見まごう邪馬台国

◇倭母(わも)

 「記」伊久米伊理毘古伊佐知(いさち)命に倣い「紀」活目入彦五十狭茅尊も「狭」の北京音[xia]=シァ→サ、茅(ちがや)=「チ」としたのだろうが、万葉仮名が漢字音を訓音として使われると云う前提とすれば、狭[ɦap][ɦap][hia]と、茅[mŏg][mău(mbău)][mau]の上古音・中古音に拠ると、ファッマゥ→ゥアマゥ→ワム(ファム→ハム)、ワムバゥ(ハムバゥ)→ワボ(ハブ)となる。

 「記」小碓命が兄大碓命を打ちのめしたと聞いた父景行天皇は小碓命→倭建(ヤマトタケル)命の猛々しく荒い乱暴な性格を恐れ、西方にいる従わない無礼な熊曾建の二人を討てと遣わした。この時、未だ、髪を額の上で結っていた小碓命は父の妹、倭比賣(ヤマトヒメ)から衣装を授かり、その懐に剣を納めて出かける。
  剣(けん)=建(けん→たけ→たち)とすれば、懐の剣=小碓命(幼子)は姨倭比賣(乳母玉依姫)の庇護下、倭建命(葺不合=卑彌弓呼)として足が立ち成人した。尚、剣(つるぎ)は、死後、白鳥(おおとり)=鶴岐(⇔鶴美)となり、飛んでいった倭建命になる。

 「記」垂仁天皇(伊久米伊理毘古伊佐知命)が沙本毘古命の佐波遅比賣命を娶り、生す子唖の品牟都(本牟智)和気命(入日子=継子?)、旦波比古多多須美知宇斯王の娘比婆須比賣命を娶り生す子、印色之入日子命・大帯日子淤斯呂和気命(景行)・大中津日子命・倭比賣命・若木入日子命。とある。
 倭(やまと)の「ヤマ」=分ける事とすれば、垂仁天皇の和風諡号「倭母」は御子を産む皇后佐波遅比賣と後添いの旦波美知能宇斯(投馬道主)王の娘、後者は四姉妹(「紀」五姉妹)に変わる事に関わる。
 また、兄比賣(比婆須比賣命)→沙本毘古命、佐波遅比賣命→弟比賣(沙本毘賣=歌凝比賣命)、円野比賣命→双子の倭建命として転生させるが、「紀」は真砥野媛と竹野媛として、
その兄大碓命と繋ぐと考えられる
 小碓(倭建)命が伊玖米(垂仁)天皇の娘、布多遅能伊理毘賣命(ふたち)を娶り生す子、帯中日子命(仲哀)一柱。入水した橘比賣命を娶り、生す子若建王一柱。近淡海之安国造祖意富多牟和気の、布多遅比賣を娶り、生す子稲依別王一柱。吉備臣建日子の、大吉備建比賣を娶り、生す子建貝児王一柱。山代之玖玖麻毛理比賣を娶り生す子足鏡別王一柱。或る妻の子息長田別王。併せて六柱。
 
 尚、「紀」五十鈴川上の磯宮。崇神天皇の御世、豊鋤日賣命が祭祀する。この御世、天照大神の御魂を倭姫命に移し、その鎮座地を求め、現在の三重県東北部の伊勢国に至るとある。

 「紀」景行天皇熊襲討伐の終点「浮羽」から日向峠を越え、福岡県糸島郡二丈町佐波・福井や東側の同郡志摩町百目木の南側、雷山神籠石の同県前原市多久一帯に戻り、景行天皇(沙本毘古命→狗古智卑狗)→倭建命→倭男具那命(狗奴国王)は垂仁天皇の皇后佐波遅比賣命→沙本毘賣命(宗女壹與)を奪い邪馬臺国と称す。
 邪壹国伊都国連合に与した斯(セマ→サバ)国、邪(ヌガマ→ヤバ)国(卑彌呼の出生国?)、投(タグマ→タヌバ/タギマ→タジマ)国等の海民国(~馬国)の何れもが二分裂、それは邪馬壹国伊都国連合自体が分裂した事をも示唆する。それが故、女王卑彌呼の宗女に対する呼称が、「臺與」「壹與」と混乱し、国名が邪馬国から邪馬国が領域を拡げると、邪馬国系が東遷を始める。
 
 例えば、海驢(あしか→あししか)=足鹿(海馬)を船とすれば、地方に拠っては逆転することもあるが、人が牽く荷を担いだ驢馬(ろば)→艫(とも)=船尾=随伴者(とも)、船首(みよし・へさき)=舳(へ)には、航海の無事を祈願した持衰(じさい)=御先(みさき)が坐す。

ハム=巫女を出す国とした不彌(はみ)国と関係があるのだろう。蛇類の総称「ハミ」と同語源「噛む・食む」。鱧=古名「ハム」、ハモ科海産硬骨魚。体形は鰻形で、全長2㍍に達することも。吻(ふん)は尖り、口は大きく鋭い歯を持つ。背部は灰褐色、腹部は銀白色。体は滑らかで鱗がない。青森県以南沿岸部に産し、関西では鱧料理として珍重される。北日本で穴子。
 飯匙倩(はぶ)=クサリヘビ科の毒蛇。沖縄諸島・奄美(あまみ)諸島に分布。全長2㍍に達し、頭はほぼ三角形、飯を盛る匙(さじ)形でマムシに似るが、頭部背面の鱗は小さい。樹上や草陰に潜み、人畜を咬む。攻撃性が強く、猛毒をもつ。奄美・沖縄諸島には太く短い別種ヒメハブも分布。

鶴岐(⇔鶴美)=伊邪那美と伊邪那岐と云う陰陽の神と同様、姨(おば)の倭比賣命(鶴美)から、成人男性の倭建命(鶴岐)に転生する。

佐波遅比賣命=垂仁天皇にも「伊理毘古」とあり、母系制に於て、婿入り先の佐波遅比賣と離婚し、奪い取った御子を継子として垂仁天皇の後添い弟比賣が養う。時系列的には逆だが、「記紀」海幸彦の、山幸彦と豊玉姫が夫婦(めおと)となり、豊玉姫が産んだ葺不合を山幸彦の後添い乳母(玉依姫)が妹背(妹と兄)として養う。詰まり、父系(兄→弟)と母系(妹→姉)の夫婦(姉と弟)となり、御子を生す。
 例えば、「記」邇芸速日命が先住民、那賀須泥毘古の妹、登美夜毘賣を娶り、宇摩志麻遅命を生む事と、「記」末弟の若御毛沼命(神武)の東遷した後、山神が土地の娘に生ませた神の子、七乙女中の長女(姉)を正后として娶り、即位するのと同様。

「記」四姉妹(「紀」五姉妹)=美知能宇斯王)の娘、氷婆州比賣命、次に弟比賣(沼羽田入毘賣)命、次に歌凝比賣命、次に円野比賣命、併せて四柱とある。「紀」十五年春二月乙卯朔甲子喚丹波五女納於掖庭、第一曰日葉酢媛、第二曰渟葉田瓊入媛、第三曰真砥野媛、第四曰薊瓊入媛、第五曰竹野媛の五女とする。 

天照大神=豊鋤入日賣命が巫女として祭祀したとすれば、天照大神は男性神(太陽神)だったと思われる。その後、髪の毛が抜けてお祀りできなくなったと在り、その御魂を倭姫命に移すと太陽光を映す女神天照大御神(鏡)となる。
 初め、天津日高日子番能邇邇芸命の天降りを先導した男性の猿田毘古と、伴(とも)の女性天宇受賣命が、目的地の九十(くしふ→くじゅう)の山に着くと、逆転し、先導(先達)が女性の天宇受賣命となり、猿女君の名を負う
とされる。

~馬国=「距離の感覚」項で述べた如く、「馬」と「海」が上古音では近似音とされる事から、「私説」旧くは草原を走る馬を海原を走る船として擬えられており、それが故、一日で馬が走る平均距離と船のそれが略同等に設定されたとした。

邪馬国=狗奴国官狗古智卑狗(山幸彦)の後添いだろうか、宗女壹與(妹玉依姫)が卑彌弓呼(葺不合)を養育し、国王となった後、国名として称した。尚、「記紀」との略関係は以下と考えられる。

 伊都国(旦波道主王娘兄比賣と弟比賣=倭人と垂仁天皇=伊都国)
   ↓支配服属させる  *垂仁=前69~後70 倭国王帥升?
 奴国(沙本毘賣→神功皇后) → 狗奴国として分裂(景行→妹倭比賣→小碓命→仲哀天皇)
   ↓大碓命を東国へ追い払う(山口県佐波郡徳地町八坂→飛鳥→群馬県佐波郡)
 邪馬壹国連合の女王系(佐波遅比賣→八坂入姫命)と伊都国(大碓命→成務天皇)

持衰(じさい)=「魏志倭人伝」其行來渡海詣中國、恆使一人不梳頭、不去蟣蝨、衣服垢汚、不食肉、不近婦人。如喪人、名之爲持衰。若行者吉善、共顧其生口財物。若有疾病遭暴害、便欲殺之。謂、其持衰不謹。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/02/03(金) 00:36:00|
  2. 7.某国考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇迫間(はさま) | ホーム | ◇娑麼>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/138-9ca8ba67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)