見まごう邪馬台国

◇伊都(ヤァタ)国

 伊[・ıər][・ıi][i] 都[tag][to][tu]=ィァタ(八咫)→ヤワタ(八幡)→ヤバタ→ヤマタ(山田)は、末盧国(佐賀県唐津市柏崎付近)から松浦川を遡り、牟田部付近から伊岐佐川を遡上、同市相知町伊岐佐(中原遺跡)付近で一泊、翌日か、休息日を挟み、翌々日、同川を下り、同町山崎付近の松浦川と厳木川分岐点から厳木川を遡上、同市厳木町(いつき→きうらき)浦川内・広瀬・うつぼ木・浪瀬(鶴田神社)で、一泊、翌日か、休息日を挟み、翌々日、大使や副使を輿に乗せ、下賜品を負い従者は徒歩で笹原峠を越えた同県多久市北多久町多久原(宮地嶽神社)・大野・仁位所・松ヶ浦、多久町東ノ原(多久聖廟)一帯に比定する。尚、奴国へ通じたであろう山越道沿い同市西多久町板屋(いたや)にも一大率の役所があり、往来を検察し、出入りを規制した。
 通説の糸島半島基部福岡県前原市にも板持(いたもち)・多久(託杜神社)・雷山(神籠石)・高来寺(こうらいじ)の怡土城跡・神在(宮地岳)と、筑紫平野を挟み東側、奴国の比定地の一つ、同県福岡市博多区板付(いたづけ)・金の隈遺跡、その東側の不彌国の比定地、同県糟屋郡宇美町の東北側、博多湾を望む同郡篠栗町乙犬(いついぬ→おといぬ)が在り、これらも、その往来が検察されたのだろう。
 篠栗町金出(かなで)の飯盛山南側、夫婦山の若杉山太祖神社(糟屋郡篠栗町大字若杉字石ヒシキ1047)には、「記」国産神話で黄泉国から還った伊邪那命が祀られる。博多湾を挟んだ西側、同県福岡市西区飯盛・金武(かなたけ)・飯盛山(飯盛神社伊奘冉)が在る。
 宮地岳や宮地嶽神社は長崎県北松浦郡(現松浦市)鷹島町阿翁免「宮地岳」、同県松浦 市今福町滑栄免(なべるばえめん)「宮地岳神社」、福岡県前原市神在「宮地岳」・同市作出「宮地岳神社」、同県筑紫野市山家「宮地岳」、同県宗像郡(現福 津市)津屋崎町宮地浜・宮司(みやじ)には、宮地嶽神社(神功皇后・勝村大神・勝頼大神)の本社が在る。
 地名「宮司」は大分県杵築市宮司・大平・熊野・筒木・奈多・美濃山・八坂・山田、滋賀県長浜市宮司・八幡中山町・一ノ宮町(豊国神社)、同県坂田郡(米原市)山東町大野木・北方・小田(やないだ)・村居田には息長日広姫陵(神功系)が在る。
 「記」御食津大神(みけつ)を「紀」笥飯(けひ)大神「気比(きひ→きび)」とし、岡山県の旧国名「吉備」との関連を示唆する。また、地名「鮎帰」は佐賀県東松浦郡七山村鮎帰・馬川・木浦・白木・博多、熊本県八代郡(現八代市坂本町)坂本村鮎帰・早水・板持・久多良木(きうたらぎ→くだらき)・百済来川、大分県西国東郡(現杵築市)大田村鮎帰・白木原、岡山県岡山市鮎帰・鮎返・納所(のうそ)・乙子・金田・久米・長野・広瀬・福井・室山・八幡・半田(はんだ)・山田・大和町(飯盛山・三光山)等が在る。
 「記」名前を易えた事に対する御幣(みてぐら)の海豚(イルカ)の血が臭かったので、血浦(ちうら→きうら)と呼んだが、今は都奴賀(つぬが)と云うとする。例えば、仲哀天皇の父倭建命(日本武尊)が白鳥になり飛んでいったと伝承される事、都奴賀を大鳥の鶴賀(つぬが→つづが→つるが)とすれば、河内恵賀に葬られた仲哀天皇と福岡県田川郡香春町の鏡山大神社(河内王墓)の神主鶴賀氏と、「紀」垂仁天皇に会うために渡来したと伝承される同町採銅所の現人神社の「都怒我阿羅斯等」にも繋がり、角賀(つぬが→つづが→つるが)=鶴賀(敦賀)とされた。
 尚、角[kūk][kɔk][kiau(kiue)]・賀[ɦag][hə][ho]の上古音に拠ると、「クッファッ→カハ」で、角賀羅=香春(か・はら→かわら)ともなる。

伊[・ıər][・ıi][i]/都[tag][to][tu]=何度ものべてきた が、隋唐期以降の音でなければ、イト(イツ)とは訓めない。また、乙[・ıĕt][・iĕt][iəi]とあり、旧くは、壱(一・壹)と略同音だった事か らすれば、男弟(伊都国王)が政を佐けたと在る事に影響されたのか、「イツ→オツ→オト」にされた。

多久聖廟=孔子を祀る。伊都国の支配者層は儒教的思想で統治した周武王の弟、召公奭 (しょうこうせき)か、その子が封ぜられた「燕」の人とされる衞滿が興した衛氏朝鮮の王族に関系するとした。燕=現河北・東北南部・朝鮮北部を領し、薊 (現北京)に都し、43世で秦の始皇帝に滅ぼされた(~前222)。4世紀初め~5世紀初めにかけて鮮卑の慕容氏が建国した前燕・後燕・西燕・南燕・北燕 等の国々(五胡十六国)。河北省の別称。

仁位所=対馬の浅茅(あそう)湾岸部の長崎県下県郡豊玉町仁位(にい)港の仁位和多都見神社(祭神彦火火出見尊・豊玉姫命)に繋がる。もしかしたら、桓武天皇御子葛原親王後裔平忠時の娘で平清盛の妻、二位尼時子と関係が在るのかも知れない。全国に二位田・仁井田・新井田等の地名が在る。尚、佐賀県神埼郡神崎町大字的の仁比山下宮神社「天知加流水姫命(大山津見神の娘)配大山咋命」がある。

託杜神社=伊弉諾命・伊弉册命・瓊瓊杵命・埴安命彦・火火出見命・鵜草葺不合尊・木花開耶姫命。由緒は不詳。「十六天神」とされていたが、慶応年間現社名に改名した。村名とされるが、村の名が「多久」であった理由は定かではない。
 丹生広良氏の丹生神社と丹生氏の研究によれば、本来、託杜咩神は丹生都比売神の異称と云う。一方、この地は天日矛との繋がりが強く、赤留比売神とも云われる。託杜咩神は託宣の神で、本殿背後の丘を祀っているらしく、その遥か延長線上に宮地岳がある。

飯盛山=『飯盛神社由緒』に拠ると、上宮・中宮・下宮に神宮寺を設ける。高皇産霊尊後 裔忌部臣祖の天太玉命が伊奘冉尊を奉齋することを創建のを起源とする。上宮に伊奘冉尊 合祀 宝満大神(玉依比売)・八幡大神(品陀和貴命)、中宮に五十 猛尊を奉齋、下宮に天太玉命(大山咋神)を祀ったと云われ、飯盛三所権現宮と称した。
 佐賀県伊万里市山代町久原にも同神社、長崎県佐世保市指方町(飯盛山)・松浦町・松瀬町・大和町、長崎県北高来郡飯盛町嵩(飯盛山)、「飯盛」は全国に地名や山名として見られ、磐窓神社とも関連が在るとも云われる。佐賀県北松浦郡福島町里免の西北海上、同郡鷹島町には宮地岳、また、福島県会津若松市にも飯盛山が在る。
 「倭人伝」八幡岳や女山(おんなやま)源とする牛津(多久)川で東南方面へ下り、佐賀県小城郡牛津町(奴国の泊津)に向かう。そこから有明沿岸航海で奴国中枢部に向かった。尚、同町乙柳(おとやなぎ→いつやなぎ)付近に一大率の役所があったと思われる。
 尚、そのまま松浦川を遡り、鈴山峠を越えるか、女山(おんなやま)を迂回するか、同県武雄市・御所・多々良・真手野・ 楢崎(ならさき)付近が奴国領で、同市橘町には武雄市を見据える、おつぼ山神籠石、玉島古墳、潮見古墳等、古代遺跡と南側の同県藤津郡塩田町には飯盛山が ある。また、大分県下毛郡本耶馬渓町大字西谷4443番地の山神社の境内社宮地嶽神社、山口県下関市中之町1の1(宮田町)の亀山八幡宮摂社にも在り、長 崎県佐世保市八幡町・宮田町・比良町にも亀山八幡宮、隣町の同県東彼杵郡川棚町日向付近に八幡山、同郡東彼杵町大平・飯盛付近に飯盛山が在る。

宮地嶽神社=社が鎮座する丘陵(宮地嶽)中腹、奥宮八神社の一つ不動神社奥に最大級の 横穴式石室古墳があり、山頂を宮地(宮司)とする人々は東遷後、故地を奪った人々と対立したと考える。他にも宮地(宮司)は、岡山県御津郡建部町宮地、岡 山県上房郡北房町宮地。同県上房郡賀陽町宮地、同県久米郡久米南町宮地、広島県山県郡芸北町宮地、山口県宇部市宮地町、徳島県麻植郡山川町宮地、高知県高 岡郡越知町宮地、長崎県佐世保市宮地町、熊本県八代市宮地町、同県本渡市宮地岳町、同県下益城郡城南町宮地、同県阿蘇郡一ノ宮町宮地、同県天草郡新和町 大宮地・小宮地、滋賀県長浜市宮司町、福岡県宗像郡津屋崎町宮司、大分県杵築市宮司が在る。

血浦(ちうら→きうら)=万葉仮名甲「き」と乙「き」には、旧くは「ki」や「gi」系の音から現北京音「ji(ジ)」「qi(チ)」と転音する漢字が使われる。例えば、以下が在る。*音は順に上古音・中古音・近世音・北京音
  伎[gieg][giıĕ][ki][ji](ギ→キ→ジ)  吉[kiet][kiĕt][kiəi][ji](キチ→キツ→ジ)
  岐[gieg][giıĕ][k`i][qi](ギ→キ→チ) 祈[gıer][gıi][k`iəi][qi](ゲ・キ→キ)

香春町=東側へ抜ける仲哀隧道(七曲峠)付近の御所ヶ岳(馬ヶ岳)西麓、福岡県京都郡 (現みやこ町)犀川町木山、同県行橋市津積(つつみ)・大谷と同県京都郡勝山町大久保の境には御所ヶ谷神籠石が在り、或る時期、この付近が新羅系と百済系 の最前線だったとも考えられる。その福岡県田川郡香春町には、勾金(まがりかね)と云う地名が在り、金(かね→かぬ→かづ→かど)とすれば、曲角(まがり かど)か。

敦賀(つるが)=福井県南部、敦賀湾に面する港湾都市。古代から日本海側における大陸交通の要地。奈良時代には角鹿(つぬが)と称とある。尚、敦[tuər(tuən)][tuəi(tuən)][tuəi(tuən)]とあり、音的には、ツル(ツヌ)の何れもでも良い。前者の語義は、太くてズッシリとした黍稷(キビ類)を盛る祭器、後者は、「形」ズッシリと安定している様子。
 



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/07/26(火) 07:57:02|
  2. 6.国々の比定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇八幡 | ホーム | ◇唐津市付近の遺跡>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/115-46711d29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)