見まごう邪馬台国

◇「~ではない」

 「まんざらじゃない」でも提示した「~でない」と云う文型の「捨てたものではない」「これではない」「出る幕ではない」等を「~でない」と云う文型に置き換えると、どの様に変わるのか見ましょう。
(1)「捨てたものではない」は、外しても良いと云う噂や評判等と違い、これはこれで良い所が一つや二つあって外せないと云うニュアンスになります。これを「捨てたものでもない」にしますと、当初から、その評価に対して疑問があったが、やはり、一つや二つの良い所があるよと云うニュアンスになります。これ を「捨てたものでない」にしますと、何故か、これも先述した慣用句の「とんでもない」の助詞「も」が担うとした意外や予想外と云うニュアンスを持ち、駄目だと思っていたが、意外に良いになります。おそらく、「捨てる」と云う行為自体に負の感覚があり、それを否定するために起こると考えられます。それを示唆する様に「~でもない」とした場合、助詞「も」の既存空間の隣に別の空間を確保し、人や事物等を序でに付け足して繋ぐと云う機能が、負の感覚とは違う感覚 (区画や空間)、この場合、当然、思っていた通り等を思い起こさせるため、こうしたニュアンスを持つと考えられます。更に、これを「捨てたものじゃない」 にしますと、「じゃ(助詞「や」)」=或る区画のものを取り出して提示し、同列に繋ぐと云う機能に拠り、「捨てたものではない」に比べると口調が少し強くはなりますが、略同じニュアンスの語義になります。
(2)「これではない」は、幾つかの候補の中では違うと云うニュアンスになります。これを「これでもない」にしますと、負の感覚を持たない指示代名詞だから、幾つかの候補はあったのだが、何故か(意外に)、これとも違うと云うニュアンスを持ちます。
 この場合、「これでない」では、少し違和感がありますが、これを「これじゃない」にしますと、前者と同様、「これではない」に比べると、口調は少し強くなりますが、略同じニュアンスの語義になります。
(3)「出る幕ではない」に使われる「幕」は、広辞苑に拠ると、広く長く縫い合わせて、物の隔てる布、装飾として用いる布。垂れ布。帳。芝居や舞踊等の舞 台上で演技のない時に垂らす布。芝居で演技が一段落する。芝居の段落を数える語、場面、場合。仕舞、終結。相撲の幕内等、その太字にした語義から「出る幕 ではない」=お節介になる。出しゃばるべき所ではない。口を差し挟む場合でないと云う語義になります。これを「出る幕でもない」にしますと、自ずと収まっ たのか、出しゃばる必要は無い。その時期を逸した等と、これも助詞「も」に拠ってか、「意外にも」と云ったニュアンスを持ちます。また、これを「出る幕で ない」にしますと、役柄が違うか、終わったのか、出しゃばったり、口を挟む場面でないになります。更に、「出る幕じゃない」にしますと、「出る幕ではな い」に比べると口調は少し強くなりますが、略同じニュアンスの語義になります。
 以上、助詞を変える理由は伝えたい事、含み持たせるニュアンスを変えるためとして良いでしょう。述べてきた事を纏めると提示した語句の助詞「も」と「は」に拠るニュアンスの違いは以下の如くなります。次回は「ろくでもない」を考えます。

   「捨てたものでない」=意外 「捨てたものでない」=当然 「捨てたものでない」=意外 「捨てたものじゃない」=意外
   「これでない」=当然 「これでない」=意外 「これじゃない」=当然
   「出る幕でない」=当然 「出る幕でない」=意外 「出る幕でない」=当然 「出る幕じゃない」=当然

助詞「や」=教室で(彼や彼女に)鉛筆やノートを貰った。→教室で鉛筆とノートを貰った。(会社の机や電車の網棚に)鞄や傘を忘れた。→(会社に)鞄と傘を忘れた。(他も入っているが)メロンやマンゴーの詰め合わせ。→メロンとマンゴー(二種)の詰め合わせ。 




 
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/07/04(土) 10:28:39|
  2. 2.慣用句考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇ろくでもない | ホーム | ◇まんざらじゃない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/61-05c9aea3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)