見まごう邪馬台国

◇瀚海と一海

  (C)又南渡一海 千余里、名曰瀚海 至一大(いた/えた)国

 (B)對海国の「始渡一海」と違い「一海」は、又(再度、外洋船で) として方位を示す。尚、前項同様、その距離は千余里とする。また、伊都国が常治する一大率から送られた對海国の大官卑狗(神祇官?)と副卑奴母離(武官) と同名称だが、官卑狗(文官?)と副卑奴母離と在り、對海国と同様に副卑奴母離が荷物や文書を監察・検察が行われ、内容を記録させたと考える。また、狗邪韓国と對海(對馬)国間の一海(朝鮮海峡)には名称はないが、この一海の名称は瀚海(かんかい)と特筆する。(C)を意訳すると下記の如くなる。

  また、(對海国から外洋船で)南へ渡る一海、名は瀚海、千余里程で一大国に至る。

 一大国の比定地を通説の現長崎県の壱岐(いつき→いっき)島とすれば、南ではなく東南にすべきではと云う研究者や論者もいるが、先述した様に編者陳寿は、倭人在帯方東南大海之中依山島為国邑~(中略)。詰まり、帯方郡東南方面の九州北部沿岸部や日本海沿岸部の山陰や北陸付近迄にも拡がる倭人の領域中、邪馬壹国と伊都国連合に服属する倭人系外洋航海民の對海国や一大国、更には末盧国迄の一海全体が「瀚海」と云う名称で、郡衙から見て東側ではなく南側に属すと云う認識と考える。その領海や海道の往来に従事する海民の動向を監察、検察する役目を持つ一大率の本役所が特置されていたために伊都国(ィアタ→ヤタ)と近似音の一大(ィエタ)国とされたとも考えられる。
 尚、先に邪馬壹国と伊都国連合側に服属していた狗邪韓国を「クヌガワニ」と訓じたが、「瀚」も「韓」と同音[ɦan][ɦan][han]、海[məg][hai][hai]とあり、瀚海(ファヌマ→ゥアヌマ→ワニマ)として良い。
 また、「女王國東渡海千餘里、有國皆倭種。有侏儒國在其南、人長三四尺、去女王四千餘里。有裸國黑齒國在其東南、船行一年可至」と云う記述とも繋がり、倭人は、その東海域と邪馬壹国と伊都国連合に服属する南海域を併せた領海中の山島に依りて暮らすと認識した。それは邪馬壹国伊都国連合の傍国の記載後、男子無大小、皆黥面文身~。計其道里、当在会稽東治之東とする事でも判る。
 この東治(東冶?)の比定地は判然としないが、会稽を中国浙江省杭州市北の山として、この東側では南西諸島や種子島付近になる。これは女王国だけで はなく、倭の領域が概略で、その北や南側ではなく東側と云うニュアンスで述べるのであれば問題ない。更に、夏后少康之子封於会稽~ 云々=夏后少康の子が会稽に於て封ぜられ、蛟(みずち)からの害を断髪と文身(入墨)で避けさせたと云う記述に比して此処で述べられる人々の風俗も大陸東南沿岸部の会稽付近に広く住んだとされる蛋民や海民の風俗に似ると云う意識だろう。これも大陸南東の沿岸航行と河川航行を生業とする蛋民系鰐(わに)等と 外洋航海の海民系陸鰐との関連を示唆したと思われる。
 尚、一大国の比定地、長崎県壱岐郡(現壱岐市)郷ノ浦町北側原の辻遺跡北西、同市勝本町の香良加美(からかみ)遺跡は周囲に堀を廻らした環濠集落で、鉄の精錬遺跡の他、漁労具、鹿の骨で占う卜骨、楽浪郡の古墓等で出土する漢式土器の楽浪土器や朝鮮半島の三韓土器等も出土した。その郷ノ浦町射手吉触(いてよしふれ)付近に一大率の役所が在ったかと考える。
 「論(微子)」箕子がと為ると在り、卑彌呼の前代、奴国連合と思しき時代の支配者には箕子朝鮮の亡命王族等が関わり、その後、邪馬壹国伊都国連合の支配者層には、前漢に滅ぼされた衛氏朝鮮等、朝鮮半島からの渡来民(製鉄遊牧騎馬民)が関わったと考える。

いつき→いっき=伊都国の比定地を佐賀県多久市と同県東松浦郡(現唐津市)厳木(きゅ うらぎ→いつき→いっき)町付近とした。また、福岡県前原市の怡土城跡は、怡[diəg][yiei][i]、土[t`ag][t`o][t`u]、伊都 が「ヤァタ→イェィト→イト(イツ)」と訓じられた後の用字で、隋唐期以降となる。
こうした「又」「復」「亦」等、同訓で意味の違う漢字の使い方を、次項から取り上げて考えてみたい。
東治(東冶)=浙江省紹興市(会稽郡東治?)、福建省福州市(建安郡東冶?)。会稽郡の一部が建安郡になった等の異動があったとされる。
倭の領域=文脈から瀚海を領海とする倭人と東千余里の倭種、更には、そこから東南に船行一年とされる裸国黒歯国の位置関係も含まれる。尚、海岸線や島嶼以外の山地中腹には縄文系狩猟採集民が住んでいた。
鹿の骨で占う卜骨=邪馬壹国伊都国連合の前代、奴国連合(委奴国)は亀卜を行ったとされる殷王朝、最後の「紂王」の叔父胥余が朝鮮に建国した箕子朝鮮の王族に関わりがあるとした。
香良=加羅(伽耶)とすれば、古代、朝鮮半島南東部にあった国々。諸小国全体をいう場合もあり、特定の国、金官伽耶・高霊伽耶等を指す場合もある。任那(みまな)とも云われる。562年新羅により併合された。加美(かめぃ→かみ)=亀石(長崎県壱岐市勝本町百合畑触)。
楽浪土器=沖縄県読谷村で出土した外来の「楽浪系土器」、滑石片を混入するのが特徴 で、本島の四遺跡から出土。楽浪郡とは、BC108年漢王朝の武帝が朝鮮半島北部に置いた支配拠点で、そこで製作された土器との関連が説かれてきたが、最 近、BC4~3世紀頃の春秋戦国時代のものと云う指摘があり、東京大所蔵の中国東北部の遼東半島の牧羊城遺跡で出土した土器の口縁部に貼り付けた粘土帶の 特徴等が似る。
 牧羊城=中国遼寧省大連市旅順区南西の老鉄山西麓にある戦国時代~漢代の古城址。前漢代に置かれた遼東郡沓氏県治に比定される。
衛氏朝鮮=燕の官吏や武官か、燕人の衛満が興したと伝わる。秦は、国 の公子商鞅(商殷に関係するか?)を用いて改革(変法)を行い富国強兵に成功し、一躍強国にのし上がった。国の経済の基を農業におき、農地の開拓を押し進 め、人民を五家・十家の単位に分け、治安維持に共同責任をとらせた(什伍の制)。「衛」=周代、今の河北河南の両省に跨る地にあった。殷王朝中心地、殷の 滅亡後、周王武が弟の康叔を封じた。
 燕(えん)=古代中国の戦国七雄の一つ。周武王の弟奭(しょうこうせき)、その子、匽侯旨(えんこうじ)が封ぜられたとされる。今の河北と満州南部や朝鮮北部を領して現北京の「薊」を都とし、43世で秦の始皇帝に滅ぼされた(?~前222)。当初、山東省付近の「奄(えん)」に封ぜられたとも伝わる。また、武王の子旦の長子伯禽は、魯(孔子の出生地)に封ぜられたともある。4世紀初~5世紀初に架けて鮮卑族慕容氏が建設した前燕・後燕・西燕・南燕・北燕等。
 召公奭=周初の宰相。奭は名。文王の子。武王や周公旦の弟とされるが、殷代、河南西部で勢力を揮った召族の出身。周に協力し、成王即位後、太保となり、陝西を治めた。「」=お呼び寄せになる。お取り寄せになる。召し出して役に就かせる。お命じになる。結婚の相手となさる。寵愛なさる。上からの命で捕らえる。囚人とする。上からの命令で…と呼ぶ。食う、飲む、買う、取る、(腹を)切る、着る、(風邪を)引く等の尊敬語。







関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/10/11(日) 09:36:26|
  2. 5.思惑と意図
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<◇「又」字 | ホーム | ◇「自」と「從」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/75-4ff1e131
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)