見まごう邪馬台国

(12)華奴蘇奴国

 華[ɦuăg][ɦuă][hua]で、草冠と「垂+于」の合字。花と同音だが、中華・栄華・華麗等に通用されないので、生物的な花と違い精神的なもの。
 奴[nag][no(ndo)][nu]=捕らえた女で祭祀官下属の女囚。
 蘇[sag][so][su]=「穌」が初文で、紫蘇の類を用いて魚等の生気を保たせる。金文では国名のみに使われる。

 漢字を併せると、「フィァッナッサッナッ→ハナサナ」となる。 後部は(10)蘇奴(さなっ→さなう→せのう)=瀬尾と同音で、前部を「ハナ=鼻→岬」とすれば、蘇奴国の比定地とした佐賀県神埼郡東脊振村瀬尾(せのを)・吉野ヶ里付近より、有明海湾岸に近い端(はな)や岬で、奴国に近い所になると考えられる。
 こうした事と述べてきた傍国の比定地の位置関係を考慮すると、道程で奴国の出先機関(はな)の比定地とし、佐賀県小城市牛津町牛尾・樋瀬・前満江・乙柳付近の「生立ヶ里遺跡」一帯に比定する。

 用字からも委奴国連合の構成員で、有明湾岸部の立地から、この国を奴国の出先機関としての船津だったのだろうが、伊都国の監察下に置かれ、一大率から官卑狗(文官)や副卑奴母離(武官)が派遣されて、その機能を管理されていたと考える。
 邪馬壹国伊都国連合に上手く靡いたのか、引き続き邪馬壹国伊都国連合の出先機関として機能していたため、伊都国から分岐する東向きの道に向かったが、その道程として「東南百里奴国」と記述されたと考えられる。

 また、前項(11)呼邑(はや)国の比定地とした福岡県三潴郡三潴町早津崎、佐賀県佐賀郡川副町早津江付近の佐賀市蓮池町牛津ヶ里が見えるので、河民(速)を荷役として使役して居たのかも知れない。

 尚、熊野三山の三神(建須佐之男命、玉男命、事解男)を勧請した云われる牛尾神社の鎮座する小高い丘は、当時、有明海湾岸部が、もっと深く山手に入っていたとされるので、地形的に「岬」や「崎」等と同じ状況だった可能性は高い。もしかしたら、河川の運ぶ土砂が堆積した舌状に延びる土地の海手=端(はな)が、海水面の上昇や、満ち潮に拠り、水没する事、更には、土砂が堆積して「失の尾→牛尾(うしのを)」とされたのかも知れない。
 また、海岸や河岸へ緩やかに降るではなく細く延びた断崖=岬(みさき→はな)や山際の崖=立端(たちはな)とすれば、福岡県八女郡立花町、福岡県浮羽郡吉井町田、福岡県大牟田市、長崎県北松浦郡江迎町末(すゑたちばな)免、佐賀県武雄市橘町、佐賀県伊万里市立花町、熊本県阿蘇郡蘇陽町橘、熊本県玉名郡天水町立花、大分県津久見市立花町等の地名がある。

 大陸では漢王朝が滅び、その情勢の変化に乗じ、呉を後ろ楯としたのか、狗奴国が北上してくると、再度、華奴蘇奴国は委奴国連合に従う。同様に女王卑彌呼の宗女壹與が靡き、邪馬国の建国を手助けしたのか、当地に留まった人々や、邪馬国(宗女臺與)伊都国連合の東遷に同行して、よく似た状況の土地に住んだ沿岸航海民と河民の呼邑(呼[hag][ho][hu]・邑[・ıəp][ıəp][iəi]=ハヤ)国の人々とし、船舶の航行に従事する海民を鰐を外洋航海民や沿岸航海民と河民(丸邇→和邇と和珥)等に分けたと考えられる。
 例えば、「古事記」天降条、天津日高日子番能邇邇芸命(ふぁのぅににぎ→はなににぎ)の妻になる大山津見神の娘、木花佐久夜(このはなさくや)比賣の姉で醜いと返された石長比賣(磐長姫)の別名か、「記」建速須佐之男命の子、八島士奴美神が大山津見神の娘、木花知流(このはなちる)比賣を娶り、生んだ布波能母遅久奴須奴神(ふはのもちくなすな)を狗奴(くな)国王の卑彌弓呼(「紀」香香背男?)に化体し、そうした経緯として述べたのかも知れない。

樋瀬=柿は竹や葦等で編んだ、同音の籬や垣(かき)等を使って、治水工事を施した事に拠る地名と考える。

牛津ヶ里(うしづかり)=土砂の堆積や、治水工事に拠る耕作地の拡がりに対応し、新たに蒲田津が造られたため、旧船津が失津(うせつ)→牛津とされ、治水工事に拠る土地化を表す「~ヶ里=~の里」を付けて呼ばれたと考えられる。
 京都八坂神社の牛頭天王は「紀」素戔嗚尊とされる。「記」建速須佐之男命は伊邪那岐が鼻(はな)を洗った時、天照大御神は左目(さめ→スあめ)、月読命は右目(うめ)を洗った時に生る。有明海を挟み東側の福岡県八女市には女山(ぞやま)、西側の佐賀県武雄市付近に女山(おんなやま)がある。



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/07/03(月) 08:42:13|
  2. 7.傍国考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇地形と傍国の配置 | ホーム | (11)呼邑国>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/156-97c10f00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)