見まごう邪馬台国

◇海民の領域

  (B)始度一海千余里 至對海(たま)国

 「始度一海」に方位が示されない理由は、前項(A)其北岸から南へと判断できるからで、それが故、次項(C)又南渡一海とする。更に、狗邪韓国から始める一度目の外洋航海するために船に乗り換えたと云う事を意図すると思う。
 当時(魏・西晋)、通常の移動手段は黄河や長江等の大河川や海岸部の沿岸航行に拠る「水行」か、小河川の岸から従者に平底船を曳かせたり、馬車や徒歩に拠る「陸行」で、外洋航海は一般的でなかったのか、編者の陳寿は、何らかの思惑や意図で郡衙から狗邪韓国迄の沿岸航行は「水行」、外洋航海を「渡海」と書 き分けた。それが船乗りや水上生活民には、沿岸や河川航行の蛋民系鰐(わに)と外洋航海民系陸鰐(くぬがわに)が居たとする理由の一つ。また、下記の記述もある。
 「倭人伝」女王國東渡海千餘里 有國皆倭種有侏儒國在其南 人長三四尺 去女王四千餘里 有裸國黒齒國在其東南船行一年可至 參問倭地絶在海中洲島之上或絶或連 周旋可五千餘里や、冒頭の倭人在帶方東南大海之中~云々からすると、陳寿にとり、狗邪韓国南側の国々は帯方郡治に服属しない独立した東夷の領域で、その東側千餘里を渡海した所にも別の倭種が居ると云う認識だった。尚、~在其東南船行一年可至は、東南方向へ九州東沿岸部から瀬戸内海を東行、紀伊半島を南下、太平洋沿岸航海となる。(B)を意訳すると下記の如くなる。

  (狗邪韓国で外洋船に乗り換えて)始めて一海を(南へ女王国に服属する海民の領域)度る千余里

 また、自女王国以北特置一大率検察諸国 諸国畏憚之常治伊都国 於国中有如刺使と云う記述の「於国中」を伊都国内とする説があるが、女王国以北の国々を検察するため伊都国が特置した一大率の官吏や武官を伊都国内に置いても意味をなさない。この文脈から、~伊都国が常に治める。(それは我が)国中に於て有す刺使の如くとなり、陳寿には一大率の官吏や武官の役目と彼等が背負う立場や境遇が中国国内の「刺使」と呼ばれる役人と略同じに感じられたのだろう。通常、一大率「イチダイソツ」と訓ずるが、「率」には下記の三種の音が在る。

  [lıuət][lıuĕt][liu]=全体のバランスから割り出した部分(律)
  [sïuət][şïuət][şui]=はみ出さない様に纏めて引き締める(引率)、従う(順・循)、任せる(率直)
  [sïuəd][şïui][şuai]=率いる人(帥・長)

 語義的に後者の二音で、「ィエタシゥァッ→ィエタスァ→ィエタ・サ」、「ィエタシュ イ→ィエタ・スィ」(一大帥)になる。女王国より以北には一大率を特置し、邪馬壹国連合側に服属させられたとした機動力のある倭人海民(陸鰐)對海国と一大国には一大率から派遣された「卑狗」「卑奴母離」と云う官吏や武官と思しき名称、上陸後の奴国と不彌国にも副官「卑奴母離」の名称が記載されるが、先端の北岸狗邪韓国と末端の末盧国には見えない。
 對海(たま)は一海(瀚海)に対面する国と云う語義だけではなく、その比定地の対馬には祭神豊玉姫とされる海神神社や和多都見神社が祀られる事から「記 紀」海神の娘豊玉毘賣や玉依毘賣の「玉」=渡海安全を掌る海神とも関連して、對海(たま)国は大官卑狗(後代の神祇官か)とされた理由となる。また、海神 「タマ」は、中国大陸東南沿岸部で広く信仰される祖神にも繋がると考える。
 尚、猫(タマ)と呼ばれる理由も船の積荷の穀物や食料等、鼠の食害等を防ぐ守護神と認識されていたからと思われる。また、「魏志倭人伝」航海安全の祈願を背負う持衰(じさい)と呼ばれる役目の人々も神祇官や神官の下属(奴?)等が担ったと思われる。

船行一年可至=朝鮮半島南沿岸部の水行も彼方此方に碇泊しながら担う海民を代えた。船行も、駅の如く、夫々の海域や水道や海域を領有する海民の船に乗り換えると考える。何れにしても当時の沿岸航海や渡海は季節風や海流を利用したの云うまで もない。詰まり、遣魏使の日程同様、往復で一年と考える。
自女王国以北=自女三国以北とする刊本も在るらしいが、文意を読み解けないので、此処では前者を採用する。
「ィエタサ」=出雲の国譲り等に見える地名「イタサ・イナサ・イザサ」等に関連が在る か。私見では、伊都国の比定地を佐賀県多久市と同県東松浦郡(現唐津市)厳木(きゅうらぎ→いつき→いちき)町付近とした。その「タク」と云う地名が糸島 半島の福岡県前原市、同県宗像市、島根県平田市にある。他にも島根県飯石郡三刀屋町多久和、兵庫県城崎郡竹野町田久日。更に、田隈・田熊・宅間等は投馬 (タグマ)とも関連が在るのかもしれない。
卑奴母離=奴国や不彌国へ陸行したとしても物資の運搬を担う平底船の津に面していたと考えられるので、その監察の役目を負うと考える。
タマ=筥崎宮(福岡県福岡市東区箱崎)では五穀豊穣と豊漁を祈願する男衆が雄玉を奪い合い雌玉と娶せる神事「玉せせり」が行われる。その東北側の宮地嶽神社付近の同県宗像郡津屋崎町(現・福津市)須多田には「対馬見山」が在る。 
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/09/24(木) 21:14:04|
  2. 5.思惑と意図
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇「自」と「從」 | ホーム | ◇「行」と「止」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/73-1abe4215
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)