見まごう邪馬台国

◇海民の単位

現在、地図に拠り、その位置関係を正確に把握できるが、晋王朝の公文書「三国志東夷伝」の里程や日程と方向性が曖昧だったならば、当時、倭人と、その拠所に関する知識等、殆ど無かったと思しき晋帝には、その国々が持つ大凡の位置関係すら判らなかった。況んや、戦略的、いや、地理志的な意味すらなくなる。縦しんば、それで良かったのだとすれば、「三国志」を書かせた理由は何だろうか。更に云えば、短里等ないとする研究者や論者は、末盧国以降、陸行した国々を、どの様な根拠で以て設定し、比定するのだろうか。殆どの場合、里程や方向性迄も無視し、その音通から伊都(いと)国を佐賀と福岡県境糸島半島基部の福岡県前原市南部付近とするが、これも末盧国の比定地を松浦半島基部とすれば、「東南陸行到」と云う伊都国の記述に違和感を持つからか、先の九州説、古田武彦氏でさえ、意図的に行きたい所(博多湾岸?)があるのか、道標(みちしるべ)等と称し、見まごうかな、歩き始めを東南方向として、素人でも呆れる様な説を繰り出す。
当時は、現在の計画道路等と違い河川の沿道、山腹の杣道や獣道と大差ない、うねうねと続く踏みしめ道を進んだと推測されるので、歩き始めの方向では次国や次の宿泊地等の所在地への方向はおろか、何処に向かっているのかさえ全く判らなかったと思う。こんな事では次の比定地、奴国の福岡県福岡市博多付近や不彌国の同県糟屋郡宇美町付近も怪しくなる。
この章で述べてきた事を鑑みると、「魏志東夷伝」が持つ距離感や方向性等の問題ではなく、編者陳寿の思惑や意図が何かだと思う。地図を見ても顕かな様に倭の領域北岸狗邪韓国(釜山付近?)から次の對海(對馬)国を現在の長崎県対馬、一大(一支)国を同県壱岐、更に末盧国を佐賀県松浦半島基部付近として、同距離でもない三区間の何れをも「千余里」と設定するために何らかの基本的な単位が必要だったと考える。
陸上の距離は、歩測、或いは、車輪の回転数等で計った。河川航行に於ても沿岸部を歩測すれば良い。しかし、沿岸航海の場合、沿岸部を歩測しても実測値となり、水行に拠る行程距離にはならないが、朝鮮半島西側のリアス式海岸沿いを水行した実距離とすれば、七千餘里は長里で問題ないのかも知れない。また、そうした水行でも重い荷物も大量に運べるが、もう一つの利点と思しき距離や時間の短縮は捗捗しくない。ただ、そうした方法すら採れない外洋航海の距離を彼等は如何にして知ったのだろうか。
今も昔も沿岸航海は岩礁や暗礁、潮流の変化等の危険を避けるため、或る程度、海岸から離れた海域の最短距離を航行した。沿岸航海民は、領有する海域の状況を知り尽くした技能者として、河川航行の平均値等、その区間で日中(6~12時間)に航行できる目安の距離に則した停泊地を設定し、その停泊回数、要した日数の総計が大凡の行程距離で、その里程となる。
時代的には下るが、関連すると思しきもので、万葉集巻第一の八(額田姫王御歌)熟田津に船乗りせむと月待てば、潮も適いぬ今漕ぎ出でな。この「月」は、現実の月を待ち、日没後に出港するのではない。この歌を作った伊豫の熟田津を愛媛県付近の瀬戸内沿岸とすれば、小さな離島、岩礁や暗礁等を避けて沿岸航海するのに適した潮(=暦)を待ち、夫々の海域に適った季節風等の風向や潮流を月の出る頃合いと、その形状で知った。当然の事ながら悪天候に因る予備日や休息日を併せて余裕の有る日程にされた。詰まり、そうした知識や技術を持つ人々が沿岸航海民と呼ばれた。同様に、当時の外洋航海も碇泊する飛島でもない限り、潮流や干満を上手く利用して一日(半日)で航行できる目安の距離感があったと考えられる。
 
伊都国=伊[・ıər][・ıi][i]=(字統)君(巫女)を補佐する役職名。「伊尹」=伝説上の殷初の名相、名は摯と云い湯王を補佐、夏の桀王を滅ぼして天下を平定。尊んで阿衡(あこう)と称えた。書経(太甲)「阿」=頼る、「衡」=秤の意。天下の民がそれによって公平を得る意。転じて、宰相の意。日本で摂政・関白の称。都[tag][to][tu]=(字統)祝禱を入れた器を埋納し、城壁で囲んだ所とある。三国志成立期の上古音を併せると、「ッイェァータッ→ヤァタ→ヤワタ→ヤバタ→ヤマタ」となる。尚、「委」と「倭」の関係も巫女卑彌呼=「委」と、それを補佐する男弟=「イ」とした。湯王=「イ」、阿衡=「尹」と云う関係とすれば、伊都国も巫女を補佐する国の都と云う意味を持ち、「記紀」蘇我氏等と親しい人々か。
 

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/06/15(日) 22:00:13|
  2. 1.距離の感覚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇倭人伝の単位 | ホーム | ◇中華思想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/5-af31cf74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)