見まごう邪馬台国

◇相当ではない

 ここでは、少し見方を変えて、(1)~(5)で補足した「順当」「見当」「手当」「妥当」「正当」「穏当」「相当」「当惑」「当然」は、広辞苑に拠ると以下の如くあります。

 「順当」=道理上、当然な事、そうあるべき事。
 「見当」=目当、大体の方向、見込み、予想。大体の数量(位、前後)。版画や印刷等で、刷る紙の位置を決める印。銃砲の照星(しょうせい)。
 「手当(てあて)」=予め、その用に備える、用意、準備。そのために配置される人。手立、手段・手法、対応策。処置(特に病気や怪我等)。労働や勤務等の報酬や金銭、基本給の他に支給する金銭、心付。召し捕り、捕縛。
 「妥当」=よく当て嵌まる。適切である。〔哲〕真理や道徳的美的価値等の通用し、承認されるべき性質。
 「正当(しょうとう)」=正しく理に当たる。或る事や時(特に忌日)に当たる。実直。信実。 (せいとう)=正しく道理に適っている。⇔不当。
 「穏当」=おだやかで、温和しい。道理に当て嵌まる。
 「相当」=程度や地位等が、相応しい、釣り合う、当て嵌まる。(副詞的にも用い)普通を超えている様。
 「当惑」=事に当たり処置に迷い戸惑う。思案が尽きて途方にくれる。
 「当然」=道理上からそうあるべき事。当たり前。

 上記に共通する漢字「当(たう→とう)」=手立て、手法、方法。目指す所、目当。当に在るべき様、当り前。〔仏〕当来の略。未来。来世。名詞に冠して、「その」「この」「今の」「さしあたり」等の意を示す語(=頭)。「当(まさ)に」=当然、~するのが正当(=道理)→対象に代わる同等や同然の事柄、対処する手立・方法になります。また、藤堂明保編「漢和大辞典」に拠ると、上古音・中古音・近世音の何れも[taŋ]、 古来、日本語では、この鼻音[ŋ(ng)=ヌク]を「~イ」「~ウ」の二母音で発音しました。前者は「タヌク→タィ」=当麻寺(たいまじ)、後者が先の 「タヌク→タゥ→トゥ」ですが、当麻寺(タヌグマジ→タギマジ)ともされますので、発音し易い「タヌク→タヌッ→タヌ→トン」と発音されたと考えます。
 但し、若干の疑問が残ります。
「広辞苑」に拠ると、前回に提示した(1)~(5)に共通する「当(まさに→とん)」項=見積もっていた、通常の、常識的な、同等の等とありますので、それを否定する当(とぅ→とん)でもないは、応対者を援助したとか、世話をした等、有り難がられる状態ではない→「相当でない」のだとしますと、「当でない」になりそうですが、何故か、「当でない」にされます。この助詞「も」から考えてみます。この助詞「も」と「は」が持つ基本的な機能を下記の如く比定しました。

   「」=既存の空間の隣に別の空間を確保して人や物事等を序でに付け足して繋ぐ
   「は」=主部に纏わる或る一定の条件に係わらず、曖昧で不確定な状態を含み持つ

 助詞「も」の場合、新たに空間を確保して序でに示唆するため、順当でない、意外な、思いも拠らない等のニュアンスを生み、そんな事を云われると困ります 等、謙った感じになり、応対者は良い印象を持ちます。通常、使われることはありませんが、「当ではない」にしますと、助詞「は」の曖昧で不確定なニュアン スに拠り、否定する事柄に就いて、別の事実や思惑を含み持つと受けとられるのか、言葉とは裏腹に、当然だろ。恩にきろよ等、相当の見返りを求めると云った 感じが見え隠れして良い印象を持ちません。更に、「とんでない→とぅでない→とでない」にしますと、謙譲の意識は殆ど消え、威圧的で押しつけがましく、横 柄に強く否定した感じを受けます。次回は「迚も」の語源を考えましょう。
 
普通を超えている様=副詞的にも用いるとあり、その動詞や形容詞等に相当する事(当に・正に)で、普通を超えているわけではない。
当(まさに→とん)=この言葉が含み持つニュアンスを、「とんでもない」と、やん わりと謙って否定する。強く否定すると云われる理由は、その語義(4)道理を外れているから派生したと考える。(5)滅相もないは上位者に対して何らかを 謙って否定する場合に使われる事が多い。
」=鞄と靴買ったは、序でに靴もと、予定外の買い物を示唆する。助詞「と」の場合、当初から予定していた鞄と靴を買ったと同列に繋ぐ。
「は」=赤い薔薇が好きは、何があろうと赤い薔薇となるが、赤い薔薇好きは、他の色や花は余り好きではないが等の背景を感じる。 
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/06/05(金) 17:57:56|
  2. 2.慣用句考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇とてもじゃない | ホーム | ◇とんでもない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/57-5f9d0f91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)