見まごう邪馬台国

◇邪馬壹国と官名

  南至邪馬壹国 女王之所都 水行十日陸行一月
  官有伊支馬 次曰彌馬升 次曰彌馬獲支 次曰奴佳鞮 可七萬余戸

 邪[ŋiăg(yiă)][ziă][sie(ie)]=邪なる事(よこしま・わるい)=呪術等、漢方では陰陽のバランスが悪い事、傾ぐ。
 馬[măg][mă(mbă)][ma]=前出の草原を駆ける馬、海上の船は天翔る鳥(天之鳥船)、何れも雄のトーテム。
 壹[・iet][・ıĕt][ıəi]=壷の中で発酵し、充満する=全一。

 使われる漢字の音を併せると、訓みは「ヌギァッマッイェッ→ヌガマィエ(蒲江)/ィアマィエ→ヤマィエ(山江・山家)」で、語義を考え併せると、呪 術的な巫女王を戴く連合国の首長国(全一)と云うニュアンスと考えられる。尚、後代、「シェバエ」ともされて、鯖江(さばえ)等の地名にも派生した。

 ○官伊支馬
 伊[・ıər][・ıi][i]=伊都国にも使われる漢字で、君(巫女)を補佐する役職名。
 支[kieg][tʃıe][tsi]=伊都国の大官爾支に使われる「支」=小枝を手に持ち支える事。
 馬[măg][mă(mbă)][ma]=前出の草原を駆ける馬、帆に風を受けて海上の船、天翔る鳥(天之鳥船)で、何れも雄のトーテム。

 使われる漢字の音を併せると、訓みは「ィアーキェッマッ(ィエケッマッ)→ヤケマ(焼山・八雲)」、或いは、「ィエケマ→イキマ(生目)」で、その語義 を考え併せると、女王卑彌呼(狭穂比賣→佐波遅比賣)を支え、補佐する役職(爾支)を管理する。後、臺與を支えた男性(垂仁=伊久米伊理毘古伊佐知)か。 その連合国が卑彌呼の死で分裂すると、追われて、南下していた狗奴国(狭穂毘古→景行天皇)と壹與(佐波遅比賣)が繋がり、追われて東遷する。

 ○副彌馬升
 彌[miər][miə(mbiə)][mi]=豊かな毛髪と女性の美しい文身、弓=男性のトーテム、爾(矢=男精子)を射る弓。
 馬[măg][mă(mbă)][ma]=前出の草原を駆ける馬、帆に風を受けて海上の船、天翔る鳥(天之鳥船)、何れも雄のトーテム。
 升[thiəŋ][ʃıəŋ][ʃıəŋ]=穀量を計る器、「斗」に極めて近く勺に一を加えた形。昇る。

 漢字の音を併せると、訓みは「ミェマッチィァッ(ミァマシィァ)→ミマチャ(ミマシェ)」で、語義を考え併せると、巫女を生む男婿の有資格者になる。御 体(みま)・御座(みまち→みまつ)=御真津と転音し、孝昭天皇(御真津日子)→御真津比賣(崇神=御真木入日子印恵命の后)と関係があると考える。

 ○副彌馬獲支
 彌[miər][miə(mbiə)][mi]と馬[măg][mă(mbă)][ma]は、前出の巫女を生む男婿。
 獲[ɦuk][ɦuk][huo]=鳥(作物や獲物)を手に掴む。
 支[kieg][tʃıe][tsi]=小枝を手に持ち支える=掌る。

 使われる漢字の音を併せると、訓みは「ミェルマッフッキェッ→メマゥアケ→ミマワケ(御体別)」、或いは、「ミマゥアケ→ミマキ(御真木)」で、語義に拠ると、神聖な巫女を輩出する国を補佐し、葬る役目を掌る男性(崇神=御真木入日子印恵命)となる。

 ○副奴佳鞮
 奴[nag][no(ndo)][nu]=奴国項で述べた様に海民(韓人)を伴い渡来し箕子朝鮮後裔の王族や官僚。
 佳[kĕg][kĕi][kiai]=(字統)善なりとし人の佳善なるを云う。支[kieg][t∫ıĕ ][tsi]と近音韻を持つ。
 鞮[ter][tei][tiəi]=(字統)「是」項、「匙」の初文とあり、匙状の道具で表面を平らに鞣した皮革。北方夷狄が使う言語や、その通訳と在る。

 使われる漢字の音を併せると、訓みは「ナッケッテゥ→ナクテ(中手→中臣・額田)」で、その語義を考え併せると、神祇官を補佐する祭祀官下属の女囚、北方の従順な狄人(箕子か)の通訳者と云ったニュアンスの名称になる。「奴佳鞮=額田」が正しいとすれば、北狄が漢民族でない異民族としても「倭人伝」旧百余国漢時有朝見者今使訳所通三十国とある事とも関連し、彼等は漢語に通じていたとせざるを得ず、呉音系漢人だった奴国の構成員が、邪馬壹国前代に漢に朝見した人々で、魏使の通訳だったのかも知れない。次回は、女王卑弥呼を考える。

字 統「狄」=火と犬に従う。磔殺された犬に火を加えて災禍を祓うための呪義を示し、遠ざける事、夷狄・北狄と在る。古代の中国で、北方塞外の匈奴(きょうど →ふんぬ→フン)・鮮卑(せんぴ)・柔然(じゅうぜん)・突厥(とっけつ)・契丹(きったん)・維吾爾(ウイグル)・蒙古(もうこ)等、遊牧民族の呼称と されるが、中国大陸(中原)を北回りで半島を経由して渡来した人々とも考えられる。 








関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/04/16(木) 17:14:37|
  2. 4.国名と官名
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇女王卑彌呼 | ホーム | ◇投馬国と記紀>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/50-f88735b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)