見まごう邪馬台国

◇「台」と「臺」

「紀神代上」興台産靈には、「台=乙ト」に使われます。但し、橋本進吉氏の著作『古代国語の音韻に就いて』の万葉仮名類別表「乙ト」には「興台産靈」に使われる「台」は見えませんが、文献上、万葉仮名として使用例のない「臺」は同氏の著作集3『文字及仮名遣の研究』の分類表「乙ト」に追加されたとあります。また、有坂秀世氏の「古事記」「日本書紀」「万葉集」に使われる仮名に就いて『上代音韻攷』分類表「乙ト」に「台」はありますが、「臺」は見えません。
古田武彦氏は著書『「邪馬台国」はなかった』で既に「臺」と「台」は別字である事を指摘しています。また、安本美典氏も、それは認めているものの「臺」は「乙ト」とします。その理由は、先の「景行紀」歌謡の夜摩苔波区珥能摩倍邏摩から「苔」は、「乙ト」であり、「臺」と上古音、中古音も同じであるからとします。
安本美典氏が同音とする二つの漢字、苔・臺[dəg][dəi][təi]と、問題の台[təg][təg][tai]は、何れも上古音では、略同音の「テァッ→タ」ですが、前者の場合、万葉仮名成立期の中古音「デァィ→タィ」に変化します。こうした微妙な違いが上代特殊仮名遣い「甲ト」と「乙ト」に繋がるのかも知れません。ただ、同音異字の漢字は多くあります。「臺」「台」が別字だとしても意味もなく近似音にされたわけではなく、通底する基礎語義が在るからだと思います。
藤堂明保編「漢和大辞典」に拠ると、台(ダイ/タイ)=四方を観望できる様に作った高い土壇・建物・高殿(うてな)。人や物を載せる台。食物・飯、平たくて高い土地、物事の元となるもの(土台)、中央政府の官省・弾正台。大型の家具や楽器、車や機械等を数える語。印刷や製本で16頁・32頁を一纏まりとして数える語。年齢や物の値段等、それを単位に区切れる範囲を示す語。相手への敬称・皇族・貴人への敬語とあります。*「台」の異音[diəg][yiei][i]=一人称代名詞、怡ぶ。
一方、「臺」=高い土台や物を載せる台、見晴らしの利く高台とあり、白川静編「字統」に「台」は異字で、厶(耜の象形)+口(祝禱を治める器)→耜を清める儀式を表す在ります。但し、台」の旧字「臺」=土+高+至、版築で土を高く突き固めた段上に高殿を設けた見晴台とも在り、「苔」と「臺」の基礎的な共通項は、表面上に広がる事、基本から一段高い事とすれば、「台」が「臺」の略字とされた理由は、土を起こす耜を清める儀式をするための土段と意識されたとも考えられます。
本来、「倭=やまと」ではないが、そう読まれる様になったとする研究者や論者もいます。彼等の説で、邪馬臺(邪馬台)と記述された国が「やまと」と読む、読まないと云う以前の問題として、後の大和朝廷と密接な関係にあるとしたいのだと思います。尚、上掲、「興台産靈」の漢字音は、興[hıəŋ][hıəŋ][hiəŋ]・台[təg][təg][tai]とあり、日本書紀成立期の中古音を併せますと、ヒァング・テァ→ハヌグ・テァ→ハヌグ・タとなります。また、但し書きには万葉仮名に拠る訓音が「許語等武須毘」と在り、その漢字音は以下の如くなります。
許[hiag][hio][hiu](虚) 語[ŋıag][ŋıo][iu](御・馭) 等[təŋ][təŋ][təŋ](登)
武[mıuag(mıuo)][mıu(mbıu)][wu](无・無) 須[ŋiug][siu][siu] 毘[bier][bii][p`i]
 上記と同様に中古音を仮名書きすると、ヒォギォタゥミゥシゥビィ→ホゴタゥムスビィ→ホゴトムスビですが、使われる漢字の喉音「H」は閉口(ウ)したり、K音に変化し易いので「コゴトムスビ」、「台」の訓音を「ト」にしますと、ハヌグテァ→カヌグタ→カグト→コゴトとなります。何故か、「記」夜麻登の「登」と同音異字「等」が使われる。「等」=同類や同質のものの集まり、一方、同音「登」=他と比べると高くなる→飛び抜けると云う語義の違いが、その理由かも知れません
 
「臺」=丸括弧で括られており、その後尾の刊行委員附記に、橋本博士は後に増訂した一覧表を『古代国語の音韻に就いて』の巻末に附けられた。「今、それと対照し、増補せられた部分を括弧に括って追加する」と書かれてある。
「タ」=D音はT音を強く発音すると云われる。例えば、道(どう)は、現在の北京音[dao](タォ)となる。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/08/29(金) 13:30:01|
  2. 1.私論「大和」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇倭(わ)と倭(やまと) | ホーム | ◇「海原」と「天空」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/19-26b824a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)