見まごう邪馬台国

(5)彌奴国

 彌[miĕr][miĕ(mbiĕ)][mi]=「爾」豊かな毛髪と女性の美しい文身、「弓」男性のトーテムで、矢(婿胤)を射る弓
 奴[nag][no(ndo)][nu]=祭祀官下属の女囚

 漢字を併せると、巫女の教えに従う水耕稲作民(奴=下属の民)の奴国連合の国になる。その訓を「ミェルナッ→メルナ→ミナ→ミヌ→ミヅ」とすれば、有明海沿岸の福岡県三潴(みずま)郡三潴町や同県久留米市山本町耳納、水縄(みのう)山(高良神社・玉垂命)、遠賀川沿岸の同県遠賀郡水巻、同県行橋市蓑島(みのしま)他、三野・美濃等も同源と考えられる。
 前項迄の流れに順うと、福岡県福岡市博多区美野島付近だが、那珂川や御笠川を遡った同県春日市白水(しろうず)・春日野・大和町、同県大野城市瑞穂町付近一帯の小高い所に住み、低湿地や泥濘地に溜め池や水路を造り、治水工事を施して開発した。

 弥永原(やながばる)遺跡、弥生中期(福岡県福岡市南区日佐)勾玉、水晶製玉類 、倭製内行花文鏡、硝子製勾玉鋳型
 須玖岡本遺跡、弥生期(福岡県春日市)硝子製勾玉、硝子製璧、硝子製管玉、草葉文鏡, 星雲文鏡, 重圏銘帯鏡, 連弧文銘 帯鏡、銅剣, 銅矛

 道程で記述された国々とは違い、国名が羅列されるだけの傍国の役目や官名、その比定地は使われる漢字音と語義から推測するしかない。伊都国の台頭に拠り、統治権を奪われた奴国連合の委奴国王係累、狗奴国王卑彌弓呼は官狗古智卑狗と共に再起を期して南下(くだ)ったため、彌奴国は、その後ろ盾を失い服属させられただろうから、一大率から官卑狗(文官)か、副卑奴母離(武官)が派遣されたのは間違いない。
 その伊都国の命に従い(9)對蘇国と共に彌奴の人々は
那珂川や多々良川下流域の福岡県福岡市南区清水(しみず)、同市博多区美野島や同市東区水谷(香椎宮)、有明海沿岸の同県三潴(みずま)郡三潴町付近迄、技術と、その役目を担い派遣されて拡がっていたのかも知れない。
 例えば、福岡県太宰府市の「水城」は、宇美川や御笠川河口から遡り、南側の大川(筑後川)河口、福岡県朝倉市杷木町付近へ抜ける運河の水量を調節したと考えられる。ただ、弥生前期の冷温化に因る海退で、その役目を失うが、内陸部深く入り込んだ博多湾岸にできた泥濘地の治水工事のための貯水池とされた。後代、中大兄皇子が新羅の侵攻に備えた防御的な役割の水城の築造や管理にも彌奴の人々が従事した。

 これを 「ムナ(ムダ)」とすれば、大牟田市等の牟田(低湿地や泥濘地)、福岡県宗像郡玄海町牟田尻等も考えられる。ただ、宗像大社の三女神は海民が斎き祀るので、役目や特徴に違いがあり、宗像付近は邪馬壹国東側千里に居た同種の倭人とした。
 先述した様に、倭[・ıuar][ıuĕ][uəi](別音[・uar][ua][uo])と同音「委」=(字統)稲魂(穀物神)を被り舞う女性(早乙女)で、舞う姿が低く、しなやかな様とあるので、「倭」の人偏「イ」は委=卑弥呼(天照大御神)を支える伊都国から派遣された補佐役(摂政)の男弟(「記紀」思兼神)となる。
 おそらく、「記」天宇受賣命(猿女君)が天之石戸(天磐戸)の前で舞踊り、太陽(日光)神を呼び出した如く、山麓の河口部で水耕稲作を営む農耕民は、投馬国連合の海民等が持つ天文の知識を用いて農事暦を作り、巫女卑弥呼(≒天照大御神)一族が「能くする」と云う鬼道に、その農耕儀礼や神事を委ね、豊穣を祈願したと考える。
 「記」スサノヲが大山津見神の娘神大市比賣を娶り生んだ大年神を、狗奴国の覡王卑彌弓呼(+官狗古智卑狗)、宇迦之御魂神を女王卑彌呼か、宗女壹與(臺與)が斎き祀った稲魂の化身として記述した。詰まり、「記紀」の編者達も「魏志東夷伝」を読んでいたとして良い。

美濃=三重県松阪市美濃田町、同県名張市箕曲中村(ミノワナカムラ)、同県多気郡明和町蓑村、滋賀県神崎郡永源寺町箕川、同県坂田郡近江町箕浦、同県東浅井郡湖北町美濃山、大阪府堺市大美野・見野山、同府豊中市箕輪、同府箕面市箕面、同府東大阪市箕輪、兵庫県神戸市灘区箕岡、同県姫路市四郷町見野、兵庫県川西市見野、同県津名郡五色町鮎原三野畑、奈良県大和郡山市箕山町、同県山辺郡山添村箕輪、和歌山県有田市箕島、同県海草郡美里町蓑垣内(ミノガイト)、同県東牟婁郡本宮町簑尾谷、島根県益田市美濃地町、岡山県岡山市三野、同県津山市美濃町、同県御津郡加茂川町三納谷、同県邑久郡邑久町箕輪、広島県三原市八幡町美生(ミノウ)、同県福山市箕島町、同県佐伯郡沖美町美能、同県山県郡戸河内町箕角(ミノスミ)、徳島県三好郡三野町清水、香川県三豊郡三野町大見・同郡豊浜町箕浦等、何れも低湿地や河岸や湖岸に多い。

白水(しらみず→しらむず→しらうず)=泥濘地に施す治水工事や水城等の調整池を管理する人々と考える。尚、白水郎(はくすいろう)=白水は中国の地名、海人(あま)の異称とあるが、沿岸航海民や河民で、長江河口部、浙江省等の治水工事に携わり、水路を完備し、河川荷役を発展させたと考える。現在でも、春日神社(比売神=水神光明子?)が地座する白水付近には白水(しろうず)氏がおり、全て、此処が発祥と自称する。

奴国連合=周の召公奭の封ぜられた「」が秦の始皇帝に滅ぼされたため、その国人、衛滿が朝鮮半島へ逃れて、殷王「紂」の叔父胥余が周武王から「箕」に封ぜられて朝鮮に入り、興した箕子朝鮮の王「準」を滅ぼし、衛氏朝鮮を興す。その難を逃れた王族や官吏が奴(「論」箕子、これ下属の女囚とある)として列島に渡来、そうした巫女等の組織や役職を管理して水耕稲作民と海民を支配した委奴(鰐→猪)国連合となる。
 後代、衛氏朝鮮(伊都国系)も前漢武帝に滅ぼされ、その王族や官吏・武官が列島に渡来すると、再度、箕子氏の委奴国連合は支配され、再度、下属の民(女性とは限らない)を差し出す国に貶められる事を嫌った狗奴国(邪馬壹国側に拠る呼称)は再起を図り、南下(くだ)り、対立した。
 焼き畑農耕民と治水工事等の技術者集団(箕子朝鮮の関係者)と、伊都国王(男弟=思兼神?)が遅れて渡来した衛氏朝鮮の関係者で遊牧騎馬民(武人の都支国等)。もう一つ、南西諸島を経て渡来した南中国や東南アジアの海民と耕作民(倭人)が混在した。

委=訓「ゆだねる」「任せる」「詳しい」等、しなやかに踊る巫女に豊穣を委ねる。その姿「委」に対し、覡は「年」(字解)禾+人=大年神。尚、後漢時代の煉瓦(塼)に「倭」という文字が見えるとあるので、遅くとも、その頃には、「イ(人偏)+委」とし、巫女(祭祀)と男弟(摂政王)と云う彼等の習俗や政治形態に則して創られたと考える。

天文=外洋航海民は、昼間、沿岸部の風景や太陽の位置で進行方向を知るが、夜は北極星(妙見)の位置や、中国で28宿(箕や鬼等)と呼ばれた季節に拠って違う星座の位置で方向を定めた。その天文の知識を用いて伊都国王直轄の官僚の下で作られた。後代、暦術は天皇家の所轄する所となる。また、鬼道とは、後代の陰陽道に近いのかも知れない。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/04/20(木) 21:39:29|
  2. 7.某国考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(6)好古都国 | ホーム | ◇竹(ちく)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/148-a8043ef2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)