見まごう邪馬台国

◇山東と山西

 ◇山東と山西

前項の「元興寺塔の露盤銘」山東漢大費直名麻高垢鬼 名意等加斯費直也 書人百加博士 陽古博士~云々、山西首名都鬼也と云う記述から矢治一俊氏は、以下の如く説明しています。

【「山東」の他に「山西」とも在り、これは「かふち(かわち)」と訓じる。「やまと」と「かわち」の両方に関係しているのが、饒速日命~(中略)。この話が何処迄信じられるかという問題もあるが、これに続くイワレヒコの「やまと」東征に拠り、「やまと」の歴史が始まっているので、全く無視するわけにもいかない~云々。このニギハヤヒの事件を倭人の「かわち」「やまと」への移動の記録と見ている。

ニギハヤヒは「かわち」に到着、その後、「やまと」に移った。「かわち」が先だったから山の東にある地は「山東」と書かれて「やまと」~云々。「山西」として「やまにし」と読まずに「かわち」と読むのは「かわち」という名が「やまと」より先に存在していた事を示すものであり、「やまと」は「かわち」側から見て生駒山地の東にあったためつけられた名であるという事ができる。】

 

>「山東」の他に「山西」とも在り、これは「かふち(かわち)」と訓じる。>「やまと」は「かわち」側から見て生駒山地の東だったため付けられた。「やまと」と「かわち」の両方に関係しているのが~云々。先に、偶々、山の東だったかも知れないとしました。『先代旧事本紀』正哉吾勝々速日天押穂耳尊の子饒速日命は天磐船で河内の哮峰(たけるがみね)に天降った後、大倭(やまと)の鳥見の白山に遷ったと在り、最初の山に天降った後、再度、違う山に遷った事になります。生駒山地は、何れの山なのでしょうか。

>この話がどこまで信じられるかという問題もあるが~云々。「日本書紀」の担い手が代わっているとすれば、夫々には彼等の主張があり、何れも無視できないでしょうし、その違いこそが重要でしょう。

「ヤマ」を己が世界と異界を別ける緩衝帯としましたが、カファチ(kahuati)→カワチ(kauati)の語義は何でしょうか。例えば、「山東」に倣い重箱読みすると、「漢和大辞典」西[ser][sei][siəi]と在り、ヤマセ(ヤマセィ→ヤマシ)となります。更に漢字や訓音から「山西」=河内(カワチ)→河地とすれば、当初、西側は大道(瀬戸内水道?)、東側は河地(石川?)だったのかも知れません。また、山背(やませ)を春夏に山側から吹き降ろす風とすれば、「記紀」スサノヲが高天原()にる南風(はや)とは逆風で、いて神ヤラヒされた京都の八坂神社に祀られる牛頭天王(スサノヲ)や大国主神と、その娘須世理毘賣(八坂姫?)にも繋がると思います。*山背羅(やましろ)=山代→山城

上記の如く、饒速日命は天船に乗り、河内の哮峰(西山)に降臨後、大倭の鳥見の白山(東山)に代えたとすれば、山西(カフチ)は後の付会でしょう。また、「倭」「委」を磐(石)=「ィワ」とした事、天磐船に乗った饒速日(にぎはやひ)と、天之鳥船に乗った神倭磐余彦(伊波禮毘古)の東遷を太陽の昇るへ向かう事とすれば、ナガスネヒコの日下(くさか)→日本(ひのもと)との関連を無視できません。

西の山哮峰に天降った後、東風(こち)が吹いて山西(河内=こち→かち)に雨(あめ/あま)が降り、饒速日尊後裔大物主神(足の立たない八重事代主神)は、東の山鳥見の白山頂から葦船(あしふね)で川を流れ下り、河外(こと→かた)=事(許登)=筑琴へ遷ったとも考えられます。

「紀」国譲りした都美波八重事代主神(蘇我氏?)と三島溝橛耳神の娘玉櫛姫に産ませた五十鈴媛命、「記」美和山大物主神(物部氏可美真手命?)と三島溝咋の娘野神勢夜蛇多良比賣に産ませた伊須須岐比賣→伊須気余理比賣を東遷した神武天皇正后として繋がったと考えます。

 

「紀」長髄彦乃遣行人言於天皇曰嘗有天神之子乗天船自天降止号曰櫛玉饒速日命(饒速日此云爾芸波揶卑)是娶吾妹三炊屋媛、亦名長髄媛/鳥見媛、遂有児息名曰可美真手命(可美真手此云于魔詩莽耐)~。真手=足が立たない事代主神と同体か。
中国思想の風水に拠る四神相応の地=東に流水(石川?)、西に大道(瀬戸内水道)、南に汙地(くぼち)、北に丘陵(大山古墳?)。また、蘇我氏は河内から奈良県桜井市付近を根拠地とした云われ、蘇我氏祖石川宿禰や倉山田石川麿等とも繋がる。
出雲大社から中国山地を東側に出雲神社(清水寺・蓮花寺)が横断し、京都府亀岡市で「出雲大神宮」とされる。その北西側、酒呑童子の伝承で有名な京都府加佐郡大江町内宮と天田内には元伊勢宮とされる皇大神社と豊受神社がある。*豊=臺與
磐(いわ)=磐(般+石)とすれば、般(まだら)と在り、白黒(雌雄)の石となる。
都美波(摘み端)」=トゥムィバ→チンバとすれば、三歳迄、足が立たない(跛・蹇)蛭子神と同体だとされる理由も分かります。

 



 
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/09/27(土) 10:07:29|
  2. 1.私論「大和」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇東(あづま)と山東(ヤマトゥ) | ホーム | ◇東漢氏>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/23-57bf495b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)