見まごう邪馬台国

(11)呼邑国

 呼[hag][ho][hu]=(字統)乎が初文と在り、神事に於いて巫覡が神を呼ぶ時に用いたと云う鳴子板の形。
 邑[・ıəp][ıəp][iəi]=(字統)囗(国構・イ)=城壁を巡らせた所、巴=器の把手の形で、「説文」蟲なり、象を食う蛇なりとして字を蛇形に解するとし、多くの人が生活すると云う意味の合字で、行政区画の一つとされる。

 宗廟先君の在る「都」と無い「邑」とされるが、殷の都を大邑商とし、殷を滅ぼした周初、新邑(洛陽)、列国が弊邑・小邑と称すともあり、大邑商は、周の武王に滅ぼされたため、宗廟先君の祭祀ができなったのか。或いは、本来、安寧秩序を祈念する施設なのかも知れない。

 上記の漢字を併せると、ハッィァフ→ハヤゥ→ハヤ(早・速・南風)となる。「記紀」出雲国肥河上へと遡った建速須佐之男命の「ハヤ」や水戸(みなと)神→河神速秋津日子と妹速秋津比賣と在り、南風(ハィエ)や疾風の如く速く移動できる船を操る沿岸航海民や川民(河伯)に関係があると考える。
 例えば、長崎県諫早市(いさはや)早見、大分県速見(はやみ)郡山香(やまが)町等も在るが、今迄、述べてきた比定地の流れを考慮すると、福岡県三潴郡三潴町早津崎、佐賀県佐賀郡川副町早津江付近に比定する。
 付近には、佐賀県佐賀市諸富町の徳富権現堂遺跡・上大津遺跡等、弥生期の約1,800年前~室町期にかけての遺跡がある。例えば、河川が運ぶ土砂が堆積し、舌状に延びた吐崎(はきさき)に掘っ立て柱に屋根だけ、今でも東南アジアの河川や湖上に見られる簡素な家屋に住み、船の荷役等を糧に暮らす人々の集落と考える。
 そうした暮らしを裏付ける福岡県柳川市大和町の徳益八枝遺跡(弥生前~中期初頭/約2,200年前)の集落跡が下図「D」にあり、調査では軟弱な地盤に柱が沈み込まない様に工夫された掘立柱の建物や井戸が検出された。おそらく、気候変動に因る気温の変化で、海岸が移動、住めなくなり、他所に移ったのかも知れない。

 他にも三重県松阪市早馬瀬(ハヤマゼ)町、滋賀県東浅井郡湖北町速水、同県東浅井郡ビワ町早崎、京都府京都市下京区風早町、同市下京区早尾町、大阪府南河内郡千早赤阪村千早、兵庫県姫路市広畑区早瀬町、同県佐用郡上月町早瀬、同佐用郡南光町林崎、和歌山県田辺市芳養(ハヤ)、鳥取県八頭郡智頭町早瀬、岡山県敷市茶屋町早沖、同県都窪郡早島町早島、広島県福山市赤坂町早戸、同県安芸郡音戸町早瀬、同県豊田郡安芸津町風早、徳島県徳島市国府町早淵、愛媛県今治市風早(カザハヤ)町、同県越智郡宮窪町早川、同県西宇和郡保内町広早、福岡県福岡市東区千早、同県前原市千早新田、佐賀県東松浦郡鎮西町早田、長崎県長崎市早坂町、同県佐世保市早岐(ハィエキ→ハイキ)、同県西彼杵郡西彼町風早郷、熊本県八代郡宮原町早尾、大分県大分市羽屋、宮崎県都城市早水町等、何れも海岸、河岸や河川合流点に在る。

 中古音や中世音「ホヤ→コヤ(木屋・小屋)」とすれば、福岡県北九州市八幡西区 木屋瀬(こやのせ)、福岡県八女郡黒木町木屋等の地名があるが、これは、卑弥呼の死後、狗奴国の北上に伴い、敗れた邪馬壹国連合が東遷した後なのかも知れない。
 他にも兵庫県尼崎市西昆陽(コヤ)、同県伊丹市昆陽、和歌山県和歌山市古屋(コヤ)、島根県大田市三瓶町木屋原(コヤバル)、広島県広島市安佐北区白木町古屋、同県安芸郡坂町小屋浦、同県比婆郡比和町木屋原(コヤバラ)、山口県下関市木屋川(コヤガワ)、同県小野田市木屋、徳島県麻植郡美郷村木屋浦、同県美馬郡木屋平村、同郡貞光町端山木屋(ハバヤマコヤ)、愛媛県越智郡朝倉村古谷、高知県幡多郡大正町木屋ケ内等が在る。

弥生期=柳川市三橋町の磯鳥フケ遺跡では、弥生中期後半(約2,000年前)に比較的短期間に営まれた集落が調査されました。約3,500㎡の広範囲に亘り、掘立柱建物群や井戸等が検出され、集落は広範囲に広がっているとある。同町蒲船津の江頭遺跡では、弥生後期(約1,800年前)の集落跡が調査された。先の二つの遺跡と同じく多くの掘立柱建物が見つかる。
 これらの遺跡以外にも、弥生時代の貝塚として柳川市西蒲池の三島神社貝塚や同市大和町鷹ノ尾の島貝塚が知られる他、柳川市西蒲池の扇ノ内遺跡では石田と呼ばれる田圃に残る大型の石の地下から甕棺が出土しており、支石墓の可能性がある。

下図=「国々の比定」項で掲上した有明海沿岸部の遺跡地図。
有明沿岸遺跡 


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/06/21(水) 16:43:11|
  2. 7.傍国考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(12)華奴蘇奴国 | ホーム | (10)蘇奴国>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/155-3ad7d18f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)