見まごう邪馬台国

◇論者の思惑

 以下、北京大学医学部名誉顧問岩元正昭氏の著述「漢字解釈の方法論とその解析技術による新たな歴史の発見(【】内)」の抜粋を見ながら魏志東夷伝に使われる漢字の用法に就いて考えてみる。

 【漢籍解釈を難解なものにしている最たる原因は、嘗て平易に使っていた語法を現代人が知らない事である。これを前出の『魏志』東夷伝倭人条に載る「従と 自」「至と到」「行と又」の三つのペアをモデルに実証してみよう。転注文字の用法の原理に則り使用される「從と自」「至と到」のツーペアの漢字について、 上のツーペアの4字は「東夷伝倭人条」中の区間叙述に以下の様に載る。

 (1)從郡至倭循海岸水行歴韓國乍南乍東到其北岸狗邪韓國七千餘里
    郡から倭に至るには、郡より海岸に沿って水行、韓国内陸を南行きと東行きを繰り返しながら倭の北岸狗邪韓国に到る。この間七千餘里。
 (2)自郡至女王國萬二千餘里
    郡より女王國に至る。この間万二千餘里。

 「從」と「自」の二字は共に二点間の空間距離の起点に伴う前置詞である。「~ヨリ」の意に用いられている。「至」と「到」の二字は共に終点地名の前に置かれる詞である。「~にイタル」の意に用いられている。漢字学的には各ペアの前の字と後のそれは本字と転注字の関係にある。
 夫々、英語の「from~」「to~」に相当する。この項の着眼点は、何故、「from」の意味に「従と自」の二字を、「to」の意味に「至と到」の二字が強いて使い分けられているかという事である。結論を先に述べると、それぞれの二字の関係に転注文字の用法を託し、(1)と(2)のルートが起点の郡を 共有するものの別の方向に旅立ち、「至」字を前置詞とする女王國へのルートが本源的道程であり、「到」字を前置詞とする狗邪韓国へのルートが郡より派生的に伸びた脇道である事を端的に表現しているのである。】

 上記、読み下しで、從(~から)と自(~より)と訓み別けているにも関わらず、その意味の違いは無視する。二つの文字は二点間の関係を示唆するのは間違いないが、前者の「~ から」は「馬を駆る」「本を借る」「稲を刈る」「鹿を狩る」等と同様、手前側(起点)から相手側(至点)に対する動き。後者の「~より」は、「左寄り」 「通説に拠り」「大雨に因り」「占いに依り」等の同訓があり、相手側(起点)より手前側(至点)に対する動きと云う違いで使い分けられる。詰まり、上記の 二つは魏使(編者)の立ち位置の違いと考える。
 例えば、江戸期の道標に「從是南(これから南は)~」とあれば、旅人は北から来たと 分かる。仮に、「自是南(これより南は)~」とすれば、逆に旅人は南から来たと判る。こうしたニュアンスの違いは日本語だけにあって、当時の漢語には無かったとでも云うのだろうか。(1)と(2)を、これに順い、文脈に則して読み下すと以下の如くなり、韓国内を陸行したとは考えられない。*丸括弧内の青 字は筆者に拠る意訳。

 (1)從郡至倭~=(魏使の居る)帯方郡から(の経路に従い)倭に至るには、半島沿岸部を航行と碇泊をしながらを韓国を歴て南西隅を東へ~
 (2)自郡至女王国~=帯方郡(と云う起点)より(今、魏使の居る)女王国に至る~

 上記は、「従」「自」と云う文字の使い分けに拠り、帶方郡から倭に至るには郡に服属する沿岸航海民の水先案内と云う既知の情報に従い到った倭人の領域北岸迄を七千餘里とする。そこで邪馬壹国側に服属する外洋航海民の船に乗り換え、その水先案内で北部九州の末盧国で上陸し、女王の都へ陸行して至った魏使 (編者陳寿)の立ち位置の違いや時間の経過をも含め、郡より女王国迄の総距離を述べます。以下、次回とします。

転注字=『説文解字』の「許叙」に六書の原理定義と挙例がある。
 一に曰く「指事」とは、視て識すべく察して意をみるべき。上、下是也(上と下を表し、上の短い二の字が上、下の短い二字が下字を表す)。
 二に曰く「象形」とは、画がきて其の物と成り、体に随いて詰す。日月是也。
 三に曰く「形聲」とは、事を以って名を為し、譬(たと)えを取り相成る。江河是也。
 四に曰く「會意」とは、類を比し誼を合し、見を以って指撝す。武信是也。
 五に曰く「転注」とは、類の一なる首を建て、同意相受く。考老是也
 六に曰く「仮借」とは、本其の字無く、聲に依り事を託す。令長是也。
 以下、岩元正昭氏の説明、「許叙」に「五曰転注」として転注文字用法の原理と挙例を以下とする。「転注者、建類一首、同意相受、考老是也」。「建類一 首、 同意相受」部分が用法の原理を言い「考老是也」は挙例である。「老」字が、その本字であり、「考」は転注字である。読み方は、類、一首を建て、同意相受 く。考老是なり、となる。「類」字は、六書の會意文字の原理に「比類合誼」と既に使われている。義符として用いられている二つの漢字の義を比較して、その 意味を組み合わせる事を言う。随って「類」とは字義そのものと見てよい事になる。随って「建類一首」とは義の一、同義なる首を建てる。
 広辞苑「転注」=或る漢字が持つ本来の語義を、近似した語義に転用する事、通常、字音を変える。例えば、「わるい」の意の「悪(アク)」を「憎む」の意(字音「ヲ」)とする類とある。
「~から」=「今から先」「今より前」、「明日から学校が始まる」「昨日よりが学校が始まった」等の使い分け。詰まり、前者の「~から」は、現在から後に何らかの関係や関連が在る=脈絡。「~より」の場合、現在より前(原点)に関係や関連が在る→因果。
從是南=四辻であれば、向かって左側「東~」、中央「従是南~」、右側「西~」、反対側は向かって右側「東~」、中央「従是北~」、左側「西~」と書き分けられる。
韓国=「魏書東夷伝」韓は帶方の南に在り、東西を海で限られる。南を倭の領海と接 す。と云う記述とも関連し、「歴」とする事で、南西隅迄、南下したと判り、乍南乍西ではなく、乍南乍東とする事で東南隅へ向かっていると示唆した。こうし た筆法は、簡略で内容豊富に述べると云う漢籍の特徴からすれば、陳寿独自のものではなく、漢籍を担う文官に通じて云える事と思う。
総距離=本ルートと別ルートが同距離でなければ、総距離の萬二千餘里から半島沿岸部の水行距離七千餘里と渡海三千餘里を差し引いた約二千里が陸行距離と計算させる意味がない。 




関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/09/06(日) 08:23:14|
  2. 5.思惑と意図
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇論者の意図 | ホーム | ◇支配者の思惑>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/70-b8fbc2d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)