見まごう邪馬台国

(6)好古都国

 好[hag][hau][hau]=母が子を抱く形で、全てを賞賛する時に用いる
 古[kag][ko][ku]=祝禱を入れた器とそれを護る干(武舞に用いる装飾のある盾)との合字
 都[tag][to][tu]=祝禱を入れた器を埋納し、城壁で囲んだ所

 語義を併せると、安寧を祈る祝禱を入れた器と盾を設け、邑とは違い祖先の宗廟を城壁で囲って護る所と云う名称になる。詰まり、漢王朝から授かった金印「漢委奴国王」の奴国連合委奴国の祭祀を掌る王都だろう。
 漢字音を併せると、ハッカッタッ→ハカタ(博多)→ゥアカタ→ワカタ(若田)・アカタ(赤田)で、(3)「伊邪l国」項の地図に拠ると、当時、現在の福岡市博多区や東区付近の海岸線は深く入り込み、殆どが海中なので、「ハカタ」の語源は、干潮時、河口に吐き出される濁流の土砂が堆積した泥濘地の吐田(はきた)で、福岡県福岡市東区箱崎や同区馬出(まいだし)は治水工事を施した陸地の這出(はいだし)や場出(ばいづる)で、同県福岡市中央区舞鶴(まいづる)、同県三池郡高田町舞鶴、大分県大分市舞鶴町、京都府舞鶴市等も同源と考える。
 地名「ハカタ」は、三重県津市博多町、京都府京都市東山区博多町、佐賀県唐津市七山村博多・木浦、長崎県長崎市今博多町、大分県中津市古博多町、愛媛県今治市伯方(はかた)町古江・木浦等、以上の何れもが幾筋か河川の流れる合流地点や、その河口入江の沿岸部に在る。

 述べてきた事と、この国を守護する武人の都支国や、この国の治水工事にも関わった彌奴国の比定地等、その流れに順うと、福岡県福岡市博多区美野島と多々良川や宇美川を挟んだ東側、筑紫平野東部、3世紀中~後半の光正寺古墳(翡翠製勾玉・碧玉製管玉・変形獣首鏡、鉄器他)のある福岡県糟屋郡志免町や同郡宇美町付近一帯に比定する。
 付近の金隈(かねのくま)遺跡の墳墓には銅鏡や銅矛・鉄剣等、被葬者が持つ権威の象徴を表す副葬品に殆ど見えず、伊国に奴国連合の統治権と祭祀権を剥奪され、殺された王の輪廻転生を阻止する呪詛等もなかったため、当時の一般人(下属の民)を葬った共同墓地とされる。
 もしかしたら、(4)都支(たけ)国の比定地とした福岡県福岡市博多区下月隈(つきくま→たけくま)、弥生後期の宝満尾(ほうまんを)遺跡の土壙墓4基には翡翠製勾玉、 硝子製小玉、中国製明光鏡、素環頭刀子鉄斧等とあり、70~80年続いた委奴国王墓かも知れない。

 邪馬壹国伊都国連合への服属を嫌った奴国連合の委奴国王係累で覡の卑彌弓呼(秘狗奴)が授かった統治権の象徴である金印「漢委奴国王」は跡目争いの最中、奪われたため、従者や関係者を率い狗奴国(カナラ→カナダ/クヌダラ→クダラ)として南下した後、代々の国王を祀る宗廟に安置された金印を警護する武官卑奴母離や神祇官の卑狗が一大率から派遣された。*敵・叶(かなう)

 
その後、狗奴国は邪馬壹国の内部分裂を謀り、成就したのか、その一部(壹與)と繋がり、邪馬国と称した。その攻勢に敗れた邪馬壹国の女王卑弥呼(秘巫女)は亡くなり、通説の伊都国比定地、福岡県前原市の平原遺跡の古墳に葬られたと考える。
 邪馬壹国伊都国の王族は東北方面の遠賀川沿岸部から中国地方の出雲付近へ逃げ延びる時、奴国連合の象徴、金印「漢委奴国王」を狗奴国に奪われるの恐れたのか、埋納し、その宗廟を焼いたのかも知れない。
 後代、中大兄皇子と斉明天皇は百済(くだら)を救援に筑紫に下向し、唐王朝を後ろ盾とした新羅に敗れ、熊本県阿蘇郡大津(おおづ)町瀬田・真木・古城付近から大分県大分市大津、高知県土佐清水市大津、同県高知市大津、徳島県鳴門市大津、大阪府泉大津、滋賀県大津市と移動した。

赤田(あかた)=ハカタ→ゥアカタ→ッアケタとすれば、山口県下関市垢田(綾羅木川)、秋田(あきた)と云う地名も雄物川等が吐き出す土砂が堆積した泥濘地を秋田運河等で治水した同源の地名、若田(ワカタ)→脇田(ワキタ)→和井田とすれば、湧水地にもなる。
 
尚、博多(はかた)と云う漢字の語義は、博=広く薄く、多=夕方から夕方→拡がるとなり、土砂の堆積を示唆する。「記紀」成立期の中古音では、「ハゥコツォ→ホコト→ココト」となり、「紀」興臺産霊(こごとむすび)に比定される。

馬出(まいだし)=福岡県福岡市東区馬出は付近の箱崎八幡宮の神馬(じんめ)を出したと云う地名説話がある。但し、他にも徳島県美馬郡貞光町馬出(うまだし)、富山県高岡市御馬出(おんまだし)町・小馬出(こんまだし)町、石川県小松市小馬出(こんまで)町等は同源の地名だろうが、地図ソフトに拠ると、何れも河川沿岸に位置するが、付近に大きな神社は見あたらない。

壹與=景行天皇が八尺入日子命の娘、八坂入比賣命(生母)を娶り、生んだ五百木之入日子命、五百木入日賣命として良いのかも知れない。また、景行天皇が吉備臣等祖若建吉備津日子の娘、針間之伊那毘能大郎女を娶り、櫛角別王、大碓命、小碓(倭男具那)命、倭根子命、神櫛王を生むとあり、「臺與」は景行天皇の妹倭比賣命で、養われた倭建命(日本武尊)は卑彌弓呼に化体されたと考える。
 二十四史の一つ「後漢書(後漢の事跡を記した史書)」本紀10巻、列伝80巻は南朝宋の范曄(はんよう)(398~445)の撰。432年頃成立。志30巻は晋の司馬彪の「続漢書」の志をそのまま採用した。その「東夷伝」には倭(わ)に関する記事があり、邪馬国とされる。
 
大津(おおつ/おおづ)=当初、伊都国の攻勢に追われて南下(くだ)るが、人口増加に因る食料不足での政情不安からか、北上を始める。その攻勢に押された邪馬壹国伊都国連合の一部が山口県大津郡大津郡(長門市)油谷町大和、島根県出雲市大津、石川県羽咋郡志賀町大津(おおづ)、同県鹿島郡田鶴浜町大津、新潟県刈羽郡西山町大津(おおづ)、同県岩船郡荒川町大津、 青森県三沢市大津へと日本海沿岸部を移動した。
 もう一つ、三重県松阪市大津町、山梨県甲府市大津町、群馬県吾妻郡長野原町大津、神奈川県横須賀市大津町、千葉県東葛飾郡沼南町大津、同県長生郡長柄町大津倉、同県安房郡富浦町大津、茨城県北茨城市大津町(鹿島神社系)がある。*オホ(意富)津→イホ(已百→五百)津

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/05/01(月) 08:31:41|
  2. 7.傍国考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(7)不呼国 | ホーム | (5)彌奴国>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/149-69448010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)