見まごう邪馬台国

◇まとめ

 述べてきた様に、今から千五百年以上前の漢籍「魏志東夷伝」に記載される国々の位置 関係を示唆する方向感覚や距離感覚(里程)等、通底する法則や筆法を理解しようともせず、当時の交通手段としての常識に思いを馳せず、現代の思想や方法論 だけに頼り、判読すると壱岐(一大国)の位置は南でなく南東に近いや、壱岐から唐津付近(末盧国)迄の距離は狗邪韓国から対馬(對海国)迄の距離より短い 等と云う意味のない不毛の議論に陥ると思う。況んや記述を誤りとして書き換える等、以ての外だろう。
 「後漢書」邪馬国とされた理由は、例えば、女王の都する所と在り、約150 年後、当時の官吏や文官に都の在る所と云う認識が生まれたものと考える。それが大和朝廷との関わりから編者の判断か、倭国側の意向なのかは判然としない。 また、邪馬壹国は女王国連合の首長国と云う意味と、連合国を一つの領域とした全一(壹)とすれば、邪馬壹国の七万余戸は、奴国(外洋航海民の陸鰐と耕作 民=箕子朝鮮の遺民?)の二万余戸と投馬国(沿岸航海民と水耕稲作民=夏后少康の遺民?)の五万余戸を併せた共同体としての総数とも考えられる。ただ、對 海国の有千餘戸、末盧國の有四千餘戸、伊都国(衛氏朝鮮に遺民?)の有千餘戸、一大国の有三千許家と不彌国の有千餘家等、~余戸と~余家(許家)と云う記 述の違いも在り、未だ、これらとの関係性は判然としない。また、以下の如く記述される。

  
其國本亦以男子爲王住七八十年 倭國亂相攻伐歴年 乃共立一女子爲王名曰卑彌呼
  事鬼道能惑衆  年已長大無夫壻 有男弟佐治國 自爲王以來少有見者 以婢千人自侍
  唯有男子一人給飲食傳辭出入  居處宮室樓觀城柵嚴設常有人持兵守衞
  
女王國東渡海千餘里復有國皆倭種 又有侏儒國在其南人長三四尺
  
去女王国四千餘里又有裸國 黑齒國復在其東南船行一年可至
  
參問倭地絶在海中洲島之上或絶或連 周旋可五千餘里  

 そこで一女子を王に共立す、名は卑彌呼。鬼道に事し、能く衆を惑わす。已に年は長大、夫壻は無い。男弟あり、佐けて国を治む。女王になりてより以来、姿を見たものは少ない~云々。女王国の東渡海千餘里復国有り、皆倭種、その南、又(渡海)国有り侏儒国、身長三・四尺、女王国去る四千余里、又(渡海)有り裸国、黒歯国、又在り、その東南、船行一年程で至る。倭地に参問すると、絶えて海在り、河川中州や島上、或いは絶えて、或 関係図 いは連なり、周旋可五千余里なり。
 
この「参問倭地~云々、周旋可五千余里」を周囲とすれば、直径約1600 里で、私説の短里「105m」で換算すると約170㎞、狗邪韓国の比定地付近の釜山からの距離とすれば、長崎県壱岐市勝本町付近が最南端となり、あり得な いので、女王国に属した倭人の海域を除いた地上の領域(倭地)の最北端末盧国以南になる。地図上で計ると、福岡県大牟田市や同県八女市付近を中心とし、熊 本県八代市や長崎県天草市付近が最南端となる。
 倭人とは沿岸部での荷役や旅客と漁労で糧を得ながら家船で暮らす蛋民(鰐)と外洋での交易や荷役と耕作で糧を得る海洋民(陸鰐)の集合体として認識された。
 おそらく、倭地とは地上の「倭」と云うニュアンスになるので、末盧国以降の国々と傍国を併せた陸上の女王国だけではなく対立する狗奴国の領域も「倭地」 の周旋五千余里に含まれるとせざるを得ない。これが「女王国」と「倭地」を書き分けた理由で、更には倭地の女王国連合と狗奴国に属さない倭種が千余里東に 渡海した所に居り、それが、倭人の領域を帯方郡の東南大海之中とした理由と考える。最後に編者陳寿の描いた道程の国々、その位置関係は左図になる。(了)

「紹興本」南宋の初期(平安末期)紹興年間(1131~62)に刊行された。倭人伝を 含む刊本では現存最古。「慶元本(紹熙)」南宋の紹熙年間(1190~94)に刊行されたと、屡々云われているテキストで、倭人伝条は中華民国の学者張元 済が百納本二十四史を編纂した時、宮内庁書陵部のものを写真印刷した。
皆倭種=陳寿の云う「倭地」には含まれない。  


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/01/01(木) 00:31:14|
  2. 3.方向の感覚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇箕子朝鮮と委奴国 | ホーム | ◇南至の起点>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/36-20f69443
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)