見まごう邪馬台国

◇倭人伝の単位

帯方郡衙~女王国迄の総距離「万二千餘里」から帶方郡衙~狗邪韓国迄の七千餘里と狗邪韓国~末盧国迄の三千餘里を差し引いた二千里弱を長里とし、南へ向かうと九州管内を出る。況んや、北部九州だとすれば、南至水行十日、陸行一月もの日程を要するはずはないのだから「南至」は、東至の間違いだと云うのが、短里は存在しないと云う研究者や論者が持つ大方の意見だろう。
当に本末転倒と云わざるを得ない。こうした研究者や論者の多くは、朝鮮半島から北部九州の間、三千餘里=約440㎞×3と云う膨大な距離になるにも関わらず、對海(對馬)国を長崎県の対馬、一大(一支)国を同県壱岐とする根本的な疑問を差し置いたまま、通説以外の比定地を試みる等の論なら未だしもだが、これとて南を東南にせざるを得ないし、倭人在帶方東南大海之中、依山島爲國邑~。に対して、到其(倭の)西北岸狗邪韓国とせず、「其北岸~」とした編者陳寿の意図も分からなくなる。そこには何が何でも大和にしたい。大和朝廷以外に王の居る国が在ってはならないと云う意識が垣間見える。
「まぼろしの邪馬臺国」の著者宮崎康平氏は、この海峡(現朝鮮東海峡)では一週間で風向きが変わるので、この千余里を一週間の日程とする。ただ、風待ちや潮待ちを併せたとして海上の日程は何日になるのか。もし、何処かで碇泊したとすれば、帯方郡衙から狗邪韓国迄と同様、「歴」か、「経」とされると思うが、編者陳寿は、狗邪韓国以降の国には「(度)一海」、特に對海(對馬)国には「所居絶島」とする。実際、地図で見る限りでは、この海峡の四方50㎞以内には碇泊できる様な島嶼は見えない。先ずないだろうが、二日以上の日程とすれば、潮の目を読みながら漕ぎ続けたとしても干潮満潮や潮流の影響を受けて流されてしまう。
その宮崎康平氏も順風であれば一日で渡れる距離とする様に、三つの海峡の何れもが同距離にされた理由は「1日で渡りきる」と云う外洋航海民の言葉で、風待ちと潮待ちや休息日等を併せた6日間と海上航行の1日(半日)を併せた7日間の日程となる。これが適切なのかどうかは別として、沿岸航海と同様に、夜明後、午前中の引き潮を利用して出港、満ち潮に乗って沿岸部に近づき入港した。狗邪韓国迄の沿岸航海と末盧国への三度の外洋航海も同様に、その千餘里/日と云う里程を基本として、悪天候に拠る予備日や休息日を含めた日程として余裕を持たせた。尚、三つの海峡は、潮流の関係から往き還りで違う航路を辿ったと思う。
纏めると、後漢の滅亡後、AD220~250年迄、249年の高平陵事件を契機に魏王の曹氏から司馬懿に権力が移る迄の極限られた期間、三国志の魏書と呉書で使われる短い里単位は、日常、騎馬民族に親しい彼等が用い、使い慣れた単位、馬の並足(毎時約5.2㎞)や速歩(毎時約12.6㎞)等の歩測と関係し、速歩で一日(昼間)、約6~8時間で移動する距離とすれば、モンゴル軍騎馬隊1日中りの移動距離70~100(平均85)㎞とある。また、主として櫓を用いた船の最大速度は10knot程度、実船相当で4~6knot位とされる。1knot=一海里(約1852m)から毎時7.5~11㎞の平均値で、6~12時間として、約55~110㎞/日が目安になろうが、当時、それを生業とする海民に拠る午前中の干潮と満潮を利用した復数の櫂船では、もっと早く進んだかもしれない。ただ、風待ち潮待ち、風雨や波浪等、天候の影響を考慮すると、平均100㎞/日前後として良いだろう。尚、平均値を超える距離を移動する場合、馬と騎手、船の漕ぎ手の疲れを考慮すれば、その平均速度は遅くなると思う。
詳細は後述するが、これらを基本に隔日か、二日おきの休日、悪天候に拠る足止め等を考慮した陸行に於ける里単位「70~140m」の平均値として一里「105m」とした。(了)
 

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/06/18(水) 16:01:37|
  2. 1.距離の感覚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇違表記や異表記 | ホーム | ◇海民の単位>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/6-39a441cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)