見まごう邪馬台国

◇瀚海の末端

  (D)又渡一海 千余里 至末盧(まつら)国

 前項(C)南渡一海と方位を示したので、此処では、又(=更に南へ) 渡一海とする。前項と同様の千余里とあり、通説の比定地、松浦半島一帯では距離が合わないと云う研究者や論者も居るが、これは先述した一日(半日)で漕ぎ 渡れる相対的な距離で、松浦半島西側の伊万里川(有田川)や東側の松浦川河口奥に湊津が在ったとすれば、問題は無いと思う。また、この一海も狗邪韓国以南 の海域と同じ倭人陸鰐の瀚海(わぬま)で、外洋航海民の領海で、伊都国の派遣した一大(ィエタ→イタ→エタ)率の管轄となる。
 對海国に置かれた一大率の官吏や武官が外洋航海民と共に出向き差配した倭の領域北岸狗邪韓国と同様、官も副官も記載されない末盧国にも一大国から官吏や 武官が出向くか、伊都国から出迎えた官吏や武官が、末盧国で上陸した郡使や魏使に付き添い伊都国へ向かったと思われる。この国を通説の松浦半島付近とし、 この後の記述、浜山海居草木茂盛行不見前人~=海に浜や山が近く草木が繁茂し、前を行く人は見えず~からすると、おそらく、湾岸部には蛋民や漁民の船が係留され、半島海岸部は断崖絶壁で歩くのは無理だったと思う。また、「好捕魚鰒、水無深淺皆沈沒取之」と云う記述から推測するに、外洋航海を担う對海国と一大国等の海洋民の出先機関と思しき狗邪韓国には沿岸航海民が住むが、末盧国は漁労を糧とする蛋民(あま)の国で、河川航行も担ったと考える。
 次項(E)「東南陸行五百里到伊都国」と云う記述から倭人の領海「瀚海」末端の国(一大国管轄)で、倭地とされる陸 (くぬが→くが)に上がり、東南方向の伊都国中枢へと向かう。常識的には末盧国から見て東南方向の伊都国へは東側の松浦川河口奥で上陸したと思うが、松浦 半島西側の伊万里湾奥から有田川、その東側の唐津湾奥から松浦川か、玉嶋川等を河川航行用平底船に大使や副使を乗せ、魏帝の下賜品等も載せて、河川沿岸の 従者に曳かせて遡上した。何れにしても末盧国から東南方向の伊都国は糸島半島基部の福岡県前原付近ではあり得ない。
 前出の古田武彦氏は邪馬壹国の中枢を博多付近とせんがため、「道標」等と称し、歩き始めが東南方向だったと呆れた説を繰り出す。また、東南へ向かうため、態々、松浦半島北端にする説もある。おそらく、伊都国は防衛と戦略上の理由で内陸部に在り、鬱蒼と茂った草木に囲まれた道程の高台に、使者や不審者の動向を監視するため武官が常駐する検問所や見張台(神籠石?)が在ったと考える。(D)を意訳すると下記の如くなる。

  また(一大国から外洋船で南へ)渡る一海(=瀚海)、千余里程で末盧国に至る。

 後段の南至投馬国水行二十日と南至邪馬壹国水行十日の起点を末盧国とする研究者もいるが、此処で沿岸航行用船に乗り換えたのであれば、管理する役所が在 りそうだが、官や副官の記載は無い。投馬国への沿岸航海用船の乗り換えが、一大国の武官等が常駐する役所が在った場所とすれば、松浦半島西側の佐賀県伊万 里市波多津町板木(いたぎ)・田島神社(宗像系)、津留主屋付近か、玄界灘を眺望できる長崎県松浦市御厨町板橋免(金比羅神社)・小船免付近だろう。投馬国の管轄とすれば、佐賀県東松浦郡北波多村(現・唐津市)恵木・徳須恵付近か、地図では伊万里湾側へ流れる河川は見えないが、唐津湾側には松浦川支流徳須恵(行合野)川がある。また、佐賀県伊万里市山代町の城山(西分黒髪神社)、長崎県松浦市今福町の城山(宮地嶽神社)、最北端の同市星鹿(ほしか)町(綿津見神社)の城山に見張り台や烽火台が在ったかも知れない。

一大(ィエタ→イタ→エタ)率=その後ろ盾の権威が瓦解し、彼等が領地から追われ、落 ち延び、俘囚となれば、矢作や鍛冶等の能力を生かした手仕事や、手にした刃物を使い屠殺等に従事せざるを得ず、差別される。穢多(ワイタ→ゥアィタ→ゥエ タ→ヱタ/アイタ→エィタ→エタ)との関連も考えられる。
陸(くぬが→くが)=陸(くが)=久賀・久我・古賀・古閑・古河(こが→ふるかわ)等の地名や姓氏は同源と考える。その漢字音は、古[kag][ko][ku] と賀[ɦag][hə][ho]に対して、閑[ɦan][ɦʌn][hian]と在り、「閑」の上古音は狗邪韓国や一大国で鰐(わぬ)と訓じた韓(かん)や瀚[ɦan][ɦan][han]と同音になる等、何らかの関連が考えられる。
 陸(をか)=雄処(⇔雌処)は、一方に対して高い事や突出する状態、「岡」「男鹿(をが)」「牡鹿(をぢか)半島」等は同源で、日本語では漢字音の「h」が閉口の「ウ」やK音に転音する事が多く、陸(をか)は、「hoka → uoka → oka(uka)」と転音。また、水辺の小高い所→河川の古い流れと云うニュアンスの陸(くが)は、「hoka → koka → koga → kuga」に転音した。銅鐸等に描かれる「鹿(宍=四支)」の漢字には「四角の米倉」と云う語義も在り、浮処(ホカノ→ゥオカノ→ヲカノ・ウカノ)→高床式米倉が、「紀」食神倉稲魂・「記」宇迦之御魂(うかのみたま)神に転音したか。*浮家=船の異称
 漁師や船乗りが、仕事を辞めたり、止める時には、陸(ヲカ)に上がる」と云うので、生活様式の違いからか、農耕民と水上生活者の海民や陸に上がった蛋民(河伯→河童)には抑揚や発音に違いがあったか。本来の言語に違いがあったのかも知れない。
古田武彦=先日、お亡くなりになりました。良きにつけ悪しきにつけ、多大なる影響を受けました。ご冥福をお祈りします。
松浦半島北端=こうした地点で下船して、態々、遠距離を陸行せずとも、沿岸航海用の船に乗り換えて「」に向かった方が合理的だ。尚、正倉院文書の大宝2(702)年、文武天皇期の戸籍に筑前国郡川辺里と見え、糸島半島基部は、川(水道)に拠って怡土(出)と嶋に別れていたか。
神籠石=オツボ山神籠石(佐賀県武雄市)武雄市街地の南、杵島山西麓小丘陵に在り、有明海側から見ると杵島連峰の蔭に隠れるので、有明海を意識したとは考えにくい。隣町の同県多久市と東松浦郡相知町と厳木町境に女山(おんなやま)と八幡岳(おとこやま=石清水八幡宮)。
 帯隈山神籠石
(佐賀県佐賀市)佐賀市北東部、標高178mの帯隈山頂付近を頂点として東西の尾根筋に築かれる。佐賀市街地とその先に有明海を望める。高良山神籠石(福岡県久留米市)有明海を睨んだ要所に位置、北側の城壁は崩壊しているが、南側中腹に神籠石状列石と土塁が残る。把木神籠石(福岡県朝倉郡杷木町)杷木町東部の標高200mの丘陵に神籠石が築かれる。女山(ぞやま)神籠石(福岡県山門郡瀬高町)東から延びてきた丘陵末端にある。神籠石の頂点から豊かな水田地帯の先に有明海を望み、その先には対岸の多良岳も良く見える。以上の四つは有明海を望む。
 阿志岐神籠石(福岡県筑紫野市)標高339mの宮地嶽を頂点として西側に展開しており、大野城や基肄城と共に太宰府を望む。雷山神籠石(福岡県前原市)玄海灘を望む雷山中腹に築かれる。鹿毛馬神籠石(福岡県嘉穂郡頴田町)遠賀川中流域の小丘陵(海抜80m)にある。御所ヶ谷神籠石(福岡県行橋市)行橋市と同県京都郡(現みやこ町)勝山町の境、標高247mのホトギ(竃)山頂付近から北と東に延びる尾根、北九州の瀬戸内海側に築かれる。唐原神籠石(福岡県築上郡)御所ヶ谷の南東に位置し、周防灘を望む。残りの5つは築いた理由や状況が違うと思う。
いたぎ=一大城とすれば、同県唐津市枝去木(えざるぎ→えだのぎ)=一大城→江田城とも考えられるが、地図ソフトに拠ると、何れの方角も周囲の山に遮られて望めないので、位置的に無理がある。もしかしたら支配組織の異変があり、逃げ延び、落ちた所かも知れない。*穢多(えた)
黒髪神社=源(鎮西八郎)為朝は13歳の時、九州へ追放となり、15歳で九州を平ら げ、鎮西総追捕使を称す。佐賀県武雄市の黒髪神社には為朝の大蛇退治の伝説が残される。同県有田市の黒髪山には万寿姫とのロマンスの伝承が在る。肥前国彼 杵郡「伊邪奈美命・事解命・御年神・大年神」長崎県佐世保市黒髪町2817番地。  




関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/11/07(土) 12:57:07|
  2. 5.思惑と意図
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<再開いたします。 | ホーム | ◇「復」と「亦」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mimago.blog.fc2.com/tb.php/79-58551215
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)