見まごう邪馬台国

◇海民の領域

 海民には、夫々、安全に航行や航海できる水道や海域があり、何処にでも船出できるわけはない。その特異性が彼等の生業になる。詰まり、狗邪韓国迄の半島西沿岸と南沿岸航海は帯方郡に服属した州胡や瀆盧国や弁辰狗邪(くぬが)国等の沿岸航海民が担ったと考える。陳寿は、狗邪韓国を倭の領域北岸として女王国連合の領海が東南方面ではなく南側の一海(瀚海)だと示唆した。それが故、次に下記の如くある。

  
始度一海千餘里至對海(對馬)國 其大官曰卑狗、副曰卑奴母離
  所居絶島方可四百餘里 
土地山險多深林道路如禽鹿徑
  有千餘戸 無良田食海物自活乖船南北市糴

 倭人の領域北岸狗邪韓国から外洋船で)始めて一海を度る千余里として方向を示唆しない。先に倭人の領域とした東南方向ではなく、その北岸とした倭人系海民領域から一度目外洋船に乗り換えて南側の一海(朝鮮海峡)を女王国方面へ渡る分岐点と考えられる。それが故、~無良田食海物自活乖船南北市糴とし、北は半島東南隅の釜山市付近、南は一大国や北部九州へ外洋船を操って穀物を買いに行った。更に、土地山險多深林道路如禽鹿徑~とあり、寄港地浅茅湾・長崎県対馬豊玉町か)で上陸後、徒歩で長い距離を移動せず、一大国へ向かうために沿岸航海用船で同島美津島町大船越や小船越付近にあったと思しき東側の外洋港へ向かった。次に下記の如く記述される。

 
 又南渡一海千餘里名曰瀚海至一大(一支)國 官亦曰卑狗 副曰卑奴母離
 
 方可三百里 多竹木叢林 有三千許家。差有田地耕田猶不足食亦南北市糴

 又外洋船で二度目の)南へ渡る一海(対馬海峡東水道)千余里、名は瀚海という~云々。前項と同様、~(乖船)南北市糴とされる事で離島だと確認できる。これは倭人の領域全体図と女王国の領域の関係性を述べる相対的な方向性で、編者陳寿は倭人の領海を南側と東側の二つに区分して、「記紀」海人豊玉毘賣(豊玉姫)と玉依毘賣(玉依姫)にも繋がる二つを併せ、冒頭の倭人帯方東南大海之中~倭人海民の領域とした。詰まり、陳寿は日本列島の形状が東北方面へ細長い事を知っていたと考えられる。
 尚、差有田地耕田猶不足食~=(對海国と違い)少しばかりの田畑があり、耕作が行われていたと在り、長崎県壱岐市勝本町立石東触のカラカミ遺跡の周囲に堀を廻らした環濠集落から漁労具の他、鹿骨で占う卜骨、等の穀類や発掘された。
 例えば、「梁書倭国伝」從帶方至倭循海水行歴韓國乍東乍南七千餘里。始度一海海闊千餘里名瀚海、至一支國。又度一海千餘里名未盧國。又東南陸行五百里、至伊都國。狗邪韓国と對海国の記載はない。この一支国と一大国とを同国として良いのだろうか。また、「隋書倭国伝」明年上遣文林郎裴清使於倭國。度百濟、行至竹島、南望耽羅國、經都斯麻國迥在大海中、又東至一支國、又至竹斯國、又東至秦王國其人同於華夏以為夷洲疑不能明也。又經十餘國達於海岸。自竹斯國以東、皆附庸於倭
 裴世清倭国に使う。百済に度るとあり、ソウル付近の江華島か、南の州胡(チォファ)の住んだ大島「竹島」、半島南西部の珍島か、南海上の済州島を南望耽羅國として、遥か大海中にある都斯麻國(つしま/としま)を対馬、竹斯國を九州西北部の筑紫(白日別)として、その前、東至一支国は壱岐として良いのだろうか。文脈的に度百濟」は何処に係るのだろうか。これを「百済に度るには」とすれば、半島南西部の百済(ペクチェ)にはならない。また、未だ判然としないが、竹斯(チゥスィ→ツシ)、竹島(チゥシマ→ツシマ)に通用される「竹」に何ら意味はないのだろうか。

州 胡=「東夷伝韓条」又有州胡在馬韓之西海中大島上~(中略)、其人差短小言語不與韓同~(中略)、乘船往來市買韓中。馬韓の西海上と在り、韓人と言語の違 う彼等が西沿岸航海を担ったと考える。その大島を江華島の南側忠清南道泰安、徳山国立公園蓮華山(ヨンファサン)の在る半島とした。また、南沿岸部は倭と 界を接す弁辰の盧国や弁辰狗邪国等が担ったと考える。
カラカミ遺跡=鉄の精錬所跡らしきものが発掘された。前4~前3世紀頃の春秋戦国時代 のものとも云われる半島系土器は口縁部に貼り付けた粘土帶の特徴等が、中国遼東半島の牧羊城遺跡で出土した土器に似る。また、三国時代以前から「呉」は遼 東半島の公孫氏と繋がっていたと云う指摘も在る。
一支国=一[・iet][・i
ĕt][iəi]・支[kieg][tʃıe] [tsi]の上古音「ィエキェッ→ィエケ→ィエキ(エキ)」、中古音「イェチェ→ィエチェ→イチ」、宗像大社の市杵(イッキ)島姫とすれば、宗像の沖ノ島 か。尚、「支」の語義には、別れ、別つ、枝、ささへ、手足、つかへ、差し障り等が在り、水道の泊(駅=うまや)とも考えられる。
竹斯(チゥッスィ→ツッスィ→ツシ)とすれば、家の屋根裏に作った物置場、床を竹簀子 で張ってあった。それが床面や地面とされ、上代東国方言で土地(つち)の訛、厨子(ずし)とも在る。九州北部の筑紫(チゥッシ→ちくし)も土砂が堆積した 扇状地として良い。また、竹島(チゥシマ→つしま→津島)とも考えられる。尚、中国北部(中原)や朝鮮半島に「竹」は自生してなかった。おそらく、日本へ も南中国や東南アジアの蛋民や海民が持ち込んだと思われる。
通常、百済に渡る或いは百済を渡るとされる。例えば岡山県津山市には女帝(推古・持 統)に百済(くだら)姓を賜ったと伝承する百済氏が居り、桓武天皇母御の高野新笠は百済王後裔倭直高野真妹の娘、或いは、妹とされる。先述の如く、倭直高 野(わたりのかや)=済(わたり)の伽耶(賀陽氏)と訓める。
この百済(くだら)とすれば、「竹島」は、今話題の竹島、「南望耽羅國」は島根県隠岐島とも考えられる。尚、「記紀」百済を済屯倉(わたりのみやけ)、新羅(しらぎ)を馬甘(うまかい)とする。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/12/09(火) 10:02:14|
  2. 3.方向の感覚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇倭地への入口と分岐点 | ホーム | ◇其北岸と西北界>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/33-53f97432
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)