見まごう邪馬台国

◇「従」と「自」

 岩元正昭氏は、続いて以下の如く述べます。【「從」と「自」の相違について詳しく述べよう。「東夷伝倭人条」は「從」「自」の二字が「from~」、詰まり、「~ヨリ」の意味に使われている。何故、一つの「~ヨリ」と言う表現の為に「從」と「自」という二つの別字を強いて使い分けるのか。ここに作為性がある。
 この「從」「自」という二字は共に「~ヨリ」という同意を持つが、字形も本義も異なっている。その相違性が(1)文と(2)文の主意の相違性を培う淵源になっている。つまり、「從」字にない義を「自」字が持ち「自」字にない義を「從」字が持つと言う関係が二文の主意の相違性を創出しているのである。これが二字の引用される理由である。


 上記、「從」と「自」の何れも「~ヨリ」とするが、前回、掲示した読み下し文では、「~から」と「~より」を使い分けると云う矛盾がある。この二字が持つ語義の相違は、前回と前々回とで述べた通りなので省く。
 論者は、「魏志」の120年程前、許慎に拠って成立した『説文解字』「從=随行也。从从。从亦聲」、「從」の本義は「随行」だが、何故か、人に随伴すると云う語義を持たないとし、以下の如く説明する。

 【「随」字の本義は「從也」とある。その義符は「从+辵」であり、「辵」字の義に因っている。「從」字の義符は「从从。从亦聲」とあり、「從」字が会意形声文字である事が判ると同時に、「辵+从」の二字の本義が重なって出来る新たな意味範囲に「從」字の本義がある事になる。詰まり、「随と從」の二字の義符に、辵字が共存する。そこで「辵」を先ず検証する。『説文』に拠ると、「辵」の本義は「乍行乍止也」である。乍~乍~」という形の句は二つの「乍」字の次の動作を順次繰り返す句である。随って「行と止」の二字は繰り返す。

 例えば、「春秋公羊傳」階を辵(こえ)て走るが若くすと在り、今本は「躇」=走って超える意とする。また、白川静編「字統」も、辵=彳(小径)+止(歩)、辵=走って越える=迷わず(躊躇なく)とある。おそらく、「歩」は、足先を交互に出して一歩ずつ進む事、「止」は歩むの省画とあるが、足先が揃い佇むと考えられる。
 私見では、「従」の訓「シタガフ(下合う)」からも、何らかの基準(彳=径)=海民の水先案内で以て迷わずに向かう。詰まり、何処をどう取っても「従」の本義とする随行=何らかの指示や方法に従い後から迷わずに行くにならざるを得ないと考える。

 【「乍行」の「行」字には進む者が止まるという意味がある(後述)。随って「乍行乍止」とは厳格に言えば、1進み、そして2止まるという動作と、3止まるという三つの順にある行為を繰り返す意なのである。止まったものを、更に「止」まると許慎が述べるのは、3「止」字が2の、それとは異なった「トマル」の意である事に他ならない。】

 例えば、人や動物が始めた行動を己が意志で留めたり、止める。強風や大雨等の気象も、神の意思か、その原因が収まり、自ずと止むからこそ、その動きを示唆する「行う」と、その動きが「止む」と云う二つの文字と「乍(~ながら、~しつつ)」で、行ったり、止まったりを表す。当時、当り前に使われていた用法がなくなったとでも、論者は云いたいのだろうが、これでは表意文字としての機能を逸脱している。

 述べてきた事に順い、「從郡至倭循海岸水行歴韓國乍南乍東~」を意訳すると、郡衙の領域から倭に至る。(郡に服属する海民の水先案内に従い)朝鮮半島西岸の地形に循い水行し、(順次、既定の湊に碇泊をしながら)韓國沿岸部を歴て、南下した後、(南西部を廻り)東行する~。になる。 以下次回。

説文解字(せつもんかいじ)=AD100年頃、中国最古の部首別字書。後漢の許慎撰。中国文字学の基本的古典。15巻。漢字九千字余を540の部首により分類、六書(りくしょ)の説により字形の成り立ちと、夫々の漢字本来の意味を解釈した。

辵(ちゃく)=漢和大辞典(藤堂明保編)「進む(之繞)」の意。「字統」彳(てき=小径)と止(歩)とに従う。道を行く意で、白川静編「字統」歩(止+少)=一歩一歩と進むの省画(足先の象形)、単独では「止(一歩=佇む)」。金文には「遣・追・遹・遺」=辵に従う字形と、「後・復・御」=彳に従う字形が見える。とある。

乍~乍~=「誤読だらけの邪馬台国」の著者張明澄氏は、台湾中華書局印行「辞海」=暫(しばらく)・忽(たちまち)とあり、乍A乍Bを、殆どの中国人は、忽ちA忽ちBと云う意味では使われるより、暫くA忽ちBと理解していると云う。
 当時の言語法が、現代中国語と同様のものだったとする根拠はないが、文脈と、朝鮮半島の地形からすると、ほど遠いものではないと考えられる。

春秋公羊傳=「春秋」の注釈書。春秋三伝の一つ。11巻。公羊高の伝述したものを、その玄孫の寿と弟子の胡母生らとが録して一書としたものとされる。戦国時代(AD403~AD221)に成立。魏・趙・韓の三国が晋を分割して諸侯に封ぜられてから秦の統一に至る時代。

随(まにま)に= 〔副〕そのままに任せる。物事の成り行きに任せる。詰まり、決められた方法や既知の情報等、その関係者に任せる。

歴=「字統」字形的には「暦」と同系、厤(軍門のある所)と、曰(祝詞を収める器)や止(往来のある所)の違い。何れも行軍に関わる漢字で、行軍して点々と移動するといったニュアンスを含む。「経」は、そうしたニュアンスや状況を含まず、直線的な移動になり、履歴・歴訪と、経由・経過等の違い。



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/12/17(日) 10:53:21|
  2. 5.漢字の用法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇「從」は接続詞 | ホーム | ◇「~から」と「~より」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/176-42c95003
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)