見まごう邪馬台国

◇東(あづま)と山東(ヤマトゥ)

 ◇東(あづま)と山東(ヤマトゥ)
矢治一俊氏は、>元興寺塔の露盤銘と日本書紀から「山東」が「倭」の訓みになったとしますが、「山東」を山の東側と云う語義とし、その「山東」と云う言葉から「山」を省略した「東」、更には「倭」「日本」等も同訓の「ヤマト」だと云う。私見では、これら全てを同訓同義として良いのかと云う疑問があります。
山東(ヤマトゥ)として「記」夜麻登(倭)と「紀」耶麻騰(日本)の「乙ト」=タゥと東[tuŋ][tuŋ][toŋ]の漢字音は「トヌク→トゥ」とは近い音になる事は注目すべきです。先述した安本美典氏は、倭と邪馬台の結びつきが密接であり、「日の下のくさか」「飛ぶ鳥のあすか」「春日のかすが」等の枕詞と同様、倭の邪馬台となり、「倭」を「やまと」と読む様になったのだろうとします。先の矢治一俊氏は、>邪馬台は倭国中の一国であり、倭の邪馬台としても倭の中の邪馬台の意味となり、「倭」は枕詞にはならない。また、『古事記』初期天皇名には「倭」「大倭」がつくものが多い。これは天皇家が倭人の血を引くものである事を示したいからだとみる事ができる。また、>イワレヒコは日向から来たか、九州北部から来たといわれているが、その時、九州は倭人の国であり、イワレヒコは倭人だったとして良い~云々。例えば、天皇家が倭人の血を引く者とする神武天皇の和風諡号「記」神倭伊波禮毘古=神倭(かむぃわ)の礼儀や規律を守る男(「記」伊波禮(イプァレ→イファレ→イゥアレ→イワレ)=石禮?)。一方、生母も叔母も海人とする「紀」神日本磐余彦→日本(耶麻騰)磐彦=耶麻に騰がり、海民の磐から余った男子とすれば、始馭天下之天皇=始めて天下の倭人(磐=船→馬)を馭する(遊牧騎馬民?)天皇と云う称号もあり、この天皇を同一人物として良いのかと云う疑問を感じます。
>ニギハヤヒは「やまと」で土地の豪族長脛彦の妹を妻とし、ナガスネヒコと「やまと」を治めていた。『日本書紀』ではナガスネヒコが前面に出て戦っており、この時の「やまと」は、縦え、ニギハヤヒが倭人だったとしても、そこは倭人の国とはいえず、未だ「山東」だったのである。イワレヒコが「山東」を手中に収めると、イワレヒコが倭人である事からそこは倭人の国・山東と云われる様になり、更に、倭国・山東→倭の山東となり、山東は「やまと」と読むから「倭のやまと」となったのではないか~云々としますが、この「倭人」の定義、山西(かわち)や山東(やまと)とナガスネヒコはどんな関係でしょうか。
「漢和大辞典」に拠ると、倭[・uar][ua]=中国から見た日本人の古称。異音に倭・委[・iuar][ıuē]と在る。その「委」=穀物の霊(稲魂)を被り背を低くして舞う女→耕作民の巫女として、「倭」の人偏「イ」は、巫女を頂く耕作民と、彼等を伴い南西諸島を経て九州(筑紫)や四国(伊豫二名)へと渡海した海人が混在するのであれば、海賊の倭寇とされる事とも整合する。*倭(イゥア→ワ)→和(たす)
「紀」生母と叔母を共に海神とする神武天皇の東遷で、その領海を出て異界へ向かうために水先案内人として迎える亀に乗って来た直部椎根津彦の倭直(やまとあたひら)は、倭(磐=ィワ)から余った「紀」神武天皇にとり、倭と同等=直(適・能・与)の渡部(ワタブ)=海部、「紀」排別之子、吉野国樔始祖也とする。一方、「記」国造等祖槁根津比古とし、国造等(クゾゥラ→くずら)=国樔部、狗奴羅(クドゥラ→クダラ)かも知れません。また、押分子、吉野国樔(くず)始祖也とし、国樔としません。例えば、熊本、大分と宮崎から四国の吉野川を通り、紀伊半島中央迄、「吉野」と云う地名が在ります。こうした事も無視できません。
 
「記」神倭(かみぃわ/かみやま)=亀山とすれば、「列子(湯問)」亀が支えているという伝説から蓬莱の異称と在る。京都市右京区小倉山南東部の丘、大堰川(おおいがわ)に臨み、嵐山に対する。後嵯峨天皇が離宮亀山殿を建てた。三重県北部の市で、東海道五十三次の宿駅の一つ、旧くは石川氏6万石の城下町。
石禮=「記」竺紫君石井、「紀」筑紫君磐井とされ、これも同一人物として良いのかと云う疑問が在る。
費直(あたひ)=山東漢大費直名麻高垢鬼、名意等加斯費直也、書人百加博士、陽古博士、丙辰年十一月既、爾時使作金人等、意奴彌首名辰星也、阿沙都麻首名未沙乃也、鞍部首名加羅爾也、山西首名都鬼也

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/10/04(土) 10:44:04|
  2. 1.私論「大和」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇「飛鳥」と「明日香」 | ホーム | ◇山東と山西>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/24-d4575afc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)