見まごう邪馬台国

◇不彌国

  東行至不彌国百里 官曰多模 副卑奴母離 有千余家

 不[pıuəg(pıuət)][pıəu(pıuət)][fəu(pu)]=花萼の形象、後代、大きいと云う語義に派生する。
 彌[miər][miə(mbiə)][mi]=本来、「爾」、豊かな毛髪と女性の美しい文身、弓を男性のトーテム。

 使われる漢字の音を併せると、訓みは「ピゥァッミェ→プァメ→ハメ(馬銜)」で、その語義を考え併せると、美しい文身を施した巫女(卑彌呼等)を輩出する国で、伊都国の官爾支(弓) が男弟として佐けた。例えば、「記紀」天孫降臨条、葦原中国が騒がしいので平定せよと天鹿児(天之麻迦古)弓と天(天之)羽羽矢を授かり、遣わされたが、 その娘を娶り、大国主神に媚び諂い返り事をしない天稚彦(天若日子)の胸を返し矢が貫き死ぬと、「記」イザナギがイザナミとの子火神カグツチの頚を斬った 剣伊都尾羽張(亦名天之尾羽張)神裔とされる建御雷之男神→建御雷神に拠る出雲国譲となり、邪馬壹国伊都国連合が成立する。その後、対立する狗奴国(建御名方神→八坂刀賣)に敗れて、支配権の象徴(金印「親魏倭王」)と卑彌呼の宗女「壹與」を奪われて邪馬国を標榜されたのか、邪馬国伊都国連合は宗女臺與(豊)を伴い東遷する。

 ○多模
 多[tar][ta][tuo]=(字統)生け贄とする肉を重ね、多くの肉を表すとある。
 模[mag][mo(mbo)][mu]=莫(法則)+木=版木と在り、手本から作る(模倣)。

 使われる漢字の音を併せると、「タルマッ→タマ(玉)」、語義を考え併せると、多くの生け贄を捧げて祈り、手本を示す役職(巫覡や神官)、對海(たま) の近似音になる。尚、前項の奴国と、この不彌国にも對海国や一大国と同名称の副卑奴母離とあり、邪馬壹国と伊都国連合に服属、祭祀権を剥奪され、一大率か ら派遣された役人の管轄下、大倭(=卑狗)に河川航行と交易権を監察された。本来、多模(たま)は、對海国と一大(イタ→イト)国等、海民を束ね、その祭 祀、神事や亀卜等を掌る委奴(ワヌ)国王だったが、伊都国の官爾支(ヌケ/ニケ)に、その支配権を奪われたと考える。その訓み方に諸説ある「委奴国王」に 使われる漢字の音は以下の如く在り、委[・ıuar][ıuĕ][uəi(「倭」と同音)・奴[nag][no(ndo)][nu]とあり、「ィゥアナッ →ワナ→ワィヌ」となる。
 燕人の衞氏後裔を支配者層とした矛や剣を神器とする伊都(ヤァタ→イツ)国は、鏡を神器とする箕子朝鮮の王族や官吏を上層部とする委奴国連合の對海国や 一大国を服属させ、諸国を検察する官吏(武人と文官)の役所一大率から派遣された。海上交通の要衝に位置する對海国や一大国には官卑狗と副卑奴母離が置か れるが、邪馬壹国と伊都国連合の意向に順ったのか、その一官僚として命脈を保ち、名を連ねる。
 「記紀」当初、邇邇芸命(瓊瓊杵尊)=委奴(鰐)国王の娶った大山祇の娘木花咲耶姫(木花佐久夜毘賣)と姉磐長姫(石長比賣)=別種の倭人に別れるが、 遅れて渡来した山幸彦(伊都国爾支)に海人豊玉彦(委奴国王多模)と娘豊玉姫(卑弥呼→宗女臺與)は服属するが、兄海幸彦(官狗古智卑狗)と葺不合(卑彌 弓呼)は南下して、海民(陸鰐)国の邪馬壹国伊都国連合と対立する。その後、妹玉依姫(卑弥呼→宗女壹與)と繋がった葺不合(狗奴国王卑彌弓呼)に伊都国 王と臺與(豊)は敗れて東遷する。「仲哀紀」徳勒津(とくろつ)を出発され、山口県浦郡周辺の穴門に行幸~云々と在り、神功皇后の新羅討伐に住吉系海民(志賀島)が助力したと云う。
 上記の如く、謨・模[mag][mo(mbo)][mu]や馬[măg][mă(mbă)][ma]と在り、四声等、微妙な違いはあるが、上古音「マ」の近似音が使われる事からすれば、漢字が持つ語義を無視してはならないと考える。

弓= 矢(血胤)を番えて放つもの。弓忽山(kom-kol)を弓を神器として奉納した扶余族の神山(kom-tal)=熊山とする。ただ、「忽」=俄な様 、糸(し)の十分の一。ユルガセ=心を緩める様、疎かにする様、いい加減な事と在り、新羅の時代、疎かにされ、忘れられていたが、神聖の太祖王建が奉祀 し、興した国が高麗(こま→クマ)とされる。弓の弦を鳴らして新生児の邪気を祓うので、弓を神器とした遊牧騎馬民扶余族や満州族(女真)も邪馬壹国や大和 朝廷の構成員の一つと考える。
伊都=訓みを「ヤータ(八咫)」とすれば、鏡の国だが、「ヤハタ(八幡)」に転音する と武神(清和源氏)、「イツ(伊都→稜威)」だと矛や剣の神ともなる。茨城県鹿嶋市宮中にある元官幣大社、常陸国一の宮鹿島神宮の祭神武甕槌(タケミカ ヅチ)神、経津主神・天児屋根命は、剣神伊都尾羽張(甕速日神)裔孫とある。古来、軍神として武人の尊信が厚い。尚、「記」建御雷之男(タケミィカヅ チ)神の亦名として建布都(たけふつ)・豊布都(とよふつ)とあり、出雲国譲は、当初、豊(臺與)系の国譲りだが、その後、反対に建(壹與)系が国譲りし た事を隠匿して記述する。
徳勒津=漢字の音や語義を考え併せると、勒[lək][lək][ləi]=馬を馭す る革紐、勝手に動かない様に引き締める(制御)、程よく調整する。古訓、あらたむ・くつわ(轡)。馬を馭し手なずけて、本来の気性を制御、革める事。この 馬=船として、倭人系海民陸鰐(くぬがわに)と韓人系沿岸航海民鰐(わに)として区別したと考えられる。また、「魏志東夷伝」弁辰の瀆盧(トクロ)国とあ り、関連が在ると思う。
四声=中国発音のイントネーションで、平声・去声・上声・入声の四種がある。 






関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/04/02(木) 21:35:32|
  2. 4.国名と官名
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇投馬国と記紀 | ホーム | ◇奴国と海民>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/48-0a27d9ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)