見まごう邪馬台国

◇何故、大和(やまと)なのか(1)

 大和(やまと)の上古・中古音は、大[dad/dar][dai/da]・和[ɦuar][hua]で、これは、ターファ→タゥア→タワ(タィワ)の近似音になります。また、「紀」日本(やまと)も漢字音や訓音の何れでも「ヤマト」とは訓めませんので和訓です。「ひのもと」は訓音になります。倭[・uar][ua]には異音も在り、倭・委[・iuar][・ıuē][uəi]、何れにも「ィワ」の近似音で「ヤマト」とはできませんので、これも和訓になります。

  例えば、中国初の統一王朝「秦」が滅亡した後、「漢」の時代に授けられたと云う金印「漢委奴国王」の文字は時代的に上古音ですので、夫々、漢[han][han]、委[・iuar][・ıuē]と奴[nag][no(ndo)]=ハヌ・ィワナグと訓め、「記紀」大山津見(大山祇)の娘石長比 賣(磐長姫)や竺紫君石井(筑紫君磐井)にも繋がります。また、「記紀」成立期の中古音「イゥェノ→ワノ=漢の鰐国王」とすれば、「記」因幡素兎に騙され た鮫(わに)と「紀」海民熊鰐(わに)、「紀」神武東遷の水先案内人倭直部椎根津彦と「記」倭国造等祖槁根津比古にも繋がります。
 この「
倭直部」の漢字音、倭[・uar(・iuar)][ua(・ıuē)]・直 [dıək][dıək]・部[buəg][bo(bəu)]、万葉仮名成立期の中古音と和訓で、ヤマト・ディァッ・バォ→ヤマト・タブ、漢字音だけで は、ィワタブ→ワタブ(渡部→海部)になります。また、海神宗像大社の三女神と同体とされる「比賣大神」と神功皇后と御子を祀る宇佐八幡宮の八幡(ヤワタ)は、「八」=分ける+「幡」=番(つがい)と巾とすれば、海民の夫婦(豊玉姫と山幸彦)の幟旗を別ける=離縁、八海(やわた)になります。「記紀」仲哀天皇と神功皇后は死別、神騰がった仲哀天皇御陵の山口県下関市の長門一の宮住吉神社は海神を祀ると云われます。
 
倭人(ワニェヌ→ワニン/ワゥリェン→ワジン)とは現日本人に近い人々でしょうが、彼等 を海民に定義としますと、古来、西海を荒らしたと云われる海賊「倭寇」とされる理由が判ります。但し、先の金印に使われる「委」=稲霊を被り舞う女から稲 作従事者との関わりを無視できませんので、その人偏「イ」=海民と、「委」=稲作従事者の巫女(鬼道=占星術と暦法?)にしますと、南方系海民と共に南西 諸島を伝い東上した水耕稲作民との混合と推定されます。*人[nien][niĕn(rıĕn)][rıən]
 
「記」国主神、出雲の御(みほ)の御前に坐す時、波の穂より天 之羅摩船に乗り、鵝(う)皮を内剥ぎに剥ぎて帰り来る神ありき。その名を知っている者は山田案山子崩彦(久延毘古)だけで、神産巣日神(かむぃむすひ)の 御子少名毘古那神と二人で国を造るとする。これは列島住人の輪廻転生を語り、古来、九州東南岸や西北岸、日本海沿岸部の先住民の地へ海民を率いて大陸東南 部の水耕稲作民、大陸東北部や朝鮮半島を経由して流れ着いた遊牧民や騎馬民等の人々が居たとします。一方、「紀」は別説として「記」とよく似た説話を載せ ますが、本文では、高皇産霊尊(たかみむすひ)の子、少彦名命と大己貴命は力を併せ、心を一つにして(中略)、青人草と家畜のための療病の方法~云々とし、少彦名命も先住民として国作りし、常世国へ去った後、神々しい光が海を照らし、忽然と浮かび上がってくる己貴命の幸魂奇魂とし、亦名だけを記載、大国の主大己貴命自身も渡来民の子孫とする。それが理由で「記」出雲神話では穴牟遅神→葦原色許男→大国主神と転生させます。
 半島等の状況変化からか、
二人が力を併せ造った国が出雲の大己貴命(+天照大神)と星神香々背男(狗奴国?)と云う二つの大国に分裂後、新たな渡来民(騎馬民族等)の影響で、再度、大国主神の二人の子建御名方神と天神天照大御神と繋がった事代主神との支配権を巡る戦いも「出雲の国譲」になります。以下、次項。

[niet] [niēt(rıĕt)]と本[puən][puən]は隋唐期の中古音で、ニェップェヌ(ゥリェップェヌ)→ニッポン(ジェプェヌ)→ニホン (ジャポン)か、ヌイェプァヌ→ヤパン。丸括弧内のR音→J音の変化は、日(ニチ→ジツ)と云う転音から推測される。現中国「日本(ゥリーベン)」 から舌の位置を下げると「ジーベン」となる。
「紀」神功皇后=熊襲討伐のおり、熊鰐(わに)の操る船で関門海峡から洞海(くきのうみ)、更には古遠賀湾へと移動した。
住吉神社=伊弉諾尊が筑紫の檍原(あはきはら)で禊(みそぎ)をした時に生った。航海の神、和歌の神ともされる。大阪の住吉大社(表筒男命・中筒男命・底筒男命)が本社。尚、山口豊田郡菊川町江良(えら)付近の華山(げざん)中腹には仲哀天皇の殯所跡がある。
「記」天之羅摩船(あめのかがみふね)=羅摩(ががいも)は羅(網をかける=区画)と摩(する→なでる)とすれば、鏡(カガミル)か、「屈む」、「記紀」足の立たない水蛭子(蛭子)は船で流す。次に淡島(胞衣)を生むと在り、蛭子神(事代主神)や一本足で立つと「記」山田之曾冨騰崩彦(案山子=欠く足)との関連を無視できない。「紀」大山祇後裔櫛名田姫の親「脚摩乳」「手摩乳」に繋がる。「紀」少彦名命は粟幹(あはがら)に弾かれて常世国へ行ったとする。尚、常世=常に世する→代を重ねる事か。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/11/04(火) 20:58:27|
  2. 1.私論「大和」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇何故、大和(やまと)なのか(2) | ホーム | ◇漢籍と「記紀」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/28-61363d31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)