見まごう邪馬台国

◇御真木入日子印邇恵

 「記」崇神天皇が尾張連祖意富阿麻比賣を娶り生んだ御子は、大入杵命、八坂之入日子命、沼名木之入日賣命、十市之入日賣命の四柱。景行天皇が、その八坂之入日子命の娘八坂入比賣を娶り、生んだ五百木入日子(五百城入彦)命と五百木入日賣(五百城入姫)命は「已百支国」に関係すると云う説もあり、漢和大字典に拠ると、両者の漢字音は以下になる。

 已[diəg][yiei][i] / 五[ŋag][ŋo][u](「字統」×字で蓋をする)
 百[păk][pʌk][pai(po)]
 支[kieg][tʃıĕ][tsï] / 木[muk][muk(mbuk)][mu]

 「魏志東夷伝」成立期の上古音を併せると、已百支「デァッ・パッ・キェ→タパケ(タマケ)→タァケ」、一方、「記紀」成立期の中古音を訓に拠る仮名を交えずに併せると、五百木「ヌゴ・パッ・ムッ→ッゴパム→ゴハン」になる。
 地名「ゴハン」は見あたらないが、音から末盧国の比定地東側の佐賀県唐津市浜玉町五反(ゴハン→ゴソル→ゴツォヌ→ゴタン)田とすれば、已百支国に比定した福岡県前原市(糸島市)多久・五反田(宮地岳)・牧(まき)、同県福津市津屋崎町五反田(宮地嶽神社)、長崎県東彼杵郡川棚町五反田郷等がある。
 また、訓に拠る仮名を交えると、五百木「イッパッキ→イハキ(岩木・岩城)→イマキ(今来)」ともなり、狗奴国に寝返った已百支→五百木国は、今来(ぃまき→っまき)と訓みが変化し、後代、「真木」にされる。その
五百木入日子命の在地は、(1)斯馬国の比定地とした福岡県糸島郡二丈町佐波の東南、佐賀県鳥栖市真木町轟木・麓(ふもと)(對蘇国?)か、熊本県阿蘇郡大津町真木とする。

 福岡県宗像市田久の東南、遠賀川沿岸の同県遠賀郡水巻町や同県中間市付近の古地名「御牧(みまき)郡」は、崇神天皇の和風諡号の御真木入日子印恵命「紀」御間城入彦五十瓊殖尊に関連を説く研究者も居る。
 「御牧郡」の東北、福岡県北九州市若松区の洞海湾岸今光(イハミ津→イバミ津→イマミ津)の背後に聳える水源の石峰山(光明山)は、日本海沿岸部の旧国名「石見(いはみ)」の象徴で、後代、その領域から外れたため、石水(いはみ・の)山→石水(いしみ・ぬ)山→石峰(いしみね)山に転音したと考える。

 女王卑彌呼の死後、邪馬壹国伊都国連合の一部が千余里東側の倭人系海民(宗像)を頼って東遷、伊都母(出水→出雲)と称したのか、出雲国譲で、剣神伊都之尾羽張(天之尾羽張)神の御子、天之(あめの)系統に靡いた御雷神に敗れた御名方神が東国の科野(しなの)に逃げ込んだのと同様、「山幸海幸説話」妹玉依姫(乳母→妻)と葺不合(兄海幸彦)が併合し、父系の弟山幸彦を東国方面へ追い払う。

 「斯馬国」項で同地名とした山口県佐波郡徳地町鯖・八坂、同県防府市佐波町・仁井礼町西北側、同県長門市真木、同県美祢郡秋芳町真木、同県美祢市大嶺町真木へ領域を広げた初国知らすとされた崇神天皇の領域と考えられる。
 他にも島根県飯石郡赤来町真木、福井県福井市真木町、同県丹生郡朝日町真木、富山県東礪波郡上平村真木、新潟県糸魚川市真木、同県両津市真木、同県白根市真木(まぎ)新田、同県西蒲原郡分水町真木山(まぎやま)、同郡中之口村真木、山梨県大月市大月町真木、茨城県筑波郡谷和原村真木(まぎ)、千葉県八千代市真木野、岩手県下閉伊郡田野畑村真木沢、秋田県北秋田郡阿仁町真木沢がある。

 中大兄皇子(天智)が百済(くだら)救援のため斉明天皇と筑紫に下向後、新羅に大敗する。天皇の崩御後、大津宮に遷都した中大兄皇子は、福岡県の太宰府付近から熊本県菊池郡大津(おおづ)町真木(真城)・御所原・古城付近へ南下(くだ)ったと考える。

八坂入媛命=第一曰稚足彦(成務)天皇、第二曰五百城入彦皇子、第三曰忍之別皇子、第四曰稚倭根子皇子、第五曰大酢別皇子、第六曰渟熨斗皇女、第七曰渟名城皇女、第八曰五百城入姫皇女、第九曰麛依(かごより)姫皇女、第十曰五十狭城入彦皇子、第十一曰吉備兄彦皇子、第十二曰高城入姫皇女、第十三曰弟姫皇女。
 又妃三尾氏磐城別之妹水歯郎媛生五百野皇女。次妃五十河媛生神櫛皇子、稲背入彦皇子、其兄神櫛皇子是讃岐国造之始祖也、稲背入彦皇子是播磨別之始祖也。次妃阿倍氏木事之女高田媛生武国凝別皇子是伊予国御村別之始祖也。次妃日向髪長大田根生日向襲津彦皇子是阿牟君之始祖也。次妃襲武媛生国乳別皇子与国背別皇子一云宮道別皇子、豊戸別皇子、其国乳別皇子是水沼別之始祖也、豊戸別皇子是火国別之始祖也。夫天皇之男女前後并八十子然除日本武尊稚足彦天皇、五百城入彦皇子外七十余子皆封国郡各如其国、故当今時謂諸国之別者即其別王之苗裔焉

「デァッ・パッ・キェ→タパケ(タマケ)→タハケ→タァケ」=戯(たはけ)、謀(たばけ)。岳(たき)=断崖、断崖の多い山。滝=旧くは「タギ(滾る)」、河の瀬や、急な傾斜の所を勢いよく流れる水、激流、奔流、断崖から流れ落ちる水(瀑布)。沖縄では拝所のある山を御岳(うたき)と云う。*
滝に出現すると伝わる童形の怪物を岳童(たきわろふ)

五反田=反=段とも、距離の単位。6尺を1間(けん)、6間=1段。土地の面積、1段(反)は300歩(坪)で、約991.7㎡。太閤検地以前は360歩。布帛の大きさの単位・「端」。成人一人前の衣料に相当する分量。1反は、普通、布では並幅で鯨尺2丈6尺、または、2丈8尺とされる。官狗古智卑狗(山幸彦)か、継子の男王卑彌弓呼(葺不合)と宗女壹與(玉依姫)を合わせた夫「(二=伎・岐)」+乳母(三=美)=五と関係するか。
 三重県松阪市五反田町、同県桑名市五反田、滋賀県甲賀郡甲賀町五反田、京都府京都市右京区山ノ内五反田町、同府京都市右京区龍安寺五反田町、同市伏見区深草五反田町・同区向島五反田、同市西京区樫原五反田、同府八幡市八幡五反田、鳥取県鳥取市五反田町、 愛媛県八幡浜市五反田、長崎県東彼杵郡川棚町五反田郷等が在る。*伍伴(ごはん)=仲間・連れ

今来(いまき→いばき→いはき)=岩木は、男系卑彌弓呼(葺不合命+玉依姫→五百木入日賣命)、山幸彦(五百木入日子命)、今見(いまみ)=石見は、女系の卑彌呼と云う関係に比定されると考える。
 もしかしたら、狗奴国王卑彌弓呼との戦いに敗れて、亡くなった邪馬壹国女王卑彌呼の宗女とされる臺與(豊玉姫、壹與=玉依姫?)の東遷後、石水→石見→今見と称されたのかも知れない。*伊吹(いふき)→五百木(いほき)→岩城(いはき)

轟木(とどろき)=傍国(9)對蘇(ツィス→トス)国に比定した。「記」土佐国(建依別)と在り、建速須佐之男命の建(たけ)国=都支国に憑依され、服従させられたのか、同音の地名「トサ」は福岡県内には見あたらない。
 尚、福岡県糸島郡二丈町佐波の西側、同郡志摩町道目木(どうめき)の南側、同県前原市雷山(雷山神籠石)、同県直方市道目木の南側に同県嘉穂郡(飯塚市)頴田町鹿毛馬(鹿毛馬神籠石)、同県朝倉市杷木町道目木の南側(杷木神籠石)、東日本にも百目鬼・百目木・道目木等が在る。
また、「日本の名著」日本書紀所載の地図「紀」景行天皇が熊襲討伐経路の伝承地に循い「轟(木)=紫点」が転々と残る。*緑点=麓
麓と轟 
今光(いまみつ)=西側の若松区用勺(ようじゃく)は石見津(いはみつ)の庸津役(ようつやく)で、これと同系の地名には福岡県北九州市八幡西区町上津役(まちこうじゃく)、上上津役・下上津役、これは古遠賀湾か、金山川の「津役」で、湾域の縮小に伴う遠賀川の流域の変化に因り、その役目を終える。他にも彌奴国の比定地とした福岡県春日市白水の西北、同県筑紫郡那珂川町今光・中原がある。
 尚、「光明」とは日光であり、水神でもある。聖武(首皇子)天皇皇后、藤原不比等の娘、光明子も水神と考えられる。東大寺二月堂のお水取りでは、大松明の火の粉を浴びると、一年、無病息災とされる。その大松明(首皇子)を鎮火する水神(光明子)は、春日神社「比賣神」の御神体で、裏手にある水源と考えられる。尚、火之神迦具土神の首(こうべ→くび)から大雷(おほいかづち)が生るとある。*烏賊津(いかつ)臣

剣神=建[kiān][kıʌn][kien]・剣[klıăn][kıʌn][kiem]、「記紀」成立期の中古音が同音である事を考え併せると、剣神の伊都之尾羽張が分裂した後、天之(あめの)=建御雷神が出雲の事代主神と繋がり、服従しない建御名方神を科野へ追い遣ったと考えられる。

東国方面=海民が二つに分裂する事を「山(と陰陽が揃った→間)」と呼んだ。邪馬壹(かまぃえ/がばぃえ/やまぃえ)国伊都国連合の宗女臺與(とよ=豊)は東千余里の福岡県宗像市付近の海民を頼り、福岡県京都郡(現みやこ町)豊津町や響灘沿岸部の山口県豊浦郡(下関市)豊浦町・豊田町、更には日本海沿岸部の島根県石見や出雲市へと逃げた。一方、狗奴国は宗女壹與(いよ)と繋がり、邪馬臺国と称す。
 後代、筑紫君磐井(竺紫君石井)乱等の情勢変化からか、狗奴国王系統(中兄大兄皇子)は壹與(妹→弟)系統を残して東征、先行の宗女臺與系統(皇極天皇)
と蘇我蝦夷と入鹿親子を倒し、政権を握る(乙巳の変)。

大津宮=女王(臺與)と男弟の「邪馬壹国」と、男王と巫女(壹與)の狗奴国→邪馬臺国に分裂し、熊本県菊池市付近の鞠智城南、同県阿蘇郡大津(おおづ)町から大分県大分市大津、高知県土佐清水市の大津、同県高知市大津、徳島県鳴門市大津、大阪府泉大津、滋賀県大津市へと移動した。これとは別に邪馬壹国系が移動したのか、山口県大津郡(長門市)日置町、島根県出雲市大津、石川県羽咋郡志賀町大津(おおづ)、同県鹿島郡田鶴浜町大津、新潟県刈羽郡西山町大津、同県岩船郡荒川町大津、青森県三沢市大津がある。
 もう一つ、山梨県甲府市大津町、群馬県吾妻郡長野原町大津、神奈川県横須賀市大津町、茨城県北茨城市大津町、千葉県長生郡長柄町大津倉、千葉県安房郡富浦町大津が在り、日本武尊(倭建命)の東征に関係するのかも知れない。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/03/15(水) 22:10:03|
  2. 7.傍国考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇葬送 | ホーム | (2)已百支国>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/143-74836293
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)