見まごう邪馬台国

◇不彌(ハミ)国=美しい文身をした巫女(花弁)を輩出する国を補佐する男王国(萼)

 国名「ハミ→ハビ/ハム→ハブ」と訓んで、佐賀県多久市東側、同県小城郡(現小城市)小城町境、同郡三日月町甘木・石木付近、弥生中期の土生(はぶ)・ 仁俣・久蘇遺跡付近に比定した。他にも福岡県中間市垣生・愛媛県松山市垣生、同県西宇和郡三瓶町垣生、同県新居浜市垣生、山口県厚狭郡山陽町埴生、大阪府 羽曳野市埴生(はにゅう)野、京都府船井郡(南丹市)園部町埴生、富山県小矢部市埴生(はにゅう)等が在る。
 東側に同県佐賀市久保泉町と同県神埼郡(現神埼市)神埼町境、有明海を見下ろす高台に帯隈山神籠石が在り、同県小城市小城町栗原(鏡山)・岡・焼山、その南側、同県小城郡三日月町久米、同県神埼市千代田町余江(香椎神社)、同県佐賀郡大和町佐保・池上・福島・山田にも対馬の豊玉町仁位(仁位和多都美神社・豊玉姫)・糸瀬西北の佐保(佐保浦赤崎遺跡)と同地名が見える。
 「ハミ→フミ・ホミ→ホム」とすれば、応神天皇御名誉田別尊(品陀和気命)や海人穂 積(ほっみ→ほみ)氏とも繋がる。また、前章「思惑と意図」で不彌国の官多模(たま)を仁位和多都見神社(對海国)に繋がる海神を祀る神祇官(神官)とし た様に、比定地の西側、佐賀県多久市東多久町仁位所・別府に、その神祇官の詰所か、船荷等を監査し、検察する一大率の役所が在ったと考える。
 地名「佐波」は、佐賀県東松浦郡(現唐津市)浜玉町の隣、福岡県糸島郡二丈町佐波・福井。他にも福井県鯖江市鯖江、滋賀県近江八幡市佐波江町・板屋町、京都府舞鶴市佐波賀、広島県福山市佐波町、山口県防府市佐波(令)、山口県佐波郡徳地町鯖河内・御所野・西大津等が在る。
  「記紀」大伴氏の「佐保(さほ→さぼ→さば)」や垂仁皇后狭穂(佐波遅)比賣が兄狭穂毘古と共に謀反する事、景行天皇の熊襲討伐前身基地が娑麼(佐波=鯖)と伝承される事とも繋がる。また、「ハンタ→ハタ」とすれば、畑・幡・波多(ハタ)等がある。
 同県小城市小城町東側の吉野ヶ里遺跡の北側、同県神埼市神埼町仁比山の松尾大社分霊仁比山神社(大山咋神・鴨玉依姫・日本武尊他)には729年創建とある。その麓、同県神埼市神埼町枝ヶ里(えだがり)・鶴田山田の山手、同町大字的(いくわ)、仁比山下宮神社(天知加流水姫命・配神大山咋命)の名称由来を仁明天皇と比叡山の二文字とするが、仁比(ニヒ→ニフィ→ニゥイ→ニヰ)=仁位と同源かも知れない。
 佐賀県神埼市神崎町馬郡と隣町同県神埼郡三田川町(現吉野ヶ里町)鶴・田手村付近に吉野ヶ里遺跡、同町と同県佐賀市久保泉町付近に帯隈山神籠石と白髭神社が在る。
 滋賀県高島市高島町鵜川の白鬚神社は「猿田彦大神略記」垂仁25年条、皇女倭姫命が社殿を再建、白鳳二(674)年に比良明神号を賜った。琵琶湖西岸滋賀県大津市志賀町の小野神社・栗原・ 和邇の北側、同県大津市の境、安曇川を遡った比良山(比良嶽)の山神大山咋命で、白髭の老翁、比良神~と在り、琵琶湖周辺には老翁が姿を現す物語が点在。 「長谷寺縁起絵巻」大和国の長谷観音の御依木の運搬を守護する三尾明神が老翁の姿で描かれる。また、水尾神社の賄いの大炊神社隣の長谷本寺にも伝わってい る。
 また、「 ヒラ→ヒダ→ヒタ」とすれば、大分県日田市有田・羽田町・山田、奈良県橿原市飛騨町・久米町・曽我町等が在り、「白髭」の字音が百済(ペクチェ)に通じ、比良・三尾・白髭は同系神とされる。
 邪馬壹国に向かう次ぎの宿泊地は、佐賀県佐賀市金立町金立の丸山遺跡付近か、同市大和町松瀬・東山田・福島・久池井(西隈古墳)・佐保・横馬場(船塚古墳)等の本村籠遺跡付近と考えられる。

鯖(さば)=青魚の代表、秋刀魚(さば→さま→さむま→さんま)や鯵(あぢ→あじ→あ に)も同種で、後者を「アヂ→アチゥ→アツ」とすれば、集まる事と関連が在り、海民(川民)系の地名とされる阿積・安積・安住・安曇・熱海・渥美等にも繋 がる。また、紫陽花(あぢさい)=群がり咲く花となる。また、同訓「暑・熱」=太陽光や火炎等熱源が集積された状態。「厚・篤」=物質、心情が集積された 状態。
 尚、綾朝臣最上の孫に「佐波」、天之御中主神後裔荒木田神主最上の子に「佐波」と在り、「首麿」から藤原氏祖魚名へと続く。更には、孝元天皇後裔武内宿禰の子名称未詳の流れ「首麿」とあり、何らかの関係があると思われる。

香椎宮本社=福岡県福岡市東区香椎4-16-1(筑前国糟屋郡)は境内の印鑰石に武内 宿禰の子蘇我石川宿禰が鎮座していたので、印鑰神社に祀られたと在る。印鑰(いんやく)=官印と官庁の倉庫の鍵。天台座主(ざす)の職印と宝蔵を開く鍵。 何れも座主となった人が受けるもの。

誉田(ほむた)別尊=三輪山の水神を祀る系統大神比義の伝承があり、宇佐神宮には火と水を操る鍛冶神が祀られているとも云われるので、もしかしたら、ホムタ→ホムラ(炎=火群)と転音したのかも知れない。

ハタ=九州管内には、佐賀県唐津市半田(はむだ→はだ)・同市北波多村山彦・山田、同県伊万里市波多津(はたつ)町畑津・板木、大分県大分市判田(はんだ)・羽田(はだ)、同県宇佐市安心院町飯田(はんだ)、同県西国東郡(現杵築市)大田村波多方(はたかた)・鮎帰、同県日田市羽田(はた)町・山田町、熊本県熊本市城山(じょうざん)半田町、同県宇土市三角(みすみ)町波多・山田、熊本県上益城郡矢部町畑(はた)・御所・長田・山田、福岡県前原市波多江(産の宮)・同県豊前市畑(はた)。
 *不[pıuəg(pıuət)][pıəu(pıuət)][fəu(pu)]・彌[miər][miə(mbiə)][mi]=ピゥァッ・ミァル → プァッ・マゥ → パッム → ハム

仁位(ニヰ)=他にも下記の如き地名が在る。尚、仁比山の「ニヒ」が、[ nihi → niui → nii ]と転音したと考えられる。

  福島県福島市仁井田・百目木・大平山(羽黒神社)・鶴田・八幡館・日向・広瀬山田
  福井県足羽郡美山町仁位・奈良瀬・福島・宮地・羽生(はふ→はう・ほう) *伯耆(ほうき)国
  兵庫県佐用郡上月町仁位・大平・金屋・山田(佐用都比賣神社)、同郡三日月町 *佐用都比賣=唐津市の領巾振山
  和歌山県和歌山市仁井辺・広瀬通丁・福島
  山口県防府市仁井令町・江良・大野・大平山・警固町・佐波・多々良
  高知県高知市仁井田・朝倉・金田・福井町・大津(鹿島神社)
  高知県高岡郡窪川町仁井田・榛原町広瀬

 朝倉神社(高知県高知市 朝倉丙2100)「天津羽羽神、天豐財重日足姫(斉明)天皇」(釋日本紀卷第十四)、土左國の風土記に曰はく、土左郡朝倉郷あり。郷中に社あり。神の御名 は天津羽羽(あまつはは)神なり。天石帆別(あまのいはほわけ)神、天石門別(あまのいはとわけ)神の御子なり。これは、土佐の天石門別安國玉主天神の子 であるする。尚、斉明天皇の御陵地は当社から3㌔西南の鵜来巣(うぐるす)山とされており、福岡県朝倉市烏集院(うすのいん)・奈良ヶ谷付近の橘広庭にも斉明陵の伝承地がある。
 度会氏の伝によると朝倉神社祭神、天津羽羽の「はは」は奈良県五條市西吉野町の波宝神社の「波宝」の音に通じ、波宝神社は吉野国栖祖神を祀るといわれ、 これは天津羽羽命であろうとされます。「姓氏録大和神別」吉野国栖祖神とは神武天皇の東征途上、菟田(奈良県宇陀郡)から吉野へ進んだ時、岩を押し分けて 出てきた尾のあった石穂押別之子とある。

白鬚神社=『三代実録』の貞観七(865)年にも近江国の無位の比良神に従四位下を授 くとし、当社の祀る神と云う。本殿後背山に幾つかの摂社が祀られる中、岩戸社北側には磐座があり、山陵を天岩戸と云う。白髭神は渡来人が開拓した地方に多 く祀られる。奈良県桜井市初瀬の白髭神社が本社とも云われる。
 『元亨釈書』(14世紀)、大仏用の黄金を求めていた聖武天皇は、僧良弁に吉野の金峰山の黄金を求めて金剛蔵王に祈らせた。すると、この山の黄金はなら ぬが、近江湖南の勢多県にある山は如意輪観世音の霊地、そこへ行って念ずれば、必ず黄金が得られるとのお夢告があった。
 その地の大岩に座って釣りをしている老翁は、この背後に続く山々の地主の比良明神で、ここは観世音の霊地であると言ってかき消えた。良弁は大岩上に庵を結び、観世音像を安置、絶え間なく読経を続けていると、やがて陸奥から黄金が出たと言う。
 「石山寺縁起」琵琶湖の主も、また白髭明神と呼ばれていた。この神は、湖が七度変じて葦原になるのを見ていた長命の主だと云われる神と記される。この湖は地盤沈下等で南に移動したり、周辺から泥が流れ込んで浅くなったりするが、元の深さに戻ると云う。

曽我町=百済(くだら)と縁が深いとされる蘇我馬子に関連が在る。何れにしても有明海 沿岸部と琵琶湖周辺部、大和方面には百済(+北魏)系との繋がりが見える。その連繋地点と思しき岡山県津山市には、推古(或いは、持統)天皇に百済王を 賜ったと伝承する百済(くだら)氏が居る。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/09/05(月) 09:03:00|
  2. 6.国々の比定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇投馬(とっま・たぐま)国=風を受けて海上を航行する船 | ホーム | ◇奴(ナッ)国=箕子氏後裔の奴国連合の宗主国>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/120-9b147a58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)