見まごう邪馬台国

◇大きな領域

 狗邪韓国の比定地から始度一海千余里至對海(對馬)は南で良いが、現状の対馬と壱岐の位置関係から対馬か ら南は、長崎県平戸方面になると云う研究者や論者がいる。だが、通説の釜山市付近から対馬も寄港地に拠れば、真南ではない事も在る。見まごうかな、倭人伝 の方向感覚が現代人のそれと幾らか外れているからと云う研究者や論者もいる。しかし、距離感覚と同様、当時の人々が持つ方向に対する感覚が、現在のそれと 全く同じであったかどうかは別としても、南北は太陽の南中と北極星に拠り、東西は日出と日入の範囲に収まらなければ、道に迷い、海上を迷走すると思う。編者陳寿は、魏使の報告書や他漢籍文書等を検討、その場所が東西南北と中間を併せた八分割の範囲、何れに属すかを示唆した。詰まり、狗邪韓国~對海国、對海国~一大国、一大国~末盧国は、その実情に則しただけではなく、何らかの意図で東や東南ではなく南に属すと設定し、晋帝等に大凡の位置関係を認識させた。
 但し、こうした設定には某かの遊びがあり、距離が長くなれば範囲に広がりがあって当然だろう。それは中国大陸と倭や女王国の位置関係を示唆するのに大陸東沿岸部北緯30度付近の会稽東冶(東治)を持ち出し、その東に当たるとする事で分かる。尚、「東」と「東」に就いて、ここで詳細を述べないが、その
会稽を杭州市北部の会稽山から見た東側とすれば、鹿児島県南部や種子島・屋久島付近となり、倭の領域や邪馬壹国と狗奴国、その傍国が在ったと思しき九州や近畿では何度かの幅を持たさざるを得まい。更に云えば、陳寿に会稽付近の夏王朝の夏后少康後裔を自称する蛋民や海民と倭人の生活習慣が似通っていると云う認識があったと思う。
 そうした方向的な事、里程や日程の不都合を解消できるからか、意味は全く解らないが、歳差半周期一万三千年から東西南北を180 度反転させたと云う中国の先天図(伏義八卦図)を用いる研究者や論者も居る。私見では、「魏志」が、ただの夢物語だったならば、それでも良かろうが、当時 の魏帝や晋帝にとり、金印「親魏倭王」を授与した邪馬壹国との関係に政治や軍事的な目的がない等、あり得まい。当時の状況で女王国側が、戦略上、嘘の情報 を与えると云う事も考え難い。とすれば、魏使は倭人の持つ航海術や地理的な情報を得る絶好の機会を逃す事はない。詰まり、当時としては一級の地理志だと思 う。尚、「魏志東夷伝倭人条」は下記の記述から始まる。

  
倭人在帶方東南大海之中依山島爲國邑 舊百餘國漢時有朝見者 今使譯所通三十國
  從郡至倭循海岸水行歴韓國 乍南乍東到其北岸狗邪韓國七千餘里 始度一海千餘里至對海國~
 倭人在帯方東南大海之中~云々は、魏使の居る帯方郡から見て、倭人の領域が東南方向に広がると大凡の方向性を示唆し、大海中の山島に依りて国邑を為すと、その領域の状態や状況を述べる。これを現状の壱岐が南ではなく東南方向だからと云う論理で方向感覚が外れているとすれば、東南は東となり、帯方郡衙の東側、濊貊や東濊領域を挟み日本海(東海)真中を通り、北陸や東北付近になる。
 また、 「倭人伝」女王国東渡海千余里復国有皆倭種~と云う記述、「東渡海」の起点を邪馬壹国連合に属す外洋海民の對海国か、一大国とすれば、福岡県宗像市や同県北九州市、山口県西部付近だが、東北の間違いとすれば、九州北側の響灘や日本海等、倭種の領海上に住んだ事になる。次ぎに、到其北岸狗邪韓國七千餘里
とし、面する一めてり、の對海国へ向かう中継基地(分岐点)、半島東南隅の女王国に属す倭人系外洋航海民の領域北岸狗邪韓国に着する。

会稽=中国浙江省紹興市南東の山。呉王夫差が越王勾践(こうせん)を降した地。夏の禹 (う)が諸侯と会した所と伝わる。尚、中古音(唐音)は、同省杭州市付近の音韻が母胎とされる。呉音と漢音の違いは、北方の人々が南方へ移動した後、再 度、北上した事に関係があると考える。
夏王朝=殷の前にあったとされる中国最古の王朝。伝説では禹が舜の禅譲を受けて建国。 都は山西省安邑等。BC21~16世紀頃、桀(けつ)王に至り、殷の湯王に滅ぼされる。殷に先行する時代の都市遺跡の二里頭遺跡等が夏王朝のものとされ、 二里頭遺跡=中国河南省偃師(えんし)市にある竜山文化晩期から殷代早期の遺跡として重要。夏后少康を夏王朝の后系を嗣ぐ少康とすれば、本来、広東省沿岸 部に住んだ母系海民(東夷)との繋がりを無視できないと思う。
山島=「山」は山岳と云うよりは平地の少ない陸地で、海岸の断崖や丘陵地。「島」は文字通り、海上の山。
女王国=帶方東南の倭の領域中、海民が持つ海上の領域を東側「東渡海千余里復国有皆倭種」と邪馬壹国連合に属す南側(瀚海)とは別に陸上に住む耕作民等が持つ領域も二つに分け、南側の倭地を併せた領域となる。邪馬壹国とは、その都となる首長(壹=全一)の国。
分岐点=帯方郡衙から郡治の沿岸部をを経て、倭人の領域(領海=瀚海)に到り、東南とした方向性を南に変更し、外洋船に乗り換える。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/11/25(火) 13:08:34|
  2. 3.方向の感覚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇其北岸と西北界 | ホーム | ◇まとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/31-9b5fbe4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)