見まごう邪馬台国

◇其北岸と西北界

 編者陳寿は、魏使の報告書や他文献等を頼りに位置関係を描き、それを基に「人在帶方東南大海之中依山島爲國邑~」とし、倭人の領域が九州北部から日本海沿岸部を含むと認識した。此処で問題なのは、倭人の領域「帯方東南大海之中」の一つ狗邪韓国を「其北岸」とし、其西北岸としない事だが、殆どの研究者や論者は、倭を日本列島として南の対馬や壱岐に向かうので方向性は狂っているとはしない。ただ、韓国領内に位置する狗邪韓国に違和感を持つのか、「その北の対岸」等と意訳して読み下す。また、「三国志」の約150年後、こうした記述に疑問を持ったのか、当時の状況を鑑みたのか。「後漢書」編者范燁は以下の如く記述する。

  倭在東南大海中 依山島為居~ 其大倭王居邪馬
  樂浪郡去其國萬二千里 去其西北界拘邪韓國七千餘里

 倭はの東南大海中に在り、山島に依りて居る~云々。その大倭王は邪馬国に居り、予断を持って大凡を求めると楽浪郡を去る万二千里、その西北界拘邪韓国は去る七千餘里とした。二者の違いを読み解くために「魏志東夷伝」の下記の記述を比較検討したい。

  韓在帶方之南、東西以海爲限南與倭接。方可四千里~(中略)。散在山海間無城郭
  弁辰、亦十二國~云々。弁辰與辰韓雜居~云々、其瀆盧(とくろ)與倭接
  濊、南與辰韓北與高句麗沃沮接東窮大海、今朝鮮之東皆其地也

 (A)東西以海爲限 南與倭接」=西沿岸部は帯方郡に属して郡使や魏使の移動や荷役等を担う沿岸航海民州胡等の水道や寄港地がある。一方、東沿岸北側東濊や挹婁等、その南側は東南大海中の倭人が往来するので、韓は東西沿岸部を領有しない。一方、「南與倭接」は、上記、「散在山海間無城郭」から韓の部族国家が城郭を持たない事、国境ではなく山河や街道等を中立的な緩衝帯を介して散在したと判り、「~接す」とは、帶方郡に服属する半島の沿岸航海民が領有する南沿岸部水道や寄港地等を、韓国や倭にも属さない中立的な緩衝帯とし、韓国領南岸全域と、その外海、倭人系海民領域とされた一海(瀚海)が接する。
 (
B)「其瀆盧與倭接」は広い領域「韓」から狭い区画の辰韓に雑居すると云う弁辰の部族国家の瀆盧国を持ち出し、南を与う倭とを接すとする。漢和大辞典「界」=区切りを付けて両側に別けた境目、区画中の社会や領域、類字「境」と在り、この「界を接す」とは韓国と云う大きな領域から辰韓の領内に雑居する南沿岸部東側一区画弁辰瀆盧国分離、その領域や水道等の区画()を、倭の北岸狗邪韓国と接する。その南側は邪馬壹国連合に属す倭人海民の領海とした一海(瀚海)が拡がる。こうした特殊な状況や状態を示唆する。詰まり、瀚海と朝鮮半島南岸部も沿岸航海民の水道を緩衝帯として接するが、南岸部全域が倭の領域狗邪韓国とを接していない。これが狗邪韓国を島嶼か、南岸部に突き出た半島とする理由になる。
 (C)
東窮大海」=半島東岸北部の海際迄伸びた山裾の断崖や磯に東や挹婁等に属す蛋民や漁労民が家船を係留する。その南部は帯方郡東南大海中とした倭人の領海で、「倭人伝」女王国東千余里渡海皆倭種が往来する響灘や日本海を西北界とし、南側の一部、瀚海(玄界灘)を女王国に属す倭人海民の領海とした。一方、「後漢書」范燁は、この西北の状況を帯方東南大海中の東渡海千餘里皆倭種の領海、響灘や日本海を介し、拘邪韓國を釜山付近として、邪馬國の大倭王は大分県宇佐市か、四国の愛媛県伊豫)付近にいると認識していたではと考える。

濊= 中国の正史に「穢王」とあり、国家だったのは確実だが、詳細は伝わらない。風俗として山や川には、夫々、所属があり、妄りに他人の山や川に入り込む事は許 されない。病気や死者が出ると、その度毎に旧住居を棄てて作り直す。漢代以来、大君長はなく、侯邑君、三老等の官があり、下戸(平民)を統治す。言葉や風 俗は略夫余と同じ、衣服に違いがあり、男女の上衣は共に曲領(まるくび)、男子は幅数寸の銀製の花文様を結びつけて飾りとする。同姓婚は不可。10月は天 の祭りで昼夜に亘り飲酒・歌舞(舞天)。虎を神として祭る。邑落間での侵犯は罰として奴隷や牛馬を取り立てる(責過)。殺人は死で以て償わされる。略奪や 泥棒は少ない。麻布を産し、蚕を飼い緜(まわた)を作る。楽浪の檀弓と呼ばれる弓、海では班魚の皮を産し、陸地には文豹が多く果下馬を産出、漢桓帝に献上 した。夫余語が属す系統に諸説あり、日本では粛慎系靺鞨や勿吉と共に夫余もツングース系とされる。
沃沮=BC2 世紀~AD3世紀に架けて朝鮮半島北部の日本海沿岸地方(咸鏡道付近)に住んでいたとされる民族。 『三国志』『後漢書』は東沃沮と表記、北東は狭く西南に広い。高句麗の蓋馬大山(長白山脈)東から海岸迄に及び、北に挹婁・夫余・高句麗、西と南に濊貊、 東は日本海と接す。言語は高句麗と略同じ。国家ではなく、前漢の玄菟郡夫租県(咸鏡南道咸興市付近)の濊貊系種族を指すもので、同じく濊から分かれた夫 余・東や高句麗とは同系。1958年に平壌の楽浪区域出土の「夫租薉君」銀印、1961年出土の「夫租長印」銀印等から夫租地域での濊族の居留が裏付けられる。『三国志』沃沮は夫租の誤記とも云われるので、余(夫余)との関連も考えられる。
州胡(しゅうこ→チォファ)=通説では、南海上の済州島や現ソウル西海上の江 華(カンファ)島とされる。前者は馬韓や弁辰の南か、南西の海上、後者は帯方郡の西海上で、何れも「在馬韓西海上~」に適合しない。私見では、当時、現在 の平均気温より、0.5~1度程高かったとされ、九州北部糸島半島が満潮時に水道に隔てられる島だった云われるので、朝鮮半島も同様に江華島南側の忠清南 道泰安、徳山国立公園の蓮華山(ヨンファサン)が在る半島基部には貯水池や湖が見られるので、海抜の低い温陽~道高~禮山~鳳首山~広川付近は、当時、潮 の入る水道だったと推測される。
瀆盧(とくろ)国=比定地は判然としないので、同地名か否かは定かではないが、「仲哀紀熊襲討伐条」紀伊国徳勒津(とくろつ)宮と在*常世(とこよ)
拘邪韓国=
新・後漢の公里(一里=414㍍)として
楽浪(平壌付近)から計算すると、とんでもない所になる。これにも「三国志」と同様の水行と陸行の里程値があったと考えられる。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/12/04(木) 07:49:13|
  2. 3.方向の感覚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇海民の領域 | ホーム | ◇大きな領域>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/32-3983d63f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)