見まごう邪馬台国

◇奴(ナッ)国=箕子氏後裔の奴国連合の宗主国

 佐賀県東松浦郡相知町付近を分岐点として、そのまま松浦川を遡るか、天ヶ瀬ダムのある鈴山峠を越えるか、八幡岳・女山(おんなやま)・眉山を迂回、南下した後、東行すると、佐賀県杵島郡北方町馬神、同県武雄市御所・楢崎・多々良・馬渡付近の杵島山麓に至る。同市橘町大日付近の犬山岳西側中腹には有明海側ではなく武雄市を見下ろすおつぼ山神籠石が在り、この一帯を奴国の中枢として比定する。
 有明海を挟み東南側、福岡県山門郡(現みやま市)瀬高町大草・広瀬女山(ぞやま)に女山神籠石、隣町の同県八女市岡山・緒玉(をだま)・福島・八幡が在る。二つの女山は、「記紀」御子葺不合命の生母、海人の娘姉の豊玉姫は離縁、その妹玉依姫は乳母(養母)となり、長じた御子の妻になる事、天降りした天孫に醜いと返された姉の石長比賣と妹木花佐久夜毘賣と云う関係にも擬えられる。
 尚、奴(ナ)・国(羅=ラ)=奈良・楢とすれば、他にも下記の地名が在り、狗奴国との戦いに敗れ、故地を追われた人々が東遷したと考える。

  福岡県甘木市(現朝倉市)奈良ヶ谷・原・長田大平・馬田(まだ)
  福岡県田川市奈良・伊田(いた)
  福岡県福岡市博多区奈良屋町・板付(金の隈遺跡)・山田
  福岡県三潴郡城島町津、同郡大木町蒲池・蒲生
  福岡県鞍手郡小竹町南良(なら)津・新山崎
  大分県宇佐郡安心院町本・大平・轟
  熊本県八代市奈良木町・長田町・八幡町・二見下大野町・大平
  長崎県南松浦郡奈良尾町奈良尾郷
  愛媛県北宇和郡広見町奈良・下大野
  滋賀県犬上郡多賀町
  奈良県天理市町・山田
  奈良県御所市原・玉手
  岡山県岡山市津・原・鮎帰・金田・久米・住吉・福島・八幡・山田
  岡山県津山市・金屋・田熊・福井・八代・山田
  岡山県英田郡美作町原・巨勢
  山口県豊浦郡菊川町崎・大野(大野神社)・岡枝・印内、同郡豊田町原・飯塚・江良・奈留・矢田

 杵島山麓には玉島古墳(六世紀)が在り、唐津市浜玉町の玉島川との繋がりが見える。先述の如く福岡県福岡市西区生の松原付近にある壱岐神社祭神壱岐真根子(いきまねこ)は、姿形がうり二つだった娘婿武内宿禰の身代わりに死んだ伝承され、その末裔が、代々、宮を守る。
 武内宿禰(山幸?)は、壱岐真根子(海人)の娘子の婿、舅と婿の関係になる。同じ伝承が佐賀県武雄市若木町の伏尺神社にもあり、その遺体を壱岐に運ぼうとしたが、遺体が重く、そこに葬ったと伝う。
 佐賀県杵島郡白石町大字馬洗(もうらい)の妻山神社、古記録の焼失で創祀年代は不明、社伝では五十猛命(いしぅたける→いったける)が韓(から→わぬ)国から樹木の種を持ってきて杵島山に播種、杉・樟の発芽を見てから紀伊の熊野に行った。
 全山が緑に覆われたので木島(きのしま→きしま→かしま)=杵島(鹿島)と呼ばれた。その徳を称えるため神社を創建し、妹抓津姫命(勇猛山)を合祀したと在り、勇猛(ゆもう→いぅもう)山=妹山を神奈備にするかに見えるとある。
 祭神抓津姫命を娘豊子、抓津彦命は婿の武内宿禰として良いのかも知れない。この神を祀るのは全国で妻山(つまやま=端山)神社だけで、当社の上宮を前 坊と称したのは神仏習合や修験道との習合とされる。また、豊前坊の名称も豊都彦(豊津彦)の豊国から勧請されたのか、熊野へ向かった後、杵嶋全山が緑に覆 われたため、再度、還ったとも考えられるので、「熊野」は、旧く遠賀川付近だったとも云われるので、五十猛命の有功神とは樹木を植えたからだけではなく、 功(いさを)は、九州北部に多い神功皇后と御子応神天皇の伝承に関係するのかも知れない。

おつぼ山神籠石=佐賀県唐津市厳木町・相知町と同県県多久市の境、女山(おんなやま) と、その東側、福岡県八女市の女山(ぞやま)と云う二つの山から推測すると、母系豊玉姫と玉依姫に関連して乙母(オツ・ボ)=妹母→姨(オッボ→オバ) で、姉母=甲母と云う関係と考えられる。

奴国の中枢=何度か述べたが、道程に於て記述される伊都国から東南百里の奴国は佐賀県 小城郡牛津町柿樋瀬(生立ヶ里遺跡)付近で、その出先津とした。同町山崎・池ノ上の牛尾神社北側の小高い丘には、その動向を探る見張り台、その東側、同町 乙柳(いつやなぎ→おつやなぎ)には積荷等を検察する一大率の役所があったと考える。また、牛津川を挟み西側、同県多久市東多久町納所には、後代だろう が、租税や船の積荷を保管する倉庫群があったのかも知れない。

女山(おんなやま/ぞやま)=卑彌呼の宗女とされる臺與、または、壹與に関連が在ると考える。「記紀」海幸山幸説話に擬えると、狗奴国に抗しきれず、臺與(豊)は九州東北部に東遷、壹與(伊豫)は狗奴国王卑彌弓呼の乳母から妻になったと考えられる。

奴国=使われる漢字音は、奴[nag][no(ndo)][nu]・国[kuək] [kuək][kuo]、国(クァェッ→ケッ)とすれば、「ナケ/ヌダケ」となり、邪馬壹国伊都国連合を受け容れ、承諾した「紀」伊奘諾(イザゥナ ク)、「記」伊邪那岐(イジァナギ)は、そうした状況下へと導いた黒幕か、投馬国(タグマ→ナグマ)の国名(投[dug][dəu][t`əu]・ 海[məg][hai][hai])、その訓音、長(ながい)・長押(なげし)・投(なぐ→なげる)・薙(なぐ)に関連して、長崎県の地名由来の長い岬の囲まれた大村湾を凪海(なぎのうみ→なぐ)とした事に関連があるのかも知れない。

武内宿禰=蒙古襲来以後、北條氏が築いた鷲尾城址(福岡市西区姪浜)の鷲尾山東側の浦山には武内宿禰の出城があったと伝承される。神功皇后が新羅討伐に出港したとされる湊の経営は壱岐真根子か、武内宿禰系統で、当初、倭人の海洋国家を支配した委奴国王かも知れない。
 現在の愛宕神社は、景行期に祀られた鷲尾神社とされる。また、姪浜から室見川を遡上すると、同市西区金武・飯盛・同市早良区四箇(しか)、佐賀県伊万里市二里町大里の金武神社(祭神弁財天)神社、その西側、小高い所に弥生中期の甕棺墓群がある。
 尚、佐賀県多久市との境、女山峠を挟み西側には「御所」という地名もあり、本来、彼等は壱岐から百済や九州北部(倭国?)の小戸等、自由に往来した海民 系統を支配した人々だったが、衛氏朝鮮系統の伊都王と歴年相攻伐した勢力争いに敗れ、服属させられたか。靡いて、一女王卑彌呼を擁立して連合した。それを 嫌がった人々が、狗奴国として南下して対立した。

杵島(きしま)郡=箕子(きし→きね)島/杵島(きねしま→きのしま)/岸島(きししま→きしま)。箕子=殷の貴族、名は胥余(しょよ)で、伝説では紂王(ちゅうおう)の暴虐を諫めたが用いられず、殷が滅ぶと朝鮮に入り、朝鮮王として人民教化に尽くしたと云う。
 箕子朝鮮=古朝鮮の一つ。殷の箕子が紂王(ちゅうおう)の末年に開いたとされる朝鮮の伝説上の王朝。首都は王倹城(現、平壌)。前195年頃、衛満(衛氏朝鮮)に滅ぼされた。尚、論語「微子」箕子、これと為る。と在り、奴国王を箕子朝鮮国や殷(商)王朝後裔に繋がる人とした。

馬洗=馬洗神辺(もうらいこうのへ)は杵島山北部、東に突出した妻山丘陵の東で、旧く は妻山神社領だった。神社西側の高所に弥生中期の甕棺墓群がある。東側妻山古墳群は、6世紀後半の古墳時代後期の遺跡で、妻山神社の社務所前に印鑰(いん やく)石があり、印鑰神社祭神、市杵嶋姫命(弁財天)、その子蘇我石川宿禰を、この社の前身とする見方がある。尚、佐賀県伊万里市二里(にり)町中里の金武神社(弁財天)、同県唐津市浜玉町とも繋がる。
 通常、印鑰神社は国府の近くに置かれるが、志賀島の安曇族祖神を祀る志賀海神社摂社船玉社として鎮座する事から、 『小さき社の列島史』(牛山佳幸著)に印とは国司の印、鑰とは府庫の鍵との説があり、金印との関係を示唆する。
 香椎宮摂社印鑰神社、他にも印鑰神社(熊本県八代郡鏡町鏡村)、この地は八代郡倉跡で、奈良平安期、八代近郷の租米を集めていたが、武家政治となり、郡 倉が廃止された後、郡倉の印と鑰(かぎ)を祀り、祭神として蘇我氏祖石川宿禰を迎えた。印鑰神社(石川県七尾市府中町 223)、その由来には養老三年國府を七尾港付近に設け、港の守護神と鎮祭し、能登國國衙の印璽を保管した由来から印鑰神社と称す。印鑰=官印と官庁の倉 庫のかぎ。天台座主(ざす)の職印と宝蔵を開く鍵で、共に座主となった人が受けるもの。
 御和神社(徳島市国府町府中 644)祭神大己貴神・合祀大山咋神、由緒には名方郡の延喜式内小社で、府中宮(こうのみや)、江戸期には印鑰大明神と呼ばれた。王朝政治の頃、当地は国 司の置かれた阿波国中心地で、印鑰の由来について、当社が国司の官印や国庫の鍵を守護したとされた事、或いは、祭神大己貴命が天子の鍵をお預かりしたと か、弁財天(市杵島比賣)の童児の印鑰が社名となった等、諸説ある。印鑰神社は全国で約20社あり、九州が、その八割を占める。

木島=杵島(鹿島)=武内宿禰の子「紀角(宿 禰祖)」と在り、丹沙産地の杵島郡南側同県鹿島市古枝(祐徳稲荷神社)一帯は塩田川や鹿島川等、数本の川が流れる泥濘地だったと考えられる。その語源は、 糟場(かすば→かしま)・河岸場(くしば→かしま)、霞ヶ浦東側の北浦沿岸部茨城県鹿嶋市宮中(鹿島神宮)・鰐川付近等、殆どが同地形で同源地名となる。

豊前坊=遠賀川沿岸部の福岡県遠賀郡水巻町の豊前坊山、同県北九州市八幡東区荒生田付近にも豊前坊山があった。

神功皇后と御子応神天皇=五十猛命は奴国(奈良→木国)から熊野(遠賀)へ移ったと云う伝承と、福井という地名に関連し、建内(武内)宿禰が御子の禊ぎのため現在の福井県「角賀(つぬが)」へ云ったと云う説話がある。
 「福井」と云う地名が福岡県朝倉郡宝珠山村 福井・同県糸島郡二丈町福井、長崎県北松浦郡吉井町福井免。他にも以下の如く在り、福井をを背負った人々も東遷した後、再度、還り、蘇ったのかも知れない。
 京都府舞鶴市福井、大阪府茨木市福井、兵庫県姫路市網干区福井・同県相生市若狭野町福井・同県宝塚市福井町・同県三木市福井・同県篠山市福井・同県美嚢 郡吉川町福井・同県三原郡南淡町賀集福井、和歌山県海草郡野上町福井・同県日高郡龍神村福井、鳥取県鳥取市福井・同県八頭郡船岡町福井、鳥取県西伯郡淀江 町福井、島根県隠岐郡海士町福井、岡山県倉敷市福井・同県津山市福井・同県総社市福井、広島県御調郡御調町福井、山口県阿武郡福栄村福井、徳島県阿南市福 井町・同県那賀郡那賀川町上福井、高知県高知市福井。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/08/25(木) 20:04:00|
  2. 6.国々の比定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇不彌(ハミ)国=美しい文身をした巫女(花弁)を輩出する国を補佐する男王国(萼) | ホーム | ◇弥生遺跡>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/119-74d5cf0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)