見まごう邪馬台国

◇伊佐知

 前項の「注1」でも述べたが、「記」垂仁天皇の和風諡号「伊久米伊理毘古伊佐知命」の伊佐知=八幸(やさち)とすれば、「海幸山幸説話」男系兄海幸彦と弟山幸彦の幸(さち)を分け、母系海民に婿入り後、八雲(伊久米)=母系も姉豊玉姫(生母→巫女)と妹玉依姫(乳母→嫁)を二つに分けた天皇(弟山幸彦)として設定される。
 一方、「紀」活目入彦五十狭茅尊の「狭茅=倭母(わも)」としたが、「伊」に代わりに使われる「五十(50+50)」=百(も)とすれば、母系を分けた天皇として設定されるが、後代、併合(耳成)されて、百(もも)となる。

 「紀」神渟名川耳(綏靖)天皇神日本磐余彦天皇第三子也、母曰媛蹈鞴五十鈴媛命、事代主神之大女(姉)也~。二年春正月立五十鈴媛為皇后(一書云磯城県主女川派媛、一書云春日県主大日諸女糸織媛也)、即天皇之也。后生磯城津彦玉手看(安寧)天皇。

 「記」五穀の起源、二つの目(め=女)に稲種(母実)生るとあり、「紀」活目(いきめ)は、足仲彦(仲哀)天皇の皇后(應神の生母)で、寡婦の息長足姫命(生母豊玉姫)=母系「息(ぉいき→いき)」に関連し、「紀」活目入彦五十狭茅尊は海民に婿入り、母系を二系(臺與と壹與)に別けた天皇で、「記」伊久米伊理毘古伊佐知命は、母系海民に婿入した後、父系を二系(伊都国王と卑彌弓呼)に別けた天皇になる。

 また、阿邪美能伊理毘賣命の「伊理=遣(やり)」から皇后佐波遅比賣→妹沙本毘賣命と同様、出産後、遣られて歌凝(かごり)比賣命と名を変える。*駕籠降(かごり)→籠(かご→こもる)→隠(かくる)

 「紀」四年春二月甲寅朔甲子天皇幸美濃左右奏言之茲国有佳人曰弟媛容姿端正八坂入彦皇子之女也。天皇欲得為妃幸弟媛之家、弟媛聞乗輿車駕則隠竹林~。「聞乗輿車駕則隠竹林」を訓じると、天皇の乗る輿車駕(こし)が来るとを聞いた弟媛は、則ち竹林に隠る。

 阿邪美能伊理毘賣命(沙本毘賣→弟媛)を妹姫に化体、沼羽田毘賣命の子、沼帯別命(葺不合)の乳母として遣られ、養育後、景行妃の兄比賣(八坂入媛・八尺入日賣)命の生む若帯日子命(成務)と繋ぐ。
 一方、針間之伊那毘能大郎女との双子「大碓命・小碓命(他三子)」として 弟媛命(歌凝比賣→弟国円野比賣命)を、妹倭比賣→弟小碓命→倭建命→倭男具那命と転生させ、孫の仲哀天皇に繋ぐと考える。
 それが故、「記」景行天皇が自身の子、倭建命の曾孫須売伊呂大中日子王の娘、具漏比売を娶り生む子、大枝王。更には、仲哀の子、品陀和気命(應神)が具漏比売を娶り生む子、川原田郎女、玉郎女、忍坂大中比売、登富志郎女、迦多遅王。その倭建命と弟橘比売命の子、若建王が飯野真黒比売命を娶り生む、須売伊呂大中日子王。この王が淡海之柴野入杵の娘、柴野比売を娶り生む子、具漏比売命とある。

 「伊理=遣」や「入」の付かない兄比賣命(氷羽州比賣→比婆須比賣)を姉豊玉姫は、印色日子命を入婿弟山幸彦とし、沙本毘古の妹沙本毘賣(弟比賣→沼羽田伊理毘賣)を妹玉依姫とし、その継母に養育された品牟都和気命の妻肥長比賣命(「紀」渟葉田瓊入媛(兄媛=八坂入媛)→妹真砥野比賣命→兄系本牟智和気命(蝦夷?)として分離・独立する。

 尚、天神山幸彦が上位者だったからか、豊玉姫は、態々、婿山幸彦の上国で出産、本来の姿(鰐=海民)を見られた事を恥じ、その御子葺不合を置いて帰った後、妹玉依姫を乳母(後妻)として遣る(伊理)。養母と養父(山幸彦)の下で育つと、継母の玉依姫を娶り(余里)、生む末弟の神武天皇(他三人)は、父系(天つ神)に属す家父長制と考えられる。さて、次回から傍国の考察に戻ろうと思う。

五十狭茅尊=「紀」素戔嗚尊の子(母不詳)、五十猛(いたけぬ)命。「紀」垂仁天皇(母・日葉酢媛)の子、五十(いしきに→いふに)入彦命。「開化紀」伊香色謎命為皇后(是庶母也)后生御間城入彦五十殖(いにゑ)天皇等とも関係が在る。

五穀の起源=「記」速須佐之男命に殺された神の頭に蠶(かいこ)が生る。二つの目に稲種(もみ)が生る。二つの耳に粟(あは)が生る。鼻に小豆(あずき)が生る。陰部(ほと)に麦が生る。尻に大豆(まめ)が生る。「紀」(月読尊に殺され)是時、保食神實已死矣。唯有、其神之頂化爲牛馬。顱上生粟。眉上生蠒(まゆ)。眼中生稗。腹中生稻。陰生麥及大小豆。

母系=若倭根子日子大毘毘命(開化)が、近淡海之御上祝が祭祀する天之御影神の娘、息長水依比売を娶り生む子、旦波比古多多須美知能宇斯王品陀和気命(應神)が、咋俣長日子王の娘、息長真若中比売を娶り生む子、若沼毛二俣王一柱。品太(應神)天皇の五世の孫、袁本杼命(継体)が息長真手の娘、麻組郎女(をくみいらつめ)を娶り生む子、佐佐宜(ささげ)郎女一柱。沼名倉太玉敷命(敏達)が、息長真手王の娘の比呂比売命を娶り生む子、忍坂日子人太子(麻呂古王)、次に坂騰王、宇遅王三柱。等が見える。
 佐佐宜(ささげ)=大角豆、マメ科の一年生作物。ヤッコササゲ(ハタササゲ)・ササゲ・ジュウロクササゲの3亜種。アフリカ中部の原産。9世紀頃に渡来。莢・種子を食用とする。ササギ。*継体紀「荳角、此をば娑佐礙といふ」
 また、「紀」敏達天皇の娘、糖手(ぬかて)姫皇女(母系息長)と押坂彦人足大兄皇子との子、田村皇子の和風諡号、息長足日広額(舒明)天皇は母系息長が生んだ男子になる。

阿邪美能伊理毘賣命=旦波美知能宇斯王の娘、比婆須比売(兄比賣)命、弟比売(沼羽田毘賣)命、阿邪美能伊理毘賣(歌凝比売)命、円野比売命四柱。「開化記」日子坐王の子、美知能宇志王丹波之河上之麻須郎女を娶り生む子、比婆須比賣命、真砥野(まとの)比賣命、弟比賣命、朝庭別(みかどわけ)王四柱。「垂仁記」と姉妹の順と名称に違いが在り、こうした事にも何らかの意味や意図があると思えあれる。

妹沙本毘賣=「記」開化天皇が丸邇臣祖日子国意祁都命の妹、意祁都比売命を娶り、生む日子坐が、春日建国勝戸売の娘、沙本之大闇見戸賣を娶り、沙本毘古王、袁邪本王、沙本毘売(垂仁の皇后佐波遅比賣)命、室毘古王(若狭耳別)を生む。
 尚、「紀」垂仁天皇、旦波道主王の娘、薊瓊入媛を娶り、池速別命・稚浅津(わくあさつ→わかさつ)姫命を生む。竹野媛(子女無し)とある。

景行妃=吉備臣等祖若建吉備津日子の娘、針間之伊那毘能大郎女を娶り、櫛角別王、大碓命、小碓(倭男具那)命、倭根子命、神櫛王を生む。八尺入日子命の娘、八尺入日売命を娶り、若帯日子命、五百木之入日子命、押別命、五百木之入日売命を生む。或る妾は豊戸別王、沼代郎女を生む。或る妾は沼名木郎女、香余理(カグヨリ)比売命、若木之入日子王、吉備之兄日子王、高木比売命、弟比売命を生む。日向之美波迦斯毘売を娶り、豊国別王を生む。伊那毘能大郎女の妹、伊那毘能若郎女を娶り、真若王、日子人之大兄王を生む。倭建命の曾孫、名は須売伊呂大中日子王の娘、訶具漏比売を娶り、大枝王を生むとある。*余理=依?

印色日子命=「イヌシキイリヒコ」、「紀」日葉酢媛を娶り、五十敷瓊入彦(いしきにいりひこ)命・大足彦尊(景行)・大中姫命・倭姫命・稚城瓊入彦命を生む。渟葉田瓊入媛を娶り、鐸石別(ぬでしわけ)命・胆香足(いかたらし)姫命を生む。真砥野媛(子女無)。薊瓊入媛を娶り、池速別命・稚浅津姫命を生む。竹野媛(子女無し)。
 また、美知能宇が丹波之河上之麻須郎女を娶り、比婆須比賣命真砥野比賣命弟比賣命朝庭別(あさばわけ/みかどわけ)王を生む四柱とあり、「垂仁記」と姉妹の順序と名称に違いが在る。*旦波比古多多須美知宇

家父長=伊勢平氏流れ忠盛(弟山幸彦)の妻、藤原北家太宰帥隆家流れ宗兼の娘、禅尼(妹玉依姫)は、清盛(葺不合)の養母と云われる。仲が悪かったとされる兄弟、大納言平頼盛の生母と考える。
 平頼盛(1132~1186)=平安末期の武将。忠盛の子。母、池ノ禅尼が源頼朝を助けた功により、平家滅亡後も頼朝に厚遇された。池殿。尚、清和源氏多田満仲の流れ頼盛とある。
 継子の清盛と同名が醍醐源氏の後裔岡本氏流れに同名が見える。清盛(得度名「浄海」)は、桓武平氏時信の娘二位尼時子を娶り、生した徳子を高倉天皇の皇后(安徳の生母)とし、平家を創立する。平家滅亡後、建礼門院徳子は安徳天皇(言仁=ときひと)の菩提を弔ったと云われる。
 *建礼門=平安京内裏の外郭門の一つ。南面の中央で内郭の承明門に対する。白馬(あおうま)の陣。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/02/20(月) 23:03:14|
  2. 7.某国考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(2)已百支国 | ホーム | ◇転生  *更新しました(2/20)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/141-9a8d7b40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)