見まごう邪馬台国

◇歴韓国

 帶方郡から倭に至る。朝鮮半島西岸部に循い水行、韓国西岸部を歴て、南下した後、東行すると到る倭の北岸狗邪韓国、ここ迄、七千餘里とあり、編者陳寿が、倭の北岸とした理由は、郡衙に居る郡使や魏使から見た狗邪韓国が朝鮮半島南岸部ではなく、東南部の離島、巨済島等を含む小さな群島に在ったからと考える。詰まり、帯方郡衙の東南、大海中に住むとされた倭人中、東側を除いた南側に属す邪馬壹国連合の構成国、對海(對馬)国への外洋航海を始める経由地(起点)として示唆する意味をも担う倭の北岸狗邪韓国は、朝鮮半島沿岸の航海を担った蛋民の基地と思しき弁辰狗邪や弁辰瀆盧国等の諸国と対峙して海道を挟んだ島嶼に在る倭人系渡海民の国域(領海)だったと考える。
 但し、官や副官、家・戸数等の記載が無いので、女王国に服属した對海(對馬)国から大官卑狗や副官卑奴母離が外洋航海を担う倭人系海民を伴い狗邪韓国へ出向き、郡使や魏使等を迎えるための前進基地的なものだったと考える。
述べてきた事と考え併せて、補足的な文言を「桃色」として付会、「至」に関連する経過や経緯を鑑み、これを意訳すると下記の如くなる。

 帯方郡から東南方面の大海中に住む倭に至る。朝鮮半島の沿岸部に循じて水行し、彼方此方に碇泊しながら帶方郡治下の韓国沿岸部を歴て南下した後、半島の西南隅から東して、その韓国に属さない倭人の北岸、外洋船に乗り換えるための目的地郡衙の東南大海中に住む倭人中、南側の邪馬壹国連合に属す海民の前身基地、狗邪韓国に到る。此処迄の総距離七千余里。

 例えば、古田武彦氏なりの思惑や意図に拠り、郡衙から狗邪韓国迄の七千餘里と云う里程と、韓国の方可四千里との帳尻を合わせるため、循海岸水行、歴韓国南乍東乍~云々。の「歴」と云う漢字を、魏皇帝の威厳を示すため、山勝ちな韓国領内を西北から東南方面へ陸上を転々と進んでいったとするが、当時の韓国領内が郡治下だったとしても、独立を目指す国人等の襲撃を受ける可能性が無かったとは言い切れないと思う。
 何れにしても半島南岸の東南隅に到る事に違いはないのだが、縦しんば、そうした進行経路だったとすれば、韓国を歴て「上陸」、或いは「陸行」と云う文言があってしかるべきで、日毎に移って行く「暦」と同源の「歴」=転々と移動するとすれば、この「歴」は循海岸水行に対応するとせざるを得ない。
 
 「狗邪韓国」は、帯方郡治下の韓国沿岸航海民の水先案内で、最初の目的地、邪馬壹国連合への南に向かう船に乗り換えて外洋を渡海する倭人の領域=帯方郡治の韓国領域外、倭人の領海に着いた事を示唆するために「到」にされた。また、この七千余里の里程や日程は帯方郡使には既知の情報で、編者陳寿も予め知り得たが、倭人の領域北岸狗邪韓国以降の状況は、倭人の説明に拠る郡使や魏使の報告に頼らざるを得なかったと考える。

 
狗邪韓国=陸鰐(くぬがわに)は、弁辰狗邪(べんしんくぬが)も朝鮮半島東南岸隅部に船を係留して山手の陸(クヌガ)に住む海民や東千餘里倭種との関連が考えられる。
 また韓在帶方之南、東西以海爲限、南與倭接、方可四千里。有三種、一曰馬韓、二曰辰韓、三曰弁韓。辰韓者古之辰國也。馬韓在西、其民土著、種植、知蠶桑、作綿布。各有長帥、大者自名爲臣智。其次爲邑借散在山海間無城郭と云う記述からすれば、馬韓人以外の辰韓や弁辰には一定の土地に定着し農耕や養蚕に従事する人々だけではなく、リアス式海岸の入り江等に家船を係留した蛋民(漁労民)、山間の谷にゲル(天幕)を張り、移動生活する遊牧民や帶方郡に服属する沿岸航海に従事する海民も混在したと考えられる。

前進基地=狗邪韓国には、領域や戸数等の記載が見えないので、出城的な船津があった。一大国にあったとした一大率の役所との役人や武人が、倭人系海民の船に乗り、交替で出向いたと考える。

歴=同訓で同義とされる「経る」は経由・経過等に使われる様に、直線的な連繋や因果を示唆する。一方、「歴る」は履歴・歴史・歴訪等、点々と繋いで行く事を示唆する。*「降る」=上から下に、「触る」=手等を伸ばして付ける、「振る」=手等を左右に動かす、「古い」=時を経る。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/02/12(月) 09:45:07|
  2. 5.漢字の用法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇其戸数道里不可得略載 | ホーム | ◇三国志の用法「至と到」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/184-b1c81b91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)