見まごう邪馬台国

◇残余の傍国

 残余の傍国は以下の如くあり、邪馬壹国と伊都国との位置関係や支配関係は如何なるものか。殆ど資料はないので、使われる漢字の音や、その語義から推測する。

  自女王國以北其戸數道里可得略載其餘旁國遠絶不可得詳
  次有斯馬國 次有已百支國 次有伊邪國 次有都支(郡支)國 次有彌奴國 次有好古都國
  次有不呼國 次有姐奴國 次有對蘇國 次有蘇奴國 次有呼邑國 次有華奴蘇奴國 
  次有鬼國 次有爲吾國 次有鬼奴國 次有邪馬國 次有躬臣國 次有巴利國 次有支惟國 
  次有烏奴國 次有奴國 此女王境界所盡。其南有狗奴國男子爲王 其官有狗古智卑狗不屬女王
  
 陳寿は、女王国より以北の国々は、その戸数や道里を略載できるが、その餘の傍国は遠絶で詳らかにできない。とし、道程として記載された国々、對海国・一大国・末盧国・伊都国・奴国・不彌国は、狗邪韓国の東南ではなく南側に属すと認識したので、女王国から見ると北側に属す事になる。その後、次に斯馬国有り~(中略)、次に奴国有り、これが女王国の境界尽きる所、その南に狗奴国有り、男子為す王、その官に狗古智卑狗有り、女王に属さず。とする。

 これも陳寿の筆法か、奴国を二回記載、「~次奴国有り、これ女王国境界が尽きる所」の奴国と、道程に記述された「奴国」を同一国とし、その南側に狗奴国があるとすれば、末盧国を起点に斯馬国から東回りで、奴国に戻り、そこから逆に烏奴国を起点に西回りする等を示唆すると考えられる。詰まり、その中央部の最南部に西から奴国と邪馬壹国の順に横一列に並び、その北側に西から伊都国と不彌国の順に横一列に並び、残餘の傍国は、その東側と西側に広がるとせざるを得ない。また、投馬国だけは別ルートと云う事からすれば、連合国の一員だが独立国だろう。他にも以下の記述が在る。

  夏后少康之子封於會稽 斷髮文身以避蛟龍之害 今倭水人好沈沒捕魚蛤文身亦以厭大魚水禽
  後稍以爲飾 諸國文身各異或左或右或大或小尊卑有差 計其道里當在會稽東冶(東治)之東
 
 其風俗不淫 男子皆露紒以木緜招頭 其衣橫幅但結束相連略無縫 婦人被髮屈紒作衣如單被穿其中央貫頭衣之

 夏后少康の子、会稽に於て封じられるに、断髪文身、以て蛟龍の害を避けさせた。今、倭水人は上手に潜水、魚貝類を捕る。また、文身で以て大魚水禽を厭わす~云々。その道里を計ると、当に、その会稽東冶(東治)の南側や北側でなく東側に在る
 陳寿が女王国領域を会稽東冶(東治)の東側に当たる所とした理由は、会稽付近に住む人々と、女王国に服属する倭人だけではなく、列島沿岸部に住む全ての倭種の生活習慣等がよく似ていると云う認識があった事が、その一つと考える。
 問題の「東冶」と「東治」は、大陸東海岸の会稽(現・上海の北側)に封じられた夏后少康が東海岸に住んだ海民や蛋民を治めたとすれば、夏后少康之子が会稽の東を治む、当在会稽東治=会稽の東を治めた、当に、その東側に在る。また、方向性ではないが、下記の如くも記述される。

  自郡至女王國萬二千餘里 男子無大小皆黥面文身 自古以來其使詣中國皆自稱大夫
  其國本亦以男子爲王住七八十年 倭國亂相攻伐歴年 乃共立一女子爲王名曰卑彌呼

 帯方郡より女王国に至る一万二千余里。その国の男子、大(人)も小(人)も皆、顔に黥面、身体に文身をした。古より、此迄、その使い中国に詣で皆大夫と自称する。その国、本、また男子を以て王とし、70~80年住まう。倭国乱れ、年を歴て相功伐、共に一女子を立てて王と為す名卑彌呼となり、この前代、70~80年と、この邪馬壹国は同じ為政者や支配関係でないと判る。
 次回から傍国の名称に使われる漢字音や、その意味を考え併せて分かる限りだが、国名が云わんとする事や、その比定地を推測してみたい。

二回記載=「魏志東夷伝」馬韓在西。其民土著、種植知蠶桑作綿布。各有長帥、大者自名爲臣智、其次爲邑借。散在山海間無城郭。有爰襄國、牟水國、桑外國、小石索國、大石索國、優休牟涿國、臣濆沽國、伯濟國、速盧不斯國、日華國、古誕者國、古離國、怒藍國、月支國、咨離牟盧國、素謂乾國、古爰國、莫盧國卑離國、占離卑國、臣釁國、支侵國、狗盧國、卑彌國、監奚卑離國、古蒲國、致利鞠國、冉路國、兒林國、駟盧國、内卑離國、感奚國、萬盧國、辟卑離國、臼斯烏旦國、一離國、不彌國、支半國、狗素國、捷盧國、牟盧卑離國、臣蘇塗國、莫盧國、古臘國、臨素半國、臣雲新國、如來卑離國、楚山塗卑離國、一難國、狗奚國、不雲國、不斯濆邪國、爰池國、乾馬國、楚離國、凡五十餘國。大國萬餘家、小國數千家、總十餘萬戸。辰王治月支國。臣智、或加優呼臣雲、遣支報安邪、踧支濆臣、離兒不例拘邪、秦支廉之號。其官有、魏率善、邑君、歸義侯、中郎將、都尉、伯長。*内=[入+冂]

 弁辰亦十二國。又有諸小別邑各有渠帥。大者名臣智、其次有險側、次有樊濊、次有殺奚、次有邑借。有已柢國、不斯國、弁辰彌離彌凍國弁辰接塗國、勤耆國、難彌離彌凍國、弁辰古資彌凍國弁辰古淳是國、冉奚國、弁辰半路國樂奴國、軍彌國、軍彌國、弁辰彌烏邪馬國、如湛國、弁辰甘路國、戸路國、州鮮國、馬延國弁辰狗邪國弁辰走漕馬國弁辰安邪國馬延國弁辰瀆盧國、斯盧國、優由國。弁辰韓、合二十四國。大國四五千家、小國六七百家、總四五萬戸。其十二國屬辰王。辰王、常用馬韓人。作之、世世相繼。辰王不得自立爲王。

 馬韓では「莫盧國」、弁辰韓では「馬延國」を二回記載するので、これも奴国を二回記述する事と同様、陳寿の筆法かもしない。また、国数も一つを除外、馬韓は五十四国。弁辰韓は軍彌國の飛び地「弁軍彌國」を除外し、合計二十四国。また、辰王に属す12ヶ国とすれば、弁辰楽奴国と考えられる。
 尚、馬韓の「~卑離国」は、韓国語で城の語義を持つ「伐(ボル)」の漢字表記かも知れないとする研究者も居るが、「散在山海間無城郭」とあり、中央部から離れた卑しい僻地(縁=へり)で、羊等を放牧する遊牧民の国と考えられる。

西から奴国と邪馬壹国=「方向の感覚」項では、投馬国も含めたが、投馬国は別系路と思しき水行20日で至るとされるので、道程で述べられる国々とは同列にはできないと思われる。ここで訂正する。

会稽=浙江省から江蘇省に跨る地域。中国南の浙江省紹興市南東の会稽山とすれば、呉王夫差が越王勾践(こうせん)を降した地。夏の禹(う)が諸侯と会した所と在り、その東側とすれば、大陸の東沿岸部の海民や家船衆、東南岸部の閩粤(びんえつ)と考えられる。
 「史記(越王勾践世家)」会稽の恥=春秋時代、会稽山で越王勾践が呉王夫差に降伏したが、多年辛苦の後に夫差を破ってその恥を雪いだ。
 「中国歴史地名大辞典」漢、冶県を置く。後漢、東侯官と日う。故域は、今の福建省閩侯県東北、冶山の麓に在ると云うが、地名「東冶」は、本当に在ったのか。尚、閩粤の人々が身体に文身(入墨)をしていたとすれば、閩 [mıən][mıən(mbıən)][miən]と同音の「閔(あわれむ・うれえる)」と云う姓が在り、僻地の卑しい姓とも考えられる。春秋時代の(大陸東岸、黄河河口南部の山東省付近)の人、閔子騫(びん・しけん)、名「損」、孔門十哲の一人とある。
 文(あや)=物の面に表れた様々な線や形、特に斜めに交差した模様。入り組んだ仕組。ものの筋道や区別。文章等、表現上の技巧。言い回し。節回し。経糸(たていと)に緯糸(よこいと)を斜めにかけて模様を織り出した絹。斜線模様の織物。綾地(あやぢ)。曲芸の綾織の略。
 「孔門十哲(こうもんじってつ)」=孔子の10人の高弟。徳行に優れる顔回・閔子騫・冉伯牛(ぜんはくぎゅう)・仲弓、言語に優れる宰予・子貢、政事に優れる冉求(ぜんきゅう/冉有)・子路(季路)、文学に優れる子游・子夏。
 「魯」=中国、西周・春秋時代の列国の一つ。周公旦の長子伯禽が封ぜられる。旧く、日神の祭祀があったと云われる。後、分家の三桓氏が実権を握り、頃公の時、楚に滅ぼされた。孔子の生国。大陸東沿岸部、山東省の別称。

自郡至女王國萬二千餘里=帶方郡より一万二千里で女王国に至る。帶方郡から朝鮮半島沿岸部の水行七千里と狗邪韓国から末盧国迄の水行三千里を合わせると、末盧国からの女王国迄は約二千里となる。これ以外に里程はない。これからすれば、南至水行十日と陸行一月も要するはずがないと云うのが大凡の見解だろう。だが、倭人の住地域を帶方郡の東南とした陳寿が狗邪韓国と邪馬壹国の位置関係を、「その北岸」とした事、不彌国迄を里程とした後、南至投馬国水行二十日、南至邪馬壹国水行十日陸行一月と日程にした理由等、陳寿の意識や文脈を全く無視した読み方だろう。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/01/05(木) 08:57:00|
  2. 7.傍国考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(1)斯馬国 | ホーム | 今年もありがとうございました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/134-5aff66f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)