見まごう邪馬台国

◇狗邪韓国と韓国

  「魏志東夷伝韓条(以下・韓伝)」韓在帶方之南、東西以海爲限南與倭接方可四千里~(中 略)~散在山海間無城郭=韓国領の東西は海で以て限りを為し、南を与う倭と接す。方四千里ばかりは、三方が海に囲まれた朝鮮半島南半分を占有したとされる 馬韓・弁韓・辰韓を併せた韓国領の東西沿岸部は海を限りとする。おそらく、韓国領東西沿岸部は帶方郡に服属する沿岸航海民の水道と湊や津、その宿場が在 り、馬韓・弁韓・辰韓の三国(韓国)は沿岸部を領有しない。同状況の南側は海が限りではなく、「南與ふ倭と接す」とされる。通説的には狗邪韓国領との境界 が半島内の陸上で韓国領と接すると解釈し、朝鮮半島東南岸の金海(キメ)付近にあったとされる弁辰狗邪国を狗邪韓国とする。ただ、それでは編者陳寿が狗邪 韓国を倭の北岸とした理由が解らない。それが故だろうが、「其北岸」=北の対岸(狗邪韓国南岸)と意訳し、そうした違和感や疑問を解消させる研究者や論者 もいるが、当に本末転倒、こ れでは自説に適う様に読み換えたと云わざるを得ない。また、現朝鮮半島基部西北の平壌やソウルを帯方郡衙とし、その東南の倭人が依る山島を日本列島とすれ ば、その間に玄界灘や日本海を挟み、北部九州と日本海沿岸部の山陰、更には北陸付近迄を含み、一層、不思議な位置関係となる。「魏志高句麗伝」に、これを 読み解くヒントとして以下の記述がある。

  高句麗在遼東之東千里 南與朝鮮濊 東與沃沮 北與夫餘接 於丸都之下方可二千里~

 高句麗は遼東の東千里に在り遼 東郡境の出城東側千里(100㎞強)に在る。また、文脈的には南を与ふ朝鮮と濊に接す、東を与ふ沃沮に接す、北を与ふ扶余に接すと、(高句麗に)~接すに 掛かるので、半島南岸陸内に狗邪韓国があったならば、韓国の南を与う狗邪韓国と接すとせずに断崖等の切れ目を表す「岸」で、「其北岸」と理由は何だろうか。そうした疑問からか、その比定地を半島南海上に浮かぶ巨済島とする論者もいる。
 
『「邪馬台国」はなかった』の著者古田武彦氏は、『漢書』西域伝から中国大陸で他の国や地名を説明する場合の「~に接す」と云う 使用法を精査し、各国を夫々の首都から「四至」を用いて、点在する形で表記、他の隣接する国々が記されているとする。これを城郭や都城内を国とする認識か ら境界とせず、「接す」としたのだとしても、朝鮮半島南部の国々は無城郭とされるので、その有無に関わりなく何らかの緩衝帯を介して存在する両国の地理的 な関係を「接」で表したと考える。また、「韓伝」弁辰、亦十二國~云々。弁辰與辰韓雜居~云々、其瀆盧(とくろ)與倭接界と記述される事からも、倭人の領域の一部狗邪韓国は韓国領の半島南岸部一部と互いに関わりのない沿岸航海民が往来する水道等を緩衝帯として介していたと考える。*(3)方向の感覚「其北岸と西北界」を参照
 狗邪韓国と伊都国以外の国では「到」でなく「至」とされる事と「倭人在帯方東南大海之中~」と云う文章を考え併せて意訳すると、最初の目的地である朝鮮半島東南岸部(現慶尚南道南岸部)や日本列島北沿岸部の島嶼に依り、国邑を為し、帯方郡や韓国にも属さない独立した倭人海民の領海中、邪馬壹国に服属する倭人の領域北岸に位置する狗邪韓国に到る。此処迄の総距離は七千余里で、倭人の領域を南側の東側の二つに別けて、邪馬壹国伊都国連合に服属する南側の領域の東側には独立した倭人の領域の在る事を示唆したと考える。少し、話が横道に逸れたので、次回から狗邪韓国の国名と官名の考察に入ろうと思う。

帯方郡=現黄海道南半から京畿道北半一帯に在ったとされる中国の出先機関。郡衙(役所)は黄海道鳳山郡文井唐面土城とされる。尚、帯[tad][tai][tai]=人を結ぶ。方[pıaŋ][pıaŋ][ɦaŋ]=架死の形、それを四方に置いたとあり、中華思想を広めて啓蒙し、異民族の朝鮮族を繋ぐと云った意味か。北側の平壌付近にあったと云う楽浪郡の楽[ŋlək][ŋɔk(lak)][io(lo)]=木柄のある鈴を巫女が振り、神を慰めた。浪[laŋ][laŋ][laŋ]=陝西省寧羌県を発し、湖北省漢口で揚子江に注ぐ漢水下流(上流罵水)で、羌族や烏桓・鮮卑等、遊牧民族に漢民族の思想を広めると云う意味か。尚、現在、四川省北部に羌族自治区がある。
遼東郡=遼河の東と云う意味で、
遼寧省大連市旅順区南西の老鉄山西麓の戦国時代から漢代の牧羊城(遺跡)等が在る。




関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/01/29(木) 08:08:10|
  2. 4.国名と官名
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇狗邪韓国と海民 | ホーム | ◇衛氏朝鮮と邪馬壹国>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/39-8a2092c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)