見まごう邪馬台国

◇洞(ほこら)

 >金沢博士は言及していないが、江戸期の福岡藩にも村を束ねたより大きな行政単位としての触(フレ)があった。また、長崎県の壱岐にも集落「~触」がある。また、日本語の「郡」は大化の改新の直後には「評」と書かれていた。これも「坪」地名との関連性がありそうである。

 朝鮮語由来とされる触(ふれ)も村(むら)の転音かも知れないとしました。また、郡(こほり)と同義という評[bıăŋ][bıʌŋ][p`iәŋ]=古訓、理(ことはり)、数ふ、判る、諮る。「解字」併(あわせる・ならべる)=抨と同系字。「語義」論う、善悪・可否・価値等を判断し、論定する、論理的に物事の良し悪しを公平に捌くとあります。詰まり、郡(こほり)や同訓の「氷」、凝(こ)る等と同義の、徐々に決める。集約して固まる事になります。
 評(こおり)と同系字の坪(Pyong/Tur・Pur・Pari・Por・Pori)は、秤(計・測)=定める事からすれば、条里制の「里」や「町」と同様、田畑を有する行政区画かも知れません。先に異言語かとした「Tur」が「ツル→ツヅ→ツブ→ツボ」と転音しました。

 >勿論、「洞Kor)」との関連も注目すべきである。更に、魏志倭人伝の傍国の一つとして「巴利国」があるが、これも何か関係があるのだろうか。上記の諸論で述べられている語源説を、私の仮説に適用すると、(1)九州の~原(ばる・はる)地名は、古代の三韓では、城、集落を表した伐(Pur,Por)と同語源ではないか。

 洞(Tong/Kor)の前者は、漢字音[duŋ][duŋ][toŋ]に拠る日本語「ドウ」と同系です。後者の「Kor」は和訓の「ほ・こら」と同系語で、同「洞(くき)」は山の洞窟=岫(くき)、同訓の漏(くきし)、洞海(くきのうみ)=両端が開いた水道や茎(くき)の如く、竹筒と同様、両端が開いた見通しの利く谷間や川端になります。語頭の「ホ」=発(はつ→ほつ)=穂先や端(はし)になります。
 もう一つ、洞(ほら)は、掘・彫(ほる)や刳(くる)=片方の口が開いた穴(あな)と同源で、万葉仮名「カ行」は上古音や中古音「H系」が使われますので、後代、コル(kor)→ホル(hor)→ホラ(hora)とハ行に転音しました。
 長野県松本市洞(ほら)、岐阜県吉城郡宮川村洞(ほら)、滋賀県伊香郡高月町洞戸(ほらど)、京都府京都市右京区北嵯峨洞ノ内町(ほらのうち)町、兵庫県三田市洞(ほら)、和歌山県日高郡印南町上洞(かぼら)、鳥取県鳥取市洞谷(ほらだに)、高知県高知市洞ケ島(ほらがしま)町、熊本県下益城郡砥用町洞岳(ほらおか)等、山奥の谷間や谷間の迫った海岸、両端が山並みの平地等に見られます。

 白川静編「字統」に拠ると、「巴利国」に使われる漢字、巴([păg][pă][pa])=器の把手の形。「説文」蟲なり、象を食う蛇(はむし)なりとします。同系の漢字、邑(むら)[・ıәp][ıәp][iәi]=囗(国構・イ)=城壁を巡らせた所。巴=多くの人が生活する→区画や容量が大きい=口の大きい蛇。利([lıed][lıi][li])=禾と刀で、金文には犂鋤や犂の形に見える。禾稲を刈り、収益を得る=利益とします。
 当時の上古音を併せると、「パェッリェッ→ペレ→ペリ」になり、墾・張・治(ハル→ハリ)は河口に土砂が堆積した扇状地の端(はし→はじ)を治水して開墾した治の国・墾の国となりそうですが、音的には縁(へり)国で、よく似た和訓、原・春・丸(ハラ→ハル→バル→マル)は、開けた河口や川縁の平野だけではなく、小高い山縁の地形にも使われますので、傍国「為吾国」の「為」=象を調教するとありますから、おそらく、象(ぞう)を食む蛇が象を使役する人々を水路や河川の治水工事に従事させたのでしょうか、平地の少ない海岸縁か、山手に段々畑や棚田を有す国と考えられます。  
 
触(ふれ)=ムラ(mura)→ムレ(mure)→ムブレ(mbure)→ブレ(bure)→プレ(pure)→フレ(fure/hure)。また、佐賀県西北部の「~免(めん→め→べ)」、長崎県島原半島の「~名(べい→めい→めう→みょう)」等、行政区画的な語尾を持つ地名がある。これらにも何らかの意味があると思う。

町(ちょう)=土地面積の単位。1町は10段。令制では3600歩(太閤検地後は3000歩)、約99.17㌃。「丁」とも書く距離の単位。1町は60間。約109㍍強。平城京・平安京に於ける長さ、及び、面積の単位。400尺、及び、400尺平方。1坊の16分の1。行政区画上の市に次ぎ、村の上に位する地方公共団体。市街の区切り。中世都市では商工業者が構成した地域的自治組織。江戸吉原の事(おちょう)。
 町(まち)=田の広さや区画の単位。宮殿、または邸宅の内の区画。特に、いくつかの殿舎などの連なって成り立っているもの。人家の密集している所を、道路で分けた一区域の称。市坊。「街」=商店の立ち並んだ繁華な土地。市街。区分。階層。等級。地方公共団体の一つ。市に次ぎ村より大きいもの。市・区を構成する、市街の小区分。物を売る店。

洞(Kor)=中国の唐王朝期、その行政区画は「~省」ではなく、「~洞」とされた。李朝鮮時代のものが引き継がれた韓国の行政区画=洞(tong)は、漢字の中世音や現北京音に拠るものでしょうが、「Kor」は、凝・痼(こる)、郡(こほり)=桑折、氷等と同源で、群がる区画や場所と考えられる。

穴(あな)=仁王像の向かって右側、口を開けた阿(あの)形、左側、吽(うん)形とされる。例えば、「あ」とは口を大きく開いて声をだすが、「UN」の場合、口を閉じて、肯(うなず)く、呻(うな)る等、大きな声を出さない様子。
 仁王=伽藍守護の神で、寺門、または須弥壇(しゅみだん)の両脇に安置した一対の半裸形の金剛力士。普通、口を開けた阿形と、口を閉じた吽形に作られ、一方を密迹(みっしゃく)金剛、他方を那羅延(ならえん)金剛と分ける等、諸説がある。共に勇猛・威嚇の相をとる。

縁(へり)国=邪馬壹国の傍国「巴利(へり)国」を殆ど平地が無い丘や山縁の海岸とし、長崎県北松浦郡(平戸市)田平町付近に比定した。水道のある縁=戸縁(とべり→たびら)と考える。



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/11/22(火) 09:11:09|
  2. 邪馬台国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇丸(まる)と原(ばる) | ホーム | ◇村と触>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/130-378ef9ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)