見まごう邪馬台国

◇唐津市付近の遺跡

 「倭人伝」一大国から寄港地、南の「末盧国」を列島の地形的な状況や伊都国への方向性から佐賀県唐津市付近とすれば、市街地の山手、桜馬場遺跡や菜畑(なばたけ)遺跡とも考えられるが、満潮時に唐津湾から大型外洋船が入れる松浦川河口奥で下船した方が合理的だろう。
 そこで平底船に乗り換えて宇木川か半田(はだ)川を遡上した同市柏崎(八坂神社)の柏崎遺跡や松浦川東岸の同市久里双水古墳遺跡の東側、先の両河川に挟まれた鏡山南麓の丘陵地、宇木汲田遺跡(飯森山・宮地嶽神社)を伊都国方面への始発地(末盧国の中枢)とした。
 柏崎石崎遺跡から3例しか出土してない「触角式有柄銅剣」、柏崎田島遺跡からは「連孤日光銘鏡」という前漢中期の鏡が出土、日本と中国の関係を示す遺物として注目された。
 その北側、コニーデ状の鏡山(領巾振山)は七方向から同形状に見えるので、別名七面山とある。その美しさからか、崇拝の対象として鏡を奉納した神功皇后、夫との別れを惜しんで領巾を振った作用姫の伝承が残る。玄界灘や松浦川を一望できるので、略間違いなく出入する船の見張台等が、中腹か、山頂に在っただろうが、未だ、そうした資料は見あたらない。

 帶方郡衙から末盧国へ、約40日(実質二週間)程の船旅で到着した郡使や魏使は、翌日を休息日とし、翌々日、佐賀県唐津市柏崎付近から松浦川支流の宇木川か、半田川を下り、夕日山を迂回して松浦川沿いを遡上し、佐賀県唐津市(旧東松浦郡)相知町牟田部付近で支流伊岐佐(いきさ)川に入り、同町伊岐佐(三光神社)付近の中原遺跡(弥生後期)へ向かった。ここ迄、大凡14㎞の里程、一泊する。尚、不彌国以降の道筋、佐賀県三養基郡中原町(現みやき町)香田(香田遺跡)・同郡北茂安町部(物部神社)が在る。
 翌日か、休息日を挟み、翌々日、伊岐佐(いきさ)川を下り、佐賀県東松浦郡(現唐津市)相知町山崎付近で松浦川支流厳木川を遡上、相知の熊野神社を経て、同郡厳木(きうらぎ→いつき)町浦川内一帯で、大凡、14㎞になる。尚、その付近には以下の遺跡が在る。

  山神遺跡(浦川内字山神)=縄文
  有ノ木遺跡(浦川内字有ノ木)=縄文
  松尾遺跡(浦川内字松尾)=縄文
  詰原遺跡(浦川内字松尾・柏葉)=縄文
  柳遺跡(浦川内字柳)=縄文
  河内遺跡(浦川内字河内)=縄文・弥生

 上記、浦川内付近で一泊、翌日か、休息日を挟み、翌々日、同県多久市牧瀬付近で厳木川から外れ、笹原峠を徒歩で越えると、伊都国中枢部の同市北多久町莇原(あざみばる)・多久原(宮地嶽神社)に到る。ここ迄、約10㎞。
 多久市では、2万年前から産出するサヌカイト(讃岐石)を用いて狩猟を行い、約一万 二千年前には尖頭器という槍先形の石器を三年山遺跡や茶園原遺跡周辺で製作、最大規模の遺跡が在る。縄文時代、市内各地の台地に定住、狩猟・漁撈・採集生 活を続けた。弥生時代、稲作が普及、多久町南多久町の牟田辺遺跡等に集落を形成し、安定した生活を営んだ。

 尚、そのまま松浦川を遡上すると、享保4(1719)年、波多壱岐守が勧請した熊野神社(相知町相知)が鎮座する松浦川と厳木川に挟まれた小山と八幡岳を迂回して南下すると、奴国中枢部、同県武雄市に至る。その小山から松浦川方面が一望できるので、一大率の山城や砦で出入りを見張り、管理された。もう一つ、多久市内の山犬原川沿岸に海童神社、その南西側の小山には同市西多久町板屋(いたや)と在り、同県唐津市厳木町笹原峠付近から女山と八幡岳尾根道からを通り、女山峠を経て同県武雄市御所(伏尺神社)へ向かう道もあったが、これも一大率の見張台や関所があって検察されたと考える。

遡上=「魏志倭人伝」での陸行を平底船に下賜品と大使等を載せ、河川沿岸から従者に曳 かせて遡上する事とすれば、有明海沿岸部を平底船で向かう事も可能だろうが、もしそうであれば、奴国の外港と思しき、佐賀県小城郡(現小城市)牛津町前満 江付近から船出したらよいので、東行する必要はない。縦しんば、東南の奴国へ向かった後、不彌国へ東行したのであれば、「伊都国」とされた論理的な説明ができない。

柏崎遺跡=特異な出土物から「魏志倭人伝」に記されている末廬国中枢に比定され、有柄銅剣は有力部族長の権力を象徴するもの。故佐原真氏は銅剣の貴重さからみて墳丘墓は王族の墓であることは間違いないとするが、官や副官の名称が見えない事に対する倫理的な説明はない。

七面(しちめん)山=長崎県島原市南千本木町・亀の甲・八幡町、普賢岳の裾野に七面山と眉山、北側の南高来郡有明町甘木、南高来郡深江町と有家町境に鮎帰滝。他にも奈良県吉野郡十津川村、山梨県南巨摩郡早川町と同郡身延町の境にあり、この二つは仏教の聖地に近い。
 また、佐賀県武雄市と同県伊万里市の境、眉山と八幡岳・板屋、徳島県徳島市佐古山町・ 鮎喰(あくい)町・住吉の眉山等、こうした地名や山名の共通性を無視できない。おそらく、七方向から見るのではなく、狗奴国(くなら→くだら→くづら)の 北進に因り、仏教を奉じた奴国(なら→なだ→なな)は領域を奪われて大和方面へ東遷したと考える。
 「灘」は京都府京都市右京区梅津石灘町、兵庫県神戸市灘区灘浜)町、同県三原郡南淡町灘、鳥取県米子市灘町、同県倉吉市上灘町、島根県松江市灘町、同県 平田市灘分町、岡山県児島郡灘崎町、広島県安芸郡倉橋町灘、同県佐伯郡大野町下灘、山口県山口市名田島、同県岩国市灘町、徳島県鳴門市北灘町、同県海部郡 牟岐町灘、愛媛県八幡浜市向灘、同県伊予市灘町、同県伊予郡双海町上灘、同県北宇和郡津島町北灘、高知県幡多郡大方町灘、大分県佐伯市灘、同県宇佐市灘等 がある。
 尚、大分県下毛郡三光村(現中津市)・鮎帰と、同県下毛郡耶馬溪町の境に八方の何処から見ても同形に見えるからと云われる八面(はちめん)山、同県豊後高田市甘木・加礼川に屋山の別名「八面山」、徳島県美馬郡一宇村と、同郡穴吹町の境に八面山、北側に半田(はんだ)町がある。

伊伎佐(いきさ)神社=兵庫県豊岡市(旧城崎郡)香住町余部字宮内の「伊弉諾尊」三 座、文武天皇御代、彦坐王命を伊岐佐丘に勧請とあるが、関連地名は見あたらない。御由緒、文武の御代、慶雲四年七月、諸国に悪疫病が流行す。天皇は、諸国 に神祇を祀る事を命じられし時、美含郡大領椋椅連小楢、彦坐王命を伊岐佐の丘に勧請した事に創まる。今より約千二百八十年前の事。天平七年には伊弉諾命 を勧請し、主祭神とする。 嘉祥4年正月27日時の神祇官より、「正弐位上」が授けられ、数少ない延喜式の小社に列し、延喜22年春3月、奉幣の儀あり官社となる。又、文永7年夏、 異国(蒙古)来襲と聞き、武神男山八幡宮の御分霊、中臣氏祖天児屋根命を勧請し、異賊退治の祈祷式を行う等、由緒ある神社である。
 三光神社=福岡県浮羽郡吉井町大字福益1358の熊野神社摂社に三光神社「天照皇大神 配 月讀神、天加賀世男神」。姫山に鎮座、もと日月山神社と云う が、江戸時代中頃、姫山神社としたが、維新後宰相山神社とも号した。明治末期、境内に鎮座の三光神社を合祀して三光神社と改めた。社は反正天皇の時代に創 建された。創建以後の神職は武内宿禰後裔武田氏で八十有余代を数える。合祀された旧三光神社は、宮城県仙台市の陸奥国青麻三光宮の分霊で、信徒諸国に増加 した。姫山神社の影が薄くなったので、三光神社を合祀した。

多久市=古墳時代、南東部の低丘陵地を中心に集落を形成、小豪族が誕生した。千基を超 える古墳が造られた。奈良~平安期には別府・下多久地区を中心に条里制が敷かれ、高来(たく)の地名が誕生、駅が設置された。当時の遺跡も相次いで発見さ れた。東側の東多久町古賀には古賀山1号墳(壁画系・線刻)がある。多久地区は砥川石工領域であるため、彼らが得意とした岩狛が数多く見られるとある。 尚、彼杵半島と島原半島の繋ぎ目には長崎県北高来郡高来町里名、同県南高来郡西有家町里坊、福岡県行橋市高来(たかく)、同県前原市高来寺(こうらい じ)・油比。
 熊野大権現(佐賀県多久市北多久町小侍)=権現とは権(かり)に現われる事。中世の本地垂迹説では本地である仏が仮に神の姿となって現れて人々を導くと説く。熊野三山の神にも、夫々、仏が割り当てられ、古来、信仰されていた神は実は仏の化身であったという教義が広まった。
 八幡神社(佐賀県多久市東多久町別府)=大永8(1528)年、佐賀領主龍造寺氏が宇佐八幡宮を勧請して創建した。江戸期に至っても龍造寺系多久家代々の尊崇を受け、明治期には村社となる。

熊野神社=大正4年の相 知郷土誌には「相知村相知宿の中央高地に在り、眺望佳なり」、山手に鵜殿石仏が在り、山に囲まれた相知では山岳宗教系の信仰が盛んだった。同郡北波多村と 相知町境の岸岳城跡がある。狛犬の顔立ち等、唐津くんちで曳かれる金獅子や赤獅子に似ており、一般的に知られる獅子舞のものとも共通性がある。
 青幡(あおはた)神社(佐賀県唐津市相知町佐里)=延徳元(1489)年再建の棟札を所蔵する古社。松浦党波多氏の氏神で国常立尊等を祀る。伊万里市に在る同名の神社も松浦党の関連だが、祭神は異なる。尚、「青幡」は神功皇后の軍旗の色に由来する。
 先述した大分県三光(さんこう)村上深水の八面山上には二つの池があり、鎮座する大山祇神社の山神が日神化身(水神)としてが降り、同村下深水の雷神社(水神八代竜王を合祀)に宿る。これも豊穣神タノカンサーが水神となり、麓の祠に宿るとした事に繋がる。
 八幡大神の生母神功皇后のご神体とされる三つの巨石、和与石・石体菩薩・金色犬石が在る。八幡大神が宇佐の法蓮と和与して如意宝珠を受けた所で、神仏混淆の六郷満山へと発展する仲介的な役割を果たした霊山と云われる。尚、雷神社は雨乞いの場で、犬丸川は禊ぎの川。

海童(かいどう)神社=佐賀県杵島郡白石町深浦は海神豊玉姫命(龍神)を祀る。奴国の比定地を佐賀県小城郡牛津町付近としたが、佐賀市嘉瀬町を流れる嘉瀬川と同地名の嘉瀬川(河川は見えない)が在り、同県杵島郡や武雄市にも広がっていたと思う。
 付近の妻山神社には素戔嗚尊の御子五十猛命が韓(から→わに)国から樹木の種を持ち帰り、杵島山に播種し、その発芽を見てから紀伊(きい)の熊野に 行った。全山が緑に覆われたので木島=杵島と呼んだと伝称される。その徳を称える神社を創建、妹抓津姫(玉依姫)命を合祀して勇猛山(妹山)を神奈備にす るか。と在る。こうした伝承も海民(わに)が奴国(姉豊玉姫)と狗奴国(五十猛命と妹玉依姫)に分裂した事を示唆する。






関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/07/16(土) 10:27:12|
  2. 6.国々の比定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇伊都(ヤァタ)国 | ホーム | ◇遺跡との照合>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/114-8c552f74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)