見まごう邪馬台国

◇倭(わ)と倭(やまと)

「やまと」を「倭」と書く事に就いて「邪馬台」と云う領域の成長から捉える見方もあるようです。倭国の畿内にあった小さなヤマト(邪馬台)が大きく成長、倭国自体をヤマト(邪馬台)と呼ぶ様になり、「倭」が「やまと」になったというのものです。これは邪馬台国畿内説や東遷説にとっては一般的な考え方とされます。ただ、中国正史では、都の名が国の名になった例はないとも云われています。
「魏志東夷伝倭人条」倭国女王卑弥呼の都を邪馬壹国、「隋書」俀国(倭国)の都を邪靡堆とし、「魏志」の云う「邪馬臺」と書き分けています。「記紀」はどうでしょうか。「記」の「倭」は全体を指すが如く見えるものもありますが、殆どが人名や大和地方、大和中の一地域を指す場合に使用されます。「紀」は全体を指す場合、「日本」を使用する事が殆どで、「大倭」は少ない様です。また、「倭」は、大和か、大和の中の一地域を指す場合に使用されます。詰まり、何れも小さなヤマトも既に「倭」であり、小さなヤマトの成長した姿が「倭」とはされませんので、邪馬台が成長して「倭」になったというのは邪馬台を畿内ヤマトとする思い込みの産物でしかないとする論者もいます。
先述した様に領域の拡張や都名が国名になった例はない等と云う前に、「ヤマト」と云う音に対して、「記」夜麻登、「紀」耶麻騰(耶摩騰)と夜摩苔の二種とし、「紀」で全体を指す場合でも「日本」と「大倭」の二種にされる事を鑑みると、「紀」の二者は同一国名ではないとせざるを得ない事の方が重要だと思います。今一度、上記、万葉仮名に使われる漢字の上古音・中古音を提示しておきます。
 夜・耶[diag][yia](ヂァッ・イァ→ヤ) *邪[ŋiăg(yia)][ie(zia)](イエ→ヤ/ジァ)
  麻[măg][ma(mba)](マ/ムバ→ゥバ)*同音「馬」 摩[muar][mua(mbua)](ムァ/ムブァ→ゥバ)
  登[təŋ][təŋ](タゥ) 騰[dəŋ][dəŋ](ダゥ) 苔[dəg][dəi](ダィ)*同音「臺」
 
また、「魏志」女王国の都「邪馬臺」と「隋書」俀国(倭国)の都「邪靡堆」の漢字音は下記になります。
 邪馬臺=邪[ŋiăg(yia)][ie(zia)]・馬[mag][ma(mba)]・臺[dəg][dəi]
  邪靡堆=邪[ŋiag(yia)][ie(zia)]・靡[mıər][mıe(mbıa)]・堆[tuər][tuəi]
 
上古・中古音に拠ると「イエマダィ→ヤマタィ(ヤムバタィ)」「イエミェツェイ(イエムビェツェイ)→ヤメティ(ヤムベティ)」になります。本当に、これも同名称かと云う疑問を持ちます。また、「漢和大辞典」俀(タイ/よわい)は見えませんが、日本語の音「タイ」からすれば、堆(タイ)に近い音でしょう。*俀[tuĕi][tui]?
述べてきた様に、態々、同音の仮名に異漢字を使用したり、同音なのに仮名として使われない理由も在ると思います。詰まり、読む、読まない等と云う前に「やまと」と云う和訓に「倭」「日本」「大和」等の漢字を用いた理由や、略同音の漢字で訓じられる「やま」に対し、「乙ト」とされる漢字音に「タゥ」と「タィ」の二系が使われる理由を云々すべきだと思います。その理由も解らず、「倭」「日本」「大和」を同国名として疑わない事こそが問題なのではないでしょうか。
残り少ないので、詳細は次回になりますが、孝霊天皇皇女「紀」倭迹迹日百襲姫、「記」夜麻登登母母曾毘賣とあり、「紀」崇神天皇説話御諸山の大物主神(大蛇=ヲロチ)と交わりますが、その姿に驚いた姫に対して、神は恥辱を加えると云って去る。後悔した姫が急居した弾みに箸で御陰(みほと)を突いて身罷(みまか)る。「記」は、その説話を記載しませんが、裾に付けた麻糸が三勾(みわ)残ったので「美和」と呼び、その後裔「意富多多泥古」を神君・鴨君祖とします。上記、「紀」の死亡原因から御陰(みほと)を焼かれて神避(かむさり)した伊邪那美(伊奘冉)と同様、母性の機能を失う事=神避りして巫覡として転生します。それを示す様に姫に神憑りして、「紀」大田田根子に我(大物主神)を祀らせよと啓示します。
 
御諸山=宇佐八幡宮(大分県宇佐市)の東南方面に在る御許山(みもとやま)かとも云われる。
多[tar][ta][tuo]=タと田[den][den][t`ien]=テヌ→タゥで、こうした違いが「乙ト」に繋がるかもしれない。
 

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/09/06(土) 09:31:59|
  2. 1.私論「大和」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇大和の音構成は「ヤマ・ト」「ヤ・マト」「ヤ・マ・ト」の何れか? | ホーム | ◇「台」と「臺」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/20-e2ffe698
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)