見まごう邪馬台国

◇陳寿の認識

 「魏志倭人伝」では記述法にも様々な違いが在る。里程や日程で云えば、冒頭の倭人在帯方東南大海之中依山島為国邑~(中略)。從郡至倭循海岸水行歴韓国 乍南乍東到其北岸狗邪韓国七千余里と在り、最後に郡衙から此迄の総距離数を記載するが、狗邪韓国で船を乗り換えた後、始度一海千餘里至對海國、又南渡一海 千餘里名曰瀚海至一大國、又渡一海千餘里至末盧國の三国は、何れも国名の前に同里数で千餘里とする。また、上陸後、東南陸行五百里到伊都國も国名の前に五百里。次の東南至奴國百里と東行至不彌國百里とあり、陸行の場合、~余里としない。また、最後の二国で、その前者は「東南至」、後者は「東至」とする。次に南至投馬国水行二十日、南至邪馬壹国女王之都水行十日陸行一月は、最後に距離数(里程)ではなく、その総日数(日程)を記載する。
 此処では、原文の記述に順い用いられる漢字の語義や解字を見ながら、「至と到」「度と渡」「従と自」等の違いを鑑み、編者陳寿の思惑や意図を考えてみたい。先ずは、「魏志東夷伝倭人条」冒頭の下記の記述から始める。

  (A)従郡至倭循海岸水行歴韓国 乍南乍東其北岸狗邪韓(くぬがわに)国 七千余里

 上記、「其北岸~」を外洋船を乗り換えたからとする研究者や論者がいる。確かに沿岸航行と外洋航行の船は同じではないので、それも 一つの理由だろうが、伊都国でも「到」とされる理由は何か。「陸行」は末盧国からで、次の奴国と不彌国にも「水行」と云う記述はない。例えば、伊都国が特 別有力国だったとしても「南邪馬壹国女王之所」と、女王国の都に着く事を「至」と記した理由は何か。一説に、魏使は伊都国迄は行ったが、邪馬壹国には行ってないからとする。しかし、これも対海国・一大国・末盧国に「至」が使われる事を説明しなければならず、下記の記述から魏帝の勅書と金印や下賜品を携えた魏使も女王に詣でたとせざる得ないと思う。

   王遣使詣京都帯方郡諸韓国 及郡使倭国 皆臨津捜露傳送文書賜遣之物 詣女王 不得差錯

 狗邪韓国の「到」が船を乗り換えたからとして、そこから伊都国迄の国々を通説の比定地とし、末盧国からの陸行後、伊都国から奴国や不彌国迄を水行したと しても、女王卑彌呼の頃、平均気温が一度近く高く、縄文海進に近い状態だった。福岡県の博多湾も現在より内陸部迄、浸水し、その西側の糸島半島は繋がって おらず、満潮時には水道があった。伊都国の比定地が糸島半島基部の南側だったとすれば、末盧国で河川水行用の平底船に乗り換えて従者に曳かせて河岸部を陸 行するよりも朝鮮半島西岸と同様、沿岸航海用船に乗り換えて潮流と潮汐を利用して東へ水行した方が合理的だろう。更に、狗邪韓国で沿岸航海用船から外洋船 に乗り換えたと云う事は、次項 (B)始度一海と云う記述で判断できるので、「到」とされた理由は別に在ると思う。尚、手持ちの漢和字典に拠ると、「至」「到」は下記の如く在る。

   「至」=(解字)矢+大地、放った矢が落ちた地点 → 或る所から至る迄の道程や経緯に重点
   「到」=(解字)至+刂(人)、到着地に人の居る事を表す → 目的地として到着した所に重点

 上記と、(A)倭~~云々から、東南方とした倭人系海民の領域へは、帶方郡衙から郡治下の韓国を歴て狗邪韓国迄の沿岸部に於ける里程や日程、移動方等、魏使にとって既知の情報に従い到った。その北岸狗邪韓国は中華思想から外れた東夷の国々へ向かうための基地で、南に方向を転換すると云う意図で使われる。また、魏使には、倭人海民が持つ渡海方法や距離感、正確な地理的情報が得られると云う認識があった。

南至=「到其領域北岸」とする最大の理由を、この始点とした。「至」=始点から終点の経過に重点があるとすれば、何れも領域内の水行や陸行の全行程、狗邪韓国~邪馬壹国(水行三千餘里+陸行二千里=五千餘里)、狗邪韓国~投馬国(水行六千餘里)を日程として示唆したと考えられる。また、自郡女 王國、萬二千餘里は、帯方郡衙~狗邪韓国(七千餘里)と狗邪韓国~邪馬壹国(五千餘里)=萬二千餘里と全里程を示唆した。尚、帯方郡衙から狗邪韓国迄の全 日程は水行一月弱(25日程)で、邪馬壹国から魏の京都「洛陽」迄、6月に出て、12月に帰路に就いたと推測される記述が在る。帶方郡から洛陽迄、約 1500~2000㎞(萬五千里~二萬里)を黄河沿岸部の水行、20日×3=60日(二ヶ月)、全体で、二ヶ月+25日+10日+一ヶ月=四ヶ月強で到 着、一ヶ月程で遣使としての役目を果たした。おそらく、季節風を利用した半年の日程として良い。
至=東南至奴国百里や東至不彌国百里の如く、里程が文末にされると仮定文となり、実際には向かっていないとする論者もいるが、それでは、奴国は方向と距離「東南至奴国百里」とし、不彌国でも同様に方向と距離だが、「東至不彌国百里」とされる理由が判らない。おそらく、これが、東南伊都国五百里とされた理由で、伊都国を分岐点にせざる得ない。其北岸狗邪韓国とt違い、東南方向から東への分岐点になる。
東夷=中国大陸東岸の蛋民(河川民)や沿岸航海民も東夷と認識され、広東省等大陸東南部の「粤」と同系会稽の人々はも含まれる。尚、魏と交戦状態だった遼東太守の公孫氏は呉の海民と繋がりがあったとも云われる。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/08/14(金) 20:13:25|
  2. 5.思惑と意図
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇魏帝の思惑 | ホーム | ◇一段落>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/67-cb09694f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)