見まごう邪馬台国

◇スサノヲ

 先の(8)姐奴(ざな→さの)国や次項の(10)蘇奴国とも関連し、「古事記(以下・記)」天照大御神、「日本書紀(以下・紀)」天照大神の弟とされるスサノヲの用字は、「記」建速須佐之男(須佐能男)命、「紀」武(神)素戔嗚尊とされる。
 漢和大辞典に拠ると、夫々に使われる漢字音は以下の如く在り、二つの名前は、本来から同訓音だったのかは、甚だ疑問と思う。

 「記」須[ŋiug][siu]siu]/佐[tsar][tsa][tso]/之[tiəg][tʃıei][tsï]/男[nəm][nəm(ndam)][nam]
    能[nəŋ][nəŋ(ndəŋ)][nəŋ](異音[nəg][nəi(ndəi)][nai])
 「紀」素[sag][so][su]/戔[tsān(dzan)][tsen(dzan)][tsien/ts`an]/嗚[・ag][・o][u]

 「記紀」成立期の中古音に拠ると、「記」シゥッ・サノ(シゥ・ツァノ) → スサノ(スタノ)になるが、「出雲神話」須佐能男(すさのぅお)命から、何れも訓音に拠る「之(の)」と「男(ぅお→を)」だが、漢字音とすれば、以下の如く山幸彦や海幸彦の「祖幸(スサチ)」として良い。

  スサチュェィナム(スタチュェィナム) → スサチェィナム(スタチェィナム) → スサチナム(スタチナム)
 
 また、丸括弧内の音「祖大刀(すたち→巣立)」とすれば、冠称の建(たち→たけ)=都支(タケ→トキ)と関連し、二本の足で立ち、巣立つ事、成人して独立、「紀」稲田姫を娶り、所帯を持つ事を示唆する。同時に「記」天照大御神との誓約(うけひ)で、自身が帯びていた十握剣から三女神(タマ)と、天照大御神の五百箇御統珠で五男神(タチ)を生す事とになる。
 その後、乱暴狼藉の理由で神遣いされた速スサノヲが出雲の肥河上で退治したヤマタノヲロチの尾を切り裂いて得た草那芸大刀にも繋がる。それを奇しいと天照大御神に献上すると、誓約の段に戻り、輪廻転生し、「建→神(建日別=熊襲国)」と「武」に分裂する。

 一方、「紀」万葉仮名成立期の中古音には別音があるので、夫々を 一つ一つ書き出すと以下の如くなる。

  ソッセヌオ(ソチェヌオ)/ソッザヌオ → ソセノヲ(ソテノヲ)/ソザノヲ 

 上記、「ソッザヌオ → ソザノヲ」は、「記」スサノヲの姉天照大御神とされるので、長女の意味があるとした傍国(8)姐奴(ザナ)国に繋がると考えられる。また、通説的な訓音の「スサノヲ」は、「記」須佐之男(スサノヲ)、「紀」素戔嗚尊(スォセヌオ → スォセノヲ)だろうが、その後者は次項で述べる傍国の(10)蘇奴(セヌオ→セノヲ)国の近似音として良い。
 
 「紀」神日本磐余彦(神武)天皇の御名、狭野(さの)尊は、狭[ɦap][ɦap][hia]・野[diăg(dhiag)][yiă(ʒıo)][ie(ʃiu)]とあり、何れも漢字音ではなく、訓音だが、全て中古音にすれば、H音系がカ行に転音して、ファフ・イァ(ファフ・ジォ) → ファゥヤ(ファフ・ジォ) → ハゥヤ(ハゥジォ)/カゥヤ(カゥジォ)となり、「記紀」河神やスサノヲの冠称「速(はや)」や、日本府の任那(ニムナ→みまな)の伽耶(かや)国、高野(かうや→こうや)の近似音になる。また、「カウジォ」は沖縄の古称「コザ」や和歌山県東牟婁郡古座町古座(こざ)に繋がるのかもしれない。
 
 他にも、京都府亀岡市本梅町加舎(かや)、同府相楽郡和束町木屋(きや)、同府京都市中京区木屋(きや)町、大阪府寝屋川市屋町、岡山県上房郡賀陽(かやぅ)町竹荘、広島県甲奴郡総領町木屋、同県比婆郡比和町木屋原、山口県下関市木屋川町、同県小野田市木屋、徳島県麻植郡美郷村木屋浦、同県美馬郡貞光町端山木屋、同県美馬郡木屋平村、愛媛県松山市木屋(きや)町、高知県幡多郡大正町木屋ケ内、福岡県北九州市八幡西区木屋瀬、同県八女郡黒木町木屋、同県糸島郡志摩町芥屋(けや)、長崎県西彼杵郡多良見町化屋名(けやみょう)、鹿児島建鹿屋(かのや)市等がある。

伽耶=古代、朝鮮半島南東部にあった諸小国の全体をいう場合と、特定の国「金官伽耶」「高霊伽耶」等を指す場合もある。562年、新羅により併合された。日本では多く任那(ニンナ→ニムナ→みまな)と呼ぶ。加羅。尚、朝鮮半島南東部の巨済島(コジェド→カゥジォ)南部には加羅山がある。

高野(かうや→こうや)=桓武天皇の母御、高野(たかの→カゥヤ)新笠は百済(くだら)王後裔とされる。これを三韓時代、半島に在った百済(ペクチェ)と同国とするが、新羅の併合を嫌った伽耶国関係者が、南下(くだり)、渡来したのかも知れない。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/06/03(土) 18:10:36|
  2. 7.傍国考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(10)蘇奴国 | ホーム | (9)対蘇国>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/153-1373a5a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)