見まごう邪馬台国

◇八幡

 伊都(イァタ→ヤタ/ィエタ→エタ/ヤァタ→ヤハタ→ヤワタ)とすれば、八幡神(応神天皇)=広幡八幡麻呂、広鰭(広幡)と狭鰭(佐波)に繋がり、佐賀県東松浦郡厳木(きうらぎ→きゅうらぎ)町西側同県伊万里市・武雄市・多久市境に八幡岳・女山(おんなやま)・眉山を迂回し、馬神峠から東側へ向かうと、不彌国に比定した同県小城市小城町石木(土生遺跡)・栗原(鏡山)・鯖岡、同郡三日月町金田・久米・三ヶ島、同県佐賀郡(現佐賀市)大和町佐保福島・東山田松瀬・久地井(肥前国庁跡)・尼寺(一本木遺跡)に至る。
 佐賀県東松浦郡相知町中山付近で厳木川に分岐せず、松浦川を遡上した武雄市付近を奴国とした。その東南側、有明海を挟んだ福岡県八女市や同県大牟田市付近が邪馬壹国。奴国南側が委奴国から分裂し、邪馬壹国連合と対立する狗奴国で、末盧国「鏡山」別称「七面山」と佐賀県伊万里市の境界にある眉山(まゆやま)が島原半島にも在り、同族の狗奴(かな)国を島原半島一帯と八代海を挟んだ熊本県南部に比定した。
 八幡(はちまん→ヤハタ)は、「分」「半」の上部「八」=二つに別ける、「幡」=巾(はた)+番(つがい)と云う語義を併せて、夫婦の旗を別ける事→父 母の離縁とすれば、宇佐八幡宮中宮と上宮に母の神功皇后と御子誉田別(広幡の八幡麿)=応神天皇は祀られるが、父の仲哀天皇は祀られずに海峡で別けた山口 県下関市、長門一之宮、住吉神社に仲哀天皇陵墓伝承地が在り、木屋川沿岸の同県豊浦郡豊田町江良(えた→えだ→えら)・飯塚・長野、同郡菊川町岡枝境、華山西麓に天皇の殯葬所跡がある等、その理由が判る。
 おそらく、狗奴国(男王卑彌弓呼+壹與=玉依姫)と邪馬壹国(女王卑彌呼→臺與=豊玉姫)と云う関係をも示唆し、金印を授かった奴国連合の首長だった委奴(わぬ→ゐぬ→いぬ)国王が邪馬壹国と伊都国連合に属す奴国と、狗奴国に分裂した事と繋がる。
 また、古墳とされる山の麓に鎮座する宇佐神宮下宮には須佐之男命と天照大御神の夫婦が祀られる事から、退治されたヤマタノヲロチが、ヤハタ→ヤバタ→ヤマタ(山田)のヲロチとすれば、大分県・熊本県・宮崎県境、祖母山麓一帯では、蛇をヤアタ・ロ(ヤァタの)と呼ぶ事にも関係があり、その北麓、大分県竹田市嫗嶽東側、同県大野郡(現豊後大野市)大野町住吉・矢田が在る。
 後述するが、巴利国の「巴」=(字統)器の把手の形。「説文」蟲なり、象を食う蛇なりとし、字を蛇形として解す。(字統)「邑」=囗(国構・イ)=城壁 を巡らせた所と「巴」=多数が生活する。(字統)「利」禾と刀で、金文には犂鋤や犂の形で見える。禾稲を刈り、収益を得る=利益とあり、大蛇の伊都国配下 の巴利国が為吾国の国人(象)を労役として使役させ、水田の為の治水工事等を担った。
 上記、佐賀県東松浦郡相知には、享保4(1719)年、山を削平した石段上に鎮座する波多壱岐守が勧請した熊野神社が在る。「相知郷土誌」中央高地の相知宿(相知村)は山間に在り、山岳信仰(彦山神社・鵜殿石仏)が盛んだった。
 先述の佐賀県東松浦郡相知町伊岐佐(大野・鶴田)と同地名とした福岡県飯塚伊岐須(いきす)東南側には英彦山神社本社がある。眺望佳なりとあり、松浦川の往来を見張る烽火台や櫓等があったのだろうが、そうした資料は未だ見あたらない。
 その相知町伊岐佐の三光神社と同名の大阪市天王寺区玉造本町姫山は、反正期創建、陸奥国青麻三光宮分霊の神職は武内宿禰後裔の武田氏で八十有余代を数える。その相知町の南側、佐賀県武雄市には武内宿禰と、その妻豊子(壱岐真根子の娘)の伝承が在る。

「イァタ→ヤタ/ィエタ→エタ→エダ→エラ」=下記の地名が在る。
  山口県豊浦郡豊田町矢田飯塚江良・楢原
  山口県山口市大内矢田江良・鰐石町
  島根県安来市矢田町・住吉・福井(伯太川)
  岡山県和気郡佐伯町矢田山田
  岡山県吉備郡真備町箭田・金屋・金山・半田(はんだ)町 
  岡山県阿哲郡哲西町矢田・大野部
  岡山県勝田郡勝田町矢田・大平
  愛媛県今治市矢田・宅間・立花町・馬島
  福岡県嘉穂郡穂波町国(えだくに)
  福岡県北九州市八幡東区光(えだみつ)
  福岡県山門郡(現柳川市)三橋町光(えだみつ)
  佐賀県神埼郡(現神埼市)神埼町ヶ里・馬郡・作出・鶴田山田(仁比山)
  佐賀県鹿島市古、同県藤津郡塩田町大牟田
  熊本県玉名郡菊水町(和水町)江田・竈門(かまど)
  大分県宇佐市時・葛原・山田
  大分建県竹田市・菅生・玉来
  大分県豊後大野市三重町百(ももえだ)・菅生・玉田
  大分建県大野郡清川村宇田
  広島県安芸郡江田島町秋月・山田
  広島県御調郡御調町江田・釜窪・福井山田
  島根県出雲市江田町・大津町・白 
  徳島県小松島市江田町・豊浦町・前原町

奴国=奴国のトーテムが「牛」で、伊都国から不彌國から向かう東方向の道ではなく、東南方向の今出川から牛津川沿いの道を向かうと、奴国の出先津の佐賀県小城郡牛津町(牛尾神社)に至る。ここにも一大率の官吏が常駐する役所(牛津町柳)があったと思われる。
 尚、佐賀県厳木町屋西北側、八幡岳東北側、同町 船山には女山(おんなやま)が在る。その東側に伊都国と不彌国が並ぶ。南側の女山峠を越えると奴国の中枢部に到る。また、その東南側、有明海を挟んだ福岡 県山門郡瀬高町(現みやま市)女山(ぞやま)には女山神籠石が在り、邪馬壹国の比定地とした。

眉山=月読尊に殺された保食神の亡骸、頂に牛馬生れり、顱上に粟生れり、眉上に蠒生れ り、眼の中に稲、陰に麦と大小豆生れり。蠒(かひこ)とするが、繭(まゆ)と同字、蠶(かひこ)は簪や潜等と同系で、隠れる事とすれば、繭に籠む虫(甲 籠)となる。尚、阿波国(徳島県徳島市佐古山町)にも眉山・天神山(天神社・菅原道真)がある。

ヤマタノヲロチ=八頭とは八つの頭ではなく、魁(はたがしら)を二つに別ける事、月読尊に殺された保食神の頂に牛馬生る事に関連する。尚、邪馬壹国の比定地とした福岡県大牟田市甘木(あまぎ)・出雲町・教楽来(きうらぎ→きょうらぎ)・長田町・松浦町・馬渡町・三池(宮地嶽神社)等、祇園社(素戔嗚尊)では大蛇山(だいじゃやま)祭が行われる。

熊野神社=旧日月山神社、江戸中期、嬪山神社とされたが、維新後、宰相山神社とも号した。明治末期、境内に鎮座する三光神社を合祀し、三光神社に改められた。陸奥国青麻三光宮より勧請した三光神社と合併した嬪山神社の跡地に、大学の創始者は学舎を建てたいと願った。
 そこで三光神社の祭神、日、月、山の神と嬪山神社の祭神、仁徳帝、八幡神、稲荷神、風神を合祀、七柱の神を地主神とする事で合意、その名残と云う意味不明の由緒と説明が在る。
 尚、大分県下毛郡(現中津市)三光(さんこう)村宮地・山田、同県中津市金谷・博多町・八幡町・福島、福岡県築上郡(現上毛町)大平村有田・土佐井(つちさい)等が在る。*三光=日(天照大神)、月(月読尊)、星(素戔嗚尊→天津甕星・星神香々背男) 

陸奥国青麻三光宮=祭神「天照大神・月読尊・素盞嗚尊(星神香我背男)・仁徳天皇」、摂社武内宿禰社・野見宿禰社・主守稲荷社とあり、三光の由来は、太陽・太陰・星の三光と在る。





関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/08/01(月) 08:40:36|
  2. 6.国々の比定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇河川陸行 | ホーム | ◇伊都(ヤァタ)国>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/116-0462ace6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)