見まごう邪馬台国

(1)斯馬国

  斯[sieg][siĕ][sï]=(字統)机の上にものを置いて、これを拆く
  馬[măg][mă(mbă)][ma]=草原を駆ける馬→天翔る鳥=帆に風を受けて海上を航行する船

 漢字音を併せると、シェッマッ→セマ(サマ→サバ)で、末盧国の東北、佐賀県唐津市浜玉町飯塚・大野・鳥巣・半田(はだ)・横田・山田、玉島神社・大村神社の在る玉島川沿いから福岡県糸島郡二丈町佐波・福井(加茂神社)等、海進に因る海岸線が後退した一帯の狭間(さま→せま)に比定する。
 末盧国の比定域、半田川沿岸佐賀県唐津市半田字天神ノ元の天神ノ元遺跡(弥生前期末~後期)の東北側同市浜玉町谷口字立中の谷口古墳北側、福岡県糸島市二丈鹿家付近の沿岸航海民は家船で生活したのか、円墳(年代不詳)はあるが、住居跡の記述はない。その東側、同市二丈石崎の一貴山遺跡、曲り田遺跡には住居跡がある。更に東側、室見川沿岸部の筑前国早良郡早良(さはら)郷=福岡市早良区有田・四箇、他にも山際の湾奥や河岸、谷間の狭隘な土地に同地名がある。

  山口県佐波郡徳地町(さば)・鯖河内・大野・八坂・奈良原 *佐波川沿岸
  山口県防府市佐波・大野・仁井礼・江良・半田 *佐波川沿岸
  広島県福山市佐波町・奈良津町 *芦田川沿岸
  京都府舞鶴市佐波賀・朝来 *山際の海岸
  岐阜県羽島郡柳津町佐波奈良 *境川沿岸
  滋賀県近江八幡市佐波江町・生須町・金田・白鳥町・長田(をさだ)町・八木町 *日野川河口
  石川県鹿島郡(七尾市)能登島町佐波  *四村塚山麓の日本海沿岸
  埼玉県北埼玉郡大利根町佐波・道目(ドウモク→どうめ) *利根川沿岸部
  群馬県佐波郡玉村町飯塚・福島・八幡原、同郡赤堀町鹿島*鏑木川沿岸
 
 「国名と官名」項でも述べた如く、伊都国の副官泄謨觚(セマコ)は、この国の王で邪馬壹国連合の一員として伊都国の官名を列ねるが、奴国の官兕馬觚(チマコ→ジマコ)は、一大率の副官卑奴母離を受け容れて服属、祭祀と統治権を剥奪された。その同源の地名「チマ(ジマ)→チバ」には芝・柴(シバ)・志波・千葉(チバ)等が在る。

 狗奴国との戦いの最中、女王卑彌呼が亡くなると、「記紀」海幸山幸説話の如く海民(海馬)投馬(タギ゙マ)国等が「チマ=小」「セマ=狭」の二系に別れたのだろう。その事と関連して、「記」垂仁天皇は旦波美知能宇斯王の娘、比婆須比売命、真砥野比売命、弟比売命を召し入れるとし、「紀」景行天皇の熊襲討伐経路に残る地名「轟(木)」は、双子の御子、大碓命の弟、小碓尊(日本武尊)の蝦夷討伐経路には見えない。
 ただ、福井県吉田郡永平寺町(どめき)と在り、私説の景行天皇熊襲討伐の始発地とした福岡県糸島市二丈佐波西側の同県糸島郡志摩町道目木の南、同県前原市雷山(雷山神籠石)、同県直方市道目木の南、同県嘉穂郡(飯塚市)頴田町鹿毛馬(鹿毛馬神籠石)、同県朝倉市杷木町道目木(杷木神籠石)等、他にも以下がある。

 
青森県上北郡横浜町百目木(どめき)、秋田県大館市道目木、山形県山形市百目鬼、岐阜県武儀郡武儀町下之保百々目木(どどめき)、宮城県気仙沼市百目木(どうめき)、同県加美郡中新田町百目木、同県本吉郡本吉町道貫(どうめき)、福島県安達郡岩代町 百目木、茨城県 ヒタチナカ市道メキ、千葉県袖ヶ浦市百目木、愛知県西尾市道目記町、同県岡崎市百々(どうど)、同県豊田市百々。
 四道将軍と関係するか、新潟県妙高市百々(どうどう)、石川県加賀市百々(どど)町、山梨県南アルプス市白根町百々(どうどう)、京都府京都市上京区百々(どど)町、同市山科区川田百々、同市西京区樫原百々ヶ池、同市山科区西野山百々町、岡山県久米郡柵原町百々(どうどう)、同県苫田郡加茂町百々。

大村神社=旧く知識無怨寺と称す。天平12(740)年、政治の乱れと天変地異を憂い、藤原式家広嗣が九州で反乱を起こすも、志ならず値賀島で捕らえられて(佐賀県東松浦郡玄海町値賀川内?)、唐津市浜玉町五反田(ごたんだ)の大村で斬首された。以来、天変地異が絶えず、後、肥前守を任ぜられた吉備真備が、この五反田郷に来て広嗣の霊を弔うために建立したもの(浜玉町史跡より)。長崎県東彼杵郡川棚町五反田郷、同県大村市や大村湾等も関連が在ると思われる。*大村(おほむら→おほみら)=大海羅、或いは、大臣(おほおみ→おほみ)羅
 吉備真備(695~775)=奈良時代の官人・文人。本姓、下道真吉備。717(養老1)年遣唐留学生として入唐、735(天平7)年に帰国、「唐礼」「大衍暦経」等を持ち帰る。橘諸兄に重用されたが、後、九州に左遷される。その間、遣唐副使として再び渡唐。恵美押勝乱の平定に貢献。正二位右大臣に累進。世に吉備大臣と云う。編著「私教類聚」「刪定(さんてい)律令」等。

佐波=岡山県真庭郡湯原町大字社字谷口大社の佐波良神社(神阿多都姫命、佐波良神)は山深い谷間に在る。静岡県賀茂郡西伊豆町仁科の佐波神社(積羽八重事代主命、應神天皇)は山際の海岸沿いの狭い土地に在る。滋賀県伊香郡木之本町川合の佐波加刀(さはかと)神社(日子坐王、大俣王、小俣王、志夫美宿禰王、沙本毘古王、袁邪本王、佐波遲比賣王、室毘古王) は山中の谷間にある。
 福島県いわき市常磐湯本町三函の温泉神社/佐波古神社(少彦名命、大己貴命)は、尾根に囲まれた盆地に在る。
 延喜式内社であり、社家に伝わる「神幸由来記」等の古文書参考書に拠れば、神代の昔、湯の岳が神体山であって信仰の山である。上古、逸早く少彦名命の鎮座あり、後に日本武尊の進駐の折、大和国、現在の奈良県三輪大社の主神、大物主大神「大巳貴命」が合祀され、以来二神が郷民によって祀れた。白鳳二年九月九日、湯の岳より下山して里宮として遷座、三遷して現在地に遷っ たのが延宝六年とある。

天神ノ元遺跡=甕棺は合口甕棺だが、上甕は身が大きく破壊されており、口縁部の一部のみ残存する。下甕は口縁部が打ち欠かれた中型の甕棺で、上半部に絵画が線刻され、沈線で区画された空間に横を向いた鹿と鉤状の線刻が、夫々、一つずつ描かれる。現存する区画は4つだが、7区画だった様で、鹿は、その区画、夫々に直線で表現された頭部と弧を描く胴部、胴部から直線的に延びる前足・後足、何れも「J」状の角を持つ牡鹿が描かれる。
 20号甕棺は金海式と呼ばれる甕棺で、弥生時代前期末に位置付けられる。甕棺に鹿を描いた例としては、県内初例であり、2頭の鹿を描いた福岡県吉武高木遺跡出土甕棺とともに国内最古段階の絵画土器の一つである。その東北側、福岡県糸島市二丈鹿家にも年代のハッキリしない円墳があるらしい。

四箇(しか)=茨城県稲敷郡桜川村四箇、千葉県印旛郡栄町四箇、兵庫県 龍野市龍野町四箇(よっか)等、何れも河川沿岸部の土砂が堆積したと思しき所にある。尚、四日市(よっかいち)・八日市(ようかいち)・八鹿(ようか)等も川沿いの狭隘な低湿地に多い地名。

「チマ→ジマ」=中島(なかしま/なかじま)と訓みわける理由で、おそらく、島(チマ=小)、州(セマ=狭)と云う違いがあったと考える。おそらく、奴国の副官、兕[?][zii][sï]・馬[măg][mă(mbă)][ma]・觚[kuag][ko][ku]と伊都国の副官、泄[siat][siєt][sie]謨[mag][mo(mbo)][mu]の前者は海上に浮かぶ島(ちま)、後者は河川の中州や山際の海岸(せま)等の違いを示唆する。尚、縄文海進期、房総半島も霞ヶ浦付近には水道があったとされるので、千葉(ちば→ちま)として良い。

海馬=海[məg][hai][hai]と馬[măg][mă(mbă)][ma]と在り、上古音が略同音にされる事からも判る様に、旧く草原を走る馬と海原を走る船と云う認識だったと思われる。尚、「記」宇摩志阿斯訶備比古遅(うまあしかびひこち)神とある。

熊襲討伐経路
=「古事記」倭建命の熊曾討伐とされる。日本の名著「日本書紀(中央公論社)」所載の景行天皇熊襲討伐の経路図を参照した。 蝦夷討伐は、当初、遠賀川周辺部に逃れた卑彌呼の宗女「臺與(タィヨ→とよ)」の一族を討伐した事を東国の事として記述されたと考える。また、「紀」垂仁天皇は丹波の五女、日葉酢媛、渟葉田瓊入媛、、真砥野媛、薊瓊入媛、竹野媛を召し入れるが、五女の竹野媛は醜いと返すとある。一方、「記」比婆須比売命、弟比売命、歌凝比売命、円野比売命、併せて四柱。しかし、比婆須比売命と弟比売命の二柱を留めて、その妹の二柱はとても醜かったので故郷に送り返したとある。こうした違いにも何らかの意味があるのだろうが、未だ判然としない。



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/01/16(月) 08:36:00|
  2. 7.傍国考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇娑麼 | ホーム | ◇残余の傍国>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/135-eeb02786
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)