見まごう邪馬台国

◇邪馬壹国=呪術的な女王を戴く首長(全一)国

   訓音は、ンギァッマッイェッ→ガマィ・エl(カメ)、ガマ・ヘ→ガマ・フ(ガモウ)、或いは、ィアマィ・エ→ヤマィ・エ(ヤマヘ)等が考えられる。尚、私説の狗邪韓国から末盧国への水行十日と末盧国から邪馬壹国へ陸行一月の方向性から推測すると、下記の地域一帯に比定する。

  福岡県甘木市(現朝倉市)鎌崎・馬田・早水・楢原・大平山
  福岡県三潴郡大木町蒲生(がもう)、同郡城島町楢津
  福岡県大牟田市亀甲(かめのこ)町・手鎌・甘木・田隈・長田町・三池(宮地嶽神社)
  福岡県八女市亀甲(かめのこう)・蒲原(かまはら)・室岡・岡山・宅間田(八女古墳群)・福島、上陽町打越
  福岡県山門郡(みやま市)瀬高町大草・女山(女山神籠石)
  福岡県鹿本郡植木町亀甲(かめこう)・轟
  熊本県玉名市亀甲(かめこう)・山田

 伊都国を佐賀県東松浦郡郡厳木(きうらぎ→いつき)町と同県多久市に比定したが、「タク」と云う地名が、福岡県前原市多久、同県宗像市田久、島根県平田市(現出雲市)多久とあり、女王卑弥呼の死を契機として狗奴国(壹與=カマ)に追われる様に邪馬壹国伊都国は東遷を始める。

  福岡県筑紫野市山家(やまえ)・若江・宮地嶽
  福岡県北九州市小倉南区蒲生・北方(南方)・菅生・徳力(とくりき→とどりき)・八幡町・山田
  佐賀県佐賀郡富士町蒲原(かまはら)、隣町の同県東松浦郡七山村鮎帰・木浦・白木・馬川
  長崎県島原市蒲田町・安徳・亀の甲、同県南高来郡国見町轟木
  熊本県山鹿市蒲生(彦岳)、同県玉名郡菊水町竃門かまど)・江田
  熊本県上益城郡清和村野・大平、同県八代郡(現八代市坂本町)坂本村瀬・鮎帰
  熊本県球磨郡山江村葛・山田、同郡五木村大平・宮目木・葛八重
   同郡球磨村三ヶ浦(那良川)、同郡錦町大平・福島
  大分県南海部郡蒲江かまえ)町蒲江浦、同郡宇目町木浦内、同郡鶴見町有明浦
  山口県下関市蒲生野・安岡・竜王山、同郡(現下関市)豊浦町川棚、同郡豊北町・山田山(特牛)
   同郡豊田町飯塚・楢原、奈留、同郡菊川町印内・大野・岡枝・楢崎
  鳥取県岩美郡岩美町蒲生・院内・大坂
   同郡国府町稲葉・玉鉾・御陵参考地(谷)・因幡国府跡・宇倍神社
  大阪府大阪市城東区蒲生・永田
  京都府船井郡丹波町(京丹波町)蒲生・院内、同郡瑞穂町桂・鎌谷、同郡八木町八木・広瀬
   同郡園部町曽我谷・半田・埴生(はにゅう→はぶ)・武尾神社(大戸)・鹿嶋神社(殿谷)
   同郡和知町広瀬
  滋賀県蒲生郡安土町豊浦町、同郡蒲生町蒲生堂・葛巻・玉緒神社(川合)
   同郡日野町鎌掛・日田・蓮花寺、同郡竜王町鏡

 ○「シェバ・エ→サバ・エ(サマエ→サメ)」と転音したとすれば、下記の如き地名が在る。

  福岡県糸島郡二丈町佐波・福井、同郡志摩町稲葉・久米・老松神社(船越)、同県前原市作出
  山口県佐波郡鯖・鯖河内・大野・奈良原、同県防府市佐波・警固町・高倉町
  広島県福山市佐波・駅家町江良・金崎・住吉町・奈良津・鏡山(神村町)・竜王山(柳津町)
  京都府舞鶴市佐波賀(宮谷神社)・大君・蒲江・丹後神崎・日向・福井・安岡
  福井県鯖江市大野町(丹波岳)・金屋町・住吉町、同県今立郡今立町との境に八幡山
  滋賀県近江八幡市佐波江・板屋・生須・御所内・玉屋・長田・八幡山(宮内)・八木
  岐阜県羽島郡柳津町佐波、同郡笠松町泉町(白髭神社)・奈良町・八幡町
 
八女古墳群=乗場古墳(福岡県八女市吉田)壁画系・彩色、丸山古墳(同市詫間田)壁画系・彩色。王塚古墳(福岡県嘉穂郡桂川町)壁画系・彩色、6世紀の装飾古墳、法恩寺3号墳(大分県日田市刃連町)壁画系・彩色、穴観音古墳(同市内河町)壁画系・彩色、ガラドンヤ古墳群(同市石井町)壁画系・彩色、鬼塚古墳(大分県玖珠郡玖珠町)壁画系・彩色、千代丸古墳(同県大分市)壁画系・彩色、伊美鬼塚古墳 東国東郡国見町 壁画系・線刻、加賀山横穴墓(同県宇佐市四日市)横穴系・彩色、鬼ノ岩屋古墳(同県別府市北石垣)壁画系・彩色、古賀山1号墳(佐賀県多久市東多久町)壁画系・線刻。チブサン古墳(熊本県山鹿市城)壁画系・彩色、丸尾古墳・長戸鬼塚古墳(長崎県北高来郡小長井町)壁画系・線刻等、多くが、福岡県南部と熊本県大分県付近に集中、邪馬壹国や狗奴国の領域を併せたと思しき地域に広がり、後代、狗奴国系に支配されたと推測される。 その他の県。
 丹花庵古墳(島根県松江市古曽志町)石棺系・線刻、梶山古墳(鳥取県岩美郡)壁画系・彩色、空山古墳群(同県)壁画系・線刻、坊ヶ塚古墳(同県)壁画系・線刻。
 宮が尾古墳(香川県)壁画系・線刻、木の葉古墳(同県)壁画系・線刻、綾織塚古墳(同県)壁画系・線刻、 岡古墳群(同県)壁画系・線刻。
 高井田横穴墓群(大阪府柏原市)横穴系・線刻 。
 
太子古墳(茨城県新治郡出島村)壁画系・彩色、吉田古墳(同県水戸市)壁画系・線刻、虎塚古墳(同県勝田市)壁画系・彩色。

打越=福岡県田川郡糸田町打越、長崎県北高来郡小長井町打越名、熊本県熊本市打越町・板屋町・馬渡、同市清水町打越、同県上益城郡甲佐町糸田・横田・田代、同郡砥用町境に打越峠。

女王卑彌呼=死後、女王系統は二つに分裂して、壹與(カマ)は狗奴国に靡き、手を結んだのだろうか、それを嫌った邪馬壹国(臺與=カメ)と伊都国連合の人々は、邪馬臺国(饒速日命?)として東遷を始める。その後、狗奴国(+壹與)系も後を追う様に北上し、東遷したと考えられる。おそらく、そうした経緯が饒速日命と神武天皇の東遷説話に化体されたと考える。

宇倍神社=鳥取県岩美郡国府町宮下字一宮651祭神 武内宿禰命、彦多都彦命 武牟口命 因幡国一宮・法美郡の延喜式名神大社。本殿の後阜亀金岡の雙履石は祭神の雙履の霊石と伝わる。古代文化遺跡の中心地。祭神を因幡国造祖彦坐王の子彦多都彦命(神祇史料)、伊福部氏の祖武牟口命(姓氏家系大辞典)・埴安姫命とする諸説がある。
 『因幡国風土記逸文』難波の高津宮に天の下を治めなされた五十五年春三月、大臣武内宿禰は御年三百六十余歳で当国に御下向あり、亀金の双の履を残して御陰所知れずになった。聞く所によると、因幡国法美の郡の宇倍山麓に神の社があり、これを宇倍社という。これは武内宿禰の御霊である。
 
昔、武内宿禰は東方の夷を平らげ、宇倍山に入った後、終わる所を知らずと云うとし、祭神を武内宿禰としているが、『万葉緯』所引「武内伝」の逸文は、鎌倉期以前には遡らないとされる。明治維新後、宮司家伊福部氏は世襲を断ち、北海道に移住、著名な音楽家伊福部昭氏を輩出する非凡な家系であった。
 『日本の神々』で川上廸彦氏は真の祭神は伊福部氏祖の武牟口命とする。八頭郡の式内社多加牟久神社も武牟口命とされる。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/09/30(金) 17:13:48|
  2. 6.国々の比定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇狗奴国=卑しい祭祀官下属の女囚の国 | ホーム | ◇大村湾 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/123-1632f6a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)