見まごう邪馬台国

◇箕子朝鮮と委奴国

  此処では「倭人伝」に記載される国名や官名等の名称を一つ一つを取り上げながら、漢字音や語義と解字等を考慮しながら、編者陳寿の認識と通説とを比較検討し、それらに込められた意味を考えてみる。「倭人伝」の書き出しには以下の如くある。

  倭人在帯方東南大海之中依山島為国邑 旧百余国漢時有朝見者今使訳所通三十国
  従郡至倭循海岸水行歴韓国乍南乍東 到其北岸狗邪韓国七千余里


 冒頭、「倭人在帶方東南大海之中依山島為国邑」を読み下すと、倭人は帯方郡衙から見ると東南の大海中に在り、山島に依りて国邑を為す。通常、この倭人の依る山島を日本列島とするが、「後漢書」倭在韓 東南大海中、依山島為居、凡百余國とされる事からも判る様に、「韓」も同様、倭とは国域でなく民族や人種と認識された。また、何度も述べた様に倭人の領域 と女王国は同一ではない。それが証拠に女王卑彌呼を頂く国を倭国ではなく女王国、その都を邪馬壹国とする。当時、倭人系海民(+水耕稲作民)は大きく二つ の部族国家連合に分裂していた。もう一つ、「倭地」も同一の領域ではなく、倭人系海民を除く陸地の邪馬壹国連合と狗奴国と云うニュアンスで用いられる。
 倭人とは、大陸南岸部の海民や揚子江等の大河川流域に広く住んだ蛋民や沿岸航海民が南回りで渡来、平地の少ない海岸線に住み、交易や搬送等に従事する海民陸鰐(くぬがわに)、湾岸や河口部に係留した船上で漁労と荷役を生業とする蛋民の鰐(わに=韓)と共に渡来し、河口の泥濘での水耕稲作や焼畑の農耕民も含まれる。それは對海国の無良田食海物自活乗船南北市糴、一大国の差有田地耕田猶不足食亦南北市糴、末盧国の好捕魚鰒水無深浅皆沈没取之と云う記述からも判る。 更には倭人海民を水先案内として半島を南下した畑作と牧畜の民も居り、現日本人に親しい人々と比定する。但し、「倭人伝」冒頭の記述は、箕子朝鮮や衛氏朝鮮との拘わりを示唆する。
 朝鮮の伝承では、殷王「紂」の暴虐を諫めたが用いられず、気違いを装い逃げ胥余殷王朝の滅亡後、周武王に朝鮮(箕)に封ぜられBC1600年頃朝鮮半島の王険(平壌)に入り、箕子朝鮮を興す。その後、秦始皇帝に滅ぼされた「燕」の人衛満が衛氏朝鮮(BC195頃~BC108)を興すが、漢の武帝に滅ぼされて、その出先機関(楽浪等四郡)に拠って支配される。そうした興亡の難を逃れた王族や高官の一部が、その度に北部九州へも渡来したと推測され、そんな彼等と上手く繋がり共存、共栄する人々と反抗する人々に別れて争乱が起こる。
 倭[・ıuar(・uar)][・ıuē(ua) ][uəi(uo)]=ィウァ→ィワ(磐)→ッワ(和)、人[nien][niən(riən)] [riən]=ニェヌ/リェヌ→ジェヌと在り、漢字音を併せると、倭人(ワニェヌ→ワニ/ワゥリェヌ→ワジヌ)となる。「倭」と同音「委」(字統)稲魂 (穀物神)を被り舞う女性(早乙女)の姿がしなやかな様と在り、山麓河口部で水耕稲作を営む農耕民の豊壌を祈願する女王卑弥呼(「記」天照大御神→天之宇 受賣命→猿女君)の系統で巫女の一族となる。その人偏「イ」は神事や農耕儀礼に携わる委(卑弥呼)を支える神官や補佐役か、政治的な王で、「倭人伝」卑弥 呼の男弟(「記紀」思兼神)になる。男性(覡)の場合、「年」と在り、狗奴国の卑彌弓呼(「記」スサノヲの子「大年神」)に準えられる。
 
「倭」に背が低くて醜いと云う語義は無い。俯いた状態で舞う姿の低い事から後の附会で、当時、母系社会の倭人系海民は主として狩猟や牧畜と畑作農耕(麦粟稗等)を営む父系社会の漢民族にとり、大陸西北部の父系制遊牧民羌(匈奴・烏丸・鮮卑・女真)等と同様か、それ以上に中華思想から外れた異民族と認識された。

韓(BC403~BC230)=戦国七雄の一つ韓氏は、旧、晋の六卿の一人。魏・趙とともに晋を分割し、平陽・宜陽・鄭に都して国勢盛んな時期もあったが、秦に滅ぼされた。朝鮮南部の古称、その住民、馬韓・辰韓・弁韓(三韓)に分かれる。
箕子(きし)朝鮮=古朝鮮の一つ、殷(商)王朝の紂王の母系か、叔父の胥余(しょよ)は朝鮮王として人民教化に尽くした「漢和大辞典」胥余=召使い、椰子の別名。「論・微子」箕子、これが奴に為るとし、風神箕伯とも呼ばれる。箕子(きし→きじ)=雉子とすれば、「記紀」天孫降臨条、名なしの雉と関連するか。
衛氏朝鮮=古朝鮮の一つ。華北の燕から朝鮮北西部に逃れた衛満の建国
、都は王険城(平壌)。その孫右渠の時、漢の武帝に滅ぼされる。
楽浪=前108年、前漢の武帝が衛氏朝鮮を滅ぼして今の平壌付近に置いた郡。後漢 末の204年頃、楽浪郡を支配した公孫康は、その南半を割き帯方郡を設置するが、313年高句麗に滅ぼされる。遺跡は墳墓・土城・碑等を主とし、古墳群か らは漢代の文化を示す貴重な遺物を出土した。尚、楽浪の位置を中国の遼河付近とする説もある。
磐=「紀」大山祇の娘磐長姫と木花咲耶姫に関連があり、当初、二つ に分裂した白黒の二色(般=斑)が、再併合、倭→伊和(イハ→イワ)とされたか。「記」外洋航海の豊玉毘賣→石長比賣=巫女→石女(うまずめ)と河川を 遡った阿曇系玉依毘賣(木花佐久夜毘賣=河伯)、木花=椛(かば)→鎌(かま)。
[riən]=日本語ザ行とラ行やダ行の舌先は殆ど同位置に在る事に因る転音「ナ→ダ」と同様、ニ→ヂ→ジと考える。
[k`ıaŋ] [k`ıaŋ][k`ıaŋ]=中国北西部の山西省や陝西省に住んだ羊を遊牧する民族の名、五胡の一つ。漢代、黄河上流に移ったとされる。現在、四川省北 部に羌族自治区がある。また、匈奴(きょうど)=秦代から漢代に架けて中国西北方に依拠した強大な遊牧騎馬民族で、後代、南北二派に分裂したとある。尚、 匈[hıuŋ][hıoŋ ][hioŋ]、匈奴=ヒゥンッナ→フンッナ(フン族)とされるが、キォゥナ→コゥナ→クナ(コナ)と発音したとすれば、狗奴(くな→かな)国と関連する か。




関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/01/15(木) 08:12:17|
  2. 4.国名と官名
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇衛氏朝鮮と邪馬壹国 | ホーム | ◇まとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/37-cc7947a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)