初めの玉島古 墳は壱岐直真根子の娘、豊子の婿武内宿禰の伝承に関連するのか、佐賀県下最大の円墳、武雄市と嬉野市塩田町を結ぶ道路側にあり、丸い丘状の典型的な古墳。 竪穴式から横穴式に移行する過渡期の竪穴系横口式石室で、西南方向に開口する。尚、他にも岡山県倉敷市玉島・百々・福島、大阪府茨木市玉島(摂津市に隣 接)と云う地名が在る。
 玉島駅(別名・大村駅)があったらしく、川を挟んだ北側、同町五反田に大村神社(無怨寺)がある。祭神の藤原広嗣は朝廷に反旗を翻すも佐賀県東松浦郡玄海町値賀川内・中通・轟木・石田付近か、値賀島で捕えられて斬首された。
 長崎県大村市玖島の「大村神社」には、藤原広嗣の名は見えないが、藩主大村氏祖藤原鎌足や、叛乱を興す藤原純友を祀る。北陸、或いは、伊勢松坂か、佐賀県神埼町の櫛田宮(素戔嗚命・櫛田姫命・日本武命)から勧請された博多の櫛田神社と縁深い北家藤原純友は四国西岸の海賊と云われるので、式家藤原広嗣も唐津湾や大村湾岸の海民との繋がりを否定できない。

御鏡=「豊前国風土記逸文」田河郡、鏡山。昔、気長足姫尊(神功)が、この山に入らせ られて、遥かに国状を御覧になり、天神も地祇も新羅征伐のために幸福を与え給えと御鏡を以て、ここに安置した。鏡は化して石となり、今も山中にある。名付 けて鏡山と在る。神功皇后と仲哀天皇・応神天皇を併祀、御鎭座より1700余年の御宮居とある。鏡山頂に、鏡山大神社(陵墓参考地の河内王墓)と称す。ま た、佐賀県唐津市の鏡山頂に鏡山神社、山麓に鏡神社と由緒も似ており関連がある。また、同北九州市若松区東二島(旧道岸)山手の日吉神社(大国主神・大山 咋神)裏手には熊襲・新羅討伐のおり、皇后が御顔を写したとされる御影泉(遺跡)が在り、卑弥呼と神功皇后は銅鏡との関係で繋がる。

女豆羅(めづら)国=馬頭(めず)は地獄にいる馬頭人身獄卒馬頭羅刹(らせつ)、牛頭馬頭(ごずめず)、牛頭羅刹とあり、京都八坂神社に祀られる牛頭天王と馬頭観音との関連から神仏混淆の本地垂迹説と逆本地垂迹説の二系とした。

鮎帰(あゆき)→鮎市(あゆち)→愛知(あいち→えち)。例えば、帰[kıuәr] [kıuәi][kıuәi]は、万葉仮名乙「キ」に使われる音に近いが、甲「き」に使われる漢字が、現代北京音では日本語「チ」([jì]伎 [gieg][giĕ][ki]、[qí]岐[gieg][giĕ][k`i])に近い音なので、後代、甲乙の縛りがなくなり、同音にされた後、上記の如 く転音したとも考えられる。*熊本県球磨郡坂本村鮎帰

福井=長崎県北松浦郡吉井町福井免・長野免、福岡県朝倉郡東峰村(旧宝珠山村)福井・大行司、島根県安来市福井(伯太川)、広島県御調郡御調町福井、岡山県津山市楢・金屋・田熊・福井がある。

海髪(いぎす→おぎす→おご)=紅藻類オゴノリ科の海藻の総称。暗紅色で細い紐状。数 多の枝があり乱れた髪形をなす。汽水域の砂泥に覆われやすい内湾の磯や木杭等に付着する。別名、ウゴ・ナゴヤ・江籬(えご)。例えば、「記紀」神功皇后が 熊曽討伐のため髪を解き海に入り禊ぎをすると男性の髪型になったと云う説話から、高知方言「いごっそう(気骨のある)」にも関連が在るか。また、名前を易 えた伊沙別命(去来紗別尊)と福岡県遠賀郡水巻町伊佐座(いさざ)、滋賀県近江八幡市生須(いけす)、茨城県鹿島郡(現神栖市)神栖町息栖(いきす)等、何れも水辺に在り、治水後に付けられた地名だが、地形的には同源(砂州=イサゴス・オィゴス)と考える。また、海髪(おご)→(おご・る)とも繋がる。

二里町=橋本遺跡(二里町大里乙大緑)・西尾遺跡(二里町大里乙西尾)・杢路寺(むくろじ)古墳(二里町)・午戻遺跡石棺墓(大坪町六仙寺)・土井頭(でいがしら)遺跡(黒川町)・小物成(こもなり)遺跡(大坪町)・夏崎古墳・銭亀古墳(東山代町)・小島古墳(山代町)。

立花(たちばな)=投馬(タギマの→タジマの→タチバの)国の比定地大村湾奥の大村市や長崎市付近一帯とした。その南側の島原半島基部西側の千々湾は、橘(たちまの→たちばな)湾とも呼ばれる。

伊万里神社(比古布都押之信命・田道間守命)=旧くは香橘(こうきつ)神社と呼ばれ た。また、武内宿禰の母木国造宇豆比古の妹山下影比賣が祭神ともある。その武内宿禰を祀る神社に佐賀県武雄市武雄町の武雄神社、和歌山県和歌山市安原の武 内神社、付近に武内宿彌の誕生井が在り、この当たりで生まれたとされる。紀氏の傍系であったが、本流が途絶えた事もあって本家になった。数代の天皇に二百 年以上仕えたとされるが、子々孫々同名を名告るのは、商家、役者・職人等にもある。「紀」武内宿彌祖波多氏(佐賀県東松浦郡伊万里市波多津町)、巨勢氏 (同県佐賀市巨勢町)、蘇我氏(奈良県橿原市曽我)、平群氏(奈良県生駒郡平群町)、葛城氏(奈良県北葛城郡當麻)、紀氏は肥前国基肄(きい)郡と和歌山 県の「紀伊」に繋がる。*和歌山県有田郡吉備(キビ→キヒ→キゥイ→キイ)町長田

黒髪神社=長崎県佐世保市黒髪町2817番地(肥前国彼杵郡)にも同名の神社(伊邪奈 美命・事解命・御年神・大年神)。尚、大長谷若建命(雄略)の御子白髪大倭根子命(清寧)は皇嗣が無く、男浅津間若子命(允恭)の御子穴穂命(安康)に謀 殺された市邊忍歯別王の妹忍海郎女(巫女飯豊王)が葛城忍海、高木角刺(つぬさし)宮に坐しましき。後、一度、途切れた伊邪本和気(履中)系統市邊忍歯別 王の二人の御子を見つけ、異系の皇統を繋ぐために皇嗣の無い白髪老人とする。尚、兄弟二人にされた理由は二つの皇統(牛頭天王系と馬頭観音系)を万世一系 にするための方便と考える。
 天皇家以外の大臣の系譜が詳細に記されているのは珍しく権力中枢に於ける紀氏の大きな力を証明するものと云う説等、様々に云われるが、武内宿彌と天皇家 は別系の国だったと考える。武内宿彌祖の各氏族に関連し、福岡県甘木市周辺部の地名が大和にも分布、集団での氏族移動のあったと云われる。また、天之御中 主神の御子天八降尊後裔の橘(たちばな→たちまの)氏は田道間守(タチマモリ)命に繋がるのかも知れない。

対馬瀬(つしませ/たぃませ→とませ→とばせ)=熊本県宇土郡(宇城市)三角町戸馳(とばせ)島波多・御船山田、同郡不知火町高良。熊本県 下益城郡松橋町御船、同県上益城郡御船町御船、長崎県佐世保市御船町。福岡県久留米市高良内町、同県三井郡北野町高良

花房=神功皇后伝説が多く残る福岡県北九州市八幡西区皇后崎・碇地(いかじ)や、同市若松区二島に在る花房山南麓、日吉神社裏手には、現在、水は涸れているが、史跡「御影の泉」があり、神功皇后が熊襲か、新羅討伐のおり、顔を映したと伝承される。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/07/02(土) 22:38:07|
  2. 6.国々の比定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇遺跡との照合 | ホーム | ◇一大(イェタ)国=伊都国から派遣された一大(イェタ)率の役所の国>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/112-bfa115d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)