見まごう邪馬台国

◇對海国

  始度一海千余里至対海国 其大官曰卑狗副卑奴母離 所居絶島方可四百余里
  土地山険多深林道路如禽鹿径 有千余戸 無良田食海物自活 乗船南北市糴


 
使われる漢字の音と語義を考え併せると、対[tuəd][tuəi][tuəi]=(字統)木槌等の道具を使って行う版築の作業と在り、対面・対峙・対局・対戦・対角等、向き合うが言葉を交わさない。海[məg][hai][hai]=(字統)毎(まい)・悔(くい)・晦(つごもり・くらい)等の声が在り、漢族の中華思想から外れた九夷・八狄・七戎・六蠻を四海とし、四極を晦冥地とする。訓みは「ツァッマッ→タマ(玉)・トマ(泊)」で、語義を併せると、中華思想の広まった楽浪郡や帯方郡を経て、言葉の違う蒙昧な領域に服属する一海に対面すると云うニュアンスの国名と考える。
 
次項(C)又南渡一海とするが、其の北岸狗邪韓国としたため、方向を示さず、「渡」でなく「度」とした理由は外洋船で航行する水行と帯方郡からの沿岸航海船で水行したのと同様、水上航行として氵(さんずい)を省略して、「始」=一度目と云う事に掛けて、度(たび)とした。

 ○
大官卑狗
 卑[pieg][pi][pi]=酒を注ぐ柄杓を手に持つ形。使役や高低のニュアンスから卓(大匙→勝る)に対応して尊卑の語義に派生する。
 [kug][kəu][kəu]=子犬(子馬=駒)、後、犬の総称。

 使われる漢字を音と語義を考え併せると、訓みは「ピェクッ→ペク(ピク)」、柄杓から酒を受けて服従した手飼の官吏任官者(神祇官や文官)=犬で、鹿 児島県で15歳以上25歳以下の青年や若者を云う兵児、褌(へこ)と在り、これを男子という意味とすれば、日子=彦(毘古)とできるが、若輩者=服従する 人とすれば、凹々(ぺこぺこ)する等の言葉に関係すると考える。例えば、殷墟から発掘された遺物には大陸西北部の陝西省に住んだ服従しない遊牧民族の羌(後の匈奴か)と読める甲骨文字が見え、王墓と思しき遺構から犬の骨も多数発掘されたと云われる。先の狗邪韓国や邪馬壹国と対立する奴国とも関連し、郡治に属さない蒙昧なと云うニュアンスで用いたのかもしれない。  

 ○
副卑奴母離
 卑[pieg][pi][pi]=酒を注ぐ柄杓を手に持つ形。使役や高低のニュアンスから卓(大匙→勝る)に対応して尊卑の語義に派生する。
 奴[nag][no(ndo)][nu]=女を捕らえて奴隷化し、祭祀官下属の女囚にす ると在る。漢和大字典「奴」項、「論・微子」箕子、これが奴に為る。その箕子朝鮮は燕人の衛満(衛氏朝鮮)に滅ぼされたとされるので、難を逃れた一部の王 族や高官が北部九州へ渡来したと考える。
 
[muəg][məu(mbəu)][məu]=乳房の垂れた女を象る、牧する(養育)。生母の語義ではなく一族内で産後の女性が赤子に乳を与え、全員で幼い雛(ひな)を育て守る乳母・養母(豊玉毘賣→玉依毘賣)になる。
 
離[lıar][lıe][li]=桑摘みの頃に鳴く朝鮮鶯(黄離)。「隹」=鳥黐(とりもち)に掛かった鳥、それを獲る事が離(はな)すとある。私見では「隹」=陰陽・有無・良悪等の二元や二面性を示唆し、この場合、着脱する事、傍らに置く、手に取ったりする事に関連すると考える。

 使われる
漢字の音や語義を考え併せると、訓みは「ピェナッムァッリァ→ピナマラ」、語義に拠ると、柄杓から酒を受け、任命された奴国人(箕子)が武官や文官として傍らで大官卑狗を見守り、補佐する。雛守・夷守として良い。もしかしたら二重の監察が行われていたとも考えられる。
 尚、この時代、列島では水耕稲作が行われているので、大陸中部以南の揚子江流域から稲作民も、大陸南岸部の蛋民や海民、南蛮の粤人(えつじん)等を伴い南西諸島伝いで渡来しており、殷(箕子)や周(衛氏)の主要作物は麦・粟・稗と在り、彼等は焼畑農耕が主となる中華思想から除外された彼等に対する蔑称を含むかもしれない。

[muəg][muəi(mbuəi)][muəi]は、母[muəg][məu(mbəu)][məu]と同系字で、漢和大字典に拠ると、日毎に生じる事、日々海も満干を繰り返し、生活の糧を育む。母性も月毎に変化、子を妊娠、母乳で養育する等、旧くは両者は同系とされた。変化しない太陽と変化する月=太陰と云う関係になる。
玉(たま)=海神豊玉姫や玉依姫に関連が在り、長崎県対馬市峰町木坂タガイノロ247 番地の海神神社、同市豊玉町仁位の和多都見神社、何れも豊玉姫を祭神とする。広東省等、大陸東南沿岸部や台湾一帯では航海安全を願う女神「媽祖神」を祀 る。尚、タマ(タモ)→トマ(トモ)と転音、泊(とまり)→苫、艫(とも)→伴=神武東遷に従った大伴氏等にも繋がるのかもしれない。また、使われる漢字 の海[məg][hai][hai]と馬[măg][mă(mbă)][ma]の上古音は殆ど同音で、對海(たま)と對馬は近似音だが、中古音海[hai])は異なるので「馬」とされた。また、何れにしても、ツシマ(津島=渡島=泊島→繋ぎ島)とは訓めない。
殷墟=中国中南部の河南省彰徳府安陽県で発掘された殷(商)中期以降の帝都。地下から宮殿や王墓、青銅器、甲骨文字等、多数の遺物が見つかった。河南省偃師市二里頭遺跡(玄奘法師の生地)は、その前代、夏王朝から殷王朝前期とされる。
乳母=古来、母系制では生まれた子供を一族内の女性が全員で養育したとされるので、生母が我が子に母乳を与えるとは限らず、生母=養母とはならない。詰まり、子守=雛守(ひなもり)となる。
薊=帝堯の子孫、薊が封ぜられたとされる現北京東郊に住んだ燕人の衛氏一族は半島 を経由して渡来したが、中南部の黄河と揚子江の挟間の地域に住んだ殷の箕子一族等、中には大陸南部の海民や蛋民(粤人)等を伴って南西諸島を経て九州南西 部に漂着した人々もいたと考える。尚、帝堯=中国古代の伝説上の聖王。名は放勲。帝嚳(ていこく)の子。舜と並んで中国の理想的帝王とされる。陶唐氏・唐 尭。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/02/18(水) 21:44:23|
  2. 4.国名と官名
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇一大国と瀚海 | ホーム | ◇百済禰軍>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/42-40315107
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)